2009年のナショナルリーグチャンピオンシップシリーズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
2009年ナショナルリーグ
チャンピオンシップシリーズ
2009 National League Championship Series Game 4.jpg
第4戦の様子。打者はドジャースのランディ・ウルフ、捕手はフィリーズのカルロス・ルイーズ
チーム 勝数
フィラデルフィア・フィリーズ 4
ロサンゼルス・ドジャース 1
シリーズ情報
試合日程 10月15日–21日
観客動員 5試合合計:25万0092人
1試合平均:05万0018人
MVP ライアン・ハワード(PHI)
責任審判 ランディ・マーシュ[1]
NLDS PHI 3–1 COL
LAD 3–0 STL
殿堂表彰者 ペドロ・マルティネス(PHI投手)
ジョー・トーリ(LAD監督)
ジム・トーミ(LAD内野手)
チーム情報
フィラデルフィア・フィリーズ(PHI)
シリーズ出場 2年連続8回目
GM ルーベン・アマロ・ジュニア
監督 チャーリー・マニエル
シーズン成績 93勝69敗・勝率.574
東地区優勝

ロサンゼルス・ドジャース(LAD)
シリーズ出場 2年連続9回目
GM ネッド・コレッティ
監督 ジョー・トーリ
シーズン成績 95勝67敗・勝率.586
西地区優勝

 < 2008
NLCS
2009

2010 > 

 < 2008
ALCS
2009

2010 > 
ワールドシリーズ

2009年の野球において、メジャーリーグベースボール(MLB)ポストシーズンは10月7日に開幕した。ナショナルリーグの第40回リーグチャンピオンシップシリーズ(40th National League Championship Series、以下「リーグ優勝決定戦」と表記)は、15日から21日にかけて計5試合が開催された。その結果、フィラデルフィア・フィリーズ東地区)がロサンゼルス・ドジャース西地区)を4勝1敗で下し、2年連続7回目のリーグ優勝およびワールドシリーズ進出を果たした。

両球団がポストシーズンで対戦するのは、前年のリーグ優勝決定戦に次いで2年連続5度目。その前の3度も含め全てリーグ優勝決定戦での対戦であり、これはシンシナティ・レッズピッツバーグ・パイレーツと並ぶ同シリーズ歴代最多タイである[2]。この年のレギュラーシーズンでは両球団は7試合対戦し、ドジャースが4勝3敗と勝ち越していた[3]。フィリーズのリーグ連覇は、ナショナルリーグでは1995年から1996年にかけてのアトランタ・ブレーブス以来13年ぶりであり[4]、球団史上では初めて[5]シリーズMVPには、第2戦から第4戦にかけて3試合連続で先制打を放つなど、5試合で打率.333・2本塁打・8打点OPS 1.457という成績を残したフィリーズのライアン・ハワードが選出された。しかしフィリーズは、ワールドシリーズではアメリカンリーグ王者ニューヨーク・ヤンキースに2勝4敗で敗れ、2年連続3度目の優勝を逃した。

2007年よりワールドシリーズの開幕日が、全米テレビ中継の視聴率が高く見込める曜日の放送を増やすために、土曜日から水曜日に変更された。これに伴いポストシーズンの期間が延びたため、リーグ優勝決定戦では第4戦と第5戦の間に休養日が設けられた[6]。この方式は、今シーズン終了後に撤廃されるまで3年間続いた[7]

試合結果[編集]

2009年のナショナルリーグ優勝決定戦は10月15日に開幕し、途中に移動日と休養日を挟んで7日間で5試合が行われた。日程・結果は以下の通り。

日付 試合 ビジター球団(先攻) スコア ホーム球団(後攻) 開催球場
10月15日(木) 第1戦 フィラデルフィア・フィリーズ 8-6 ロサンゼルス・ドジャース ドジャー・スタジアム
10月16日(金) 第2戦 フィラデルフィア・フィリーズ 1-2 ロサンゼルス・ドジャース
10月17日(土) 移動日
10月18日(日) 第3戦 ロサンゼルス・ドジャース 0-11 フィラデルフィア・フィリーズ シチズンズ・バンク・パーク
10月19日(月) 第4戦 ロサンゼルス・ドジャース 4-5x フィラデルフィア・フィリーズ
10月20日(火) 休養日
10月21日(水) 第5戦 ロサンゼルス・ドジャース 4-10 フィラデルフィア・フィリーズ
優勝:フィラデルフィア・フィリーズ(4勝1敗 / 2年連続7度目)

第1戦 10月15日[編集]

