2007年のグランドチャンピオンシップ (独立リーグ)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

2007年のグランドチャンピオンシップ(2007ねんのグランドチャンピオンシップ)は、2007年10月20日から10月28日まで、四国アイランドリーグ(現・四国アイランドリーグplus)優勝チームの香川オリーブガイナーズと、北信越ベースボールチャレンジリーグ(現・ベースボール・チャレンジ・リーグ)優勝チームの石川ミリオンスターズによる、野球独立リーグ日本一の座をかけて行われたグランドチャンピオンシップである。

3勝1敗で香川が制し、初代チャンピオンとなった。

日程[編集]

以下の予定であった[1]

  • 第1・2戦は10月20・21日に石川県立野球場
  • 第3-5戦は10月27-29日にサーパススタジアム(香川県営野球場)
  • 予備日は北信越ラウンドが10月22日(石川県立野球場)で、四国ラウンドは設定なし。

試合結果[編集]

第1戦[編集]

10月20日 石川県立野球場 開始19:00 入場者数755人[2]

チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R
香川オリーブガイナーズ 0 0 0 0 0 0 0 1 0 1
石川ミリオンスターズ 0 0 0 0 0 2 0 0 X 2
  1. 香 : 塚本グラタン、金子 - 堂上
  2. 石 : 蛇澤、高田 - 深澤
  3. : 蛇澤(1勝)  : 塚本(1敗)  S: 高田(1S)  
  4. 試合時間:2時間37分

第2戦[編集]

10月21日 石川県立野球場 開始19:00 入場者数2054人[3]

チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R
香川オリーブガイナーズ 2 5 0 0 2 0 1 1 1 12
石川ミリオンスターズ 0 1 0 1 0 0 0 1 0 3
  1. 香 : 松尾橋本亮寛天野 - 堂上
  2. 石 : 都、渡辺、高森 - 深澤
  3. : 松尾(1勝)  : 都(1敗)  
  4. :  香 – 堂上1号
  5. 試合時間:3時間31分

第3戦[編集]

10月27日 サーパススタジアム 開始18:00 入場者数3111人[4]

チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R
石川ミリオンスターズ 1 5 0 0 0 0 0 0 0 6
香川オリーブガイナーズ 1 0 1 1 4 0 0 0 X 7
  1. 石 : 蛇澤、木村 - 深澤
  2. 香 : 橋本、金子、亮寛、グラタン、天野 - 堂上
  3. : 金子(1勝)  : 蛇澤(1敗)  S: 天野(1S)  
  4. :  香 – 若林1号
  5. 試合時間:3時間19分

第4戦[編集]

10月28日 サーパススタジアム 開始18:00 入場者数3081人[5]

チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R
石川ミリオンスターズ 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
香川オリーブガイナーズ 0 1 0 0 1 1 1 0 X 4
  1. 石 : 都、木村、高田 - 深澤
  2. 香 : 松尾、金子、グラタン、天野 - 堂上
  3. : 金子(2勝)  : 都(2敗)  S: 天野(2S)  
  4. :  香 – 丈武1号、近藤1号
  5. 試合時間:2時間29分

表彰選手[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 開催概要について (PDF) - 四国アイランドリーグニュースリリース(2007年10月17日)
  2. ^ グランドチャンピオンシップ第1戦 香川OGが石川MSに投手戦の末惜敗 (PDF) - 四国アイランドリーグニュースリリース(2007年10月20日)
  3. ^ グランドチャンピオンシップ第2戦 香川OGが石川MSに大勝、1勝1敗のタイに! (PDF) - 四国アイランドリーグニュースリリース(2007年10月21日)
  4. ^ グランドチャンピオンシップ第3戦 香川OGが石川MSに逆転勝利、優勝へ王手! (PDF) - 四国アイランドリーグニュースリリース(2007年10月27日)
  5. ^ グランドチャンピオンシップ第4戦 香川OGが石川MSに快勝、優勝決定! (PDF) - 四国アイランドリーグニュースリリース(2007年10月28日)

関連項目[編集]