2008年フランスグランプリ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
フランスの旗 2008年フランスグランプリ
レース詳細
Circuit Magny Cours.png
日程 2008年シーズン第8戦
決勝開催日 6月22日
開催地 マニクール・サーキット
フランス ニエーヴル県 マニクール
コース長 4.411km
レース距離 70周(308.77km)
決勝日天候 晴れ一時雨
ポールポジション
ドライバー
タイム 1'16.449
ファステストラップ
ドライバー フィンランドの旗 キミ・ライコネン
タイム 1'16.630(Lap 16)
決勝順位
優勝
2位
3位

2008年フランスグランプリは、2008年F1世界選手権第8戦として、2008年6月20日から6月22日マニクールで開催された。 正式名称はFORMULA1 Grand Prix de France 2008


予選[編集]

展開[編集]

Q1[編集]

Q2[編集]

Q3[編集]

結果[編集]

順位 No ドライバー コンストラクター Q1 Q2 Q3 グリッド
1 1 フィンランドの旗 キミ・ライコネン フェラーリ 1'15.133 1'15.161 1'16.449 1
2 2 ブラジルの旗 フェリペ・マッサ フェラーリ 1'15.024 1'15.041 1'16.490 2
3 22 イギリスの旗 ルイス・ハミルトン マクラーレンメルセデス 1'15.634 1'15.293 1'16.693 13
4 5 スペインの旗 フェルナンド・アロンソ ルノー 1'15.754 1'15.483 1'16.840 3
5 11 イタリアの旗 ヤルノ・トゥルーリ トヨタ 1'15.521 1'15.362 1'16.920 4
6 23 フィンランドの旗 ヘイッキ・コバライネン マクラーレンメルセデス 1'15.965 1'15.639 1'16.944 10
7 4 ポーランドの旗 ロバート・クビサ BMWザウバー 1'15.687 1'15.723 1'17.037 5
8 10 オーストラリアの旗 マーク・ウェバー レッドブルルノー 1'16.020 1'15.488 1'17.233 6
9 9 イギリスの旗 デビッド・クルサード レッドブルルノー 1'15.802 1'15.654 1'17.426 7
10 12 ドイツの旗 ティモ・グロック トヨタ 1'15.727 1'15.558 1'17.596 8
11 6 ブラジルの旗 ネルソン・ピケJr. ルノー 1'15.848 1'15.770 9
12 3 ドイツの旗 ニック・ハイドフェルド BMWザウバー 1'16.006 1'15.786 11
13 15 ドイツの旗 セバスチャン・ベッテル トロ・ロッソフェラーリ 1'15.918 1'15.816 12
14 14 フランスの旗 セバスチャン・ブルデー トロ・ロッソフェラーリ 1'16.072 1'16.045 14
15 7 ドイツの旗 ニコ・ロズベルグ ウィリアムズトヨタ 1'16.085 1'16.235 19
16 8 日本の旗 中嶋一貴 ウィリアムズトヨタ 1'16.243 15
17 16 イギリスの旗 ジェンソン・バトン ホンダ 1'16.306 16
18 17 ブラジルの旗 ルーベンス・バリチェロ ホンダ 1'16.330 20
19 21 イタリアの旗 ジャンカルロ・フィジケラ フォース・インディアフェラーリ 1'16.971 17
20 20 ドイツの旗 エイドリアン・スーティル フォース・インディアフェラーリ 1'17.053 18
  • Car No.7,22前戦での追突により10グリッド降格ペナルティ
  • Car No.23は予選中にCar No.10を妨害したとして5グリッド降格ペナルティ
  • Car No17はギアボックスを交換したため5グリッド降格ペナルティ


決勝[編集]

展開[編集]

レースは赤い2台のフェラーリがトップをキープ。波乱なく中盤までレースが続いていったが、中盤にキミ・ライコネンのエンジンに問題が発生。エンジンの排気管がふらふらとしているのだ。これによりフェリペ・マッサが首位に立った。その後はマッサがトップをキープし、今シーズン3勝目。ライコネンも苦しみながら2位をキープした。

