2001年ポルトガル共和国大統領選挙

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索

2001年ポルトガル共和国大統領選挙(2001ねんポルトガルきょうわこくだいとうりょうせんきょ ポルトガル語:Eleições presidenciais portuguesas de 2001)は、ポルトガル共和国元首であるポルトガル共和国大統領(Presidente da República)を選出するため2001年1月14日に行われたポルトガル共和国の選挙である。

概要[編集]

大統領の権限については「ポルトガルの大統領」を参照。

  • 選出方法:選挙権を有する18歳以上の国民による直接選挙。
  • 2回投票制
  • 第1回投票で有効投票数の過半数を得た候補がいない場合は上位2名で決選投票が行われる。
  • 任期:5年
  • 再任:一回のみ再任容認
  • 被選挙権:35歳以上のポルトガル国民
  • 立候補に必要な推薦人数:7,500~15,000人

選挙の争点[編集]

候補者[編集]

選挙結果[編集]

当落 候補者名 得票数 得票率
当選 ジョルジェ・サンパイオ
Jorge Sampaio(PS)
2,401,015 55.55
ジョアキン・フェレイラ・アマラル
Joaquim Ferreira do Amaral(PSD)
1,498,948 34.68
アントニオ・アブレウ
António Abreu(PCP)
223,196 5.16
フェルナンド・ロザス
Fernando Rosas(B.E.)
129,840 3.00
アントニオ・ガルシア・ペレイラ
António Garcia Pereira(PCTP/MRPP)
68,900 1.59

参考文献[編集]