2005年東京都議会議員選挙

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索

2005年東京都議会議員選挙(2005ねんとうきょうとぎかいぎいんせんきょ)は、2005年7月3日に投開票が行われた東京都議会の議員を選出するための選挙である。

概要[編集]

東京都議会議員選挙は、1965年の東京都議会自主解散で時期がずれたため、統一地方選挙で行われない3つの都道府県議会選挙の1つである(他の2つは茨城県沖縄県の議員選挙)。自民党と民主党による2大政党化が進むなか、無所属候補が半減し、政党間の対決構図が鮮明となる選挙であった。特に2003年の衆院選2004年の参院選で躍進した民主党は候補者を前回より大幅に増やして選挙に挑んだ。

選挙結果[編集]

選挙の結果、自民党は第1党を維持したものの、現有議席を守れずやや後退した。民主党は現有19議席から議席を大幅に増やし、都議会で初めて第2党となった。公明党は候補者23名全員が当選したものの第3党に後退。共産党は2議席減、生活者ネットも3議席減など、2大政党化の流れが定着しつつあることが示される結果となった。

  • 投票日:2005年7月3日
  • 投票率:43.99%(投票者数:4,435,435名)[2]・・・前回(2001年)より7.91%減で1997年の選挙に次ぐ過去2番目の低さとなった。
党派別当選者数及び得票数[3][4]
党派 得票数 得票率 議席数 女性 新旧内訳
自由民主党 1,339,548 30.7% 48 3 38 0 0 10
民主党 1,070,893 24.5% 35 6 14 0 1 20
公明党 786,292 18.0% 23 2 14 o 0 9
日本共産党 680,200 15.6% 13 6 9 4 0 0
生活者ネット 181,020 4.1% 3 3 2 0 0 1
社会民主党 10,165 0.2% 0 0 0 0 0 0
諸派 1 0 1 0 0 0
無所属 4 2 2 0 0 2
合計 127 22 80 4 1 42

出典[編集]

  1. ^ 朝日新聞2005年6月24日付夕刊1面「都議選の立候補数」より
  2. ^ a b 東京都選挙管理委員会「平成17年7月3日 東京都議会議員選挙 投票結果 20時現在確定」より。2010年1月6日閲覧
  3. ^ 朝日新聞2005年7月4日付1面「党派別当選者」
  4. ^ 主要政党はどれだけ票を集めた(朝日新聞)