2010年の宇宙飛行

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
SpaceX Dragon COTS-1 launch.jpg
ファルコン9の2回目の打ち上げ(2010年12月8日、COTSのデモフライト)
軌道投入
年最初 1月16日
年最後 12月29日
投入総数 74
成功数 70
失敗数 4
一部失敗数 0
命名数 70
ロケット
処女飛行 Atlas V 501
Atlas V 531
Falcon 9
GSLV Mk. II
Minotaur IV
退役 Delta II 7420
Molniya-M英語版
有人飛行
軌道 7
宇宙飛行士総数 31
テンプレートを表示

2010年の宇宙飛行(2010ねんのうちゅうひこう)は、宇宙飛行の年表2010年の打ち上げ記録一覧である。

2010年には、宇宙飛行に関連した多くの出来事が起こった。スペースXドラゴン号が初のテスト飛行をした。これは、商業軌道輸送サービス計画のもと、企業が主体となって国際宇宙ステーションへの再補給を実行することを目的としたものである。また、ファルコン9ミノタウロスIVロケットの処女飛行も行われた。KSLVの2度目となる打ち上げもなされたが、2009年の第1回同様に失敗に終わった。9月、モルニヤ-M英語版ロケットの最終打ち上げがあった[1]。打ち上げは成功し有終の美を飾り、モルニヤ・シリーズの全運用を終わった。

概観[編集]

2010年初飛行は、1月10日23時0分(GMT)にブラック・ブラント IX弾道飛行であった。このロケットはボーイングエアボーン・レーザー・プラットフォームの実験標的機として打ち上げられたものであった。11日には中国による2本のミサイル発射を含んだABMテスト英語版が行われた。

2010年最初の周回軌道への打ち上げは、1月16日16時12分(UTC)に行われた西昌衛星発射センターからコンパス-G1航法衛星を搭載した長征3号Cの打ち上げであった。

総計74回の打ち上げが試されたが、そのうち70は成功し、4回は失敗に終わってしまった。同年最終の衛星打ち上げは、ギアナ宇宙センターからの、ヒスパサット1E英語版ドイツ語版オルレ1号の両衛星を載せたアリアン5 ECAの打ち上げであった。

宇宙探査[編集]

五月、日本初の金星探査機あかつきをのせたH-2Aロケットが打ち上げられた。成功裡に終わった打ち上げにもかかわらず、12月7日午前中、探査機は金星周回軌道投入マヌーバに失敗した。この探査機はスーパーローテーションをはじめとする金星の気象メカニズムに残された謎を解明することを目的として作られたものである。世界初のソーラー電力セイル実証機、IKAROSはあかつきと同じロケットで打ち上げられた。

日本初の小惑星探査機はやぶさは、6月13日に地球に帰還した。小惑星イトカワに着陸しサンプル採取を終えたあとの、地球に帰還するまでの道のりは苦難の連続であった。これは、世界で初めて、小惑星からのサンプルリターンに成功したミッションであった。

10月1日の10:59:57 UTC、中国は、嫦娥2号の打ち上げに成功した。これは、中国による第二回目の探査ミッションである。西昌衛星発射センターから長征 3Cを使ってのうちあげであった。宇宙機は、先代の探査機である嫦娥1号と同じミッションをするだろう。しかしながら、嫦娥3号着陸機の露払いとして見込みのありそうな着陸地点の地図作成に力を割いたものになっている。

有人宇宙飛行[編集]

2010年は7回の有人打ち上げが有った。国際宇宙ステーション(ISS)へのクルー・ローテーションのうち三回はスペースシャトルミッションで、四回はソユーズ宇宙船が飛行した。2月8日にスペースシャトル・エンデバー号が打ち上げられたSTS-130が当年最初の有人宇宙飛行であった。これにより、トランクウィリティー・ノードキューポラ観測モジュールを国際宇宙ステーションへ運んだ。4月5日のSTS-131で、多目的補給モジュールレオナルドを積んだディスカバリー号を打ち上げた。

4月2日、ソユーズTMA-18ISS第23次長期滞在の搭乗員を乗せて打ち上げられた。ソユーズは、緊急事態発生時、宇宙ステーション乗員の緊急脱出を容易にするため、約六カ月間係留されることになっていた。その直前、地球に帰還する先のISSクルーメンバーを運ぶソユーズTMA-16が切り離された。5月14日、ISSへとRassvet モジュールを運ぶアトランティス号の最終飛行であるSTS-132が打ち上げられた。6月12日、第24次長期滞在クルーを運ぶソユーズTMA-19が打ち上げられた。10月8日、第25次長期滞在クルーを乗せた、近代化された最初のソユーズTMA-M型の宇宙船であるソユーズTMA-01Mが打ち上げられた。年末間近の12月15日、ソユーズTMA-20に搭乗した第26次長期滞在が打ち上げられた。

打ち上げ失敗[編集]

2010年の一年間に4回の打ち上げ失敗が起こった。うち2回はGSLV、一回はナロ号、もう一回はプロトン・ロケットであった。

その年最初の失敗は、4月15日、GSLV Mk.IIの処女飛行の打ち上げでのことだった。ロケットの三段目がうまく作動せず、結果、GSAT-4英語版衛星は軌道到達に失敗し、海中に没した。

