2005年の音楽

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動

2005年の音楽(2005ねんのおんがく)では、2005年平成17年)の音楽分野に関する出来事について記述する。

2004年の音楽-2005年の音楽-2006年の音楽

日本で活躍したアーティスト[編集]

アーティスト別トータルセールス
※提供:オリコン

日本のシングル[編集]

  • ミリオンセラーは前年に引き続き、2年連続で皆無であった。この年発売された「青春アミーゴ」は、2005年12月までの累計は94万枚、最終的には約160万枚の大ヒット。
  • ミリオンセラーは出なかったものの、上位3作は全て90万枚台であり、前年の年間1位の売り上げを上回っている。
  • 前年から引き続き、ORANGE RANGEの人気が続く。この年発売したシングルすべてがTOP20入りし、前年発売の「」も2年連続でTOP30入りした。
  • 映画NANA』の主題歌となった中島美嘉(NANA starring〜名義)、同じく劇中歌となった伊藤由奈(REIRA starring〜名義)のデビュー曲が揃ってTOP20入り。
  • 松平健の「マツケンサンバII」が大ブームに。DVD付きのCDシングルとして発売され、自身初の年間TOP50入り。週間チャートでも3位まで上昇した。
  • ケツメイシの「さくら」が90万枚越えの大ヒット。年間チャートでも1位を維持し続けたが、最後の2週間で「青春アミーゴ」が約3000枚の僅差で上回った。

年間TOP50[編集]

※集計期間 2004年12月6日付 - 2005年11月28日

集計会社 オリコン

日本のアルバム[編集]

  • アルバムのミリオンセラーは10作、前年の6作を上回り、2001年(22作)以来4年ぶりに2ケタ登場した。
  • 倖田來未ベスト・アルバムが大ヒット。収録曲に週間チャート1位獲得作品はなく、最大のヒットである『real Emotion/1000の言葉』の売り上げは約28万枚であったが、約120万枚の大ヒットとなった。
  • サザンオールスターズの7年ぶりとなるオリジナルアルバムがミリオンセラーに。
  • インターネット上のMacromedia Flash(現・Adobe Flash)で取り上げられたO-Zoneの『恋のマイアヒ』がヒット(表題曲は、着うたにおいて400万DLの大台を達成、現在までこの記録は破られていない)。と同時に、のまネコ問題と呼ばれる騒動も発生した。
  • Def Techの同名デビューアルバムが、インディーズメーカーからのリリースにもかかわらず、ミリオンセラーを達成するヒット。最終的な売り上げは約192万枚まで伸びた。
  • 東芝EMI(現・EMIミュージック・ジャパン)から発売された、『ベスト・クラシック100』がロングヒットに。CD6枚組・全100曲収録で3000円という低価格が売りとなり、ヒットに繋がった。

年間TOP50[編集]

※集計期間 2004年12月6日付 - 2005年11月28日

集計会社 オリコン

日本のDVD[編集]

カラオケ年間20[編集]

イベント[編集]

毎年恒例イベント[編集]

開催日 タイトル
4月29日 ARABAKI ROCK FEST.04292005
5月7日 FM802 & SPACE SHOWER TV presents SWEET LOVE SHOWER 2005 SPRING
7月9日 ASIAN KUNG-FU GENERATION presents NANO-MUGEN FES. 2005
7月23日・24日 SETSTOCK 2005
7月29日・30日・31日 FUJI ROCK FESTIVAL 2005
7月30日・31日 HIGHER GROUND 2005
8月5日・6日・7日 ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2005
8月7日 八食サマーフリーライブ 2005
8月13日・14日 SUMMER SONIC 2005
8月19日・20日 RISING SUN ROCK FESTIVAL 2005
8月26日・27日・28日 ロックロックこんにちは! Ver. Episode-Q
8月27日・28日 MONSTER baSH 2005
8月28日 RUSH BALL 2005
9月2日・3日・4日 13th Sunset Live 2005
9月3日 OTODAMA 音泉魂
9月18日 JJ CLUB 100 presents SPACE SHOWER SWEET LOVE SHOWER 2005
10月1日・2日 朝霧JAM 2005
12月29日・30日・31日 COUNTDOWN JAPAN 05/06
12月31日 第56回NHK紅白歌合戦

ライブ[編集]

主要な賞[編集]

第47回日本レコード大賞[編集]

12月31日授賞式・新国立劇場

第38回日本有線大賞[編集]

