2007年のオリックス・バファローズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
2007年のオリックス・バファローズ
成績
パシフィック・リーグ6位
62勝77敗5分 勝率.446[1]
本拠地
都市 大阪府大阪市
球場
京セラドーム大阪
Kyocera Dome Osaka (15984073809).jpg
球団組織
オーナー 宮内義彦
経営母体 オリックス
監督 テリー・コリンズ
« 2006
2008 »

2007年のオリックス・バファローズでは、2007年のオリックス・バファローズにおける動向をまとめる。

この年のオリックス・バファローズは、テリー・コリンズ監督の1年目のシーズンである。

概要[編集]

ブルーウェーブ末期から続くチーム低迷のカンフル剤として、フロント業務に復帰した中村勝広GMはアメリカからテリー・コリンズを新監督に招聘し、それまで二軍監督などを務めていた近鉄OBの大石大二郎をヘッドコーチに迎えて首脳陣を一新し、大石ヘッドコーチのかつての同僚だったタフィ・ローズが2年ぶりに球界に復帰するなど近鉄カラーが強まった。チームはAクラス復帰に加えて2001年以来のシーズン勝ち越しが期待されたが、開幕後は前年25年ぶりに優勝した日本ハムソフトバンクロッテの三強を脅かせず、楽天との最下位争いが続いたが優勝の日本ハムに17ゲーム差をつけられ、惜しくも最下位脱出はならなかった。チームは勝率が前年を上回りながらもブルーウェーブ最後の年である2004年以来3年ぶりの最下位という珍記録を残してコリンズ監督1年目のシーズンを終えたが、若手選手が台頭したこともあり翌年の2位躍進につながることになる。

チーム成績[編集]

レギュラーシーズン[編集]

開幕オーダー
1 坂口智隆
2 阿部真宏
3 ラロッカ
4 ローズ
5 北川博敏
6 アレン
7 村松有人
8 大引啓次
9 前田大輔
川越英隆
2007年パシフィック・リーグ順位変動
順位 4月終了時 5月終了時 6月終了時 7月終了時 8月終了時 最終成績
1位 ソフトバンク -- ロッテ -- 日本ハム -- 日本ハム -- 日本ハム -- 日本ハム --
2位 西武 1.0 ソフトバンク 2.5 ロッテ 0.5 ソフトバンク ソフトバンク 3.0 ロッテ 2.0
3位 ロッテ 2.0 日本ハム 4.5 ソフトバンク 1.0 ロッテ 4.0 ロッテ 3.5 ソフトバンク 6.0
4位 日本ハム 5.5 楽天 7.0 西武 6.5 西武 6.0 西武 10.0 楽天 13.5
5位 オリックス 6.0 西武 7.5 楽天 9.0 楽天 12.0 楽天 11.5 西武 14.5
6位 楽天 6.5 オリックス 12.5 オリックス 12.0 オリックス 13.0 オリックス 13.0 オリックス 17.0
最終成績
順位 球団 勝利 敗戦 引分 勝率
優勝 北海道日本ハムファイターズ 79 60 5 .568 --
2位 千葉ロッテマリーンズ 76 61 7 .565 2.0
3位 福岡ソフトバンクホークス 73 66 5 .525 6.0
4位 東北楽天ゴールデンイーグルス 67 75 2 .472 13.5
5位 西武ライオンズ 66 76 2 .465 14.5
6位 オリックス・バファローズ 62 77 5 .446 17.0

[1]

オールスターゲーム2007[編集]

選出選手
ポジション 名前 選出回数
投手 加藤大輔
内野手 ラロッカ 2
外野手 ローズ 9
  • 太字はファン投票で選ばれた選手。

できごと[編集]

選手・スタッフ[編集]

表彰選手[編集]

グレッグ・ラロッカ(二塁手、3年ぶり2度目)

ドラフト[編集]

大学生・社会人ドラフト
順位 選手名 ポジション 所属 結果
1巡目 小林賢司 投手 青山学院大学 入団
2巡目 (選択権なし)
3巡目 小瀬浩之 外野手 近畿大学 入団
高校生ドラフト
順位 選手名 ポジション 所属 結果
1巡目 丹羽将弥 外野手 岐阜城北高 入団
2巡目 (選択権なし)
3巡目 伊藤光 捕手 明徳義塾高 入団
4巡目 山崎正貴 投手 市立船橋高 入団
育成選手ドラフト
順位 選手名 ポジション 所属 結果
1巡目 梶本達哉 投手 愛媛マンダリンパイレーツ 入団
  • 太字は、後に支配下選手登録された選手

出典[編集]

[ヘルプ]