2009年の出版

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

2009年の出版(にせんきゅうねんのしゅっぱん)は、2009年平成21年)の出版に関するできごとについてまとめた記事である。

概要[編集]

2009年には、過去20年間にわたって2兆円以上を維持してきた出版販売額が2兆円を割り込んで市場の縮小が進行し、特に、10月までに170誌の雑誌が休刊するなど、雑誌離れが加速した[1]

できごと[編集]

* 以下の創刊、休刊・廃刊、復刊の日付は、特記した場合を除き、それぞれ創刊号、最終号、復刊号の発売日である。

1月[編集]

2月[編集]

3月[編集]

4月[編集]

5月[編集]

6月[編集]

7月[編集]

8月[編集]

  • 8月6日 - 『STUDIO VOICE』(INFASパブリケーションズ)休刊(最終号は2009年9月号)。

9月[編集]

10月[編集]

  • 10月22日 - 情報誌『Chou Chou』(角川マーケティング)休刊(最終号は2009年11月12日号)。

11月[編集]

(情報なし)

12月[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 本の販売2兆円割れ 170誌休刊・書籍少ないヒット作 asahi.com(朝日新聞社)、2009年12月13日[リンク切れ]
  2. ^ Rachel L. SwarnsMichelle Obama to Appear on Vogue Coverニューヨーク・タイムズ2009年2月10日付. 英語. 2009年4月21日閲覧.
  3. ^ ミシェル夫人が「ヴォーグ」表紙に クリントン氏以来」 産経新聞2009年2月11日付. 2009年4月21日閲覧.[リンク切れ]
  4. ^ 快進撃を続ける『モノクロ』、歯に衣着せぬ批評で10万部の月刊誌に、東洋経済オンライン
  5. ^ トーハン調べ 2009年 年間ベストセラー

関連項目[編集]