2007年のアルビレックス新潟

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
2007年のアルビレックス新潟
2007 シーズン
監督 日本の旗 鈴木淳
スタジアム 東北電力ビッグスワンスタジアム
J1 6位
ナビスコ杯 グループリーグD 3位
天皇杯 4回戦
最多得点者 ブラジルの旗 エジミウソン (19点)
平均観客動員 38,276人

この項では2007年のアルビレックス新潟について記述する。監督は前年に引き続き鈴木淳が務めた。

  • チームスローガン:「闘え!新潟

回顧[編集]

即戦力級の選手を獲得して臨んだ2007シーズンは、リーグ開幕直前に獲得した新外国人マルシオ・リシャルデスがすぐにチーム戦術にフィットし、攻守にバランスの取れたアグレッシブなパスワークから左右SBを軸としたサイドアタックが機能して順調に勝ち点を積み重ね、リーグ前半戦を3位で折り返した。リーグ後半戦になると田中亜土夢、マルシオ・リシャルデスの負傷離脱や鈴木慎吾の移籍もあり徐々に選手層が薄くなり、攻撃面でも個人技に頼ったものが目立ち始めて失速したが、J1昇格後最高順位となっている15勝6分13敗(勝点51)の6位でリーグ戦を終えた。

Jリーグ ディビジョン1[編集]

年間順位[編集]

順位 クラブ名 勝点 得点 失点 備考
1 鹿島アントラーズ 72 22 6 6 60 36 +24 ACL2008出場権
3 ガンバ大阪 67 19 10 5 71 37 +34
4 清水エスパルス 61 18 7 9 53 36 +17
5 川崎フロンターレ 54 14 12 8 66 48 +18
6 アルビレックス新潟 51 15 6 13 48 47 +1
7 横浜F・マリノス 50 14 8 12 54 35 +19
8 柏レイソル 50 14 8 12 43 36 +7
9 ジュビロ磐田 49 15 4 15 54 55 -1

節別動向[編集]

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34
開催地 A H A H A H A H A H A H A H A H A H A H A H A H H A A H H A H A A H
結果 D D L W W W D L D W L D W W L W W W L W W L W L L L L W L D W W L L
順位 9 12 14 11 8 8 6 9 10 8 10 8 10 10 11 7 4 3 4 4 4 4 5 5 5 7 7 7 6 6 7 5 6 6

最終更新日:2013年1月22日.
出典:Jリーグ”. 2013年1月22日閲覧。
開催地:A = アウェー、H = ホーム。結果: D = 引き分け、 L = 敗戦、W = 勝利。

記録[編集]

  • シーズンフルタイム出場
北野貴之

Jリーグカップ[編集]

グループリーグD[編集]

順位 クラブ名 勝点 得点 失点 備考
1 鹿島アントラーズ 12 4 0 2 12 7 5 決勝トーナメント進出
2 ヴァンフォーレ甲府 10 3 1 2 5 6 -1
3 アルビレックス新潟 9 2 3 1 8 6 2
4 名古屋グランパスエイト 2 0 2 4 5 11 -6

天皇杯[編集]

2007年11月4日 13:00
4回戦
アルビレックス新潟 2-3 サガン鳥栖
坂本將貴 3分にゴール 3分
河原和寿 55分にゴール 55分
金信泳 13分にゴール 13分50分
髙地系治 15分にゴール 15分
東北電力ビッグスワンスタジアム
観客数: 9,504人[1]
主審: 早川一行[1]

移籍動向[編集]

第1登録期間[編集]

2007年1月12日 - 3月9日[2]

入団[編集]

No. Pos. 選手名
4 日本の旗 MF ディビッドソン純マーカス (大宮アルディージャから完全移籍)
5 日本の旗 DF 千代反田充 (アビスパ福岡から完全移籍)
9 日本の旗 FW 深井正樹 (鹿島アントラーズから期限付き移籍)
13 日本の旗 DF 田中秀哉 (アルビレックス新潟・Sから復帰)
14 日本の旗 MF 坂本將貴 (ジェフユナイテッド市原・千葉から完全移籍)
25 日本の旗 MF 吉澤正悟 (アルビレックス新潟・Sから復帰)
27 ブラジルの旗 MF マルシオ・リシャルデス (ADサンカエターノから期限付き移籍)

退団[編集]

No. Pos. 選手名
日本の旗 DF 鈴木健太郎 (ヴァンフォーレ甲府へ完全移籍)
日本の旗 DF 梅山修 (引退)
日本の旗 DF 喜多靖 (契約満了)
日本の旗 DF 酒井悠基 (契約満了)
日本の旗 DF 藤井大輔 (ザスパ草津へ期限付き移籍)
ブラジルの旗 MF ファビーニョ (契約満了)
日本の旗 MF 栗原明洋 (AC長野パルセイロへ完全移籍)
日本の旗 MF 岡山哲也 (アルビレックス新潟・Sへ完全移籍)
日本の旗 MF 青野大介 (愛媛FCへ完全移籍)
日本の旗 MF 中村幸聖 (引退)
日本の旗 FW 船越優蔵 (東京ヴェルディへ完全移籍)
日本の旗 FW 中原貴之 (ベガルタ仙台に復帰)

第2登録期間[編集]

2007年7月20日 - 8月17日[2]

退団[編集]

No. Pos. 選手名
日本の旗 MF 鈴木慎吾 (大分トリニータへ期限付き移籍)
日本の旗 MF ディビッドソン純マーカス (ヴィッセル神戸へ期限付き移籍)

追加登録[編集]

2007年9月14日迄[2]

No. Pos. 選手名
28 日本の旗 DF 松尾直人 (4月18日 加入[3])

所属選手・スタッフ[編集]

スタッフ[編集]

