2006年のオールスターゲーム (日本プロ野球)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

2006年オールスターゲーム (日本プロ野球)7月21日から7月23日まで開催されたプロ野球オールスターゲーム(球宴)である。正式名称は2006 サンヨー オールスター ゲーム2006SANYO ALL STAR GAME)。7月22日終了の予定であったが、22日の試合が雨天中止になったために1日順延された。

2006年のオールスター
Previous: 2005 Next: 2007

概要[編集]

4月に引退を表明したSHINJO(新庄剛志〈以下「新庄」〉、北海道日本ハムファイターズ・全パ)がどのようなパフォーマンスをするか注目された2006年のオールスターゲーム。両軍の監督は前年にそれぞれのリーグで優勝したチームの監督が務め、全パ(オールパシフィック・リーグ)は千葉ロッテマリーンズ監督のボビー・バレンタイン、全セ(オールセントラル・リーグ)は阪神タイガース監督の岡田彰布が務めた。なお、日本人(日系人・通名使用の定住外国人・帰化日本人を含む)以外の人物がオールスターゲームで監督を務めるのはバレンタインが初である[注 1]

まず第1戦、新庄は虹色の輝きを放つバット(特殊な塗装を施してあった)と腰には電光掲示板が取り付けられたベルトで登場。「NEVER MIND WHATEVER I DO FAN IS MY TREASURE(ほっとけオレの人生だ。ファンはオレの宝物)」というメッセージが流れ、第2戦では「I U」や片仮名で「夢は見るものではなくつかむもの」、「ここまで野球ができたのもファンのおかげ」と流れた(他の野球用具に関するパフォーマンスなど、詳細は「新庄劇場#2006年のオールスターゲーム」を参照)[1][2]。また、同僚の森本稀哲が第1戦で『ドラゴンボール』のピッコロ大魔王のようにメイクして登場した[3]。また森本は第2戦でロッテ・西岡剛との重盗により、2004年第2戦の新庄以来史上3人目となる本盗に成功した。

またセ・藤川球児vsパ・小笠原道大&アレックス・カブレラの全球真っ直ぐの力勝負には多くのプロ関係者が「名勝負」と称える勝負であった。その場にいた選手もあまりの凄さに唖然としていたという。

また、清原和博も出場したがこのオールスターが現役最後の出場となった。

試合は、全セが2連勝(2005年以来の4連勝)した。

1988年以来、特別協賛してきた三洋電機がこの年の12月1日をもって撤退したことにより当年の2試合が最後の「サンヨーオールスターゲーム」となった。

出場選手[編集]

セントラル・リーグ パシフィック・リーグ
監督 岡田彰布 阪神 監督 バレンタイン ロッテ
コーチ 落合博満 中日 コーチ 王貞治 ソフトバンク
牛島和彦 横浜 森脇浩司 ソフトバンク
伊東勤 西武
先発投手 川上憲伸 中日 5 先発投手 松坂大輔 西武 8
中継投手 藤川球児 阪神 2 中継投手 菊地原毅 オリックス
抑え投手 クルーン 横浜 2 抑え投手 馬原孝浩 ソフトバンク
投手 岩瀬仁紀 中日 5 投手 小林雅英 ロッテ 5
朝倉健太 中日 斉藤和巳 ソフトバンク 2
三浦大輔 横浜 3 涌井秀章 西武
石川雅規 ヤクルト 平野佳寿 オリックス
木田優夫 ヤクルト 2 吉井理人 オリックス 5
内海哲也 巨人 武田久 日本ハム
黒田博樹 広島 3 八木智哉 日本ハム
永川勝浩 広島 2 福盛和男 楽天
捕手 古田敦也 ヤクルト 17 捕手 里崎智也 ロッテ 2
矢野輝弘 阪神 6 日高剛 オリックス 4
阿部慎之助 巨人 3
一塁手 シーツ 阪神 一塁手 小笠原道大 日本ハム 8
二塁手 藤本敦士 阪神 3 二塁手 本間満 ソフトバンク
三塁手 小久保裕紀 巨人 9 三塁手 今江敏晃 ロッテ
遊撃手 鳥谷敬 阪神 2 遊撃手 川崎宗則 ソフトバンク 3
内野手 村田修一 横浜 内野手 西岡剛 ロッテ 2
岩村明憲 ヤクルト 4 福浦和也 ロッテ 4
二岡智宏 巨人 5 松中信彦 ソフトバンク 7
李承燁 巨人 2 中島裕之 西武 2
東出輝裕 広島 カブレラ 西武 4
フェルナンデス 楽天
外野手 福留孝介 中日 5 外野手 SHINJO 日本ハム 7
金本知憲 阪神 9 柴原洋 ソフトバンク 3
赤星憲広 阪神 3 谷佳知 オリックス 5
濱中治 阪神 2 大村直之 ソフトバンク 3
アレックス 中日 森本稀哲 日本ハム
金城龍彦 横浜 3
青木宣親 ヤクルト 2
DH 清原和博 オリックス 19
  • 太字はファン投票で選ばれた選手。そのほかは監督推薦。▲は出場辞退選手発生に伴う補充。数字は出場回数。
    • 王貞治監督は病気療養のため欠場、代わりに森脇浩司コーチを補充
    • 小久保裕紀は右手親指骨折のため出場辞退、代わりに濱中治が選出
    • 福留孝介は左ひざ打撲のため出場辞退、代わりに金城龍彦が選出
    • 福浦和也は左第2中手骨剥離骨折のため出場辞退、代わりに大村直之が選出