2回目の打ち上げ失敗はSTSAT-2Bを搭載した羅老2号の打ち上げで起こった。ロケットは打ち上げ137秒後に爆発した。

3回目の打ち上げ失敗は、12月5日、新開発のブロックDM-03段を初めて上段に使用したプロトン-MロケットがGLONASS-MグロナスMロシア語版)衛星3機の軌道投入に失敗したことだった。打ち上げ前、ブロック DM-03 が正しく燃料供給をされず、適正な量を大幅に超過して補給されていたため、ロケットがそのパーキング軌道に到達するためには重すぎるという結果になった。

4回目の打ち上げ失敗は、同年12月25日、GSLV Mk.I がGSAT-5P英語版ドイツ語版の打ち上げ最中に爆発したことだった。ロケット第一段目に使われた液体燃料ブースターがコントロールを失ったため、RSOにより、自爆装置のスイッチが押されて破壊された。

一覧[編集]

1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月

日時
(GMT)
ロケット 射場 打ち上げ者 (LSP)
ペイロード 運用者 軌道 用途 落下 (GMT) 成否
注記

1月[編集]

 1月10日23:00:00(UTC)  アメリカ合衆国の旗ブラック・ブラントIX  アメリカ合衆国の旗サン・ニコラス島  アメリカ合衆国の旗アメリカ航空宇宙局
(以下:NASA)
 アメリカ合衆国の旗MARTI英語版  アメリカ空軍
(以下:USAF)
 弾道飛行(Sub-orbital)  標的機  1月10日  
 成功
 1月11日 11:55(UTC)  中華人民共和国の旗不明  中華人民共和国の旗酒泉衛星発射センター  中華人民共和国の旗中国人民解放軍
(以下:PLA)
 不明  PLA  弾道飛行  ABM標的  1月11日  成功
 標的機:(2010年の中華人民共和国による対弾道弾ミサイル試射英語版
 1月12日 12:00(UTC)  中華人民共和国の旗東風21型  中華人民共和国の旗ウルムチ市  中華人民共和国の旗PLA
 不明  PLA  弾道飛行  ABM試験  1月11日  成功
 試射体:(2010年の中華人民共和国による対弾道弾ミサイル試射英語版
 1月14日 06:50 (UTC)  インドの旗RH-300 Mk.II  インドの旗トゥンバ赤道ロケット打ち上げ基地(ツンバ射場, TERLS)  インドの旗インド宇宙研究機関
(以下:ISRO)
 インドの旗  インドの旗ISRO  弾道飛行  太陽地球系物理学/超高層学/宇宙空間物理学  同日  成功
 遠地点: 116キロメートル (72 mi)
 1月14日 07:35 (UTC)  インドの旗RH-300 Mk.II  インドの旗ツンバ射場  インドの旗ISRO
 インドの旗  インドの旗ISRO  弾道飛行  超高層学  同日  成功
 遠地点: 116キロメートル (72 mi)
 1月14日 07:45 (UTC)  インドの旗RH-560 Mk.II  インドの旗サティシュ・ダワン宇宙センター  インドの旗ISRO
 インドの旗  インドの旗ISRO  弾道飛行  超高層学  同日  成功
 遠地点: 548キロメートル (341 mi)
 1月15日 06:50 (UTC)  インドの旗RH-300 Mk.II  インドの旗ツンバ射場  インドの旗ISRO
 インドの旗  インドの旗ISRO  弾道飛行  超高層学  同日  成功
 遠地点: 116キロメートル (72 mi)
 1月15日 07:35 (UTC)  インドの旗RH-300 Mk.II  インドの旗ツンバ射場  インドの旗ISRO
 インドの旗  インドの旗ISRO  弾道飛行  超高層学  同日  成功
 遠地点: 116キロメートル (72 mi)
 1月15日 10:30 (UTC)  インドの旗RH-300 Mk.II  インドの旗ツンバ射場  インドの旗ISRO
 インドの旗  インドの旗ISRO  弾道飛行  超高層学  同日  成功
 遠地点: 116キロメートル (72 mi)
 1月15日 07:45 (UTC)  インドの旗RH-560 Mk.II  インドの旗サティシュ・ダワン宇宙センター  インドの旗ISRO
 インドの旗  インドの旗ISRO  弾道飛行  超高層学  同日  成功
 遠地点: 523キロメートル (325 mi)
 1月16日 16:12 (UTC)  中華人民共和国の旗長征 3C  中華人民共和国の旗西昌衛星発射センター  中華人民共和国の旗中国国家航天局
(以下:CNSA)
 中華人民共和国の旗コンパス-G1英語版  中華人民共和国の旗CNSA  静止軌道  北斗-2 衛星航法システム  軌道上  運用中
 コンパスナビゲーションシステム英語版構成要素
 1月27日 08:25 (UTC)  フランスの旗 M51  フランスの旗ル・テリブル原潜 /オーディエルヌ湾フランス語版  フランスの旗フランス装備調達庁
(以下:DGA)
 フランスの旗  フランスの旗DGA  弾道飛行  ミサイル試験  同日  成功
 M51ミサイルを原子力潜水艦から初めて打ち上げた
 1月28日 00:18 (UTC)  ロシアの旗プロトン-M/ブリーズ-M 改良型  カザフスタンの旗バイコヌール宇宙基地 第81/24発射台  ロシアの旗 クルニチェフ
 ロシアの旗 グローボス1M12号L英語版ラードゥガロシア語版-1ロシア語版M衛星ロシア語版 2号、: Глобус-1М No. 12Л  ロシアの旗ロシア宇宙軍
(以下:VKS)
 対地同期軌道  軍用通信  軌道上  運用中
 