12月17日・TBS

  • 日本有線大賞 - 氷川きよし
  • 最多リクエスト歌手賞 - 氷川きよし
  • 最多リクエスト曲賞 - 冠二郎『ほろよい酔虎伝』
  • 最優秀新人賞 - 伊藤由奈

3年連続で氷川きよしが大賞を受賞。1984 - 86年のテレサ・テン以来、2人目の快挙を成し遂げた。

第19回日本ゴールドディスク大賞[編集]

3月10日授賞式、対象:2004年2月1日 - 2005年1月31日までの作品

アーティスト・オブ・ザ・イヤー

  • 邦楽 - ORANGE RANGE
  • 洋楽 - QUEEN

その他[編集]

第15回芥川作曲賞

第15回出光音楽賞

MTV Video Music Awards Japan 2005

  • 最優秀男性アーティストビデオ賞 - 平井堅「瞳をとじて」
  • 最優秀女性アーティストビデオ賞 - 中島美嘉「桜色舞うころ」
  • 最優秀グループビデオ賞 - リンキン・パーク「Breaking The Habit」
  • 最優秀新人アーティストビデオ賞 - サンボマスター「美しき人間の日々」
  • 最優秀ビデオ賞 - ORANGE RANGE「花」
  • 最優秀ロックビデオ賞 - フーバスタンク「The Reason」
  • 最優秀ポップビデオ賞 - ケツメイシ「君にBUMP」
  • 最優秀R&Bビデオ賞 - 安室奈美恵「GIRL TALK」
  • 最優秀ヒップホップビデオ賞 - ビースティ・ボーイズ「Ch-Check It Out」
  • 最優秀映画ビデオ賞 - 平井堅「瞳をとじて」from『世界の中心で、愛を叫ぶ』
  • 最優秀コラボレーションビデオ賞 - ジェイ・Z&リンキン・パーク「Numb/Encore」
  • 最優秀アルバム賞 - ORANGE RANGE『musiQ』
  • Best buzz Asia from Japan - ORANGE RANGE「ロコローション」
  • Best buzz Asia from Korea - RAIN「It's Raining」
  • Best buzz Asia from Taiwan - 孫燕姿「Running」
  • スタイル・アワード - アシャンティ
  • 最優秀エンターテイメントビデオ賞 - Gorie with Jasmine&Joann
  • インターナショナル・ビデオ・アイコン賞 - マライア・キャリー
  • アジア最優秀パフォーミング・アーティスト賞 - 安室奈美恵
  • 最優秀ミュージック・ビデオ監督賞 - 井上靖雄
  • 最優秀特殊効果ビデオ賞 - GAGLE

SPACE SHOWER MUSIC AWARDS 2005

  • VIDEO OF THE YEAR / BEST HIP-HOP/R&B VIDEO - RIP SLYMEGALAXY
  • BEST GROOVE VIDEO / BEST ANIMATION VIDEO - 電気グルーヴ「Cafe de 鬼(顔と科学)」
  • BEST REGGAE VIDEO - PUSHIM「SOLDIER」
  • BEST NEW ARTIST VIDEOBEST NEW ARTIST VIDEO - Salyu「Dialogue」
  • BEST INTERNATIONAL VIDEO - グリーン・デイ「AMERICAN IDIOT」
  • BEST COMPUTER GRAPHIC VIDEO - 石野卓球「THE RISING SUNS」
  • BEST STORY VIDEO - レミオロメン「3月9日」
  • BREAKTHROUGH VIDEO - nobodyknows+「ココロオドル」
  • BEST SHOOTING VIDEO - YUKI「Home Sweet Home」

第35回JXTG音楽賞

2005年度JASRAC賞

第37回サントリー音楽賞

第16回日本製鉄音楽賞

第38回日本作詩大賞

動向[編集]

iTunes Music Store(現・iTunes Store)が日本でのサービスを開始したのがこの年であった。発売より続いていたiPod人気は更に高まり、わずかに残っていたCCCDはこの年以降店頭ではほぼ見受けられなくなった。着うたの人気は当年から翌年頃までが最高潮と見られ、当年発売分で20件の100万DL(内4件は200万DL[1])作品が生まれたが、翌年以降は徐々に着うたフルやPC配信に市場シェアを明け渡すようになった。

愛・地球博が開催されたことにより、多くのミュージシャン同士のコラボレーションや万博にちなんだイベントなどが会場付近を中心に多く行われた。全体的にグループの解散やメンバー脱退が多く見受けられた年であった。

デビュー[編集]

死去[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]