2003年青森県知事選挙

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
2003年青森県知事選挙①
青森県
1999年 ←
2003年1月26日 (2003-01-26)
→ 2003年6月

投票率 49.68%
  Gray - replace this image male.svg Gray - replace this image male.svg Gray - replace this image male.svg
候補者 木村守男 横山ほくと 平野良一
政党 無所属 無所属 無所属
得票数 313,312 229,218 34,970
得票率 53.59% 39.20% 5.98%

  Gray - replace this image male.svg
候補者 いしだてこうじ
政党 無所属
得票数 7,184
得票率 1.23%

選挙前知事

木村守男

選出知事

木村守男

2003年青森県知事選挙②
青森県
2003年1月 ←
2003年6月29日 (2003-06-29)
→ 2007年

投票率 52.46%
  Shingo Mimura 2012.jpg Gray - replace this image male.svg Gray - replace this image male.svg
候補者 三村申吾 横山北斗 かしわや博明
政党 無所属 無所属 無所属
得票数 296,828 276,592 21,709
得票率 48.30% 45.01% 3.53%

  Gray - replace this image male.svg
候補者 高柳ひろあき
政党 無所属
得票数 19,423
得票率 3.16%

選挙前知事

木村守男

選出知事

三村申吾

2003年青森県知事選挙(2003ねんあおもりけんちじせんきょ)は、2003年1月26日6月29日に執行された青森県知事を選出するための選挙である。

2003年1月の第16回青森県知事選挙と同年6月の第17回青森県知事選挙を同じ項目として扱うこととする。

第16回(1月26日)[編集]

概要[編集]

現職の木村守男の任期満了に伴う知事選挙。現職で3期目を目指す木村と、新人で当時弘前学院大学大学院社会福祉学研究科教授だった横山北斗と、同じく新人の平野良一と、同じく新人の石館恒治の4人による選挙戦となった。

各政党の対応は、現職の木村を自民党公明党保守新党が推薦した。横山は本来は無所属での出馬の意向を示していたが、田名部匡省が出馬を断念したことにより田名部の意向で、民主党自由党に推薦願を出し、両党が推薦した。

選挙データ[編集]

告示日

  • 2003年(平成15年)1月9日[1]

執行日

  • 2003年(平成15年)1月26日[1]
  • 当日の投票時間帯:午前7時 - 午後8時
  • 不在者投票:2003年(平成15年)1月9日 - 1月25日

立候補者[編集]

2003年(平成15年)1月9日までに立候補を届け出を行ったのは以下の4名である。立候補届け出順(候補者名は届け出氏名に基づく、年齢は1月26日付)[2]

候補者名(読み) 年齢 党派 肩書き
木村守男
(きむらもりお)
65 無所属
(自民・公明・保守新 推薦)
青森県知事、農家
横山ほくと
(よこやまほくと)
39 無所属
(民主・自由・無所会 推薦)
弘前学院大学社会福祉学部教授
平野良一
(ひらのりょういち)
74 無所属
(共産・社民 推薦)
無職
いしだてこうじ
(いしだてこうじ)
58 無所属 建築家

選挙結果[編集]

投票率は49.68%で、前回と比べて2%上回る投票率(前回平成11年1月は47.46%)であった。当日の有権者数は118万9662人で投票者は59万1076人。 選挙結果3位の平野と4位の石館は有効得票総数が10%を下回ったため、規定により供託金は全て没収となった。

  順位 候補者名 党派 新旧 得票数 得票率 惜敗率 供託金
当選 1 木村守男 無所属 313,312 53.59% ----
  2 横山ほくと 無所属 229,218 39.20% 73.15%
  3 平野良一 無所属 34,970 5.98% 11.16% 没収
  4 いしだてこうじ 無所属 7,184 1.23% 2.29% 没収
無効票 6,366  

第17回(6月29日)[編集]

概要[編集]

1月の知事選で再選した木村守男が、自身の諸問題で辞任したことによる知事選挙。

いずれも新人で三村申吾、横山北斗、柏谷弘陽、高柳博明の4人が立候補した。

経緯[編集]

1月の3選直後に自身のスキャンダルが発覚し、3月7日には県議会で法的拘束力を持たない知事辞職勧告決議が採択され賛成多数で可決されたが、木村は辞職を拒否した。その後法的拘束力を持つ「知事不信任決議案」が採決され、勧告決議では賛成に回った議員の一部が反対に回り、71.43%で不信任可決に必要な75%を下回り否決となった。その影響で不信任決議直後に行われた同年4月13日の統一地方選の青森県議会議員選挙では不信任決議案に反対した議員の多くが落選した。選挙後の臨時議会では再度「知事不信任決議案」が提出され、決議が可決する見通しが高まり、採決する前日の2003年5月16日に木村は辞職[3]し、異例の同じ年に2回目の青森県知事選挙が実施されることとなった。

また、これにより1963年の第6回から続いた厳冬期の知事選に変わり、以降改選時は6月に行われている。

選挙データ[編集]

告示日

  • 2003年(平成15年)6月12日[4]

執行日

  • 2003年(平成15年)6月29日[4]
  • 当日の投票時間帯:午前7時 - 午後8時
  • 不在者投票:2003年(平成15年)6月12日 - 6月28日[4]
    • 不在者投票の投票時間帯:午前8時30分 - 午後8時[4]

立候補者[編集]

2003年(平成15年)6月12日までに立候補届け出を行なったのは次のとおりである。立候補届け出順(候補者氏名、肩書きは選挙データに基づく)[4]

候補者名(読み) 年齢 党派 肩書き
高柳ひろあき
(たかやなぎひろあき)
33 日本共産党 政党役員
三村申吾
(みむらしんご)
47 無所属
(自民・公明・保守新・無所会 推薦)
無職
かしわや弘陽
(かしわやひろあき)
48 無所属 NPO法人エッグ理事長
横山北斗
(よこやまほくと)
39 無所属
(民主・連合・社民 推薦)
弘前学院大学大学院教授

選挙結果[編集]

投票率は52.46%で、前回から5か月しか経っていないにも関わらず、3%増加した。当日の有権者数は118万3937人で、投票者は62万1073人。 投票結果3位の柏谷と4位の高柳は有効得票総数が10%を下回ったため、規定により供託金は全て没収された。

  順位 候補者名 党派 新旧 得票数 得票率 惜敗率 供託金
当選 1 三村申吾 無所属 296,828 48.30% ----
  2 横山北斗 無所属 276,592 45.01% 93.18%
  3 かしわや弘陽 無所属 21,709 3.53% 7.31% 没収
  4 高柳ひろあき 日本共産党 19,423 3.16% 6.54% 没収
無効票 6,483  

前回も立候補した横山は、民主党と支持母体の連合、そして社会民主党が勝利できると踏んで推薦した。一方で三村は自民党・公民党・保守新党が推薦した。序盤は横山が優勢で進み、当時全国最年少の知事が誕生すると思われたが、終盤三村が自民党・公明党の組織戦により劣勢を覆し、僅差で三村が逆転勝利した。

脚注・出典[編集]

  1. ^ a b 青森県報 号外第一号 平成15年1月
  2. ^ 青森県報 号外第二号 平成15年1月
  3. ^ 15日に辞表を提出し、16日に県議会で辞職を承認。
  4. ^ a b c d e 青森県知事選平成15年6月29日執行日データ -青森県庁 青森県選挙管理委員会