終盤の見どころは3位ヤルノ・トゥルーリと、予選でペナルティを受けて10番グリッドから果敢に追い上げた4位ヘイキ・コバライネンの争いとなった。トゥルーリは4年前のマニクールでのレース、最終コーナーでルーベンス・バリチェロにオーバーテイクされ3位を逃したという苦い思い出があったが、今回は最後まで、マクラーレンと接触しそうになりながら3位を守った。トヨタが表彰台にのぼるのは今シーズン初。このレースの前に亡くなった初代チーム代表 オベ・アンダーソンに捧げる表彰台となった。

マッサは自身初のポイントリーダーとなってマニクールを後にすることになった。マクラーレンのライバル、ルイス・ハミルトンは予選3位から前戦のペナルティで13位からスタート。しかし他のクルマをオーバーテイクしたときにシケインをカットしたとみなされ、レースでもペナルティを受け、2戦連続の無得点。地元フランスのルノー勢はピケが自身初の入賞。最後はアロンソをパスした。

波乱の後のフランスグランプリ。小雨が降る中のレースになったが、リタイヤは序盤に他者と接触したバトンのみであった。

結果[編集]

順位 No ドライバー コンストラクター 周回 タイム/リタイヤ グリッド ポイント
1 2 ブラジルの旗 フェリペ・マッサ フェラーリ 70 1:31'50.245 2 10
2 1 フィンランドの旗 キミ・ライコネン フェラーリ 70 +17.984 1 8
3 11 イタリアの旗 ヤルノ・トゥルーリ トヨタ 70 +28.250 4 6
4 23 フィンランドの旗 ヘイッキ・コバライネン マクラーレンメルセデス 70 +28.929 10 5
5 4 ポーランドの旗 ロバート・クビサ BMWザウバー 70 +30.512 5 4
6 10 オーストラリアの旗 マーク・ウェバー レッドブルルノー 70 +40.304 6 3
7 6 ブラジルの旗 ネルソン・ピケJr. ルノー 70 +41.033 9 2
8 5 スペインの旗 フェルナンド・アロンソ ルノー 70 +43.372 3 1
9 9 イギリスの旗 デビッド・クルサード レッドブルルノー 70 +51.021 7
10 22 イギリスの旗 ルイス・ハミルトン マクラーレンメルセデス 70 +54.538 13
11 12 ドイツの旗 ティモ・グロック トヨタ 70 +57.700 8
12 15 ドイツの旗 セバスチャン・ベッテル トロ・ロッソフェラーリ 70 +58.065 12
13 3 ドイツの旗 ニック・ハイドフェルド BMWザウバー 70 +1'02.079 11
14 17 ブラジルの旗 ルーベンス・バリチェロ ホンダ 69 +1 Lap 20
15 8 日本の旗 中嶋一貴 ウィリアムズトヨタ 69 +1 Lap 15
16 7 ドイツの旗 ニコ・ロズベルグ ウィリアムズトヨタ 69 +1 Lap 19
17 14 フランスの旗 セバスチャン・ブルデー トロ・ロッソフェラーリ 69 +1 Lap 14
18 21 イタリアの旗 ジャンカルロ・フィジケラ フォース・インディアフェラーリ 69 +1 Lap 17
19 20 ドイツの旗 エイドリアン・スーティル フォース・インディアフェラーリ 69 +1 Lap 18
Ret 16 イギリスの旗 ジェンソン・バトン ホンダ 16 アクシデントダメージ 16


関連項目[編集]

前戦
2008年カナダグランプリ
FIA F1世界選手権
2008年シーズン
次戦
2008年イギリスグランプリ
前回開催
2007年フランスグランプリ
フランスの旗 フランスグランプリ 次回開催
2018年フランスグランプリ