 1月31日 11:40 (UTC)[2]  アメリカ合衆国の旗トライデント I C4 (LV-2)  マーシャル諸島の旗メック島英語版  アメリカ合衆国の旗アメリカミサイル防衛局(以下:MDA)
   アメリカ合衆国の旗MDA  弾道飛行  対弾道弾ミサイルの標的機  1月30日  成功
 トライデントI英語版 C4 LV-2コンフィギュエーションでの処女飛行。しかし迎撃機が失敗した。[2]
 1月31日 時間不明  アメリカ合衆国の旗 GBIミサイル  アメリカ合衆国の旗 ヴァンデンバーグ空軍基地 LF-23英語版ドイツ語版  アメリカ合衆国の旗MDA
   アメリカ合衆国の旗MDA  弾道飛行  対弾道弾試験機  1月30日  失敗[2]
 迎撃機のスラスタ―の問題で、レーダー追跡に予期しない「チャフィング」が起こり失敗した。トライデント標的機の迎撃に失敗するという結果に終わった。[2]

2月[編集]

 2月3日 03:45  ロシアの旗ソユーズU  カザフスタンの旗バイコヌール宇宙基地ガガーリン発射台  ロシアの旗ロシア連邦宇宙局
(以下:ロスコスモス)
 ロシアの旗 プログレスM-04M  ロスコスモス  低軌道
(ISSへ)
 国際宇宙ステーション補給ミッション  7月1日 14:40  成功
 ISS flight 36P
 2月3日  イランの旗 w:Kavoshgar  イランの旗 セムナーン  イランの旗 イラン宇宙機関
(以下:ISA)
 イランの旗w:Kavoshgar-3  ISA  弾道飛行  生命科学(Biological)  同日  成功
 
 2月4日 08:03:07  カナダの旗ブラック・ブラント IX  アメリカ合衆国の旗サン・ニコラス島  アメリカ合衆国の旗NASA
 アメリカ合衆国の旗MARTI  USAF  弾道飛行  標的  同日  成功
 
 2月7日 05:20  インドの旗 アグニ III英語版  インドの旗 オリッサ州バレシュワル県英語版バラソール近郊のチャンディプール英語版インド統合ミサイル試験場英語版、ITR) IC-4英語版  インドの旗 インド国防研究開発機構英語版(DRDO)
 インドの旗  DRDO  弾道飛行  ミサイル試験  同日  成功
 水平距離3,500キロメートル (2,200 mi) を飛行した。アグニミサイル英語版三世代目。
 2月8日 09:14  アメリカ合衆国の旗スペースシャトル エンデバー号  アメリカ合衆国の旗ケネディ宇宙センター LC-39A  アメリカ合衆国の旗 ユナイテッド・スペース・アライアンス英語版(USA)
 アメリカ合衆国の旗STS-130
国際連合の旗トランクウィリティー
国際連合の旗キューポラ
 NASA  低軌道(ISS)  (STS-130)
ISS組み立て
(トランクウィリティー)
ISS構成要素
(キューポラ)
ISS構成要素
 2月22日(シャトル・地上帰還)
ISS構成要素は地球低軌道上
 成功
ISS構成要素は運用中
 6人の宇宙飛行士による有人宇宙飛行
 2月9日 09:01:00  アメリカ合衆国の旗 テリア・オライオン英語版ドイツ語版  アメリカ合衆国の旗 ポーカーフラット打ち上げ実験場英語版(PFRR)  アメリカ合衆国の旗NASA
 アメリカ合衆国の旗  アラスカ大学英語版フェアバンクス校  弾道飛行  オーロラ観測  同日  成功
 
 2月11日 15:23  アメリカ合衆国の旗 アトラス V 401  アメリカ合衆国の旗 ケープカナベラル空軍基地 SLC-41  アメリカ合衆国の旗ユナイテッド・ローンチ・アライアンス
(以下:ULA)
 アメリカ合衆国の旗 ソーラー・ダイナミクス・オブザーバトリー  NASA  対地同期軌道  太陽活動の観測  軌道上  運用中
 
 2月12日 00:39  ロシアの旗プロトン-M/ブリーズ-M 改良型  カザフスタンの旗バイコヌール宇宙基地 LC-200/39  ロシアの旗/アメリカ合衆国の旗インターナショナル・ローンチ・サービシーズ
(以下:ILS)
 国際連合の旗インテルサット16号英語版  インテルサット  対地同期軌道  通信衛星  軌道上  運用中
 
