2004年の西武ライオンズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
2004年の西武ライオンズ
成績
日本一
4勝3敗(対中日
パシフィック・リーグ優勝
プレイオフ第2S:3勝2敗(対ダイエー
プレイオフ第1S:2勝1敗(対日本ハム
レギュラーシーズン2位
74勝58敗1分 勝率.561[1]
本拠地
都市 埼玉県所沢市
球場
西武ドーム
Seibu Dome September-10 2007-1.jpg
球団組織
オーナー 堤義明星野好男(代行)
経営母体 西武鉄道
監督 伊東勤
« 2003
2005 »

2004年の西武ライオンズでは、2004年の西武ライオンズにおける動向をまとめる。

この年の西武ライオンズは、伊東勤監督の1年目のシーズンであり、2年ぶり20度目(2002年以来)のリーグ優勝と12年ぶり12度目(1992年以来)の日本一に輝いたシーズンである。

チーム成績[編集]

レギュラーシーズン[編集]

開幕オーダー
1 柴田博之
2 小関竜弥
3 フェルナンデス
4 和田一浩
5 後藤武敏
6 大島裕行
7 中島裕之
8 野田浩輔
9 高木浩之
松坂大輔
2004年パシフィック・リーグ順位変動
順位 4月終了時 5月終了時 6月終了時 7月終了時 8月終了時 最終成績
1位 ダイエー -- ダイエー -- ダイエー -- ダイエー -- ダイエー -- ダイエー --
2位 西武 0.0 西武 西武 2.0 西武 2.0 西武 2.0 西武 4.5
3位 ロッテ 3.5 日本ハム 4.5 日本ハム 7.5 日本ハム 9.0 ロッテ 15.5 日本ハム 12.0
4位 オリックス 4.0 近鉄 7.5 ロッテ 14.0 近鉄 12.5 日本ハム 11.0 ロッテ 12.5
5位 日本ハム 4.5 オリックス 5.0 近鉄 14.5 ロッテ 13.0 近鉄 15.0 近鉄 17.0
6位 近鉄 6.0 ロッテ 11.0 オリックス 17.0 オリックス 19.5 オリックス 24.5 オリックス 29.0
2004年パシフィック・リーグ最終成績
順位 球団 勝率
1位 福岡ダイエーホークス 77 52 4 .597 -
優勝 西武ライオンズ 74 58 1 .561 4.5
3位 北海道日本ハムファイターズ 66 65 2 .504 12.0
4位 千葉ロッテマリーンズ 65 65 3 .500 12.5
5位 大阪近鉄バファローズ 61 70 2 .466 17.0
6位 オリックス・ブルーウェーブ 49 82 2 .374 29.0
  • プロ野球再編問題を巡るストライキにより、本来より2試合少ない133試合。
  • プレーオフ勝利チームをパ・リーグ優勝チームとしたため、西武が優勝チーム。

[1]

プレーオフ[編集]

2004 パシフィック・リーグプレーオフ 第1ステージ
日付 試合 ビジター球団(先攻) スコア ホーム球団(後攻) 開催球場
10月1日(金) 第1戦 北海道日本ハムファイターズ 7-10 西武ライオンズ 西武ドーム
10月2日(土) 第2戦 北海道日本ハムファイターズ 5-4 西武ライオンズ
10月3日(日) 第3戦 北海道日本ハムファイターズ 5-6 西武ライオンズ
勝者:西武ライオンズ
2004 パシフィック・リーグプレーオフ 第2ステージ
日付 試合 ビジター球団(先攻) スコア ホーム球団(後攻) 開催球場
10月6日(水) 第1戦 西武ライオンズ 3-9 福岡ダイエーホークス 福岡ドーム
10月7日(木) 第2戦 西武ライオンズ 11-1 福岡ダイエーホークス
10月8日(金) 休養日
10月9日(土) 第3戦 西武ライオンズ 6-5 福岡ダイエーホークス 福岡ドーム
10月10日(日) 第4戦 西武ライオンズ 1-4 福岡ダイエーホークス
10月11日(月) 第5戦 西武ライオンズ 4-3 福岡ダイエーホークス
勝者:西武ライオンズ

日本シリーズ[編集]

2004年 日本シリーズ
日付 試合 ビジター球団(先攻) スコア ホーム球団(後攻) 開催球場
10月16日(土) 第1戦 西武ライオンズ 2-0 中日ドラゴンズ ナゴヤドーム
10月17日(日) 第2戦 西武ライオンズ 6-11 中日ドラゴンズ
10月18日(月) 移動日
10月19日(火) 第3戦 中日ドラゴンズ 8-10 西武ライオンズ 西武ドーム
10月20日(水) 第4戦 台風23号接近により中止
10月21日(木) 中日ドラゴンズ 8-2 西武ライオンズ
10月22日(金) 第5戦 中日ドラゴンズ 6-1 西武ライオンズ
10月23日(土) 移動日
10月24日(日) 第6戦 西武ライオンズ 4-2 中日ドラゴンズ ナゴヤドーム
10月25日(月) 第7戦 西武ライオンズ 7-2 中日ドラゴンズ
優勝:西武ライオンズ(12年ぶり12回目)

オールスターゲーム2004[編集]

  • 選出選手及びスタッフ
ポジション 名前 選出回数
コーチ 伊東勤
中継投手 森慎二 5
抑え投手 豊田清 5
投手 松坂大輔 6(2)
張誌家
内野手 中島裕之
外野手 和田一浩 2
  • 太字はファン投票による選出、取消線は出場辞退。選出回数のカッコ内は上記回数中事故のため不出場のもの。

できごと[編集]

選手・スタッフ[編集]

[2]

表彰選手[編集]

ドラフト[編集]

順位 選手名 守備位置 所属 結果
1巡目 涌井秀章 投手 横浜高 入団
2巡目 (選択権なし)
3巡目 片岡易之 内野手 東京ガス 入団
4巡目 山岸穣 投手 青山学院大学 入団
5巡目 星秀和 捕手 前橋工業高 入団
6巡目 藤原虹気 投手 琴丘高 入団

出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 年度別成績 2004年 パシフィック・リーグ”. 2015年10月9日閲覧。
  2. ^ 西武ライオンズ公式HP 背番号の歴史”. 2015年10月9日閲覧。