2007年の中日ドラゴンズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
2007年の中日ドラゴンズ
成績
アジアシリーズ優勝
日本一
日本S:4勝1敗(対日本ハム
CS第2S:3勝0敗(対巨人
CS第1S:2勝0敗(対阪神
レギュラーシーズン2位
78勝64敗2分 勝率.549[1]
本拠地
都市 愛知県名古屋市
球場 ナゴヤドーム
ナゴヤドーム - panoramio (8).jpg
球団組織
オーナー 白井文吾
経営母体 中日新聞社
監督 落合博満
 < 2006 2008 > 

2007年の中日ドラゴンズ(2007ねんのちゅうにちドラゴンズ)では、2007年の中日ドラゴンズにおける動向をまとめる。

チーム成績[編集]

レギュラーシーズン[編集]

開幕オーダー
1 井端弘和
2 荒木雅博
3 福留孝介
4 ウッズ
5 李炳圭
6 中村紀洋
7 森野将彦
8 谷繁元信
9 川上憲伸
2007年セントラル・リーグ順位変動
順位 4月終了時 5月終了時 6月終了時 7月終了時 8月終了時 最終成績
1位 巨人 -- 巨人 -- 巨人 -- 中日 -- 巨人 -- 巨人 --
2位 横浜 0.5 中日 1.5 中日 4.0 巨人 0.0 中日 1.0 中日 1.5
3位 中日 2.0 広島 6.5 横浜 6.0 横浜 2.5 阪神 3.5 阪神 4.5
4位 阪神 3.0 横浜 7.0 阪神 11.0 阪神 3.5 横浜 7.5 横浜 9.0
5位 広島 4.5 阪神 7.5 広島 14.0 ヤクルト 11.5 ヤクルト 16.5 広島 19.5
6位 ヤクルト 5.0 ヤクルト 12.5 ヤクルト 14.0 広島 13.5 広島 17.5 ヤクルト 20.5
2007年セントラル・リーグ最終成績
順位 球団 勝率
優勝 読売ジャイアンツ 80 63 1 .559 -
2位 中日ドラゴンズ 78 64 2 .549 1.5
3位 阪神タイガース 74 66 4 .529 4.5
4位 横浜ベイスターズ 71 72 1 .497 9.0
5位 広島東洋カープ 60 82 2 .423 19.5
6位 東京ヤクルトスワローズ 60 84 0 .417 20.5


クライマックスシリーズ[編集]

2007 クライマックス・セ 第1ステージ
日付 試合 ビジター球団(先攻) スコア ホーム球団(後攻) 開催球場
10月13日(土) 第1戦 阪神タイガース 0-7 中日ドラゴンズ ナゴヤドーム
10月14日(日) 第2戦 阪神タイガース 3-5 中日ドラゴンズ
勝者:中日ドラゴンズ
2007 クライマックス・セ 第2ステージ
日付 試合 ビジター球団(先攻) スコア ホーム球団(後攻) 開催球場
10月18日(木) 第1戦 中日ドラゴンズ 5-2 読売ジャイアンツ 東京ドーム
10月19日(金) 第2戦 中日ドラゴンズ 7-4 読売ジャイアンツ
10月20日(土) 第3戦 中日ドラゴンズ 4-2 読売ジャイアンツ
勝者:中日ドラゴンズ

日本シリーズ[編集]

2007年 日本シリーズ
日付 試合 ビジター球団(先攻) スコア ホーム球団(後攻) 開催球場
10月27日(土) 第1戦 中日ドラゴンズ 1-3 北海道日本ハムファイターズ 札幌ドーム
10月28日(日) 第2戦 中日ドラゴンズ 8-1 北海道日本ハムファイターズ
10月29日(月) 移動日
10月30日(火) 第3戦 北海道日本ハムファイターズ 1-9 中日ドラゴンズ ナゴヤドーム
10月31日(水) 第4戦 北海道日本ハムファイターズ 2-4 中日ドラゴンズ
11月1日(木) 第5戦 北海道日本ハムファイターズ 0-1 中日ドラゴンズ
優勝:中日ドラゴンズ(53年ぶり2回目)

アジアシリーズ[編集]

2007年 アジアシリーズ
日付 試合 先攻球団 スコア 後攻球団 開催球場
予選リーグ
11月9日(木) 第1戦 SKワイバーンズ SKワイバーンズ 7-1 中日ドラゴンズ 東京ドーム
11月10日(金) 第2戦 中日ドラゴンズ 4-2 Lamigoモンキーズ 統一ライオンズ
11月11日(土) 第3戦 チャイナスターズ チャイナスターズ 1-9 中日ドラゴンズ
決勝戦
11月12日(日) 中日ドラゴンズ 6-5 SKワイバーンズ SKワイバーンズ 東京ドーム

オールスターゲーム2007[編集]

  • 選出選手及びスタッフ
ポジション 名前 選出回数
監督 落合博満
投手 岩瀬仁紀 6
中田賢一
捕手 谷繁元信 9
遊撃手 井端弘和 4
内野手 森野将彦
ウッズ 2
外野手 福留孝介 6
  • 太字はファン投票による選出。

できごと[編集]

選手・スタッフ[編集]

表彰選手[編集]

タイロン・ウッズ(一塁手、2年連続3度目)
井端弘和(遊撃手、4年連続5度目)
川上憲伸(投手、2年連続3度目)
谷繁元信(捕手、2年連続3度目)
荒木雅博(二塁手、4年連続4度目)
中村紀洋(三塁手、3年ぶり6度目)
井端弘和(遊撃手、4年連続4度目)

ドラフト[編集]

大学生・社会人ドラフト
順位 選手名 ポジション 所属 結果
1巡目 山内壮馬 投手 名城大学 入団
2巡目 (選択権なし)
3巡目 谷哲也 内野手 日立製作所 入団
高校生ドラフト
順位 選手名 ポジション 所属 結果
1巡目 赤坂和幸 投手 浦和学院高 入団
2巡目 (選択権なし)
3巡目 樋口賢 投手 尾道商業高 入団

出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 年度別成績 2007年 セントラル・リーグ”. 2015年10月12日閲覧。