2008年レスリング世界選手権

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

2008年レスリング世界選手権は、日本東京国立代々木競技場第一体育館にて2008年10月11日から13日までの日程で開催された。今大会は女子フリースタイルのみ実施された。本来、オリンピック開催年に世界選手権は実施されないが、北京オリンピックで実施される女子の階級が国際レスリング連盟 (FILA) による7階級のうち4階級しか採用されないため、女子に限りオリンピック開催年も世界選手権を開催するに至った[1]。日本での女子世界選手権開催は1991年以来17年ぶり2回目。開催国日本は4個の金メダルを含む全階級でメダルを獲得している。

国別獲得メダル数[編集]

国・地域
1 日本の旗 日本 4 1 2 7
2 カナダの旗 カナダ 1 0 2 3
3 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 1 0 1 2
4  ブルガリア 1 0 0 1
5 ロシアの旗 ロシア 0 2 0 2
6 中華人民共和国の旗 中国 0 1 2 3
 ウクライナ 0 1 2 3
8  ベラルーシ 0 1 0 1
 カザフスタン 0 1 0 1
10 フランスの旗 フランス 0 0 2 2
11 アゼルバイジャンの旗 アゼルバイジャン 0 0 1 1
モンゴルの旗 モンゴル 0 0 1 1
ポーランドの旗 ポーランド 0 0 1 1

国別順位[編集]

順位 女子フリースタイル
1 日本の旗 日本 65
2 カナダの旗 カナダ 42
3 ロシアの旗 ロシア 40
4 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 31
5  ウクライナ 31
6 中華人民共和国の旗 中国 29
7 モンゴルの旗 モンゴル 23
8  ベラルーシ 18
9 フランスの旗 フランス 17
10 アゼルバイジャンの旗 アゼルバイジャン 14

メダル獲得者[編集]

女子フリースタイル[編集]

階級
48 kg アメリカ合衆国の旗 クラリサ・チャン カザフスタンの旗 ズルジズ・エシモバ 日本の旗 坂本真喜子
中華人民共和国の旗 蘇貴北
51 kg 日本の旗 坂本日登美 ベラルーシの旗 マリナ・マルケビッチ フランスの旗 バネッサ・ブブライム
ウクライナの旗 ユリア・ブラヒンヤ
55 kg 日本の旗 吉田沙保里 ウクライナの旗 テチアナ・ラザレワ アメリカ合衆国の旗 タチアナ・パディーヤ
カナダの旗 ブリタニー・ラベルデュレ
59 kg 日本の旗 正田絢子 ロシアの旗 ナタリア・ゴルツ アゼルバイジャンの旗 エルビラ・ムルサロバ
ポーランドの旗 アガタ・ピエトルジク
63 kg 日本の旗 西牧未央 ロシアの旗 リュボフ・ボロソワ 中華人民共和国の旗 孟麗麗
フランスの旗 オードリー・プリエト
67 kg カナダの旗 マーティン・ダグレニアー 日本の旗 新海真美 ウクライナの旗 カテリナ・ブルミストロバ
モンゴルの旗 オチルバト・ナサンブルマー
72 kg ブルガリアの旗 スタンカ・ズラテバ 中華人民共和国の旗 洪雁 日本の旗 浜口京子
カナダの旗 オヘネワ・アクフォ

脚注[編集]

  1. ^ TheMat.com - The Ultimate Source of Real Wrestling!”. Themat.com. 2008年11月6日閲覧。