2006年の横浜ベイスターズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
2006年の横浜ベイスターズ
成績
セントラル・リーグ6位
58勝84敗4分 勝率.408[1]
本拠地
都市 神奈川県横浜市
球場
横浜スタジアム
Yokohama Stadium 2007 -3.jpg
球団組織
オーナー 若林貴世志
経営母体 TBS
監督 牛島和彦
« 2005
2007 »

2006年の横浜ベイスターズ(2006ねんのよこはまベイスターズ)では、2006年横浜ベイスターズの動向をまとめる。

この年の横浜ベイスターズは、牛島和彦監督の2年目のシーズンである。

チーム成績[編集]

レギュラーシーズン[編集]

開幕オーダー
1 石井琢朗
2 小池正晃
3 金城龍彦
4 佐伯貴弘
5 多村仁
6 種田仁
7 村田修一
8 相川亮二
9 三浦大輔
2006年セントラル・リーグ順位変動
順位 4月終了時 5月終了時 6月終了時 7月終了時 8月終了時 9月終了時 最終成績
1位 巨人 -- 阪神 -- 中日 -- 中日 -- 中日 -- 中日 -- 中日 --
2位 中日 4.0 巨人 0.5 阪神 1.5 阪神 6.0 阪神 7.0 阪神 3.0 阪神 3.5
3位 阪神 4.5 中日 1.5 ヤクルト 7.5 ヤクルト 11.5 ヤクルト 11.0 ヤクルト 14.5 ヤクルト 18.0
4位 ヤクルト 8.5 ヤクルト 3.5 巨人 10.0 広島 15.5 巨人 16.5 巨人 20.5 巨人 23.5
5位 広島 9.0 広島 8,0 広島 12.0 巨人 18.0 広島 16.5 広島 22.5 広島 25.0
6位 横浜 10.0 横浜 13.5 横浜 14.5 横浜 18.5 横浜 21.5 横浜 27.0 横浜 29.5
2006年セントラル・リーグ最終成績
順位 球団 勝率
優勝 中日ドラゴンズ 87 54 5 .617 -
2位 阪神タイガース 84 58 4 .592 3.5
3位 東京ヤクルトスワローズ 70 73 3 .490 18.0
4位 読売ジャイアンツ 65 79 2 .451 23.5
5位 広島東洋カープ 62 79 5 .440 25.0
6位 横浜ベイスターズ 58 84 4 .408 29.5


オールスターゲーム2006[編集]

  • コーチ
牛島和彦
  • ファン投票
クルーン
  • 監督推薦
三浦大輔
村田修一
金城龍彦(補充選手)

2006 WBC選出選手[編集]

選手・スタッフ[編集]

表彰選手[編集]

リーグ・リーダー[編集]

最優秀中継ぎ投手(35HP、初受賞)

ベストナイン[編集]

受賞者なし
受賞者なし

ドラフト[編集]

大学生・社会人ドラフト
順位 選手名 守備 所属 結果
希望入団枠 高崎健太郎 投手 日産自動車 入団
1巡目 (選択権なし)
2巡目 (選択権なし)
3巡目 木村雄太 投手 東京ガス 拒否
4巡目 下園辰哉 外野手 九州国際大学 入団
5巡目 下窪陽介 外野手 日本通運 入団
6巡目 吉原道臣 投手 ホンダ 入団
高校生ドラフト
順位 選手名 守備 所属 結果
1巡目 北篤 投手 小松工業高 入団
2巡目 (選択権なし)
3巡目 梶谷隆幸 内野手 開星高 入団
4巡目 高森勇気 捕手 中京高 入団

出典[編集]

[ヘルプ]