映像外部リンク
動画共有サイト "YouTube" にMLB公式アカウントが投稿したハイライト映像(英語、3分49秒)
チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
フィラデルフィア・フィリーズ 0 0 0 0 5 0 0 3 0 8 8 1
ロサンゼルス・ドジャース 0 1 0 0 3 0 0 2 0 6 14 0
  1. コール・ハメルズ(1勝)  クレイトン・カーショウ(1敗)  Sブラッド・リッジ(1S)  
  2. 本塁打:  PHI – カルロス・ルイーズ1号3ラン、ラウル・イバニェス1号3ラン  LAD – ジェームズ・ローニー1号ソロ、マニー・ラミレス1号2ラン
  3. 審判:球審…ランディ・マーシュ、塁審…一塁: ブルース・ドレックマン、二塁: サム・ホルブルック、三塁: テッド・バレット、外審…左翼: トム・ハリオン、右翼: ゲイリー・シダーストロム
  4. 試合開始時刻: 太平洋夏時間UTC-7)午後5時8分 試合時間: 4時間2分 観客: 5万6000人 気温: 75°F(23.9°C)
    詳細: MLB.com Gameday / ESPN.com / Baseball-Reference.com / Fangraphs
両チームの先発ラインナップ
フィラデルフィア・フィリーズ ロサンゼルス・ドジャース
打順 守備 選手 打席 打順 守備 選手 打席
1 J・ロリンズ 1 R・ファーカル
2 S・ビクトリーノ 2 A・イーシアー
3 C・アトリー 3 M・ラミレス
4 R・ハワード 4 M・ケンプ
5 J・ワース 5 C・ブレイク
6 R・イバニェス 6 J・ローニー
7 P・フェリス 7 R・ベリアード
8 C・ルイーズ 8 R・マーティン
9 C・ハメルズ 9 C・カーショウ
先発投手 投球 先発投手 投球
C・ハメルズ C・カーショウ

第2戦 10月16日[編集]

映像外部リンク
動画共有サイト "YouTube" にMLB公式アカウントが投稿したハイライト映像(英語、3分37秒)
チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
フィラデルフィア・フィリーズ 0 0 0 1 0 0 0 0 0 1 4 1
ロサンゼルス・ドジャース 0 0 0 0 0 0 0 2 X 2 5 0
  1. 郭泓志(1勝)  朴賛浩(1敗)  Sジョナサン・ブロクストン(1S)  
  2. 本塁打:  PHI – ライアン・ハワード1号ソロ
  3. 審判:球審…ブルース・ドレックマン、塁審…一塁: サム・ホルブルック、二塁: テッド・バレット、三塁: トム・ハリオン、外審…左翼: ゲイリー・シダーストロム、右翼: ランディ・マーシュ
  4. 試合開始時刻: 太平洋夏時間UTC-7)午後1時8分 試合時間: 3時間5分 観客: 5万6000人 気温: 93°F(33.9°C)
    詳細: MLB.com Gameday / ESPN.com / Baseball-Reference.com / Fangraphs
両チームの先発ラインナップ
フィラデルフィア・フィリーズ ロサンゼルス・ドジャース
打順 守備 選手 打席 打順 守備 選手 打席
1 J・ロリンズ 1 R・ファーカル
2 S・ビクトリーノ 2 M・ケンプ
3 C・アトリー 3 A・イーシアー
4 R・ハワード 4 M・ラミレス
5 J・ワース 5 J・ローニー
6 R・イバニェス 6 C・ブレイク
7 P・フェリス 7 R・ベリアード
8 C・ルイーズ 8 R・マーティン
9 P・マルティネス 9 V・パディーヤ
先発投手 投球 先発投手 投球
P・マルティネス V・パディーヤ

第3戦 10月18日[編集]

映像外部リンク
動画共有サイト "YouTube" にMLB公式アカウントが投稿したハイライト映像(英語、3分38秒)
チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
ロサンゼルス・ドジャース 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 3 0
フィラデルフィア・フィリーズ 4 2 0 0 2 0 0 3 X 11 11 0
  1. クリフ・リー(1勝)  黒田博樹(1敗)  
  2. 本塁打:  PHI – ジェイソン・ワース1号2ラン、シェーン・ビクトリーノ1号3ラン
  3. 審判:球審…サム・ホルブルック、塁審…一塁: テッド・バレット、二塁: トム・ハリオン、三塁: ゲイリー・シダーストロム、外審…左翼: ランディ・マーシュ、右翼: ブルース・ドレックマン
  4. 試合開始時刻: 東部夏時間UTC-4)午後8時10分 試合時間: 3時間12分 観客: 4万5721人 気温: 47°F(8.3°C)
    詳細: MLB.com Gameday / ESPN.com / Baseball-Reference.com / Fangraphs
両チームの先発ラインナップ
ロサンゼルス・ドジャース フィラデルフィア・フィリーズ
打順 守備 選手 打席 打順 守備 選手 打席
1 R・ファーカル 1 J・ロリンズ
2 R・ベリアード 2 S・ビクトリーノ
3 A・イーシアー 3 C・アトリー
4 M・ラミレス 4 R・ハワード
5 M・ケンプ 5 J・ワース
6 J・ローニー 6 R・イバニェス
7 C・ブレイク 7 P・フェリス
8 R・マーティン 8 C・ルイーズ
9 黒田博樹 9 C・リー
先発投手 投球 先発投手 投球
黒田博樹 C・リー

