2008年の音楽

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動

2008年の音楽(2008ねんのおんがく)では、2008年平成20年)の音楽分野に関する出来事について記述する。

2007年の音楽-2008年の音楽-2009年の音楽

日本で活躍したアーティスト[編集]

アーティスト別トータルセールス
※提供:オリコン

動向[編集]

日本のシングル[編集]

  • 集計会社 オリコン
  • この年はミリオンセラーシングルが登場しなかった。シングルミリオンセラーが出なかった年は、2005年以来3年ぶり、年間シングルチャート1位が70万枚を切ったのは1987年(『命くれない』の42万枚)以来21年ぶり。
  • 1位、2位をが独占。同一アーティストの年間チャート1・2フィニッシュは、1989年プリンセス・プリンセス以来19年ぶり、男性ボーカル及びアイドルとしては、1988年光GENJI(3位まで独占)以来20年ぶり。
    • 年間TOP10に3作チャートインした嵐を始め、上位50作中ジャニーズ事務所所属グループが計20作チャートインした。前年の17作を上回り、売り上げが低下するこの年も週間チャートで毎週上位にチャートインする活躍となった。
  • 70万枚以上売れた作品がなかった反面、昨年よりも40万枚を突破した作品が多く、TOP10に入った作品はすべて40万枚台以上である。
  • Mr.Childrenが年間シングルチャートTOP10連続獲得年数を更新し6年連続となった(2003年度から2008年度まで)。

年間TOP50[編集]

※オリコン 集計期間: 2007年12月24日付 - 2008年12月15日

インディーズシングル年間10[編集]

Billboard Japan 年間TOP10[編集]

Billboard JAPAN 集計期間: 2007年12月 - 2008年11月

[1]

日本のアルバム[編集]

  • PERFECT YEARと題してベストアルバムを量産したEXILEが、年間TOP10内に3作チャートイン(うち1作は前年度発売のオリジナル)。同一アーティストの年間アルバムチャート3作チャートインは、1998年B'z以来10年ぶり、史上4組目の記録。
  • 年間チャート上位は、竹内まりやB'z安室奈美恵DREAMS COME TRUEなど活動歴の長いアーティストと、SuperflyYUIGReeeeNPerfumeなど若手のアーティストが入り混じっている。
  • シングルとは対照的に、アルバムでは嵐の30位がジャニーズ関連作品最高位。
  • 德永英明の『VOCALIST』シリーズ3部作が、全てこの年の発売で無いにも拘らず、ロングヒットでTOP50入り。加えてシングルベストもチャートインした。
  • コブクロの「5296」が3位に入り、アルバム年間トップ10入りは4年連続となった。また29位に2006年に発売された「ALL SINGLES BEST」がランクインし、3年連続で年間ベスト30入りとなった。

年間TOP50[編集]

※オリコン 集計期間: 2007年12月24日付 - 2008年12月15日

インディーズアルバム年間10[編集]

音楽配信[編集]

  • iTunesにおけるPC配信年間1位は青山テルマ feat.SoulJa「そばにいるね」であった[3]

日本のDVD[編集]

年間TOP30

各チャート[編集]

  • オリコン
    • Template:オリコン週間シングルチャート第1位 2008年
    • Template:オリコン週間アルバムチャート第1位 2008年
    • Template:オリコン週間アニメシングルチャート第1位 2008年
    • Template:オリコン週間演歌・歌謡シングルチャート第1位 2008年
  • Billboard JAPAN
    • Template:Billboard JAPANシングル・チャート「Billboard JAPAN Hot 100」第1位 2008年
    • Template:Billboardシングル・チャート「Billboard Hot 100」第1位 2008年

イベント[編集]

ライブ[編集]

夏フェス一覧

日本武道館公演[編集]

東京ドーム公演[編集]

主要な賞[編集]

受賞作・受賞者
第50回日本レコード大賞
第41回日本有線大賞
  • 大賞 / 最多リクエスト歌手賞:EXILE
  • 最優秀新人賞:ジェロ
  • 最多リクエスト曲賞:氷川きよし「玄海船歌
第22回日本ゴールドディスク大賞