 2月12日 04:44  ロシアの旗スカッド  アメリカ合衆国の旗太平洋の船上から  アメリカ合衆国の旗USAF
   USAF  弾道飛行  標的  同日  成功
 ボーイング YAL-1に破壊された。
 2月12日 05:31:20  カナダの旗ブラック・ブラント IX  アメリカ合衆国の旗サン・ニコラス島  アメリカ合衆国の旗NASA
 アメリカ合衆国の旗MARTI  USAF  弾道飛行  標的  同日  成功
 
 2月15日 09:49:11  カナダの旗ブラック・ブラント XII  アメリカ合衆国の旗 ポーカーフラット  アメリカ合衆国の旗NASA
   ダートマス大学  弾道飛行  オーロラ観測  同日  成功
 遠地点高度: 803キロメートル (499 mi)

3月[編集]

 3月1日 21:19  ロシアの旗プロトン-M/ブロックDM-2 改良型  カザフスタンの旗バイコヌール宇宙基地 site 81/24  ロシアの旗 クルニチェフ
 ロシアの旗 コスモス2459号, コスモス2460号, コスモス2461号  ロシアの旗VKS  中軌道  グロナス 衛星測位システム  軌道上  運用中
 (3機ともにGLONASS-M #731,#732,#735)コスモス衛星/(一覧も参照のこと)
 3月4日 04:50  ロシアの旗 R-29RMU シネヴァ英語版  ロシアの旗K-114 トゥーラ英語版 / バレンツ海  ロシアの旗 ロシア海軍
   VMF  弾道飛行  ミサイル試験  同日  成功
 
 3月4日 23:57  アメリカ合衆国の旗 デルタ IV-M+ (4,2)  アメリカ合衆国の旗 ケープカナベラル空軍基地 SLC-37B  アメリカ合衆国の旗ULA
 アメリカ合衆国の旗 GOES 15GOES-P英語版  NOAA / NASA  GSO  アメリカの気象衛星  軌道上  運用中
 
 3月5日 04:55  中華人民共和国の旗長征 4C  中華人民共和国の旗酒泉衛星発射センター LA-4英語版  中華人民共和国の旗 CNSA
 中華人民共和国の旗 遥感9号 その他ピギーバック衛星  中華人民共和国の旗 CNSA  SSO  ELINT  軌道上  運用中
 長征4号の酒泉からの初打ち上げだった。
 3月15日  インドの旗 プリットヴィー  インドの旗 インド統合ミサイル試験場 IC-4  インドの旗 DRDO
 インドの旗  DRDO  弾道飛行  標的  同日  打ち上げ失敗
 ABMテストの標的機。計画したコースから外れ、迎撃機は打ち上げられなかった。
 3月20日 18:27  ロシアの旗プロトン-M/ブリーズ-M 改良型  カザフスタンの旗バイコヌール宇宙基地 第200発射台  アメリカ合衆国の旗ロシアの旗ILS
 ロシアの旗 Echostar XIV  エコースター英語版/ディッシュ・ネットワーク  対地同期軌道  通信  軌道上  運用中
 
 3月22日  アメリカ合衆国の旗 テリア-Mk.70・オライオン英語版ドイツ語版  オーストラリアの旗 ウーメラ試験場 LA-2  オーストラリアの旗アメリカ合衆国の旗 DSTO英語版/USAF
 オーストラリアの旗アメリカ合衆国の旗 HiFire-1(en:Scramjet_programs#HyShotに記載あり)  DSTO/USAF  弾道飛行  技術開発  同日  成功
 超音速域における研究・実験
 3月26日 13:43  アメリカ合衆国の旗欧州連合の旗 マクサス  スウェーデンの旗 エスレンジ  欧州連合の旗 ユーロ・ローンチ英語版
 スウェーデンの旗欧州連合の旗 MAXUS-8  SSC/ESA  弾道飛行  微小重力環境を利用した実験  13:55  成功
 遠地点: 700キロメートル (430 mi)
 3月27日 00:14  インドの旗 Dhanushミサイル  インドの旗 スカーニャ級哨戒艦 スバドラ英語版  インドの旗 DRDO
 インドの旗  DRDO  弾道飛行  ミサイル試験  同日  成功
 インド統合誘導ミサイル開発計画英語版(IGMDP)
 3月27日 00:18  インドの旗 プリットヴィーII  インドの旗 インド統合ミサイル試験場 LC-3  インドの旗 DRDO
 インドの旗  DRDO  弾道飛行  ミサイル実験  同日  成功
 
 3月27日 14:09:56[3]  アメリカ合衆国の旗テリア・改良型マラミュート英語版  アメリカ合衆国の旗ワロップス飛行施設 LA-1/50K  アメリカ合衆国の旗 NASA
 アメリカ合衆国の旗w:SOCEM, アメリカ合衆国の旗w:ADAMASat  NASA/CalPoly英語版/ケンタッキー・スペース英語版  弾道飛行  ロケットの試験飛行、および衛星の技術試験。  同日  すべて成功
 テリア・改良型マラミュート(Terrier-Improved Malemute)の処女飛行, 高度: 270キロメートル (170 mi)[4]
 3月27日 19:37  インドの旗 アグニI英語版  インドの旗 インド統合ミサイル試験場 IC-4  インドの旗 インド陸軍
   インド陸軍  低軌道  ミサイル試験  3月28日  成功
 

4月[編集]

