2010年のアラゴングランプリ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
アラゴン州の旗   2010年のアラゴングランプリ
レース詳細
2010年のロードレース世界選手権 全18戦中第13戦
Motorland Aragón FIM.svg
決勝日 2010年9月19日
開催地 モーターランド・アラゴン
開催コース 常設サーキット
5.078km
MotoGP
ポールポジション ファステストラップ
オーストラリアの旗 ケーシー・ストーナー スペインの旗 ダニ・ペドロサ
1:48.942 1:49.521
表彰台
1. オーストラリアの旗 ケーシー・ストーナー
2. スペインの旗 ダニ・ペドロサ 3. アメリカ合衆国の旗 ニッキー・ヘイデン


Moto2
ポールポジション ファステストラップ
イタリアの旗 アンドレア・イアンノーネ イタリアの旗 アンドレア・イアンノーネ
1:55.148 1:55.003
表彰台
1. イタリアの旗 アンドレア・イアンノーネ
2. スペインの旗 フリアン・シモン 3. ハンガリーの旗 ガボール・タルマクシ
125 cc
ポールポジション ファステストラップ
スペインの旗 マルク・マルケス スペインの旗 ポル・エスパルガロ
1:59.335 1:59.509
表彰台
1. スペインの旗 ポル・エスパルガロ
2. スペインの旗 ニコラス・テロル 3. イギリスの旗 ブラッドリー・スミス


2010年のアラゴングランプリは、ロードレース世界選手権2010年シーズン第13戦として、9月17日から19日までスペインアラゴン州モーターランド・アラゴンで、この年初めて開催された。

概要[編集]

スペイン第四のグランプリ[編集]

元々このシーズンの第13戦[1]は、前年に一度開催がキャンセルされていたバラトンリンクでハンガリーGPが開催される予定だったが、サーキット完成が間に合わないことから2年連続でキャンセルとなったため、リザーブサーキットとして候補に挙がっていたモーターランド・アラゴンでの代替開催が実現したものである。毎年開催されているスペインGPカタルーニャGPバレンシアGPに続く、スペイン第四のグランプリとなった[2]

富沢祥也を偲んで[編集]

富沢のレプリカヘルメットを被りレースを戦ったホルヘ・ロレンソ

日曜の決勝レース前、前戦サンマリノGPで事故死した富沢祥也を偲んで、全クラスのライダー、チームスタッフ他レース関係者がスターティンググリッドに集まり、君が代が流れる中1分間の黙祷を捧げた。その中には今回のグランプリを表敬訪問していたスペイン国王フアン・カルロス1世の姿も見られた[3]

また多くのライダーが富沢への哀悼の意を込めて、マシン・ヘルメット・ツナギに富沢のゼッケン「48」や、富沢の似顔絵を付けて今回のグランプリに臨んだ。かつて同じゼッケン48を使用していた関係で生前仲の良かったホルヘ・ロレンソは、急きょ用意した富沢のレプリカヘルメットを被って予選・決勝を戦った[4]

125ccクラス[編集]

125ccクラス予選では、アジョ・モータースポーツマルク・マルケスがシーズン8度目となるポールポジションを獲得した。2番グリッドにはマルケスのスリップストリームを利用して好タイムを出したチームメイトのサンドロ・コルテセが続いた[5]

日曜日の決勝では、スタート直後の1コーナーでマルケスがランディ・クルメナッハの転倒に巻き込まれてリタイヤを喫した。クルメナッハの方はその後レースに復帰したが、失格の裁定が下されて黒旗が振られた[6]

レースはその後ニコラス・テロルポル・エスパルガロのマッチレースとなった。両者は激しいバトルを展開、ファイナルラップにエスパルガロがテロルをオーバーテイクし、0.05秒差でシーズン3勝目を遂げた。

この結果ポイントランキングでは、テロルが再びトップに立つこととなった。6ポイント差のランキング2位にエスパルガロが続き、ポイントリーダーだったマルケスはテロルから11ポイント差の3位に落ちた[7]

Moto2クラス[編集]

Moto2クラス予選では、アンドレア・イアンノーネがシーズン5度目となるポールポジションを獲得した。2番グリッドにはスコット・レディング、3番手にはアレックス・デ・アンジェリスが続いた[8]

決勝レースでは、イアンノーネが序盤から後続を突き放して自らの勝ちパターンに持ち込むことに成功し、独走でシーズン3勝目を果たした。2番手にはフリアン・シモン、3位にはイアンノーネのチームメイトのガボール・タルマクシが入り、自身クラス初となる表彰台を獲得した。ポイントリーダーのトニ・エリアスは4位でフィニッシュし、ランキング2位のシモンと76ポイント差、3位のイアンノーネとは80ポイント差となった[9]

MotoGPクラス[編集]

最高峰MotoGPクラスの予選では、ドゥカティ・マルボロケーシー・ストーナーが、開幕戦カタール以来となるシーズン2度目のポールポジションを獲得した[10]

