2003年の日本競馬

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

< 2003年 | 2003年のスポーツ

概要[編集]

スティルインラブが史上2頭目の三冠牝馬[編集]

スティルインラブ桜花賞優駿牝馬(オークス)・秋華賞牝馬三冠レースを全て制し、1986年メジロラモーヌ以来、JRA史上2頭目の牝馬三冠を達成した。 メジロラモーヌの時には三冠目はエリザベス女王杯(4歳馬=当時の表記限定、2400m)であり、三冠目が秋華賞となってからの牝馬三冠馬は初めて。

ただし、三冠レースの1番人気はすべてアドマイヤグルーヴ(桜花賞3着、優駿牝馬7着、秋華賞2着)に譲った。 逆に、1番人気に支持されたローズステークスとエリザベス女王杯ではいずれもアドマイヤグルーヴに敗れた。 騎乗した幸英明騎手にとって、桜花賞が騎手デビュー以来初のGI優勝となった。

牡・牝同時三冠ならず[編集]

牡馬クラシック三冠レースではネオユニヴァース皐月賞東京優駿(日本ダービー)を制し、二冠馬となった。 騎乗していたミルコ・デムーロ騎手は、JRA史上初の外国人のダービージョッキーとなった。 三冠がかかる菊花賞には特例で騎乗が認められたが、ザッツザプレンティの3着に敗れ、JRA史上6頭目の三冠馬、そしてJRA史上初の牡馬・牝馬同時三冠達成はならなかった。 牡馬・牝馬で同時に「二冠馬」が誕生したのは1975年カブラヤオーテスコガビー)以来28年ぶりであった。

重賞競走の主な変更点[編集]

カブトヤマ記念の廃止。[1]

できごと[編集]

1月 - 3月[編集]

4月 - 6月[編集]

7月 - 9月[編集]

10月 - 12月[編集]

競走成績[編集]

太字はコースレコード、赤太字は日本レコード。

中央競馬・平地GI[編集]

競走名 優勝馬 性齢 騎手 調教師 所属
月日 競馬場 馬主 勝時計
第20回フェブラリーステークス ゴールドアリュール 牡4 武豊 池江泰郎 JRA栗東
2月23日 中山競馬場 (有)社台レースホース 1:50.9
第33回高松宮記念 ビリーヴ 牝5 安藤勝己 松元茂樹 JRA栗東
3月30日 中京競馬場 前田幸治 1:08.1
第63回桜花賞 スティルインラブ 牝3 幸英明 松元省一 JRA栗東
4月13日 阪神競馬場 (株)ノースヒルズマネジメント 1:33.9
第63回皐月賞 ネオユニヴァース 牡3 M.デムーロ 瀬戸口勉 JRA栗東
4月20日 中山競馬場 (有)社台レースホース 2:01.2
第127回天皇賞(春) ヒシミラクル 牡4 角田晃一 佐山優 JRA栗東
5月4日 京都競馬場 阿部雅一郎 3:17.0
第8回NHKマイルカップ ウインクリューガー 牡3 武幸四郎 松元茂樹 JRA栗東
5月11日 東京競馬場 (株)ウイン 1:34.2
第64回優駿牝馬(オークス) スティルインラブ 牝3 幸英明 松元省一 JRA栗東
5月25日 東京競馬場 (株)ノースヒルズマネジメント 2:27.5
第70回東京優駿(日本ダービー) ネオユニヴァース 牡3 M.デムーロ 瀬戸口勉 JRA栗東
6月1日 東京競馬場 (有)社台レースホース 2:28.5
第53回安田記念 アグネスデジタル 牡6 四位洋文 白井寿昭 JRA栗東
6月8日 東京競馬場 渡辺孝男 1:32.1
第44回宝塚記念 ヒシミラクル 牡4 角田晃一 佐山優 JRA栗東
6月29日 阪神競馬場 阿部雅一郎 2:12.0
第37回スプリンターズステークス デュランダル 牡4 池添謙一 坂口正大 JRA栗東
10月5日 中山競馬場 吉田照哉 1:08.0
第8回秋華賞 スティルインラブ 牝3 幸英明 松元省一 JRA栗東
10月19日 京都競馬場 (有)ノースヒルズマネジメント 1:59.1
第64回菊花賞 ザッツザプレンティ 牡3 安藤勝己 橋口弘次郎 JRA栗東
10月26日 京都競馬場 阿部雅一郎 3:05.9
第128回天皇賞(秋) シンボリクリスエス 牡3 O.ペリエ 藤沢和雄 JRA美浦
11月2日 東京競馬場 シンボリ牧場 1:58.0
第28回エリザベス女王杯 アドマイヤグルーヴ 牝3 武豊 橋田満 JRA栗東
11月16日 京都競馬場 近藤利一 2:11.8
第20回マイルチャンピオンシップ デュランダル 牡4 池添謙一 坂口正大 JRA栗東
11月23日 京都競馬場 吉田照哉 1:33.3
第4回ジャパンカップダート フリートストリートダンサー 5 J.コート D.オニール アメリカ
11月29日 東京競馬場 T.レザーマン 2:09.2
第23回ジャパンカップ タップダンスシチー 牡6 佐藤哲三 佐々木晶三 JRA栗東
11月30日 東京競馬場 (株)友駿ホースクラブ 2:28.7
第55回阪神ジュベナイルフィリーズ ヤマニンシュクル 牝2 四位洋文 浅見秀一 JRA栗東
12月7日 阪神競馬場 土井肇 1:35.9
第55回朝日杯フューチュリティステークス コスモサンビーム 牡2 D.バルジュー 佐々木晶三 JRA栗東
12月14日 中山競馬場 岡田美佐子 1:33.7
第48回有馬記念 シンボリクリスエス 牡4 O.ペリエ 藤沢和雄 JRA美浦
12月28日 中山競馬場 シンボリ牧場 2:30.5