第4戦 10月19日[編集]

映像外部リンク
動画共有サイト "YouTube" にMLB公式アカウントが投稿したハイライト映像(英語、3分46秒)
チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
ロサンゼルス・ドジャース 0 0 0 2 1 1 0 0 0 4 8 0
フィラデルフィア・フィリーズ 2 0 0 0 0 1 0 0 2x 5 5 1
  1. ブラッド・リッジ(1勝1S)  ジョナサン・ブロクストン(1敗1S)  
  2. 本塁打:  LAD – マット・ケンプ1号ソロ  PHI – ライアン・ハワード2号2ラン
  3. 審判:球審…テッド・バレット、塁審…一塁: トム・ハリオン、二塁: ゲイリー・シダーストロム、三塁: ランディ・マーシュ、外審…左翼: ブルース・ドレックマン、右翼: サム・ホルブルック
  4. 試合開始時刻: 東部夏時間UTC-4)午後8時8分 試合時間: 3時間44分 観客: 4万6157人 気温: 48°F(8.9°C)
    詳細: MLB.com Gameday / ESPN.com / Baseball-Reference.com / Fangraphs
両チームの先発ラインナップ
ロサンゼルス・ドジャース フィラデルフィア・フィリーズ
打順 守備 選手 打席 打順 守備 選手 打席
1 R・ファーカル 1 J・ロリンズ
2 M・ケンプ 2 S・ビクトリーノ
3 A・イーシアー 3 C・アトリー
4 M・ラミレス 4 R・ハワード
5 J・ローニー 5 J・ワース
6 R・ベリアード 6 R・イバニェス
7 R・マーティン 7 P・フェリス
8 C・ブレイク 8 C・ルイーズ
9 R・ウルフ 9 J・ブラントン
先発投手 投球 先発投手 投球
R・ウルフ J・ブラントン

第5戦 10月21日[編集]

映像外部リンク
動画共有サイト "YouTube" にMLB公式アカウントが投稿したハイライト映像(英語、4分)
チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
ロサンゼルス・ドジャース 1 1 0 0 1 0 0 1 0 4 8 0
フィラデルフィア・フィリーズ 3 1 0 2 0 2 1 1 X 10 8 0
  1. チャド・ダービン(1勝)  ビセンテ・パディーヤ(1敗)  
  2. 本塁打:  LAD – アンドレ・イーシアー1号ソロ、ジェームズ・ローニー1号ソロ、オーランド・ハドソン1号ソロ  PHI – ジェイソン・ワース2号3ラン・3号ソロ、ペドロ・フェリス1号ソロ、シェーン・ビクトリーノ2号2ラン
  3. 審判:球審…トム・ハリオン、塁審…一塁: ゲイリー・シダーストロム、二塁: ランディ・マーシュ、三塁: ブルース・ドレックマン、外審…左翼: サム・ホルブルック、右翼: テッド・バレット
  4. 試合開始時刻: 東部夏時間UTC-4)午後8時7分 試合時間: 3時間40分 観客: 4万6214人 気温: 63°F(17.2°C)
    詳細: MLB.com Gameday / ESPN.com / Baseball-Reference.com / Fangraphs
両チームの先発ラインナップ
ロサンゼルス・ドジャース フィラデルフィア・フィリーズ
打順 守備 選手 打席 打順 守備 選手 打席
1 R・ファーカル 1 J・ロリンズ
2 R・ベリアード 2 S・ビクトリーノ
3 A・イーシアー 3 C・アトリー
4 M・ラミレス 4 R・ハワード
5 M・ケンプ 5 J・ワース
6 J・ローニー 6 R・イバニェス
7 R・マーティン 7 P・フェリス
8 C・ブレイク 8 C・ルイーズ
9 V・パディーヤ 9 C・ハメルズ
先発投手 投球 先発投手 投球
V・パディーヤ C・ハメルズ

脚注[編集]

  1. ^ Associated Press, "McClelland, Marsh are crew chiefs," ESPN.com, October 14, 2009. 2021年6月26日閲覧。
  2. ^ Andrew Simon, "Nationals-Giants Game 4: Did you know?," MLB.com, October 8, 2014. 2021年6月26日閲覧。
  3. ^ "Head-to-Head Records," Baseball-Reference.com. 2021年6月26日閲覧。
  4. ^ Associated Press, "Phillies clinch NLCS, back in World Series," New York Post, October 22, 2009. 2021年6月26日閲覧。
  5. ^ Chris Jaffe, "Most recent consecutive pennants for all franchises," The Hardball Times, October 22, 2009. 2021年6月26日閲覧。
  6. ^ ESPN.com news services, "World Series to start on a Wednesday," ESPN.com, May 14, 2007. 2021年6月26日閲覧。
  7. ^ Associated Press, "MLB moves off-day from middle of LCS," ESPN.com, March 25, 2010. 2021年6月26日閲覧。