2003年の韓国シリーズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

2003年の韓国シリーズ

概要[編集]

2003年韓国シリーズは、この年の公式戦1位の現代ユニコーンズと同4位のプレイオフ勝者のSKワイバーンズとの間で10月17日から2-2-3の7戦4勝制で行われて、現代ユニコーンズが4勝3敗で3年ぶり3度目の優勝で終わった。公式戦4位で準プレイオフからの韓国シリーズ進出は前年の2002年のLGツインズに次いで2年連続の4度目の出来事。ちなみに年間成績の4位が韓国シリーズ進出を果たしたのは6度目である。またシリーズが4勝3敗で終わったのも韓国プロ野球史上4度目である。

両チームは2000年、サンバンウル・レイダースの解散と、SKワイバーンズのリーグ参加、そして現代の本拠地移転の問題などを巡って騒ぎになったことがある。また、仁川は、かつては現代の本拠地であり、現在はSKの本拠地でもあるというチーム同士の因縁の対決だった。こういう事情もあって、戦力的に見劣られるSKワイバーンズの奮闘ぶりが評価されたシリーズだった。

ステージ 勝利チーム 成績 星取表 敗戦チーム
準プレーオフ SKワイバーンズ(公式戦4位) 2勝 ○○ 三星ライオンズ(公式戦3位)
プレーオフ SKワイバーンズ(公式戦4位) 3勝 ○○○ 起亜タイガース(公式戦2位)
韓国シリーズ 現代ユニコーンズ(公式戦1位) 4勝3敗 ○●●○○●○ SKワイバーンズ(公式戦4位)

準プレイオフ[編集]

第1戦 10月4日・大邱市民運動場野球場[編集]

チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R
SKワイバーンズ 1 0 2 2 1 0 0 0 0 6
三星ライオンズ 0 0 1 1 3 0 0 0 0 5
  1. : 李承浩(イ・スンホ、1-0)  : 田炳浩(チョン・ビョンホ、0-1)  S: 曺雄天(チョ・ウンチョン、0-0-1s)  
  2. :  SK – 朴勍完(パク・キョンワン、3回表、ソロ)、金敏宰(キム・ミンジェ、4回表、2ラン)  三星 – 李承燁(5回裏、ソロ)

第2戦 10月5日・文鶴野球場[編集]

チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R
三星ライオンズ 0 0 0 1 0 0 0 0 1 2
SKワイバーンズ 0 1 2 0 0 0 0 0 X 3
  1. : 金圓衡(キム・ウォンヒョン、1-0)  : 金珍雄(キム・ジヌン、0-1)  S: 曺雄天(0-0-2s)  
  2. :  三星 – 高智行(コ・ジヘン、4回表、ソロ)
  • SKワイバーンズ2勝でプレイオフ進出
  • MVP金圓衡(キム・ウォンヒョン、投手、SK)2試合登板、1勝、防御率0.00

プレイオフ[編集]

第1戦 10月9日・光州無等総合競技場野球場[編集]

チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R
SKワイバーンズ 1 1 0 2 0 0 0 0 0 4
起亜タイガース 0 0 0 0 0 0 1 0 0 1
  1. : 蔡秉龍(チェ・ビョンヨン、1-0))  : 金鎮◆(キム・ジヌ、0-1、◆は豕に尤)  S: 金圓衡(キム・ウォンヒョン、0-0-1s)  
  2. :  SK – 安宰萬(アン・ジェマン、4回表、2ラン)


第2戦 10月10日・光州無等総合競技場野球場[編集]

チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R
SKワイバーンズ 0 0 0 0 2 0 0 0 0 2
起亜タイガース 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
  1. : スミス(1-0)  : ジョンソン(0-1)  S: 曺雄天(チョ・ウンチョン、0-0-1s)  
  2. :  SK – 趙原佑(チョ・ウォヌ、5回表、2ラン)

第3戦 10月12日・文鶴野球場[編集]

チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R
起亜タイガース 0 2 1 0 1 0 0 0 0 4
SKワイバーンズ 2 0 4 4 0 0 0 0 X 10
  1. : 金圓衡(1-0-1s)  : 李強喆(イ・ガンチョル、0-1)  
  2. :  起亜 – 李在珠(イ・ジェジュ、2回表、2ラン)  SK – 李晋暎(イ・ジニョン、1回裏、2ラン)、朴勍完(パク・キョンワン、4回裏、3ラン)
  • SKワイバーンズ3勝で韓国シリーズ進出。
  • MVP李晋暎(イ・ジニョン、外野手、SK) 10打数8安打、打率.800、1本塁打、2打点

韓国シリーズ[編集]

第1戦 10月17日・水原総合運動場野球場[編集]

チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R
SKワイバーンズ 0 0 0 0 0 0 2 0 0 2
現代ユニコーンズ 0 0 2 0 1 0 0 0 X 3
  1. : 鄭珉台(チョン・ミンテ、1-0)  : 李承浩(イ・スンホ、0-1)  S: 趙容浚(チョ・ヨンジュン、0-0-1s)  

第2戦 10月18日・水原総合運動場野球場[編集]

チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R
SKワイバーンズ 0 1 0 0 2 0 0 2 0 5
現代ユニコーンズ 0 3 0 0 0 0 0 0 0 3
  1. : 諸春模(ジェ・チュンモ、1-0)  : 権準憲(クォン・ジュンホン、0-1)  S: 曺雄天(チョ・ウンチョン、0-0-1s)  
  2. :  SK – 李昊俊(イ・ホジュン、2回表、ソロ)、安宰萬(アン・ジェマン、5回表、2ラン)  現代 – 李崇勇(イ・スンヨン、2回裏、ソロ)

第3戦 10月20日・文鶴野球場[編集]

チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R
現代ユニコーンズ 2 0 0 0 0 0 0 1 0 3
SKワイバーンズ 0 0 2 1 0 0 0 2 X 5
  1. : 曺雄天(1-0-1s)  : 趙容浚(0-1-1s)  
  2. :  SK – 李晋暎(イ・ジニョン、3回裏、2ラン)

第4戦 10月21日・文鶴野球場[編集]

チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R
現代ユニコーンズ 1 0 2 0 2 0 1 0 3 9
SKワイバーンズ 3 0 0 0 0 0 0 0 0 3
  1. : 鄭珉台(2-0)  : 金圓衡(キム・ウォンヒョン、0-1)  
  2. :  現代 – 朴鍾皓(パク・ジョンホ、1回表、ソロ)

第5戦 10月23日・蚕室野球場[編集]

チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R
SKワイバーンズ 0 0 0 0 1 0 0 0 2 3
現代ユニコーンズ 0 1 5 0 2 0 0 0 X 8
  1. : 金守経(キム・スギョン、1-0)  : 李承浩(0-2)  
  2. :  SK – 鄭慶培(チョン・ギョンベ、5回表、ソロ)、金杞泰(キム・キテ、9回表、2ラン)

第6戦 10月24日・蚕室野球場[編集]

チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R
現代ユニコーンズ 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
SKワイバーンズ 0 0 2 0 0 0 0 0 X 2
  1. : 蔡秉龍(チェ・ビョンヨン、1-0)  : 田俊鎬(チョン・ジュンホ、0-1)  S: 曺雄天(1-0-2s)  
  2. :  SK – 李晋暎(3回裏、2ラン)

第7戦 10月25日・蚕室野球場[編集]

チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R
SKワイバーンズ 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
現代ユニコーンズ 0 0 0 1 4 1 0 1 X 7
  1. : 鄭珉台(3-0)  : 金圓衡(0-2)  
  • 現代ユニコーンズ4勝3敗で韓国シリーズ優勝。
  • MVP-鄭珉台(チョン・ミンテ、投手、現代) 3試合登板、3勝