役職 氏名 生年月日(年齢) 在職年 前職 備考
監督 日本の旗 鈴木淳 (1961-08-17)1961年8月17日(45歳) 2006年- モンテディオ山形監督
ヘッドコーチ 日本の旗 石井知幸 (1968-02-28)1968年2月28日(39歳) 2007年- ジュビロ磐田コーチ 新任
コーチ 日本の旗 黒崎久志 (1968-05-08)1968年5月8日(38歳) 2007年- 鹿島アントラーズユースコーチ 新任
2001年も現役選手として所属
コーチ 日本の旗 川本歩央 (1975-11-26)1975年11月26日(31歳) 2003年- アルビレックス新潟ユースコーチ 5月25日 登録抹消[4]
GKコーチ ブラジルの旗 ジェルソン (1971-12-09)1971年12月9日(35歳) 2000年- 日本文理大学GKコーチ
フィジカルコーチ ブラジルの旗 フラビオ (1966-05-14)1966年5月14日(40歳) 2004年- アトレチコ・パラナエンセフィジカルコーチ

選手と個人成績[編集]

No. Pos. 選手名 生年月日(年齢) Jリーグ ナビスコ杯 天皇杯 通算
出場 得点 出場 得点 出場 得点 出場 得点
1 GK 日本の旗 北野貴之 (1982-10-04)1982年10月4日(24歳) 34 0 6 0 1 0 41 0
2 DF 日本の旗 三田光 (1981-08-01)1981年8月1日(25歳) 4 0 0 0 0 0 4 0
3 MF 日本の旗 千葉和彦 (1985-06-21)1985年6月21日(21歳) 27 0 6 1 1 0 34 0
4 MF 日本の旗 ディビッドソン純マーカス (1983-06-07)1983年6月7日(23歳) 0 0 0 0 0 0 0 0
5 DF 日本の旗 千代反田充 (1980-06-01)1980年6月1日(26歳) 33 2 4 0 1 0 38 2
6 DF 日本の旗 永田充 (1983-04-06)1983年4月6日(23歳) 22 0 3 0 0 0 25 0
7 MF 日本の旗 松下年宏 (1983-10-17)1983年10月17日(23歳) 25 0 4 0 0 0 29 0
8 MF ブラジルの旗 シルビーニョ (1977-01-17)1977年1月17日(30歳) 22 1 5 0 1 0 28 1
9 FW 日本の旗 深井正樹 (1980-09-13)1980年9月13日(26歳) 18 2 5 1 1 0 24 3
10 FW ブラジルの旗 エジミウソン (1982-09-15)1982年9月15日(24歳) 29 19 5 3 1 0 35 22
11 FW 日本の旗 矢野貴章 (1984-04-05)1984年4月5日(22歳) 33 7 6 1 1 0 40 8
13 DF 日本の旗 田中秀哉 (1986-06-25)1986年6月25日(20歳) 0 0 0 0 0 0 0 0
14 MF 日本の旗 坂本將貴 (1978-02-24)1978年2月24日(29歳) 34 2 6 0 1 1 41 3
15 MF 日本の旗 本間勲 (1981-04-19)1981年4月19日(25歳) 30 2 4 0 1 0 35 2
16 MF 日本の旗 寺川能人 (1974-09-06)1974年9月6日(32歳) 18 0 6 0 1 0 25 0
17 DF 日本の旗 内田潤 (1977-10-14)1977年10月14日(29歳) 30 2 5 0 1 0 36 2
18 MF 日本の旗 鈴木慎吾 (1978-03-20)1978年3月20日(28歳) 17 0 4 0 0 0 21 0
19 DF 日本の旗 海本慶治 (1972-11-26)1972年11月26日(34歳) 0 0 0 0 0 0 0 0
20 FW 日本の旗 河原和寿 (1987-01-29)1987年1月29日(20歳) 14 1 3 0 1 1 18 2
21 GK 日本の旗 野澤洋輔 (1979-11-09)1979年11月9日(27歳) 0 0 0 0 0 0 0 0
22 GK 日本の旗 諏訪雄大 (1986-05-05)1986年5月5日(20歳) 0 0 0 0 0 0 0 0
23 MF 日本の旗 田中亜土夢 (1987-10-04)1987年10月4日(19歳) 11 1 2 0 0 0 13 1
24 MF 日本の旗 六車拓也 (1984-06-13)1984年6月13日(22歳) 0 0 0 0 0 0 0 0
25 MF 日本の旗 吉澤正悟 (1986-07-26)1986年7月26日(20歳) 0 0 0 0 0 0 0 0
26 DF 日本の旗 中野洋司 (1983-10-23)1983年10月23日(23歳) 7 0 2 0 1 0 10 0
27 MF ブラジルの旗 マルシオ・リシャルデス (1981-11-30)1981年11月30日(25歳) 28 9 6 2 1 0 35 1
28 DF 日本の旗 松尾直人 (1979-09-10)1979年9月10日(27歳) 20 0 2 0 0 0 22 0
29 DF 日本の旗 鈴木大輔[注 1] (1990-01-29)1990年1月29日(17歳) 0 0 0 0 0 0 0 0
  • 出典: Jリーグ公式記録[5][6]

ユニフォーム[編集]

FP 1st
FP 2nd

1stパンツがオレンジに変更。市内を流れる信濃川阿賀野川を表す青い波線が両脇に入る。サポーターズイヤー12周年記念限定モデル。

ユニフォームスポンサー[編集]

掲出箇所 スポンサー名 表記
亀田製菓 亀田製菓
背中 MSN MSN
全国農業協同組合連合会新潟県本部 新潟米
パンツ 新潟日報社 新潟日報

脚注[編集]

注釈
出典

関連項目[編集]