2008年の横浜ベイスターズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
2008年の横浜ベイスターズ
成績
セントラル・リーグ6位
48勝94敗2分 勝率.338 [1]
本拠地
都市 神奈川県横浜市
球場
横浜スタジアム
Yokohama Stadium 2007 -3.jpg
球団組織
オーナー 若林貴世志
経営母体 TBS
監督 大矢明彦
« 2007
2009 »

2008年の横浜ベイスターズ(2008ねんのよこはまベイスターズ)では、2008年横浜ベイスターズの動向をまとめる。

この年の横浜ベイスターズは、2回目の大矢明彦監督体制の2年目(通算4年目)のシーズンである。

概要[編集]

就任2年目の大矢監督は「徐々にチーム力が向上してきたので、優勝は難しいが今年こそCSを目指す」と宣言。前年4位ながらも巨人中日などAクラス球団に食らいついたことから開幕前はAクラス候補の筆頭だった。しかし、開幕3連敗を喫するなど4月を7勝18敗で負け越したチームは最下位に転落。それでも5位の広島と3.5ゲーム差だったことから最下位脱出が期待されたが、5月以降も黒星を重ねシーズン終盤には球団記録タイ(1回目は1955年)の14連敗を喫した[2]。最終的に2連覇の巨人に36.5ゲーム、5位ヤクルトに19ゲームつけられて2年ぶりの最下位に終わり、さらに2003年以来5年ぶりとなるリーグワーストの90敗以上(最終的に48勝94敗2分)という不名誉なおまけもついた。前年の4位躍進の原動力となった投手陣は三浦大輔が防御率9位に入るものの打線の援護なく負け越し、新外国人のマイク・ウッドや新人小林太志はローテを守るも防御率が4点台に終わり、マーク・クルーンの巨人移籍で手薄になった抑えには寺原隼人が抜擢されて22セーブをあげたものの、チーム防御率はリーグ最下位の4.74を記録した。打撃陣は主砲の村田修一が46本塁打で2年連続となる本塁打王を獲得し、内川聖一が.378の高打率で首位打者を獲得するなど打線が好調で、チーム本塁打が巨人に次ぐリーグ2位の145本を記録した。

チーム成績[編集]

レギュラーシーズン[編集]

開幕オーダー
1 石井琢朗
2 仁志敏久
3 内川聖一
4 村田修一
5 佐伯貴弘
6 吉村裕基
7 金城龍彦
8 相川亮二
9 寺原隼人
2008年セントラル・リーグ順位変動
順位 4月終了時 5月終了時 6月終了時 7月終了時 8月終了時 9月終了時 最終成績
1位 阪神 -- 阪神 -- 阪神 -- 阪神 -- 阪神 -- 阪神 -- 巨人 --
2位 中日 2.5 中日 4.5 中日 6.5 巨人 9.5 巨人 6.0 巨人 0.5 阪神 2.0
3位 ヤクルト 6.5 巨人 9.0 巨人 10.0 中日 13.0 中日 12.5 中日 12.0 中日 12.0
4位 巨人 7.5 広島 9.5 広島 11.5 ヤクルト 16.0 広島 14.5 広島 13.0 広島 14.0
5位 広島 8.0 ヤクルト 10.5 ヤクルト 12.5 広島 17.0 ヤクルト 16.0 ヤクルト 18.0 ヤクルト 17.5
6位 横浜 11.5 横浜 18.5 横浜 23.5 横浜 29.5 横浜 30.0 横浜 35.5 横浜 36.5


2008年セントラル・リーグ最終成績
順位 球団 勝率
優勝 読売ジャイアンツ 84 57 3 .596 ---
2位 阪神タイガース 82 59 3 .582 2.0
3位 中日ドラゴンズ 71 68 5 .511 12.0
4位 広島東洋カープ 69 70 5 .496 14.0
5位 東京ヤクルトスワローズ 66 74 4 .471 17.5
6位 横浜ベイスターズ 48 94 2 .338 36.5

セ・パ交流戦[編集]

日本生命セ・パ交流戦2008 最終成績
順位 球団 勝率
優勝 福岡ソフトバンクホークス 15 9 0 .625 ---
2位 阪神タイガース 15 9 0 .625 0.0
3位 北海道日本ハムファイターズ 14 10 0 .583 1.0
4位 読売ジャイアンツ 14 10 0 .583 1.0
5位 東北楽天ゴールデンイーグルス 13 11 0 .542 2.0
6位 広島東洋カープ 13 11 0 .542 2.0
7位 中日ドラゴンズ 12 12 0 .500 3.0
8位 オリックス・バファローズ 11 13 0 .458 4.0
9位 東京ヤクルトスワローズ 11 13 0 .458 4.0
10位 千葉ロッテマリーンズ 10 14 0 .417 5.0
11位 埼玉西武ライオンズ 10 14 0 .417 5.0
12位 横浜ベイスターズ 6 18 0 .250 9.0
  • 同率の場合は前年の順位で上位のチームが上位にランクされる

オールスターゲーム2008[編集]

ファン投票 村田修一
選手間投票 村田修一
監督推薦 寺原隼人 内川聖一

選手・スタッフ[編集]

表彰選手[編集]

リーグ・リーダー[編集]

首位打者(.378、初受賞)
最多安打(189本、初受賞)
最高出塁率(.416、初受賞)
本塁打王(46本、2年連続2度目)

ベストナイン[編集]

内川聖一(一塁手、初受賞)
村田修一(三塁手、初受賞)
受賞者なし

ドラフト[編集]

順位 選手名 守備 所属 結果
1位 松本啓二朗 外野手 早稲田大学 入団
2位 藤江均 投手 東邦ガス 入団
3位 山崎憲晴 内野手 横浜商科大学 入団
4位 細山田武史 捕手 早稲田大学 入団
5位 小杉陽太 投手 JR東日本 入団

出典[編集]

[脚注の使い方]