試合結果[編集]

第1戦[編集]

チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
パ・リーグ 0 1 0 0 0 0 0 0 0 1 6 0
セ・リーグ 0 1 1 0 1 0 0 0 X 3 9 1
  1. 2006年7月21日18:10(JST)試合開始 神宮 試合時間:2時間32分 観衆数/30,488人
  2. パ : 松坂西)、吉井)、平野佳(オ)、菊地原(オ)、武田久)-里崎
  3. セ : 川上)、三浦)、石川)、木田(ヤ)、岩瀬(中)、藤川(神)、Sクルーン(横)-矢野
  4. : 三浦(1勝)  : 吉井(1敗)  S: クルーン (1S)  
  5. :  パ – 里崎1号(ソロ・川上)  セ – 青木(ヤ)1号(ソロ・吉井)、岩村(ヤ)1号(ソロ・平野佳)
  6. 審判:球審…吉本(セ)、塁審…山村(パ)・友寄(セ)・柳田(パ)、外審…敷田(セ)・飯塚(パ)
  7. * MVP: 青木宣親(ヤ)

オーダー[編集]

パシフィック
打順守備選手
1[遊]川崎宗則
2[左]谷佳知
3[中]SHINJO
4[指]清原和博
5[一]小笠原道大
6[捕]里崎智也
7[三]今江敏晃
8[右]柴原洋
9[二]本間満
[投]松坂大輔
セントラル
打順守備選手
1[右]青木宣親
2[中]赤星憲広
3[三]岩村明憲
4[左]金本知憲
5[一]李承燁
6[指]村田修一
7[遊]鳥谷敬
8[捕]矢野輝弘
9[二]藤本敦士
[投]川上憲伸


第2戦[編集]

チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
セ・リーグ 0 1 0 2 0 1 0 2 1 7 15 0
パ・リーグ 0 0 2 0 2 0 0 0 0 4 14 0
  1. 2006年7月23日18:15(JST)試合開始 サンマリンスタジアム宮崎 試合時間:3時間 観衆数/29,777人
  2. セ : 内海)、黒田)、朝倉(中)、永川(広)、藤川、クルーン-阿部(巨)、古田(ヤ)
  3. パ : 斉藤)、涌井西)、八木(日)、福盛)、馬原(ソ)、小林雅(ロ)-里崎、日高(オ)
  4. : 永川(1勝)  : 馬原(1敗)  S: クルーン (2S)  
  5. :  セ – アレックス(中)1号(2ラン・涌井)、シーツ(神)1号(ソロ・八木)  パ – 森本(日)1号(2ラン・黒田)
  6. 審判:球審…飯塚(パ)、塁審…敷田(セ)・山村(パ)・友寄(セ)、外審…柳田(パ)・吉本(セ)
  7. * MVP: 藤本敦士(神)

オーダー[編集]

セントラル
打順守備選手
1[中]青木宣親
2[右]金城龍彦
3[遊]二岡智宏
4[指]金本知憲
5[三]村田修一
6[一]シーツ
7[左]アレックス
8[捕]阿部慎之助
9[二]東出輝裕
[投]内海哲也
パシフィック
打順守備選手
1[二]西岡剛
2[遊]中島裕之
3[一]カブレラ
4[指]小笠原道大
5[三]フェルナンデス
6[捕]里崎智也
7[中]SHINJO
8[右]大村直之
9[左]森本稀哲
[投]斉藤和巳


テレビ・ラジオ中継[編集]

テレビ中継[編集]

  • 第1戦:7月21日
  • 第2戦:7月23日

ラジオ中継[編集]

  • 第1戦:7月21日

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 日本国籍以外の者で初めてオールスターゲームの監督を務めたのは、1975年に全セを率いた中日ドラゴンズ監督の与那嶺要である。

出典[編集]

  1. ^ 光った!優秀選手賞/オールスター新庄カウントダウン プロ野球 : nikkansports.com 2016年7月12日閲覧(日刊スポーツ 2006年7月22日紙面)
  2. ^ 真剣に楽しんで終宴/オールスター新庄カウントダウン プロ野球 : nikkansports.com 2016年7月12日閲覧(日刊スポーツ 2006年7月24日紙面)
  3. ^ 森本稀哲の爆笑伝説 結婚発表ではゲイ疑惑を笑いに変えるライブドアニュース 2016年8月1日閲覧

関連項目[編集]