2008年のナショナルリーグチャンピオンシップシリーズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
2008年ナショナルリーグ
チャンピオンシップシリーズ
Dodger Stadium October 2008 NLCS.jpg
第4戦が行われているドジャー・スタジアムの様子
チーム 勝数
フィラデルフィア・フィリーズ 4
ロサンゼルス・ドジャース 1
シリーズ情報
試合日程 10月9日–15日
観客動員 5試合合計:26万2122人
1試合平均:05万2424人
MVP コール・ハメルズ(PHI)
責任審判 マイク・ライリー[1]
NLDS PHI 3–1 MIL
LAD 3–0 CHC
殿堂表彰者 パット・ギリック(PHI GM)
ジョー・トーリ(LAD監督)
グレッグ・マダックス(LAD投手)
チーム情報
フィラデルフィア・フィリーズ(PHI)
シリーズ出場 15年ぶり7回目
GM パット・ギリック
監督 チャーリー・マニエル
シーズン成績 92勝70敗・勝率.568
東地区優勝

ロサンゼルス・ドジャース(LAD)
シリーズ出場 20年ぶり8回目
GM ネッド・コレッティ
監督 ジョー・トーリ
シーズン成績 84勝78敗・勝率.519
西地区優勝

 < 2007
NLCS
2008

2009 > 

 < 2007
ALCS
2008

2009 > 
ワールドシリーズ

2008年の野球において、メジャーリーグベースボール(MLB)ポストシーズンは10月1日に開幕した。ナショナルリーグの第39回リーグチャンピオンシップシリーズ(39th National League Championship Series、以下「リーグ優勝決定戦」と表記)は、9日から15日にかけて計5試合が開催された。その結果、フィラデルフィア・フィリーズ東地区)がロサンゼルス・ドジャース西地区)を4勝1敗で下し、15年ぶり6回目のリーグ優勝およびワールドシリーズ進出を果たした。

この年のレギュラーシーズンでは両球団は8試合対戦し、4勝4敗の五分だった[2]。両球団がポストシーズンで対戦するのは、1977年1978年1983年の各リーグ優勝決定戦に次いで25年ぶり4度目。このうち最初の2シリーズに出場した、当時ドジャース内野手のデイビー・ロープスが今シリーズではフィリーズ一塁コーチ、当時フィリーズ内野手のラリー・ボーワが今シリーズではドジャース三塁コーチ、と互いに所属球団を入れ替えて再び対戦した。1977年シリーズ第3戦では、この両者が絡んだプレイが微妙な判定となって試合結果を左右したこともあり、今シリーズ開催に際して当時のことが振り返られた[注 1][3]。それから31年後の今シリーズ第3戦では、ドジャースの黒田博樹がフィリーズのシェーン・ビクトリーノの頭近くへ投球したことをきっかけに乱闘が発生し、両選手らとともにロープスとボーワにもMLB機構から罰金が科された[4]シリーズMVPには、第1戦と第5戦の2試合に先発登板していずれも7.0イニングを投げ、2勝0敗・防御率1.93という成績を残したフィリーズのコール・ハメルズが選出された。このあとフィリーズは、ワールドシリーズでもアメリカンリーグ王者タンパベイ・レイズを4勝1敗で下し、28年ぶり2度目の優勝を成し遂げた。

2007年よりワールドシリーズの開幕日が、全米テレビ中継の視聴率が高く見込める曜日の放送を増やすために、土曜日から水曜日に変更された。これに伴いポストシーズンの期間が延びたため、リーグ優勝決定戦では第4戦と第5戦の間に休養日が設けられた[5]。この方式は、2009年シーズン終了後に撤廃されるまで3年間続いた[6]

試合結果[編集]

2008年のナショナルリーグ優勝決定戦は10月9日に開幕し、途中に移動日と休養日を挟んで7日間で5試合が行われた。日程・結果は以下の通り。

日付 試合 ビジター球団(先攻) スコア ホーム球団(後攻) 開催球場
10月09日(木) 第1戦 ロサンゼルス・ドジャース 2-3 フィラデルフィア・フィリーズ シチズンズ・バンク・パーク
10月10日(金) 第2戦 ロサンゼルス・ドジャース 5-8 フィラデルフィア・フィリーズ
10月11日(土) 移動日
10月12日(日) 第3戦 フィラデルフィア・フィリーズ 2-7 ロサンゼルス・ドジャース ドジャー・スタジアム
10月13日(月) 第4戦 フィラデルフィア・フィリーズ 7-5 ロサンゼルス・ドジャース
10月14日(火) 休養日
10月15日(水) 第5戦 フィラデルフィア・フィリーズ 5-1 ロサンゼルス・ドジャース
優勝:フィラデルフィア・フィリーズ(4勝1敗 / 15年ぶり6度目)

第1戦 10月9日[編集]

チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
ロサンゼルス・ドジャース 1 0 0 1 0 0 0 0 0 2 7 1
フィラデルフィア・フィリーズ 0 0 0 0 0 3 0 0 X 3 7 0
  1. コール・ハメルズ(1勝)  デレク・ロウ(1敗)  Sブラッド・リッジ(1S)  
  2. 本塁打:  PHI – チェイス・アトリー1号2ラン、パット・バレル1号ソロ
  3. 審判:球審…マイク・ライリー、塁審…一塁: ジェリー・ミールズ、二塁: マイク・エベリット、三塁: テッド・バレット、外審…左翼: マイク・ウィンタース、右翼: ゲイリー・シダーストロム
  4. 試合開始時刻: 東部夏時間UTC-4)午後8時23分 試合時間: 2時間36分 観客: 4万5839人 気温: 73°F(22.8°C)
    詳細: MLB.com Gameday / ESPN.com / Baseball-Reference.com / Fangraphs
両チームの先発ラインナップ
ロサンゼルス・ドジャース フィラデルフィア・フィリーズ
打順 守備 選手 打席 打順 守備 選手 打席
1 R・ファーカル 1 J・ロリンズ
2 A・イーシアー 2 S・ビクトリーノ
3 M・ラミレス 3 C・アトリー
4 R・マーティン 4 R・ハワード
5 J・ローニー 5 P・バレル
6 M・ケンプ 6 J・ワース
7 C・ブレイク 7 P・フェリス
8 B・デウィット 8 C・ルイーズ
9 D・ロウ 9 C・ハメルズ
先発投手 投球 先発投手 投球
D・ロウ C・ハメルズ

第2戦 10月10日[編集]

チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
ロサンゼルス・ドジャース 0 1 1 3 0 0 0 0 0 5 8 1
フィラデルフィア・フィリーズ 0 4 4 0 0 0 0 0 X 8 11 1
  1. ブレット・マイヤーズ(1勝)  チャド・ビリングズリー(1敗)  Sブラッド・リッジ(2S)  
  2. 本塁打:  LAD – マニー・ラミレス1号3ラン
  3. 審判:球審…ジェリー・ミールズ、塁審…一塁: マイク・エベリット、二塁: テッド・バレット、三塁: マイク・ウィンタース、外審…左翼: ゲイリー・シダーストロム、右翼: マイク・ライリー
  4. 試合開始時刻: 東部夏時間UTC-4)午後4時35分 試合時間: 3時間33分 観客: 4万5883人 気温: 74°F(23.3°C)
    詳細: MLB.com Gameday / ESPN.com / Baseball-Reference.com / Fangraphs
両チームの先発ラインナップ
ロサンゼルス・ドジャース フィラデルフィア・フィリーズ
打順 守備 選手 打席 打順 守備 選手 打席
1 R・ファーカル 1 J・ロリンズ
2 R・マーティン 2 S・ビクトリーノ
3 M・ラミレス 3 C・アトリー
4 A・イーシアー 4 R・ハワード
5 J・ローニー 5 P・バレル
6 M・ケンプ 6 J・ワース
7 B・デウィット 7 G・ダブス
8 C・ブレイク 8 C・ルイーズ
9 C・ビリングズリー 9 B・マイヤーズ
先発投手 投球 先発投手 投球
C・ビリングズリー B・マイヤーズ

第3戦 10月12日[編集]

チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
フィラデルフィア・フィリーズ 0 1 0 0 0 0 1 0 0 2 7 0
ロサンゼルス・ドジャース 5 1 0 1 0 0 0 0 X 7 10 0
  1. 黒田博樹(1勝)  ジェイミー・モイヤー(1敗)  
  2. 本塁打:  LAD – ラファエル・ファーカル1号ソロ
  3. 審判:球審…マイク・エベリット、塁審…一塁: テッド・バレット、二塁: マイク・ウィンタース、三塁: ゲイリー・シダーストロム、外審…左翼: マイク・ライリー、右翼: ジェリー・ミールズ
  4. 試合開始時刻: 太平洋夏時間UTC-7)午後5時24分 試合時間: 2時間57分 観客: 5万6800人 気温: 70°F(21.1°C)
    詳細: MLB.com Gameday / ESPN.com / Baseball-Reference.com / Fangraphs
両チームの先発ラインナップ
フィラデルフィア・フィリーズ ロサンゼルス・ドジャース
打順 守備 選手 打席 打順 守備 選手 打席
1 J・ロリンズ 1 R・ファーカル
2 S・ビクトリーノ 2 A・イーシアー
3 C・アトリー 3 M・ラミレス
4 R・ハワード 4 R・マーティン
5 P・バレル 5 N・ガルシアパーラ
6 J・ワース 6 C・ブレイク
7 P・フェリス 7 M・ケンプ
8 C・ルイーズ 8 B・デウィット
9 J・モイヤー 9 黒田博樹
先発投手 投球 先発投手 投球
J・モイヤー 黒田博樹

第4戦 10月13日[編集]

