2006年アジア競技大会におけるバドミントン競技

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
バドミントン競技

2006年アジア競技大会

Badminton pictogram.svg
会場 アスパイアホール3
開催地 カタールの旗 カタールドーハ
開催期間 2006年11月30日 - 12月9日
参加者数 162人 (20カ国)
公式サイト www.doha-2006.com[1]
« 2002
2010 »

2006年アジア競技大会におけるバドミントン競技は、2006年11月30日から12月9日にかけて、カタールドーハにあるアスパイアホール3にて開催された2006年アジア競技大会バドミントン競技。男女のシングルス、ダブルス、団体、および混合ダブルスの計7種目が実施された[2]

メダリスト[編集]

国別メダル獲得数[編集]

国・地域
1 中華人民共和国の旗 中国 4 3 1 8
2 インドネシアの旗 インドネシア 1 1 2 4
3 香港の旗 香港 1 1 0 2
4 マレーシアの旗 マレーシア 1 0 3 4
5 大韓民国の旗 韓国 0 1 5 6
6 日本の旗 日本 0 1 1 2
7 シンガポールの旗 シンガポール 0 0 1 1
タイ王国の旗 タイ王国 0 0 1 1
Total 7 7 14 28

種目別メダリスト[編集]

種目
男子シングルス インドネシア タウフィック・ヒダヤット 中華人民共和国 林丹 大韓民国 李炫一
マレーシア リー・チョンウェイ
男子ダブルス マレーシア クー・ケンケット英語版タン・ブンホン英語版 インドネシア ルルク・ハディアント英語版アルベン ユリアント英語版 インドネシア マルキス・キドヘンドラ・セティアワン
大韓民国 鄭在成、李龍大
男子団体 中華人民共和国林丹鮑春来、陳金、傅海峰、鄭波、郭振東、謝中博、蔡贇 大韓民国孫升模、鄭在成、朴成煥、李龍大、黄静雲、黄智万、李在珍、李炫一 インドネシアソニー・ドゥイ・クンコロ、タウフィック・ヒダヤット、シモン・サントソ、ルルク・ハディアント、ノバ・ウィディアント、ヘンドラ・セティアワンマルキス・キド、アルベン ユリアント
マレーシアクァン・ベンホン、リー・チョンウェイウォン・チューハン、Lin Woon Fui、Mohd Fairuzizuan Tazari、クー・ケンケット、ムハンマド・ハフィス・ハシム、Tan Boon Heong
女子シングルス 香港 王晨英語版 香港 葉姵延英語版 大韓民国 黃慧淵英語版
中華人民共和国 謝杏芳
女子ダブルス 中華人民共和国 高崚黄穂英語版 中華人民共和国 張潔雯楊維 大韓民国 李孝貞英語版李敬元英語版
日本 小椋久美子潮田玲子
女子団体 中華人民共和国張寧、黄穂、楊維張潔雯、張亜雯、朱琳高崚謝杏芳 日本小椋久美子前田美順森かおり廣瀬栄理子米倉加奈子末綱聡子潮田玲子 シンガポールLi Li、Li Yujia、Frances Liu、Vanessa Neo、Jiang Yanmei、Xing Aiying、Siti Noor Ashikin、Shinta Mulia Sari
大韓民国李敬元、李孝貞、黄遊美、李蓮花、河貞恩、李賢真、黄彗淵、全在娟
混合ダブルス 中華人民共和国鄭波、高崚 中華人民共和国謝中博、張亜雯 マレーシアMohd Fairuzizuan Tazari、Wong Pei Tty
タイ王国Sudket Prapakamol、Saralee Thungthongkam

[3]

出典[編集]

  1. ^ 15th Asian Games Doha 2006”. www.doha-2006.com. 2006年12月27日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年11月2日閲覧。
  2. ^ Badminton Competition Schedule”. www.doha-2006.com. 2002年12月24日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年11月2日閲覧。
  3. ^ Doha AG 2006 Results (RAR)”. www.badmintonasia.org. 2012年2月6日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年11月2日閲覧。