日曜日の決勝レースでもストーナーが強さを見せ、独走でシーズン初優勝を遂げた。5.148秒差の2位にはダニ・ペドロサ、3番手にはファイナルラップにホルヘ・ロレンソをオーバーテイクしたニッキー・ヘイデンが入り、自身シーズン初の表彰台を獲得した。4位に終わったポイントリーダーのロレンソは、このシーズン初めて表彰台を逃した。これでロレンソとランキング2位のペドロサとのポイント差は56となった[11]

MotoGPクラス決勝


MotoGPクラス決勝結果[編集]

順位 No ライダー マニュファクチャラー 周回 タイム/リタイヤ グリッド ポイント
1 27 オーストラリアの旗 ケーシー・ストーナー ドゥカティ 23 42:16.530 1 25
2 26 スペインの旗 ダニ・ペドロサ ホンダ 23 +5.148 3 20
3 69 アメリカ合衆国の旗 ニッキー・ヘイデン ドゥカティ 23 +9.496 4 16
4 99 スペインの旗 ホルヘ・ロレンソ ヤマハ 23 +9.580 2 13
5 11 アメリカ合衆国の旗 ベン・スピーズ ヤマハ 23 +13.771 5 11
6 46 イタリアの旗 バレンティーノ・ロッシ ヤマハ 23 +27.330 7 10
7 58 イタリアの旗 マルコ・シモンチェリ ホンダ 23 +28.511 9 9
8 19 スペインの旗 アルバロ・バウティスタ スズキ 23 +35.254 12 8
9 33 イタリアの旗 マルコ・メランドリ ホンダ 23 +35.393 14 7
10 41 スペインの旗 アレックス・エスパルガロ ドゥカティ 23 +35.467 13 6
11 40 スペインの旗 エクトル・バルベラ ドゥカティ 23 +35.522 10 5
12 5 アメリカ合衆国の旗 コーリン・エドワーズ ヤマハ 23 +45.360 11 4
13 7 日本の旗 青山博一 ホンダ 23 +48.319 15 3
14 36 フィンランドの旗 ミカ・カリオ ドゥカティ 23 +58.047 16 2
Ret 4 イタリアの旗 アンドレア・ドヴィツィオーゾ ホンダ 22 アクシデント 8
Ret 14 フランスの旗 ランディ・ド・プニエ ホンダ 15 アクシデント 6

Moto2クラス決勝結果[編集]

Moto2クラス決勝


順位 No ライダー マニュファクチャラー 周回 タイム/リタイヤ グリッド ポイント
1 29 イタリアの旗 アンドレア・イアンノーネ スピードアップ 21 40:33.264 1 25
2 60 スペインの旗 フリアン・シモン スッター 21 +6.203 4 20
3 2 ハンガリーの旗 ガボール・タルマクシ スピードアップ 21 +6.276 7 16
4 24 スペインの旗 トニ・エリアス モリワキ 21 +7.123 12 13
5 3 イタリアの旗 シモーネ・コルシ モトビ 21 +9.160 5 11
6 16 フランスの旗 ジュール・クルーセル スッター 21 +12.881 14 10
7 77 スイスの旗 ドミニク・エガーター スッター 21 +12.987 11 9
8 45 イギリスの旗 スコット・レディング スッター 21 +18.881 2 8
9 65 ドイツの旗 ステファン・ブラドル スッター 21 +20.893 9 7
10 12 スイスの旗 トーマス・ルティ モリワキ 21 +21.171 20 6
11 71 イタリアの旗 クラウディオ・コルティ スッター 21 +21.426 6 5
12 72 日本の旗 高橋裕紀 テック3 21 +21.978 26 4
13 63 フランスの旗 マイク・ディ・メッリオ スッター 21 +22.171 15 3
14 51 イタリアの旗 ミケーレ・ピロ モリワキ 21 +24.747 8 2
15 14 タイ王国の旗 ラタパー・ウィライロー ビモータ 21 +30.452 21 1
16 43 スペインの旗 Román Ramos MIR 21 +31.716 29
17 55 スペインの旗 エクトル・ファウベル スッター 21 +33.594 19
18 17 チェコの旗 カレル・アブラハム FTR 21 +33.801 22
19 44 イタリアの旗 ロベルト・ロルフォ スッター 21 +37.621 23
20 40 スペインの旗 セルヒオ・ガデア ポンス カレックス 21 +39.428 25
21 8 オーストラリアの旗 アンソニー・ウエスト MZ-RE ホンダ 21 +43.799 28
22 6 スペインの旗 アレックス・デボン FTR 21 +44.855 27
23 64 コロンビアの旗 サンティアゴ・エルナンデス モリワキ 21 +45.164 31
24 88 スペインの旗 ヤンニック・ゲーラ モリワキ 21 +59.926 38
25 28 日本の旗 渡辺一樹 スッター 21 +1:11.176 40
26 59 イタリアの旗 ニッコロ・カネパ ビモータ 21 +1:11.208 36
27 53 フランスの旗 バレンティン・デビーズ ADV 21 +1:11.364 33
28 5 スペインの旗 ホアン・オリベ プロモハリス 21 +1:22.224 39
Ret 80 スペインの旗 アクセル・ポンス ポンス カレックス 13 アクシデント 30
Ret 95 カタールの旗 マシェル・アル・ナイミ BQR 12 アクシデント 34
Ret 9 アメリカ合衆国の旗 ケニー・ノエス プロモハリス 12 棄権 35
Ret 35 イタリアの旗 ラファエレ・デ・ロサ テック3 10 アクシデント 10
Ret 75 イタリアの旗 マティア・パシーニ スッター 9 棄権 24
Ret 39 ベネズエラの旗 ロベルティーノ・ピエトリ スッター 8 アクシデント 37
Ret 15 サンマリノの旗 アレックス・デ・アンジェリス モトビ 6 アクシデント 3
Ret 54 イギリスの旗 ケブ・コフラン FTR 1 棄権 13
Ret 10 スペインの旗 フォンシ・ニエト モリワキ 0 アクシデント 32
Ret 25 イタリアの旗 アレックス・バルドリーニ ICP 0 アクシデント 17
Ret 4 スペインの旗 リカルド・カルダス ビモータ 0 アクシデント 18
Ret 68 コロンビアの旗 ヨニー・エルナンデス BQR 0 アクシデント 16

