2008年のオリックス・バファローズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
2008年のオリックス・バファローズ
成績
パシフィック・リーグ2位
75勝68敗1分 勝率.524[1]
本拠地
都市 大阪府大阪市
球場
京セラドーム大阪
Kyocera Dome Osaka (15984073809).jpg
球団組織
オーナー 宮内義彦
経営母体 オリックス
監督 テリー・コリンズ(5月21日まで)
大石大二郎(5月22日から代行)
« 2007
2009 »

2008年のオリックス・バファローズでは、2008年のオリックス・バファローズにおける動向をまとめる。

概要[編集]

西武からアレックス・カブレラが移籍してグレッグ・ラロッカタフィ・ローズと外国人3人が開幕オーダーに名を連ね1996年以来12年ぶりの優勝が期待されたが、4月を首位西武と7.5ゲーム差の最下位に終わり開幕ダッシュには失敗。チームの低迷は開幕後も続き、5月にはコリンズ監督が成績不振を理由に休養に入るとそのまま辞任。コリンズ辞任を受けて大石大二郎ヘッドコーチが監督代行として指揮を執るが、開幕ダッシュ失敗の影響もあってチームはBクラス生活が続いた。しかし8月に4位に浮上して快進撃をようやく開始すると、終盤になって借金を返済。ロッテソフトバンクを抜いて2位に躍進するが前半戦で大きく負け越したのが響き12年ぶりの優勝はならなかった。シーズン終了後、2000年以降Bクラスだったチームを2位に躍進させた大石監督代行がそのまま監督として来シーズンの指揮を執ることが発表された。

チーム成績[編集]

レギュラーシーズン[編集]

開幕オーダー
1 坂口智隆
2 迎祐一郎
3 ラロッカ
4 ローズ
5 カブレラ
6 濱中治
7 後藤光尊
8 大引啓次
9 日高剛
金子千尋
2008年パシフィック・リーグ順位変動
順位 4月終了時 5月終了時 6月終了時 7月終了時 8月終了時 最終成績
1位 西武 -- 西武 -- 西武 -- 西武 -- 西武 -- 西武 --
2位 楽天 1.5 日本ハム 2.0 日本ハム 1.0 日本ハム 4.5 ソフトバンク 8.0 オリックス 2.5
3位 日本ハム 2.0 楽天 4.0 ソフトバンク 3.5 ソフトバンク 5.5 オリックス 9.0 日本ハム 4.0
4位 ロッテ 2.5 ソフトバンク 5.5 楽天 4.0 オリックス 8.0 日本ハム 10.0 ロッテ 4.5
5位 ソフトバンク 4.5 オリックス 10.0 オリックス 10.0 ロッテ 8.5 ロッテ 10.5 楽天 11.5
6位 オリックス 7.5 ロッテ 10.5 ロッテ 10.5 楽天 11.5 楽天 15.5 ソフトバンク 12.5
2008年パシフィック・リーグ最終成績
順位 球団 勝率
優勝 埼玉西武ライオンズ 76 64 4 .543 -
2位 オリックス・バファローズ 75 68 1 .524 2.5
3位 北海道日本ハムファイターズ 73 69 2 .514 4.0
4位 千葉ロッテマリーンズ 73 70 1 .510 4.5
5位 東北楽天ゴールデンイーグルス 65 76 3 .461 11.5
6位 福岡ソフトバンクホークス 64 77 3 .454 12.5

[1]

クライマックスシリーズ[編集]

2008 J SPORTS クライマックス パ 第1ステージ
日付 試合 ビジター球団(先攻) スコア ホーム球団(後攻) 開催球場
10月11日(土) 第1戦 北海道日本ハムファイターズ 4-1 オリックス・バファローズ 京セラドーム大阪
10月12日(日) 第2戦 北海道日本ハムファイターズ 7-2 オリックス・バファローズ
勝者:北海道日本ハムファイターズ

オールスターゲーム2008[編集]

選出選手
ポジション 名前 選出回数
抑え投手 加藤大輔 2
投手 山本省吾
小松聖
捕手 日高剛 5
指名打者 ローズ 10
  • 太字はファン投票で選ばれた選手。※印は選手間投票選抜。

できごと[編集]

選手・スタッフ[編集]

表彰選手[編集]

アレックス・カブレラ(一塁手、2年連続3度目[注 1]
タフィ・ローズ(指名打者、初受賞[注 2]
アレックス・カブレラ(一塁手、初受賞)
坂口智隆(外野手、初受賞)

ドラフト[編集]

順位 選手名 ポジション 所属 結果
1位 甲斐拓哉 投手 東海大学付属第三高 入団
2位 伊原正樹 投手 関西国際大学 入団
3位 西勇輝 投手 菰野高 入団
4位 高島毅 内野手 青山学院大学 入団
5位 西川雅人 投手 愛媛マンダリンパイレーツ 入団

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 2003年に指名打者部門で受賞しており、通算4度目。
  2. ^ 外野部門で6度受賞しており、通算7度目。

出典[編集]