 4月4日 04:04  ロシアの旗ソユーズFG  カザフスタンの旗バイコヌール宇宙基地ガガーリン発射台  ロシアの旗ロスコスモス
 ロシアの旗ソユーズTMA-18  ロスコスモス  低軌道(ISS)  第23次長期滞在  9月25日 05:23  成功
 宇宙飛行士3人による有人宇宙飛行
 4月5日 10:21  アメリカ合衆国の旗 スペースシャトル ディスカバリー号  アメリカ合衆国の旗ケネディ宇宙センター LC-39A  アメリカ合衆国の旗 ユナイテッド・スペース・アライアンス
 アメリカ合衆国の旗イタリアの旗 STS-131(レオナルドMPLMによる。  NASA/ASI  低軌道(ISS)  補給  4月20日 13:08:35  成功
 7人の宇宙飛行士による有人飛行
 4月8日 13:57  ウクライナの旗 ドニエプル・ロケット  カザフスタンの旗バイコヌール宇宙基地Site 109/95英語版  ロシアの旗 ISCコスモトラス
 欧州連合の旗 クライオサット -2  ESA  低軌道  気候学  軌道上  運用中
 
 4月15日 10:57  インドの旗 GSLV Mk.II  インドの旗 サティシュ・ダワン宇宙センター SLP英語版  インドの旗 ISRO
 インドの旗 GSAT-4英語版 (HealthSat)  ISRO  予定: 対地同期軌道  通信、航法  同日  打ち上げ失敗
 GSLV Mk. II の処女飛行。第三段目が失敗
 4月16日 15:00  ロシアの旗ソユーズU  ロシアの旗プレセツク宇宙基地 Site 16/2英語版  ロシアの旗VKS
 ロシアの旗 コスモス2462号(コーバリト-M  ロシアの旗VKS  低軌道  光学撮影  軌道上  運用中
 
 4月22日 23:00  アメリカ合衆国の旗ミノタウロスIV Lite  アメリカ合衆国の旗ヴァンデンバーグ空軍基地 SLC-8  アメリカ合衆国の旗 オービタル・サイエンシズ
 アメリカ合衆国の旗ファルコンHTV-2a  USAF  弾道飛行  技術実証  同日  失敗
 ミノタウロスIV処女飛行。打ち上げ9分後、HTV技術実証機-2aとの通信喪失。(DARPAファルコン計画英語版
 4月22日 23:52  アメリカ合衆国の旗 アトラス V 501  アメリカ合衆国の旗 ケープカナベラル空軍基地 SLC-41  アメリカ合衆国の旗ULA
 アメリカ合衆国の旗 USA-212英語版 (X-37B OTV-1)  USAF  低軌道  スペースプレーン実験機の技術実証飛行  12月3日 09:16  成功
 アトラス V 501構成とボーイングX-37Bの処女飛行。
 4月24日 11:19  ロシアの旗プロトン-M/ブリーズ-M 改良型  カザフスタンの旗バイコヌール宇宙基地 第200/39発射台  ロシアの旗アメリカ合衆国の旗ILS
 オランダの旗 SES-1英語版(OS-1)  SES・ワールド・スカイズ英語版  対地同期軌道  通信  軌道上  運用中
 
 4月27日 01:05  ロシアの旗 コスモス3M  ロシアの旗プレセツク宇宙基地 Site 132/1英語版ロシア語版  ロシアの旗 VKS
 ロシアの旗 コスモス 2463(パルス衛星英語版ロシア語版)  ロシアの旗VKS  低軌道  測位/通信  軌道上  運用中
 
 4月28日  ロシアの旗ソユーズU  カザフスタンの旗バイコヌール宇宙基地ガガーリン発射台  ロシアの旗ロスコスモス
 ロシアの旗 プログレスM-05M  ロスコスモス  低軌道(ISS)  補給  軌道上  運用中
 ISS flight 37P

5月[編集]

 5月3日 09:47:00  カナダの旗 ブラック・ブラント IX  アメリカ合衆国の旗サン・ニコラス島  アメリカ合衆国の旗 アメリカ航空宇宙局
 アメリカ合衆国の旗 MARTI  USAF  弾道飛行  標的  同日  成功
 
 5月3日 18:32:00  カナダの旗 ブラック・ブラント IX  アメリカ合衆国の旗 (ホワイトサンズ・ミサイル実験場内) 試験設備英語版  アメリカ合衆国の旗 アメリカ航空宇宙局
   コロラド  弾道飛行  Geospace/Solar  同日  成功
 ソーラー・ダイナミクス・オブザーバトリーの補正に使われた。
 5月4日 12:41:02  アメリカ合衆国の旗 スペースロフトXL  アメリカ合衆国の旗 スペースポート・アメリカ  アメリカ合衆国の旗 UPエアロスペース英語版
 アメリカ合衆国の旗 ロケットサット英語版、Pioneer、その他  w:Colorado Space Grant, ニューメキシコ州立大学英語版, ニューメキシコ大学, セレスティス英語版  弾道飛行  技術開発、宇宙葬  同日  成功
 遠地点は113キロメートル (70 mi)に達し、着地後の回収も成功裡に終わった。
 5月6日 03:50  中華民国の旗 探空中国語版7号(探空七號火箭)  中華民国の旗 九鵬空軍基地(満州郷  中華民国の旗 台湾国家宇宙センター(NSPO)
 中華民国の旗  NSPO  弾道飛行  観測  同日  成功
 遠地点: 289キロメートル (180 mi)
 5月8日  パキスタンの旗ガズナヴィ  パキスタンの旗ソンミアニ衛星打ち上げセンター英語版  パキスタンの旗パキスタン軍
(以下:ASFC)
   ASFC  弾道飛行    同日  成功
 