去年と同じく授賞式と記者会見のみで、ライブはなし。

  • 邦楽アーティスト・オブ・ザ・イヤー: EXILE
  • 洋楽アーティスト・オブ・ザ・イヤー: アヴリル・ラヴィーン
第7回MTV Video Music Awards Japan
  • 最優秀ビデオ賞 - EXILEI Believe」
  • 最優秀アーティストビデオ賞 - ニーヨ「ビコーズ・オブ・ユー」、ファーギー「ビッグ・ガールズ・ドント・クライ」
  • 最優秀グループビデオ賞 - m-flo loves 日之内エミ&Ryohei&Emyli&YOSHIKA&LISA「love comes and goes」
  • 最優秀映画ビデオ賞 - 宇多田ヒカル「Beautiful World」
  • 最優秀新人アーティストビデオ賞 - 秦基博「鱗」
  • 最優秀ロックビデオ賞 - RADWIMPS「オーダーメイド」
  • 最優秀ポップビデオ賞 - アヴリル・ラヴィーン「ガールフレンド」
  • 最優秀R&Bビデオ賞 - 安室奈美恵「Hide & Seek」
  • 最優秀ヒップホップビデオ賞 - RIP SLYME「I・N・G」
  • 最優秀コラボレーションビデオ賞 - 倖田來未「LAST ANGEL feat.東方神起」
  • 最優秀アルバム賞 - EXILE「EXILE LOVE」
The 2nd Music Revolution グランプリ - The coridras
第2回FM FESTIVAL LIFE MUSIC AWARD LIFE MUSIC OF THE YEAR - キマグレン
第2回全日本アニソングランプリ グランプリ - HIMEKA

デビュー[編集]

1月[編集]

2月[編集]

3月[編集]

  • 5日 - 逢川まさき「港たずねびと」
  • 5日 - Aira Mitsuki「チャイナ・ディスコティカ」(メジャーデビュー)
  • 5日 - 石田裕子「Missin’U」
  • 5日 - 板尾創路「少年B」
  • 5日 - Curly Giraffe「My Dear Friend The Very Best Of Curly Giraffe」
  • 5日 - J.A.M「Just A Maestro」
  • 5日 - 竹内電気「OK!!」
  • 5日 - 平田香織「スタイリッシュスター」
  • 5日 - MAKAI「GARDEN」
  • 5日 - rain book「千本桜」
  • 12日 - 峯田美津留「つたわり/つたわれ!」
  • 12日 - Mebius「夢のカケラ」
  • 19日 - IKU「音のない夜空に/木の芽風」
  • 19日 - EIGHT TRACK「EPISODE 1」
  • 19日 - CORICORI「こりこりまりもっこり」
  • 19日 - 高橋秀幸「「炎神戦隊ゴーオンジャー」炎神ソウルセット」
  • 19日 - TUT-1026「エブリバディー」
  • 19日 - 「恋のゴング」(メジャーデビュー)
  • 19日 - PINC INC「デンジャラス・ラブ」(再デビュー)
  • 19日 - 藤木一恵「Sunny Day」
  • 19日 - MAD CATZ「Girls be Ambitious!」(メジャーデビュー)
  • 26日 - 岡本玲「teenage days」
  • 26日 - Saori@destiny「sakura」
  • 26日 - DJ和「J-ポッパー伝説[DJ 和 in No.1 J-POP MIX]」
  • 26日 - blanc.「new world」(ソロデビュー)
  • 26日 - 美元智衣「再出発」(再デビュー)
  • 26日 - 森川七月「& Jazz」

4月[編集]

5月[編集]

6月[編集]

7月[編集]

8月[編集]

9月[編集]

10月[編集]

11月[編集]

12月[編集]

北京オリンピックテーマソング[編集]

結成[編集]

再結成・活動再開[編集]

活動休止・解散[編集]

誕生[編集]

死去[編集]

訃報 2008年も参照。

脚注[編集]