2008年北京オリンピックの自転車競技・男子ポイントレース

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
2008年北京オリンピック
自転車競技
ロードレース
Cycling (road) pictogram.svg
個人ロードレース   男子   女子
タイムトライアル 男子 女子
トラックレース
Cycling (track) pictogram.svg
個人追い抜き 男子 女子
団体追い抜き 男子
スプリント 男子 女子
チームスプリント 男子
ポイントレース 男子 女子
ケイリン 男子
マディソン 男子
マウンテンバイク
Cycling (mountain biking) pictogram.svg
クロスカントリー 男子 女子
BMX
Cycling (BMX) pictogram.svg
BMX 男子 女子

2008年北京オリンピックの自転車競技・男子ポイントレースは、2008年8月16日、老山自転車館(老山ベロドローム)で行われた。

中盤に連続してラップ奪取に成功したスペインホアン・リャネラスが、2000年シドニーオリンピック以来、2度目の当種目制覇を果たした。また飯島誠が、日本人選手として当種目初となる、8位入賞を果たした。

結果[編集]

Rank 選手名 スプリント
ポイント
ラップ
奪取数
合計
ポイント
1 スペイン  ホアン・リャネラス
スペイン (ESP)
20 2 60
1 ドイツ ロゲル・クルーゲ
ドイツ (GER)
18 2 58
1 イギリス クリス・ニュートン
イギリス (GBR)
16 2 56
4 オーストラリア キャメロン・マイヤー
オーストラリア (AUS)
16 1 36
5 ベラルーシ ヴァシル・キリエンカ
ベラルーシ (BLR)
14 1 34
6 デンマーク ダニエル・クロイツフェルト
デンマーク (DEN)
9 1 29
7 カナダ ザッカリー・ベル
カナダ (CAN)
7 1 27
8 日本 飯島誠
日本 (JPN)
3 1 23
9 チェコ ミラン・カドレツ
チェコ (CZE)
1 20
10 ニュージーランド グレッグ・ヘンダーソン
ニュージーランド (NZL)
13 13
11 ポーランド ラファウ・ラタイチィク
ポーランド (POL)
10 10
12 ベルギー イルヨ・カイセ
ベルギー (BEL)
8 8
13 イタリア アンヘロ・チッコーネ
イタリア (ITA)
8 8
14 ウクライナ ヴォロディミル・リビン
ウクライナ (UKR)
8 8
15 香港 ワン・カンポ
香港 (HKG)
5 5
16 ウルグアイ ミルトン・ウィナンツ
ウルグアイ (URU)
5 5
17 ロシア ミハイル・イグナティエフ
ロシア (RUS)
4 4
18 アルゼンチン フアン・エステバン・クルチェト
アルゼンチン (ARG)
1 1
19 チリ マルコ・アリアガダ
チリ (CHI)
1 1
20 オランダ ペーター・スヘプ
オランダ (NED)
0
21 フランス クリストフ・リブロン
フランス (FRA)
3 -1 -17
22 アメリカ合衆国 ボビー・リー
アメリカ合衆国 (USA)
+1, -2 -20, DNF
23 チャイニーズタイペイ 憑俊凱
チャイニーズタイペイ (TPE)
-1 -20, DNF
(注)
  • 『スプリントポイント』は、5周回に1回設けられ、当該所定箇所における通過順位が4位までの選手に付与される。内訳は、1位=5、2位=3、3位=2、4位=1。
  • 『ラップ奪取』とは、他選手を周回遅れにすること。ラップに成功すれば、1ラップ=20ポイントが付与され、逆にラップを奪われた選手は、1ラップ=-20ポイントとなる。
  • 最終確定順位は、上記のスプリントポイントとラップ奪取数の合計ポイントによる。
  • DNF=途中棄権。