2010年のインターコンチネンタル・ル・マン・カップ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動: 案内検索
2010年のインターコンチネンタル・ル・マン・カップ
前年: 無し 翌年: 2011年

2010年のインターコンチネンタル・ル・マン・カップは、フランス西部自動車クラブ (ACO) が主催するインターコンチネンタル・ル・マン・カップの初のシーズン。2010年9月12日イギリスシルバーストンで開幕し、11月7日中国珠海で閉幕するまで、全3戦で争われた。カップはアメリカン・ル・マン・シリーズル・マン・シリーズアジアン・ル・マン・シリーズの耐久戦で争われた[1]。優勝チームは2011年のル・マン24時間レースに自動エントリーされた。

プジョーはチーム・プジョー トタルがLMP1クラスで参戦、全3戦で勝利して唯一のライバルであるアウディに打ち勝ちマニファクチャラーズ・タイトルを獲得した。チーム・プジョー トタルはまた、アウディ・スポーツチーム・ヨーストに17ポイント差を付けてチーム・タイトルを獲得した。GT2ではフェラーリポルシェに対して7ポイントという僅差で打ち勝ち、マニファクチャラーズ・タイトルを獲得した。チーム・タイトルはポルシェのチーム・フェルバーマイヤー・プロトンが優勝は無かったもののタイトルを獲得した。LMP2はオーク・レーシングのみ、GT1はラルブル・コンペティションのみの参戦であった。

スケジュール[編集]

開催日程 開催国 開催サーキット 優勝 出走台数
ドライバー マシン 周回数
1 9月12日 イギリスの旗 イギリス シルバーストン フランスの旗 ニコラ・ミナシアン
イギリスの旗 アンソニー・デビッドソン
プジョー・908 HDi FAP 170 45
2 10月2日 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 ロード・アトランタ ポルトガルの旗 ペドロ・ラミー
フランスの旗 ステファン・サラザン
プジョー・908 HDi FAP 242 41
3 11月7日 中華人民共和国の旗 中国 珠海 フランスの旗 ステファン・サラザン
フランスの旗 フランク・モンタニー
プジョー・908 HDi FAP 232 23

レース結果[編集]

シリーズ初年度は秋に3つのイベントが開催された。アメリカン・ル・マン・シリーズ、ル・マン・シリーズの最終戦、アジアン・ル・マン・シリーズのイベントから形成された。第1戦は9月にシルバーストン・サーキットで行われたシルバーストン1000キロレース、第2戦は10月にロード・アトランタで行われたプチ・ル・マン、最終戦は11月に珠海国際サーキットで行われた珠海1000キロレースで、これは中国で開催された初のル・マン形式のレースであった。

注:各レースにおいて、インターコンチネンタル・カップに参戦していない車両が各クラスで優勝した場合もあり。下記リストはカップ戦エントラントの最上位を表示。

ラウンド サーキット LMP1カップ優勝 LMP2カップ優勝 GT1カップ優勝 GT2カップ優勝 詳細
1 シルバーストン フランスの旗 No. 1 チーム・プジョー トタル フランスの旗 No. 35 オーク・レーシング フランスの旗 No. 50 ラルブル・コンペティション イタリアの旗 No. 96 AFコルセ レポート
フランスの旗 ニコラ・ミナシアン
イギリスの旗 アンソニー・デビッドソン
フランスの旗 ギョーム・モロー
モナコの旗 リカルド・ハイン
スイスの旗 ガブリエーレ・ガーデル
フランスの旗 パトリス・ゲースラール
ブラジルの旗 フェルナンド・リーズ
イタリアの旗 ジャンマリア・ブルーニ
ブラジルの旗 ハイメ・メロ
2 ロード・アトランタ フランスの旗 No. 08 チーム・プジョー トタル フランスの旗 No. 35 オーク・レーシング Did Not Participate アメリカ合衆国の旗 No. 62 リシ・コンペツィオーネ レポート
フランスの旗 フランク・モンタニー
フランスの旗 ステファン・サラザン
ポルトガルの旗 ペドロ・ラミー
フランスの旗 ジャック・ニコレ
フランスの旗 フレデリック・デ・ロシャ
フランスの旗 パトリス・ラファーグ
イタリアの旗 ジャンマリア・ブルーニ
フィンランドの旗 トニ・ヴィランダー
3 珠海 フランスの旗 No. 2 チーム・プジョー トタル フランスの旗 No. 35 オーク・レーシング フランスの旗 No. 50 ラルブル・コンペティション ドイツの旗 No. 78 BMW チーム・シュニッツアー レポート
フランスの旗 フランク・モンタニー
フランスの旗 ステファン・サラザン
フランスの旗 ジャック・ニコレ
フランスの旗 フレデリック・ダ・ロシャ
フランスの旗 パトリス・ラファーグ
フランスの旗 ローラン・グロッピ
フランスの旗 パトリック・ボーンハウザー
ポルトガルの旗 ペドロ・ラミー
ドイツの旗 ヨルグ・ミューラー
ドイツの旗 ダーク・ヴェルナー