映像外部リンク
MLB.comによる動画(英語)
8回表、代打マット・ステアーズの2点本塁打でフィリーズが勝ち越し(33秒)
チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
フィラデルフィア・フィリーズ 2 0 0 0 0 1 0 4 0 7 12 1
ロサンゼルス・ドジャース 1 0 0 0 2 2 0 0 0 5 11 0
  1. ライアン・マドソン(1勝)  コーリー・ウェイド(1敗)  Sブラッド・リッジ(3S)  
  2. 本塁打:  PHI – シェーン・ビクトリーノ1号2ラン、マット・ステアーズ1号2ラン  LAD – ケイシー・ブレイク1号ソロ
  3. 審判:球審…テッド・バレット、塁審…一塁: マイク・ウィンタース、二塁: ゲイリー・シダーストロム、三塁: マイク・ライリー、外審…左翼: ジェリー・ミールズ、右翼: マイク・エベリット
  4. 試合開始時刻: 太平洋夏時間UTC-7)午後5時24分 試合時間: 3時間44分 観客: 5万6800人 気温: 74°F(23.3°C)
    詳細: MLB.com Gameday / ESPN.com / Baseball-Reference.com / Fangraphs
両チームの先発ラインナップ
フィラデルフィア・フィリーズ ロサンゼルス・ドジャース
打順 守備 選手 打席 打順 守備 選手 打席
1 J・ロリンズ 1 R・ファーカル
2 J・ワース 2 A・イーシアー
3 C・アトリー 3 M・ラミレス
4 R・ハワード 4 R・マーティン
5 P・バレル 5 J・ローニー
6 S・ビクトリーノ 6 B・デウィット
7 G・ダブス 7 C・ブレイク
8 C・ルイーズ 8 J・ピエール
9 J・ブラントン 9 D・ロウ
先発投手 投球 先発投手 投球
J・ブラントン D・ロウ

第5戦 10月15日[編集]

映像外部リンク
MLB.comによる動画(英語)
9回裏、ブラッド・リッジがノマー・ガルシアパーラを捕邪飛に打ち取り試合終了、フィリーズのリーグ優勝が決定(28秒)
チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
フィラデルフィア・フィリーズ 1 0 2 0 2 0 0 0 0 5 8 0
ロサンゼルス・ドジャース 0 0 0 0 0 1 0 0 0 1 7 3
  1. コール・ハメルズ(2勝)  チャド・ビリングズリー(2敗)  
  2. 本塁打:  PHI – ジミー・ロリンズ1号ソロ  LAD – マニー・ラミレス2号ソロ
  3. 審判:球審…マイク・ウィンタース、塁審…一塁: ゲイリー・シダーストロム、二塁: マイク・ライリー、三塁: ジェリー・ミールズ、外審…左翼: マイク・エベリット、右翼: テッド・バレット
  4. 試合開始時刻: 太平洋夏時間UTC-7)午後5時23分 試合時間: 3時間14分 観客: 5万6800人 気温: 89°F(31.7°C)
    詳細: MLB.com Gameday / ESPN.com / Baseball-Reference.com / Fangraphs
両チームの先発ラインナップ
フィラデルフィア・フィリーズ ロサンゼルス・ドジャース
打順 守備 選手 打席 打順 守備 選手 打席
1 J・ロリンズ 1 R・ファーカル
2 J・ワース 2 A・イーシアー
3 C・アトリー 3 M・ラミレス
4 R・ハワード 4 R・マーティン
5 P・バレル 5 J・ローニー
6 S・ビクトリーノ 6 C・ブレイク
7 P・フェリス 7 M・ケンプ
8 C・ルイーズ 8 B・デウィット
9 C・ハメルズ 9 C・ビリングズリー
先発投手 投球 先発投手 投球
C・ハメルズ C・ビリングズリー

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ その試合ではフィリーズが2点をリードし、9回表も二死無走者と、勝利まであとアウトひとつとしていた。しかしドジャースはそこから1点を返し、なおも三塁に走者を置いてロープスの打順を迎えた。ロープスの打球は三塁手マイク・シュミットに当たって方向が変わり、遊撃手ボーワが捕って一塁へ送球したが、一塁塁審ブルース・フローミングはセーフの判定を下したため、内野安打となって三塁走者が同点のホームを踏んだ。ドジャースがそのあと勝ち越して逆転勝利を収め、フィリーズのファンはこの敗戦を「暗黒の金曜日」と呼ぶようになった。

出典[編集]

  1. ^ Associated Press, "Reilly, McClelland chosen as LCS umpire crew chiefs," ESPN.com, October 9, 2008. 2021年6月19日閲覧。
  2. ^ "Head-to-Head Records," Baseball-Reference.com. 2021年6月19日閲覧。
  3. ^ Phil Anastasia, Inquirer Staff Writer, "Bowa, Lopes still view play differently," Inquirer.com, October 9, 2008. 2021年6月19日閲覧。
  4. ^ Associated Press, "Four players, three coaches fined for on-field actions during NLCS Game 3," ESPN.com, October 14, 2008. 2021年6月19日閲覧。
  5. ^ ESPN.com news services, "World Series to start on a Wednesday," ESPN.com, May 14, 2007. 2021年6月19日閲覧。
  6. ^ Associated Press, "MLB moves off-day from middle of LCS," ESPN.com, March 25, 2010. 2021年6月19日閲覧。