2009 ワールド・ベースボール・クラシック・カナダ代表

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

2009 ワールド・ベースボール・クラシック・カナダ代表(2009 - だいひょう)は、2009年3月に開催されたワールド・ベースボール・クラシック第2回大会に出場したカナダ代表である。

経緯[編集]

地元カナダロジャース・センターオンタリオ州トロント)で第1ラウンドが開催されるという地の利があったが、リッチ・ハーデンシカゴ・カブス)やジェフ・フランシスコロラド・ロッキーズ)などメジャーリーグで実績のある投手が故障のため出場を辞退することになり、初戦からの2連敗で敗退が決まった。

試合結果[編集]

第1ラウンド[編集]

第1試合(3月7日)@ロジャース・センターカナダオンタリオ州トロント
カナダ カナダ 5-6
Box Score
アメリカ合衆国 アメリカ合衆国
チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
カナダ(1敗) 1 0 1 0 0 1 1 0 1 5 7 1
アメリカ合衆国(1勝) 0 1 0 3 0 2 0 0 X 6 9 0
  1. : ラトロイ・ホーキンス(1勝)  : マイク・ジョンソン(1敗)  S: J・J・プッツ(1S)  
  2. 本塁打:[アメリカ合衆国]ケビン・ユーキリス1号、ブライアン・マッキャン1号、アダム・ダン1号 [カナダ]ジョーイ・ボット1号、ラッセル・マーティン1号
    試合時間:2時間55分 観客:42,314人
第2試合(3月9日)@ロジャース・センター
イタリア イタリア 6-2
Box Score
カナダ カナダ
チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
イタリア(1勝1敗) 1 1 1 1 0 0 2 0 0 6 10 0
カナダ(2敗=敗退決定) 0 0 0 2 0 0 0 0 0 2 7 1
  1. : ダン・セラフィニ(1勝)  : ビンス・パーキンス(1敗)  
  2. 試合時間:3時間36分 観客:12,411人

選手[編集]

ポジション 背番号 氏名 所属球団 備考
監督 21 アーニー・ウィット
コーチ 3 ラリー・ウォーカー
49 ポール・クアントリル
42 デニス・ブーシェ
34 ティム・リーパー
27 グレッグ・ハミルトン
20 グレッグ・オハロハン
投手 17 フィリップ・オーモン アメリカ合衆国の旗シアトル・マリナーズ傘下
18 スコット・ダイアモンド アメリカ合衆国の旗アトランタ・ブレーブス傘下
22 ブライアン・デュメスニル アメリカ合衆国の旗アトランタ・ブレーブス傘下
23 デビッド・デビッドソン アメリカ合衆国の旗ビッツバーグ・パイレーツ
25 マイク・ジョンソン 大韓民国の旗SKワイバーンズ
26 T.J.バートン アメリカ合衆国の旗ヒューストン・アストロズ傘下
28 ジェシー・クレイン アメリカ合衆国の旗ミネソタ・ツインズ
31 スティーブ・グリーン アメリカ合衆国の旗ボストン・レッドソックス傘下
32 ビンス・パーキンス アメリカ合衆国の旗シカゴ・カブス傘下
35 クリス・ベッグ
36 ブルックス・マクニベン アメリカ合衆国の旗サンフランシスコ・ジャイアンツ傘下
48 スコット・リッチモンド カナダの旗トロント・ブルージェイズ
52 クリス・ラルー アメリカ合衆国の旗フロリダ・マーリンズ
捕手 1 ルーク・カーリン アメリカ合衆国の旗アリゾナ・ダイヤモンドバックス傘下
5 ブレット・ロウリー アメリカ合衆国の旗ミルウォーキー・ブルワーズ傘下
55 ラッセル・マーティン アメリカ合衆国の旗ロサンゼルス・ドジャース
内野手 4 ピート・オーア アメリカ合衆国の旗ワシントン・ナショナルズ傘下
11 スタッビー・クラップ
13 クリス・バーンウェル アメリカ合衆国の旗ヒューストン・アストロズ傘下
19 ジョーイ・ボット アメリカ合衆国の旗シンシナティ・レッズ
29 ショーン・ボウマン アメリカ合衆国の旗ニューヨーク・メッツ傘下
33 ジャスティン・モルノー アメリカ合衆国の旗ミネソタ・ツインズ
47 コーリー・コスキー
外野手 7 アダム・スターン アメリカ合衆国の旗ミルウォーキー・ブルワーズ傘下
8 ニック・ウェグラーズ アメリカ合衆国の旗クリーブランド・インディアンス傘下
12 マット・ステアーズ アメリカ合衆国の旗フィラデルフィア・フィリーズ
24 マーク・ティーエン アメリカ合衆国の旗カンザスシティ・ロイヤルズ
44 ジェイソン・ベイ アメリカ合衆国の旗ボストン・レッドソックス

関連項目[編集]