2006年の千葉ロッテマリーンズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
2006年の千葉ロッテマリーンズ
成績
パシフィック・リーグ4位
65勝70敗1分 勝率.481[1]
本拠地
都市 千葉県千葉市美浜区
球場
千葉マリンスタジアム
Chiba Marine Stadium Complete View.jpg
球団組織
オーナー 重光武雄
経営母体 ロッテ
監督 ボビー・バレンタイン
 < 2005 2007 > 

2006年の千葉ロッテマリーンズ(2006ねんのちばロッテマリーンズ)では、2006年千葉ロッテマリーンズの動向をまとめる。

この年の千葉ロッテマリーンズは、2回目のバレンタイン監督体制の3年目(通算4年目)のシーズンである。

チーム成績[編集]

レギュラーシーズン[編集]

開幕オーダー
1 西岡剛
2 堀幸一
3 福浦和也
4 ベニー
5 里崎智也
6 サブロー
7 フランコ
8 今江敏晃
9 橋本将
投手 久保康友
2006年パシフィック・リーグ順位変動
順位 4月終了時 5月終了時 6月終了時 7月終了時 8月終了時 最終成績
1位 西武 -- ロッテ -- ソフトバンク -- 西武 -- 西武 -- 日本ハム --
2位 ソフトバンク 1.0 西武 1.5 西武 1.0 ソフトバンク 1.0 ソフトバンク 1.0 西武 1.0
3位 ロッテ 1.5 ソフトバンク 2.0 ロッテ 3.0 日本ハム 3.0 日本ハム 2.0 ソフトバンク 4.5
4位 日本ハム 2.5 日本ハム 3.0 日本ハム 3.5 ロッテ 7.0 ロッテ 11.5 ロッテ 16.5
5位 オリックス 3.0 オリックス 7.5 オリックス 12.0 オリックス 16.5 オリックス 24.0 オリックス 28.5
6位 楽天 10.0 楽天 16.0 楽天 16.0 楽天 23.0 楽天 30.0 楽天 33.0
2006年パシフィック・リーグ最終成績
順位 球団 勝率
優勝 北海道日本ハムファイターズ 82 54 0 .603 -
2位 西武ライオンズ 80 54 2 .597 1.0
3位 福岡ソフトバンクホークス 75 56 5 .573 4.5
4位 千葉ロッテマリーンズ 65 70 1 .481 16.5
5位 オリックス・バファローズ 52 81 3 .391 28.5
6位 東北楽天ゴールデンイーグルス 47 85 4 .356 33.0


オールスターゲーム2006[編集]

  • 監督
ボビー・バレンタイン
  • ファン投票
里崎智也
今江敏晃
  • 監督推薦
小林雅英
西岡剛
福浦和也(出場辞退)

2006 WBC選出選手[編集]

  • 日本代表
  • 代表入り
清水直行
藤田宗一
薮田安彦
渡辺俊介
小林宏之
里崎智也
今江敏晃
  • 予備登録
小林雅英
福浦和也
サブロー
  • イタリア代表
パスクチ

選手・スタッフ[編集]

[2]

表彰選手[編集]

リーグ・リーダー[編集]

盗塁王(33盗塁、2年連続2度目)

ベストナイン[編集]

里崎智也(捕手、初受賞)
里崎智也(捕手、初受賞)
今江敏晃(三塁手、2年連続2度目)

ドラフト[編集]

大学生・社会人ドラフト
順位 選手名 守備 所属 結果
1巡目 (選択権なし)
2巡目 (選択権なし)
3巡目 神戸拓光 外野手 流通経済大学 入団
4巡目 荻野忠寛 投手 日立製作所 入団
5巡目 江口亮輔 投手 愛知学院大学 入団
6巡目 中郷大樹 投手 JR四国 入団
7巡目 角中勝也 外野手 高知ファイティングドッグス 入団
8巡目 松本幸大 投手 デュプロ 入団
高校生ドラフト
順位 選手名 守備 所属 結果
1巡目 大嶺祐太 投手 八重山商工高 入団
2巡目 佐藤賢治 外野手 横浜高 入団
3巡目 黒滝将人 投手 札幌日本大学高 入団

出典[編集]

[ヘルプ]