2002年のナショナルリーグディビジョンシリーズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
2002年のナショナルリーグディビジョンシリーズ
チーム 勝数
サンフランシスコ・ジャイアンツ 3
アトランタ・ブレーブス 2
シリーズ情報
試合日程 10月2日 - 10月7日
チーム情報
サンフランシスコ・ジャイアンツ(SF)
監督 ダスティ・ベイカー
シーズン成績 95勝66敗(ワイルドカード
アトランタ・ブレーブス(ATL)
監督 ボビー・コックス
シーズン成績 101勝59敗(東地区優勝)
チーム 勝数
セントルイス・カージナルス 3
アリゾナ・ダイヤモンドバックス 0
シリーズ情報
試合日程 10月1日 - 10月5日
チーム情報
セントルイス・カージナルス(STL)
監督 トニー・ラルーサ
シーズン成績 97勝65敗(中地区優勝)
アリゾナ・ダイヤモンドバックス(ARI)
監督 ボブ・ブレンリー
シーズン成績 98勝64敗(西地区優勝)

 < 2001
NLDS
2002

2003 > 

 < 2001
ALDS
2002

2003 > 
2002NLCS 2002ワールドシリーズ

2002年のナショナルリーグディビジョンシリーズ2002 National League Division Series, NLDS)は、2002年10月1日から10月5日まで行われたMLBナショナルリーグディビジョンシリーズ(地区シリーズ)である。

概要[編集]

2002年の対戦は、ナショナルリーグ東地区優勝のアトランタ・ブレーブスナショナルリーグ西地区ワイルドカード優勝のサンフランシスコ・ジャイアンツナショナルリーグ西地区優勝のアリゾナ・ダイヤモンドバックスナショナルリーグ中地区セントルイス・カージナルスとの対戦となった。結果は、3勝2敗でサンフランシスコ・ジャイアンツ、3勝0敗でセントルイス・カージナルスがそれぞれ勝利し、リーグチャンピオンシップシリーズへ進出した。

試合結果[編集]

表中のR得点H安打E失策を示す。日付は現地時間。

ブレーブス対ジャイアンツ[編集]

第1試合 10月2日[編集]

ジョージア州アトランタ - ターナー・フィールド

チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
ジャイアンツ 0 3 0 3 0 2 0 0 0 8 12 2
ブレーブス 0 2 0 0 0 0 0 3 0 5 10 0
  1. : ラス・オルティス (1-0)  : トム・グラビン (0-1)  S: ロブ・ネン (1)  
  2. :  ATL – ゲイリー・シェフィールド (1) ハビー・ロペス (1)
  3. 観客動員数: 41,903人 試合時間: 3時間24分

第2試合 10月3日[編集]

ジョージア州アトランタ - ターナー・フィールド

チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
ジャイアンツ 0 1 0 0 0 1 0 0 1 3 7 0
ブレーブス 1 3 0 3 0 0 0 0 X 7 8 0
  1. : ケビン・ミルウッド (1-0)  : カーク・ルーター (0-1)  
  2. :  SF – リッチ・オーリリア (1) バリー・ボンズ (1) J.T.スノー (1)
      ATL – ハビー・ロペス (2) ビニー・カスティーヤ (1)
  3. 観客動員数: 47,167人 試合時間: 2時間58分

第3試合 10月5日[編集]

カリフォルニア州サンフランシスコ - パシフィック・ベル・パーク

チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
ブレーブス 0 0 1 0 0 5 0 0 4 10 10 0
ジャイアンツ 1 0 0 0 0 1 0 0 0 2 5 0
  1. : グレッグ・マダックス (1-0)  : ジェイソン・シュミット (0-1)  
  2. :  ATL – キース・ロックハート (1)  SF – バリー・ボンズ (2)
  3. 観客動員数: 43,043人 試合時間: 3時間23分

第4試合 10月6日[編集]

カリフォルニア州サンフランシスコ - パシフィック・ベル・パーク

チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
ブレーブス 0 0 0 0 1 2 0 0 0 3 9 0
ジャイアンツ 2 2 3 0 1 0 0 0 X 8 11 0
  1. : リバン・ヘルナンデス (1-0)  : トム・グラビン (0-2)  
  2. :  SF – リッチ・オーリリア (2)
  3. 観客動員数: 43,070人 試合時間: 3時間03分

第5試合 10月7日[編集]

ジョージア州アトランタ - ターナー・フィールド

チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
ジャイアンツ 0 1 0 1 0 0 1 0 0 3 6 2
ブレーブス 0 0 0 0 0 1 0 0 0 1 7 0
  1. : ラス・オルティス (2-0)  : ケビン・ミルウッド (1-1)  S: ロブ・ネン (2)  
  2. :  SF – バリー・ボンズ (3)
  3. 観客動員数: 45,203人 試合時間: 3時間47分

ダイヤモンドバックス対カージナルス[編集]

第1試合 10月1日[編集]

アリゾナ州フェニックス - バンク・ワン・ボールパーク

チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
カージナルス 2 0 0 3 0 1 6 0 0 12 14 1
ダイヤモンドバックス 1 0 1 0 0 0 0 0 0 2 8 2
  1. : マット・モリス (1-0)  : ランディ・ジョンソン (0-1)  
  2. :  STL – ジム・エドモンズ (1) スコット・ローレン (1)
  3. 観客動員数: 49,154人 試合時間: 2時間57分

第2試合 10月3日[編集]

アリゾナ州フェニックス - バンク・ワン・ボールパーク

チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
カージナルス 0 0 1 0 0 0 0 0 1 2 10 1
ダイヤモンドバックス 0 0 0 0 0 0 0 1 0 1 6 0
  1. : ジェフ・ファセロ (1-0)  : マイク・コプラブ (0-1)  S: ジェイソン・イズリングハウゼン (1)  
  2. :  STL – J・D・ドリュー (1)
  3. 観客動員数: 48,856人 試合時間: 3時間20分

第3試合 10月5日[編集]

ミズーリ州セントルイス - ブッシュ・スタジアム

チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
ダイヤモンドバックス 0 2 0 0 1 0 0 0 0 3 4 0
カージナルス 0 1 1 2 0 0 0 2 X 6 9 0
  1. : ジェフ・ファセロ (2-0)  : ミゲル・バティスタ (0-1)  S: ジェイソン・イズリングハウゼン (2)  
  2. :  ARI – デビッド・デルーチ (1) ロッド・バラーハス (1)
  3. 観客動員数: 52,189人 試合時間: 3時間14分

参考文献[編集]