2007年のナショナルリーグワイルドカード決定プレイオフ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

2007年のナショナルリーグワイルドカード決定プレイオフは、2007年10月1日コロラド・ロッキーズサンディエゴ・パドレスの間で行われたナショナルリーグワイルドカード決定戦である。

経緯と試合展開[編集]

2007年のナショナルリーグは9月26日の時点でプレイオフ進出確定チームが1つも決まらないという激戦となり、特にナショナルリーグ西地区ダイヤモンドバックス・パドレス・ロッキーズの三つ巴状態が続いた。最終戦までに3地区とも地区優勝チームは確定したが、残るワイルドカード枠はパドレスとロッキーズが89勝73敗で並び、21世紀初のワンゲームプレイオフが開催されることになった。

試合はロッキーズが2回までに3点を挙げればパドレスも3回に5点を挙げるなど一進一退が続き、延長13回までもつれ込んだ。その延長13回にはパドレスが2点を挙げるも、その裏にロッキーズがパドレス守護神のトレバー・ホフマンを攻めたて、3点を挙げてサヨナラ勝利を収め、NLDSへ進出した。

試合結果[編集]

表中のR得点H安打E失策を示す。

チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 R H E
パドレス 0 0 5 0 0 0 0 1 0 0 0 0 2 8 15 0
ロッキーズ 2 1 1 0 1 1 0 0 0 0 0 0 3 9 14 1
  1. : ラモン・オルティズ (5-4)  : トレバー・ホフマン (4-5)  
  2. :  SD – エイドリアン・ゴンザレス (30) スコット・ヘアストン (11)  COL – ヨービット・トレアルバ (8) トッド・ヘルトン (17)