2006年

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
千年紀: 3千年紀
世紀: 20世紀 - 21世紀 - 22世紀
十年紀: 1980年代 1990年代 2000年代 2010年代 2020年代
: 2003年 2004年 2005年 2006年 2007年 2008年 2009年

2006年(2006 ねん)は、西暦グレゴリオ暦)による、日曜日から始まる平年平成18年。

この項目では、国際的な視点に基づいた2006年について記載する。

他の紀年法[編集]

カレンダー[編集]

1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
2月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28
3月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
4月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
5月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
6月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
7月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
8月
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
9月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
11月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
12月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

できごと[編集]

1月[編集]

2月[編集]

3月[編集]

4月[編集]

5月[編集]

6月[編集]

7月[編集]

8月[編集]

9月[編集]

10月[編集]

11月[編集]

12月[編集]

周年[編集]

以下に、過去の主な出来事からの区切りの良い年数(周年)を記す。

核実験[編集]

イベント・行事[編集]

国際年[編集]

  • 砂漠と砂漠化に関する国際年(International Year of Deserts and Desertification)

芸術・文化・ファッション[編集]

ファッション[編集]

アメリカヨーロッパにおいて、BMIが18以下のファッションモデルファッションショー出演を禁止。

スポーツ[編集]

音楽[編集]

映画[編集]

文学[編集]

ゲーム[編集]

誕生[編集]

動物

死去[編集]

ノーベル賞[編集]

フィクションのできごと[編集]

※日本ローカルの傾向が強い(他国での知名度があると思えない)作品については、別項「2006年の日本#フィクションのできごと」を参照のこと。

  • 4月8日 - 25年と2週間ぶりに怪獣頻出期に入り、同時に80(エイティ)以来のウルトラ戦士・メビウスが人類の前に姿を現す。(特撮テレビ番組『ウルトラマンメビウス』)
  • 8月 - アトム、クビクビ島に拉致されていたルミ子とその父親を助ける。(漫画『鉄腕アトム』「海蛇島の巻」)
  • 12月 - アトム、火星探検隊長に任命され、火星へ赴く。(漫画『鉄腕アトム』「火星探検の巻」)
  • 1999年に月面ティコ・クレーターで発見されたモノリスTMA・1」が、地球の国連広場に移設される。(小説『2061年宇宙の旅』)[1][2]
  • チェルノブイリ原子力発電所跡地で原因不明の大爆発が発生。半径30キロメートルが核汚染され、汚染地帯には「ゾーン」が出現する。(ゲーム『S.T.A.L.K.E.R. SHADOW OF CHERNOBYL』)[3]
  • スハディ・サドノ率いるゲリラ組織がジャカルタのアメリカ大使館を襲撃、占拠。民間人含む数十名を人質に取る。これを受け、大使館内の極秘資料破壊のためサードエシュロンがサム・フィッシャーを派遣する。(ゲーム『スプリンターセル パンドラトゥモロー』)[4]
  • マイケル・ドロズニン英語版の著書『聖書の暗号英語版』(1997年刊)には「2006年中に最終戦争が起こる」と記されていた[5]
  • スリジーンファミリーが第3次世界大戦を誘導、核で地球を破壊し燃料とするビジネスを行おうとする。(テレビドラマ『ドクター・フー』)
  • マーガレット・スリジーンがカーディフに原子力発電所を建設、メルトダウンのエネルギーで地球を破壊し脱出しようと画策。(テレビドラマ『ドクター・フー』)
  • シコラックスとパイロットフィッシュが地球を襲来、A型の血液型を持つ人間が人質にされる。(テレビドラマ『ドクター・フー』)
  • 急激な地殻変動によって、日本列島が沈没する。(映画『日本沈没』)
  • アクティブSETIを目的とした「ビーコン・インターナショナル・プロジェクト」によって、宇宙へのメッセージの発信が開始される。(映画『バトルシップ』)[6]
  • ロンドン惑星間動物園ニューヨーク事務所のトミー・ストライクらが、プリマス大学英語版のルンデ教授が発明した麻痺光線装置を携え、第五衛星に棲息する生命体「カクス」を捕獲するために、宇宙船「箱舟号」で木星へと出発する。(小説『惑星間の狩人英語版』)[7]

脚注・出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ アーサー・C・クラーク 『2061年宇宙の旅』 早川書房1995年、28・62頁。ISBN 978-4-15-011096-3。
  2. ^ アーサー・C・クラーク 『2001年宇宙の旅 ―決定版―』 早川書房、1993年、229頁。ISBN 978-4-15-011000-0。
  3. ^ 製品紹介 - 『S.T.A.L.K.E.R. SHADOW OF CHERNOBYL』日本語マニュアル付英語版公式サイト。2018年3月21日閲覧。
  4. ^ スプリンターセルとは? - 『スプリンターセル パンドラトゥモロー』公式サイト。2018年3月21日閲覧。
  5. ^ 木原武一 訳 『聖書の暗号』
  6. ^ ピーター・デイヴィッド 『バトルシップ』 リンダブックス、2012年、7 - 13頁。ISBN 978-4-8030-0320-8。
  7. ^ アーサー・K・バーンズ 『惑星間の狩人』 東京創元社1969年、60 - 74・78 - 81・97・267頁。ISBN 978-4-488-63501-5。

参考文献[編集]

関連項目[編集]