ランキング[編集]

ポイントはそれぞれのクラスの優勝者の走行距離70%以上を走行した場合に与えられる。また、カップにエントリーしたドライバーにのみ与えられる。ポールポジションを獲得したILMCエントリーチームの車両にはボーナスポイント1が与えられる(太字で表示)[2]

ポイントシステム[2]
1位 2位 3位 4位 5位 6位 7位 8位 9位 10位 11位 12位 13位 14位 15位 16位 17位 18位 19位 20位 21位 22位 ポールポジション
25 22 20 19 18 17 16 15 14 13 12 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 1

マニファクチャラーズ・カップ[編集]

マニファクチャラーズ・カップはLMP1とGT2カテゴリーでのみ争われた。各マニファクチャラーはそれぞれのイベントでポイント獲得対象チームを指定しなければならなかった。ポイントはそれぞれのチームのトップ2台に与えられた[2]

LMP1[編集]

順位 コンストラクター SIL
イギリスの旗
ATL
アメリカ合衆国の旗
ZHU
中華人民共和国の旗
合計
1 フランスの旗 プジョー 47 48 45 140
2 ドイツの旗 アウディ 21 38 42 101

GT2[編集]

順位 コンストラクター SIL
イギリスの旗
ATL
アメリカ合衆国の旗
ZHU
中華人民共和国の旗
合計
1 イタリアの旗 フェラーリ 44 37 39 120
2 ドイツの旗 ポルシェ 40 32 41 113
3 ドイツの旗 BMW 15 29 25 69
4 イギリスの旗 ジャガー 0 0 0

チームズ・カップ[編集]

LMP1[編集]

順位 チーム マニファクチャラー SIL
イギリスの旗
ATL
アメリカ合衆国の旗
ZHU
中華人民共和国の旗
合計
1 フランスの旗 チーム・プジョー トタル プジョー 25 48 45 118
2 ドイツの旗 アウディ・スポーツチーム・ヨースト アウディ 21 38 42 101
3 イギリスの旗 ドレイソン・レーシング 15 17 0 32
4 フランスの旗 チーム・オレカ マットムート プジョー 22 22

LMP2[編集]

注:シルバーストンでMIKコルセはレーシング・ボックスとしてエントリーした。

順位 チーム SIL
イギリスの旗
ATL
アメリカ合衆国の旗
ZHU
中華人民共和国の旗
合計
1 フランスの旗 オーク・レーシング 37 20 26 83
2 イタリアの旗 MIKコルセ 34 34

GT1[編集]

GT1カテゴリーではラルブル・コンペティションとアトラス eFX-チーム FSがエントリーしたが、アトラスはシリーズから撤退したためタイトルはラルブルが自動的に獲得した。

GT2[編集]

順位 チーム マニファクチャラー SIL
イギリスの旗
ATL
アメリカ合衆国の旗
ZHU
中華人民共和国の旗
合計
1 ドイツの旗 チーム・フェルバーマイヤー・プロトン ポルシェ 31 41 72
2 イタリアの旗 AFコルセ SRL フェラーリ 36 21 57
3 イギリスの旗 CRSレーシング フェラーリ 29 18 47
4 ドイツの旗 BMW チーム・シュニッツアー BMW 15 25 40
5 アメリカ合衆国の旗 リシ・コンペツィオーネ フェラーリ 37 37
6 アメリカ合衆国の旗 フライング・リザード・モータースポーツ ポルシェ 32 32
7 アメリカ合衆国の旗 BMW レイホール・レターマン・レーシング BMW 29 29
8 アラブ首長国連邦の旗 ガルフ チーム・ファースト 12 17 29
9 ベルギーの旗 プロスピード・コンペティション ポルシェ 22 0 22
10 アメリカ合衆国の旗 ジャガーRSR ジャガー 0 0 0

参照[編集]

  1. ^ Nancy Knapp Schilke (2009年12月8日). “ACO links Le Mans series' with Intercontinental Cup”. motorsport.com. 2010年9月13日閲覧。
  2. ^ a b c 2010 Intercontinental Le Mans Cup Supplementary Regulations (PDF)”. lemans.org. Automobile Club de l'Ouest (2010年7月19日). 2010年9月15日閲覧。