2006年の芸術

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索

2006年の芸術

2006年は、リモダニズムやスタッキズムが独自の展開を見せた年であるといえる。

できごと[編集]

3月[編集]

  • アート・アンド・アンティークス・マガジンにおいて、シュルレアリスムが究極的には"...the foundation for all modern and contemporary art forms."であることが立証されるであろうと述べる。

5月[編集]

7月[編集]

  • テート・ギャラリーがクリス・オフィーリのThe Upper roomを70万5000ポンドで購入した件で、法律の力の外部で行動した点をチャリティー・コミッションが批判した。

予定[編集]

10月[編集]

  • スタッキズムに関する国際的シンポジウムがリバプール・バイエニアルの期間中にリバプール・ジョン・ムーア大学で行われる。

参考項目[編集]