2003年の横浜ベイスターズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
2003年の横浜ベイスターズ
成績
セントラル・リーグ6位
45勝94敗1分 勝率.324[1]
本拠地
都市 神奈川県横浜市中区
球場
横浜スタジアム
Yokohama Stadium 2007 -3.jpg
球団組織
オーナー 砂原幸雄
経営母体 TBS
監督 山下大輔
« 2002
2004 »

2003年の横浜ベイスターズ(2003ねんのよこはまベイスターズ)では、2003年横浜ベイスターズの動向をまとめる。

この年の横浜ベイスターズは、山下大輔監督の1年目のシーズンである。

概要[編集]

生え抜き監督山下大輔が就任し、「大ちゃんス打線」と銘打った攻撃優先オーダーでシーズンに臨んだ。しかし、このシーズンは阪神タイガースが首位を独走し、ベイスターズは対阪神戦を大きく負け越すことになった。チーム本塁打192本(リーグ2位)を叩き出しながら、チーム打率.258(リーグ6位)と粗い攻撃が解消されず、チーム防御率4.80(リーグ6位)と投手陣もシーズンを通して不調であった。最終的に首位と42.5ゲーム差の最下位に沈んだ。

チーム成績[編集]

レギュラーシーズン[編集]

開幕オーダー
1 石井琢朗
2 種田仁
3 鈴木尚典
4 T.ウッズ
5 小川博文
6 古木克明
7 金城龍彦
8 中嶋聡
9 吉見祐治
2003年セントラル・リーグ順位変動
順位 4月終了時 5月終了時 6月終了時 7月終了時 8月終了時 最終成績
1位 阪神 -- 阪神 -- 阪神 -- 阪神 -- 阪神 -- 阪神 --
2位 ヤクルト 2.0 巨人 8.0 中日 12.5 中日 17.5 巨人 16.0 中日 14.5
3位 巨人 2.5 中日 8.0 巨人 8.5 ヤクルト 19.0 中日 17.5 巨人 15.5
4位 中日 2.5 ヤクルト 9.5 ヤクルト 14.0 巨人 19.5 ヤクルト 18.5 ヤクルト
5位 広島 3.0 広島 11.5 広島 17.0 広島 22.0 広島 19.5 広島 20.0
6位 横浜 11.0 横浜 20.0 横浜 30.0 横浜 39.0 横浜 42.5 横浜 42.5
2003年セントラル・リーグ最終成績
順位 球団 勝率
優勝 阪神タイガース 87 51 2 .630 -
2位 中日ドラゴンズ 73 66 1 .525 14.5
3位 読売ジャイアンツ 71 66 3 .518 15.5
ヤクルトスワローズ 71 66 3 .518 15.5
5位 広島東洋カープ 67 71 2 .486 20.0
6位 横浜ベイスターズ 45 94 1 .324 42.5

オールスターゲーム2003[編集]

  • ファン投票
選出なし
  • 監督推薦
金城龍彦

選手・スタッフ[編集]

表彰選手[編集]

リーグ・リーダー[編集]

本塁打王(40本、初受賞)

ベストナイン[編集]

受賞者なし
受賞者なし

ドラフト[編集]

順位 選手名 ポジション 所属 結果
自由獲得枠 吉川輝昭 投手 日本文理大学 入団
自由獲得枠 森大輔 投手 三菱ふそう川崎 入団
1巡目 (選択権なし)
2巡目 (選択権なし)
3巡目 (選択権なし)
4巡目 牛田成樹 投手 明治大学 入団
5巡目 呉本成徳 内野手 明治大学 入団

出典[編集]

[ヘルプ]