 5月8日  パキスタンの旗 シャーヒーン1  パキスタンの旗 ソンミアニ衛星打ち上げセンター  パキスタンの旗 ASFC
   ASFC  弾道飛行    同日  成功
 
 5月14日 18:20  アメリカ合衆国の旗 スペースシャトルアトランティス  アメリカ合衆国の旗ケネディ宇宙センター LC-39A  アメリカ合衆国の旗 ユナイテッド・スペース・アライアンス
 アメリカ合衆国の旗 STS-132による
国際連合の旗ミニ・リサーチ・モジュール1(MRM1)の設置
 NASA / ロスコスモス  低軌道(ISS)  (STS-132)補給
(MRM-1)ISS構成要素
 (STS-132)5月26日 12:48:11地上帰還 / (MRM-1)軌道上  成功 / 運用中
 6人の宇宙飛行士が搭乗
 5月17日 11:29  インドの旗アグニII英語版  インドの旗 インド統合ミサイル試験場 LC-3英語版  インドの旗 インド陸軍
   インド陸軍  弾道飛行  ミサイル試験  同日  成功
 射距離2,500キロメートル (1,600 mi)を飛行
 5月20 21:58:22[5]  日本の旗 H-2A202型  日本の旗 種子島宇宙センター吉信射点  日本の旗 三菱重工
 日本の旗 あかつき以下、ピギーバック衛星  宇宙航空研究開発機構/早稲田大学/鹿児島大学/創価大学/大学宇宙工学コンソーシアム  太陽周回軌道/低軌道  金星探査機 / 太陽帆実証機 / リモートセンシング / 大気圏観測 / 技術実証 / その他    現時点ではIKAROSのみ全成功。他は一部失敗など
 (ピギーバック衛星の詳細はH-IIA#衛星打ち上げ実績17号機参照のこと
WASEDA-SAT2は地上との交信に難を抱える。ハヤトは6月1日受信成功するも、その後交信困難になる。しんえんヴァン・アレン帯突破に成功するも通信途絶。あかつきはその後の金星周回軌道投入で失敗。
 5月21日 09:00:00  カナダの旗ブラック・ブラント IX  アメリカ合衆国の旗 ホワイトサンズ・ミサイル実験場  アメリカ合衆国の旗 NASA
 アメリカ合衆国の旗 DICE  コロラド  弾道飛行  天文学  同日  宇宙機失敗
 
 5月21日 22:01  欧州連合の旗アリアン5 ECA  フランスの旗 ギアナ宇宙センター ELA-3  フランスの旗 アリアンスペース
 ルクセンブルクの旗 アストラ3B英語版, ドイツの旗COMSATBwドイツ語版-2  SES アストラ, ドイツ連邦軍  対地同期軌道  通信  軌道上  運用中
 
 5月28日 03:00  アメリカ合衆国の旗 デルタ IV-M+(4,2)  アメリカ合衆国の旗ケープカナベラル空軍基地 SLC-37B  アメリカ合衆国の旗ULA
 アメリカ合衆国の旗USA-213英語版(GPS Block IIF SV-1 Navstar 65)  USAF  中軌道  GPS 衛星測位システム  軌道上  運用中
 GPS衛星 ブロックIIFシリーズ初号機打ち上げ

6月[編集]

 6月2日 01:59  ロシアの旗ロコット/ブリーズ-KM  ロシアの旗プレセツク宇宙基地 Site 133/3  欧州連合の旗ロシアの旗ユーロコット
 日本の旗SERVIS-2  USEF  太陽同期軌道  技術実証  軌道上  運用中
 衛星技術に対する商用オフザシェルフの可能性を検証中
 6月2日 15:53:54  中華人民共和国の旗長征 3C  中華人民共和国の旗西昌衛星発射センター  中華人民共和国の旗CNSA
 中華人民共和国の旗コンパス-G3(コンパス-G3、英語版)  CNSA  静止軌道  コンパス衛星測位システム  軌道上  運用中
 
 6月3日 22:00:08  ロシアの旗プロトン-M/ブリーズ-M 改良型  カザフスタンの旗バイコヌール宇宙基地 Site 200/39  ロシアの旗アメリカ合衆国の旗ILS
 サウジアラビアの旗バダ英語版5号ドイツ語版  ARABSAT英語版  対地同期軌道  通信  軌道上  運用中
 
