2003年東京都知事選挙

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
2003年東京都知事選挙
東京都
1999年 ←
2003年4月13日 (2003-04-13)
→ 2007年

投票率 44.94%
 
候補者 石原慎太郎 樋口恵子 若林義春
政党 無所属 無所属 日本共産党
得票数 3,087,190 817,146 364,007
得票率 70.21% 18.58% 8.28%

選挙前知事

石原慎太郎
無所属

選出知事

石原慎太郎
無所属

BYR color wheel.svg この項目ではを扱っています。閲覧環境によっては、色が適切に表示されていない場合があります。

2003年東京都知事選挙(2003ねんとうきょうとちじせんきょ)は、2003年平成15年)4月13日に執行された東京都知事選挙第15回統一地方選挙の一環で実施された。

概説[編集]

選挙前から現職の石原慎太郎の圧勝が予想され、対立候補の擁立は難航した。石原の再選を阻止するため、民主党東京都連の円より子らの主導により、評論家フェミニスト樋口恵子が同党推薦で立候補した。更に、社民党東京・生活者ネットワークみどりの会議野党3党が樋口を支持し野党結集を図った。加えて、樋口と事実婚の関係であった新井直之がかつて創価大学で教鞭を取っており、公明党からの票を期待されたが、自公連立を分断するには至らなかった。また樋口は民主党推薦とはいえども、当時民主党は石原都政において事実上自民・公明と並ぶ与党の一角であったため、多くの民主党都議が石原を支援した。

一方、共産党は慣例の革新無所属の擁立が難航し、やむなく党幹部の若林義春を党公認で擁立した。

ドクター・中松の出馬は3度目。元農水官僚の池田一朝は選挙ポスターも政見放送も辞退し、選挙公報のみの「独自の戦い」で挑んだ。

立候補者[編集]

届け出順

候補者名 年齢 党派 新旧 肩書き
池田一朝
(いけだ かずとも)
70 無所属 農業研究所代表、元農林水産省職員
若林義春
(わかばやし よしはる)
52 日本共産党 党都委員長、元代議士秘書
石原慎太郎
(いしはら しんたろう)
70 無所属
自民党公明党 支援)
東京都知事作家
ドクター・中松
(どくたー なかまつ)
74 無所属 発明家通信制大学副学長
樋口恵子
(ひぐち けいこ)
70 無所属
民主党 推薦・社会民主党東京・生活者ネットワークみどりの会議 支持)
評論家東京家政大学教授

この都知事選では、中松以外の常連泡沫候補は一様に出馬を見送り、候補者が乱立する東京都知事選挙では珍しい、少人数の争いであった。

投票結果[編集]

各候補の得票率(得票数の多かった順)

投票率は44.94%で、前回1999年の57.87%を大きく下回った、当日の有権者数は988万4071人で投票総数は444万2195票となった[1]

候補者別の得票数の順位、得票数[2]、得票率、惜敗率、供託金没収概況は以下のようになった。供託金欄のうち「没収」とある候補者は有効投票総数の10%を下回ったため全額没収された。得票率と惜敗率は未発表のため暫定計算とした(小数3位以下四捨五入)。

  順位 候補者名 党派 新旧 得票数 得票率 惜敗率 供託金
当選 1 石原慎太郎 無所属 3,087,190 70.21% ----
  2 樋口恵子 無所属 817,146 18.58% 26.47%
  3 若林義春 日本共産党 364,007 8.28% 11.79% 没収
  4 ドクター・中松 無所属 109,091 2.48% 3.53% 没収
  5 池田一朝 無所属 19,860 0.45% 0.64% 没収

前回同様、石原は石原軍団総出の豪華な選挙戦を繰り広げ、マスコミを利用して防犯、歌舞伎町浄化の実績を強調して選挙戦を闘った。結果は、都民の石原への強い支持や反石原票の分散により、東京都知事選挙史上最高の得票率で石原が再選を果たした。一方の樋口は「独断専行」「軍国おじさん」と石原を批判し、「平和ボケばあさん」を自称して選挙戦に臨むも、石原のあまりの強さに伸び悩んだ。得票数3位の若林は、石原対樋口の構図の中で注目を集められず、訴求力を欠き、供託金を没収される歴史的な惨敗を喫した。

脚注[編集]

  1. ^ 都知事選挙得票数 - いけぶくろねっと
  2. ^ 平成15年 東京都知事選挙 開票結果 - 東京都選挙管理委員会