125ccクラス決勝結果[編集]

125ccクラス決勝


順位 No ライダー マニュファクチャラー 周回 タイム/リタイヤ グリッド ポイント
1 44 スペインの旗 ポル・エスパルガロ デルビ 19 38:14.248 5 25
2 40 スペインの旗 ニコラス・テロル アプリリア 19 +0.050 3 20
3 38 イギリスの旗 ブラッドリー・スミス アプリリア 19 +9.460 6 16
4 7 スペインの旗 エフレン・バスケス デルビ 19 +15.999 4 13
5 11 ドイツの旗 サンドロ・コルテセ デルビ 19 +18.396 2 11
6 71 日本の旗 小山知良 アプリリア 19 +18.967 10 10
7 12 スペインの旗 エステベ・ラバト アプリリア 19 +25.971 11 9
8 94 ドイツの旗 ジョナス・フォルガー アプリリア 19 +26.129 9 8
9 99 イギリスの旗 ダニー・ウェブ アプリリア 19 +39.717 12 7
10 39 スペインの旗 ルイス・サロム アプリリア 19 +42.719 13 6
11 26 スペインの旗 アドリアン・マルティン アプリリア 19 +48.635 14 5
12 14 フランスの旗 ヨハン・ザルコ アプリリア 19 +56.065 8 4
13 78 ドイツの旗 マルセル・シュロッター ホンダ 19 +1:01.926 19 3
14 84 チェコの旗 ヤコブ・コーンフェール アプリリア 19 +1:02.020 18 2
15 50 ノルウェーの旗 ストゥーラ・ファーガーハウグ アプリリア 19 +1:15.030 24 1
16 63 マレーシアの旗 ズルファミ・カイルディン アプリリア 19 +1:18.689 15
17 23 スペインの旗 アルベルト・モンカヨ アプリリア 19 +1:18.852 16
18 72 イタリアの旗 マルコ・ラバイオリ ランブレッタ 19 +1:36.185 29
19 58 スペインの旗 ホアン・ペレロ ホンダ 19 +1:54.278 25
20 37 フランスの旗 Robin Barbosa アプリリア 19 +1:54.564 27
21 27 イタリアの旗 Alejandro Pardo アプリリア 18 +1 Lap 30
22 28 スペインの旗 ジュゼップ・ロドリゲス アプリリア 18 +1 Lap 20
Ret 15 イタリアの旗 シモーネ・グロツキー アプリリア 15 棄権 21
Ret 69 フランスの旗 ルイ・ロッシ アプリリア 13 棄権 22
Ret 16 スペインの旗 Pedro Rodriguez アプリリア 11 棄権 23
Ret 56 ハンガリーの旗 Peter Sebestyén アプリリア 10 棄権 28
Ret 53 オランダの旗 ジャスパー・イウェマ アプリリア 8 棄権 17
Ret 86 ドイツの旗 Kevin Hanus ホンダ 0 アクシデント 31
Ret 93 スペインの旗 マルク・マルケス デルビ 0 アクシデント 1
DNS 55 スペインの旗 イサック・ビニャレス ランブレッタ スタートせず 26
DSQ 35 スイスの旗 ランディ・クルメナッハ アプリリア 失格 7

脚注[編集]

参考文献[編集]


前戦
2010年のサンマリノグランプリ
ロードレース世界選手権
2010年シーズン
次戦
2010年の日本グランプリ
前回開催
なし
アラゴン州の旗 アラゴングランプリ 次回開催
2011年のアラゴングランプリ