 6月4日 18:45  アメリカ合衆国の旗ファルコン9  アメリカ合衆国の旗ケープカナベラル空軍基地 SLC-40  アメリカ合衆国の旗スペースX
 アメリカ合衆国の旗ドラゴン宇宙船評価ユニット英語版(DSQU)  スペースX  低軌道  技術試験体(ボイラープレート)  6月27日06:50  成功
 ファルコン9初号機
 6月6日 22:25  アメリカ合衆国の旗GBI  アメリカ合衆国の旗ヴァンデンバーグ空軍基地 LF-24  アメリカ合衆国の旗MDA
   MDA  弾道飛行  試験飛行  同日  成功
 試験用二段ロケット。非迎撃テスト
 6月8日  アメリカ合衆国の旗トライデントII D5英語版  アメリカ合衆国の旗USS メリーランド  アメリカ合衆国の旗アメリカ海軍
(以下:USNV)
 アメリカ合衆国の旗  USNV  弾道飛行  ミサイル試験  同日  成功
 Follow-on Commander's Evaluation Test 42 試射一回目
 6月8日  アメリカ合衆国の旗トライデント II D5  アメリカ合衆国の旗USS メリーランド  アメリカ合衆国の旗USNV
 アメリカ合衆国の旗  USNV  弾道飛行  ミサイル試験  同日  成功
 Follow-on Commander's Evaluation Test 42 試射二回目
 6月9日  アメリカ合衆国の旗トライデント II D5  アメリカ合衆国の旗USS メリーランド  アメリカ合衆国の旗USNV
 アメリカ合衆国の旗  USNV  弾道飛行  ミサイル試験  同日  成功
 Follow-on Commander's Evaluation Test 43 試射三回目
 6月9日  アメリカ合衆国の旗トライデント II D5  アメリカ合衆国の旗USS メリーランド  アメリカ合衆国の旗USNV
 アメリカ合衆国の旗  USNV  弾道飛行  ミサイル試験  同日  成功
 Follow-on Commander's Evaluation Test 43 試射四回目
 6月10日 08:01  ロシアの旗大韓民国の旗Naro-1  大韓民国の旗羅老宇宙センター  ロシアの旗大韓民国の旗クルニチェフ/韓国航空宇宙研究院
(以下:KARI)
 大韓民国の旗STSAT-2B  KARI  低軌道(予定)  技術実証  +137秒  打ち上げ失敗
 第一段目燃焼中に爆発
 6月15日  中華人民共和国の旗長征 2D  中華人民共和国の旗酒泉衛星発射センターLA-4/SLS-2  中華人民共和国の旗CNSA
 中華人民共和国の旗w:Shijian XII  CNSA  低軌道  技術実証  軌道上  運用中
 
 6月15日 14:42  ウクライナの旗ドニエプル・ロケット  ロシアの旗ヤースヌイ宇宙基地(オレンブルク州)  ロシアの旗ISCコスモトラス
 スウェーデンの旗プリズマ‐マンゴ&プリズマ‐タンゴフランスの旗PICARDウクライナの旗w:BPA-1  SSC/ CSC/ CNES/ Hartron-Arkos  全て太陽同期軌道  技術実証/太陽観測  軌道上  運用中
 BPA-1
 6月15日 21:35  ロシアの旗ソユーズFG  カザフスタンの旗バイコヌール宇宙基地ガガーリン発射台  ロシアの旗ロスコスモス
 ロシアの旗ソユーズTMA-19  ロスコスモス  低軌道(ISS)  国際宇宙ステーション 第24次長期滞在  軌道上  運用中
 三人の宇宙飛行士による有人飛行
 6月16日 10:01  アメリカ合衆国の旗LGM-30G ミニットマンIII  アメリカ合衆国の旗ヴァンデンバーグ空軍基地 LF-10英語版  アメリカ合衆国の旗USAF
 アメリカ合衆国の旗  USAF  弾道飛行  ミサイル試験  同日  成功
 クェゼリン環礁までの6,743kmを飛行。
 6月21日 02:14  ウクライナの旗ドニエプル・ロケット  カザフスタンの旗バイコヌール宇宙基地 Site 109/95  ロシアの旗ISCコスモトラス
 ドイツの旗TanDEM-X英語版ドイツ語版  ドイツ航空宇宙センター
(以下:DLR)
 低軌道  レーダー撮影  軌道上  運用中
 
 6月22日 19:00  イスラエルの旗シャヴィト2  イスラエルの旗パルマヒム空軍基地  イスラエルの旗イスラエル・エアロスペース・インダストリーズ(IAI)
 イスラエルの旗オフェク9  IAI/イスラエル国防軍  低軌道(逆行軌道)  偵察衛星  軌道上  運用中
 打ち上げ前はオフェク8として知られていた。
 6月24日 11:17:00  アメリカ合衆国の旗テリア・オライオン英語版ドイツ語版  アメリカ合衆国の旗ワロップス飛行施設LA-2英語版  アメリカ合衆国の旗NASA
 アメリカ合衆国の旗RockOn!  colorado  弾道飛行  学生の研究  同日  成功
 
 6月26日 21:41  欧州連合の旗アリアン5 ECA  フランスの旗ギアナ宇宙センター ELA-3  フランスの旗アリアンスペース
 サウジアラビアの旗アラブサット5号A英語版大韓民国の旗COMS-1  ASCO英語版/KARI  対地同期軌道  (Arabsat-5A)通信/
(COMS-1)通信、気象、海洋学調査
 軌道上  運用中
 