中央競馬・障害[編集]

競走名 優勝馬 性齢 騎手 調教師 所属
月日 競馬場 馬主 勝時計
第5回中山グランドジャンプ ビッグテースト 牡5 常石勝義 中尾正 JRA栗東
4月19日 中山競馬場 (有)ビッグ 4:50.9

12月27日に開催予定で、2004年1月10日に延期となった中山大障害こちらを参照。

地方競馬主要競走[編集]

競走名 優勝馬 性齢 騎手 調教師 所属
月日 競馬場 馬主 勝時計
第52回川崎記念 カネツフルーヴ 牡6 松永幹夫 山本正司 JRA栗東
1月29日 川崎競馬場 (株)ローレルレーシング 2:14.8
第25回帝王賞 ネームヴァリュー 牝5 佐藤隆 川島正行 船橋
6月25日 大井競馬場 富岡眞治 2:04.6
第5回ジャパンダートダービー ビッグウルフ 牡3 武豊 中尾正 JRA栗東
7月8日 大井競馬場 (有)ビッグ 2:04.9
第18回ダービーグランプリ ユートピア 牡2 安藤勝己 橋口弘次郎 JRA栗東
9月23日 盛岡競馬場 金子真人 2:07.6
第16回マイルチャンピオンシップ南部杯 アドマイヤドン 牡4 安藤勝己 松田博資 JRA栗東
10月13日 盛岡競馬場 近藤利一 1:35.4
第3回JBCスプリント サウスヴィグラス 牡7 柴田善臣 高橋祥泰 JRA美浦
11月3日 大井競馬場 南波壽 1:09.7
第3回JBCクラシック アドマイヤドン 牡4 安藤勝己 松田博資 JRA栗東
11月3日 大井競馬場 近藤利一 2:04.3
第54回全日本2歳優駿 アドマイヤホープ 牡2 武豊 橋田満 JRA栗東
12月17日 川崎競馬場 近藤利一 1:42.8
第49回東京大賞典 スターキングマン 牡4 武豊 森秀行 JRA栗東
12月29日 大井競馬場 (有)ゴールドレーシング 2:03.7

表彰[編集]

JRA賞[編集]

  • 年度代表馬・最優秀4歳以上牡馬 シンボリクリスエス
  • 最優秀2歳牡馬 コスモサンビーム
  • 最優秀2歳牝馬 ヤマニンシュクル
  • 最優秀3歳牡馬 ネオユニヴァース
  • 最優秀3歳牝馬 スティルインラブ
  • 最優秀4歳以上牝馬 ビリーヴ
  • 最優秀父内国産馬 ヒシミラクル
  • 最優秀短距離馬 デュランダル
  • 最優秀ダートホース アドマイヤドン
  • 最優秀障害馬 ビッグテースト

ダートグレード競走最優秀馬[編集]

NARグランプリ[編集]

  • 年度代表馬・サラブレッド系4歳上最優秀馬・最優秀牝馬 ネームヴァリュー
  • サラブレッド系2歳最優秀馬 コスモバルク
  • サラブレッド系3歳最優秀馬 ナイキアディライト
  • 最優秀短距離馬 ハタノアドニス
  • アラブ系最優秀馬 マリンレオ
  • ばんえい最優秀馬スーパーペガサス
  • 特別表彰馬 ロジータ、アドマイヤドン

リーディング[編集]

リーディングジョッキー[編集]

分類 騎手の氏名 勝利数
中央競馬 武豊 204
地方競馬
ばんえい競走

リーディングトレーナー[編集]

分類 調教師の氏名 勝利数
中央競馬 藤沢和雄 63
地方競馬
ばんえい競走

リーディングオーナー[編集]

リーディングブリーダー[編集]

リーディングサイアー[編集]

リーディングブルードメアサイアー[編集]

誕生[編集]

この年に生まれた競走馬は2006年のクラシック世代となる。

競走馬[編集]


死去[編集]

競走馬、繁殖馬[編集]

人物[編集]

引退[編集]

競走馬[編集]

人物[編集]

繁殖馬[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 2002年までは秋の福島競馬の前半の開催に組まれ、2003年は春の開催に組まれていた。2004年から春の福島開催での重賞は福島牝馬ステークスとなる。