 6月30日 10:40:01  アメリカ合衆国の旗ミニットマンIII  アメリカ合衆国の旗ヴァンデンバーグ空軍基地 LF-04英語版  アメリカ合衆国の旗USAF
   USAF  弾道飛行  ミサイル試験  同日  成功
 
 6月30日 15:35  ロシアの旗ソユーズU  カザフスタンの旗バイコヌール宇宙基地ガガーリン発射台  ロシアの旗ロスコスモス
 ロシアの旗プログレスM-06M  ロスコスモス  低軌道(ISS)  補給  軌道上  運用中
 ISS flight 38P

7月[編集]

 7月10日 11:32  フランスの旗M51  フランスの旗ル・テリブル原潜/オーディエルヌ湾フランス語版  フランスの旗DGA/フランス海軍(Marine nationale: MN)
   DGA/MN  弾道飛行  ミサイル試験  同日  成功
 
 7月10日 18:40  ロシアの旗プロトン-M/ブリーズ-M 改良型  カザフスタンの旗バイコヌール宇宙基地 Site 200/39  ロシアの旗アメリカ合衆国の旗インターナショナル・ローンチ・サービス
 アメリカ合衆国の旗エコースター15号英語版  エコースター英語版  対地同期軌道  通信  軌道上  運用中
 
 7月11日  カナダの旗ブラック・ブラント IX  アメリカ合衆国の旗ホワイトサンズ・ミサイル実験場  アメリカ合衆国の旗 アメリカ航空宇宙局
   カリフォルニア工科大学  弾道飛行  天文学調査  同日  成功
 
 7月12日 03:53  インドの旗PSLV-CA  インドの旗サティシュ・ダワン宇宙センター FLP英語版  インドの旗インド宇宙研究機関
 インドの旗CARTOSAT-2B, アルジェリアの旗Alsat-2Aインドの旗StudSat英語版ノルウェーの旗AISSat-1英語版, スイスの旗TIsat-1ドイツ語版  ISRO / ASAL/ StudSat Consortium/ ノルウェー防衛技術研究機構英語版(NDRE)/ SUPSI英語版イタリア語版(SUPSI)  低軌道  リモートセンシング/ 技術実証  軌道上  運用中
 AISSat-1とTIsat-1の2衛星は、UTIAS英語版によって取り纏められたNLS-6の一部として打ち上げられた。
 7月30日 18:18  カナダの旗ブラック・ブラント IX  アメリカ合衆国の旗ホワイトサンズ・ミサイル実験場  アメリカ合衆国の旗NASA
 アメリカ合衆国の旗w:SUMI  NASA  弾道飛行  太陽観測  同日  成功
 
 7月31日 21:30  中華人民共和国の旗長征 3A  中華人民共和国の旗西昌衛星発射センター  中華人民共和国の旗CNSA
 中華人民共和国の旗w:Compass-IGSO-1  CNSA  対地同期軌道  衛星測位システム  軌道上  運用中
 

8月[編集]

 8月4日 09:15  カナダの旗ブラック・ブラント X  アメリカ合衆国の旗ワロップス飛行施設 LA-1/50K  アメリカ合衆国の旗アメリカ航空宇宙局
   NASA  弾道飛行  試験飛行、技術実証  同日  成功
 Nihka ロケットモータのテスト。第2工学実験
 8月4日 20:59  欧州連合の旗アリアン5 ECA  フランスの旗ギアナ宇宙センター ELA-3  フランスの旗アリアンスペース
 エジプトの旗ナイルサット201号英語版ドイツ語版, モーリシャスの旗w:RASCOM-QAF 1R  ナイルサット英語版, RASCOM英語版フランス語版  対地同期軌道  通信  軌道上  運用中
 
 8月6日  ロシアの旗R-29RMU シネヴァ  ロシアの旗K-114 トゥーラ  ロシアの旗VMF
   VMF  弾道飛行  ミサイル試験  同日  成功
 
 8月9日 22:49  中華人民共和国の旗長征 4C  中華人民共和国の旗太原衛星発射センター LC-2  中華人民共和国の旗CNSA
 中華人民共和国の旗遥感10号  CNSA  太陽同期軌道  リモートセンシング  軌道上  成功
 
 8月14日 11:07  アメリカ合衆国の旗アトラス V 531  アメリカ合衆国の旗ケープカナベラル空軍基地 SLC-41  アメリカ合衆国の旗ULA
 アメリカ合衆国の旗USA-214英語版(AEHF1号)  USAF  (現在)移行軌道, (予定)対地同期軌道  軍用通信  軌道上  衛星の部分的失敗。復帰運用中
 アトラスV531の処女飛行。液体燃料アポジキックモーターを運転中に失敗。軌道投入作業中での出来事であった。
 8月23日 17:57  カナダの旗ブラック・ブラント IX  アメリカ合衆国の旗ホワイトサンズ・ミサイル実験場  アメリカ合衆国の旗アメリカ航空宇宙局
 アメリカ合衆国の旗RAISE  SwRI英語版  弾道飛行  太陽研究  8月23日  (無し)
 
 8月24日 07:10  中華人民共和国の旗長征2号D  中華人民共和国の旗酒泉衛星発射センター LA-4/SLS-2  中華人民共和国の旗CNSA
 中華人民共和国の旗天絵1号ドイツ語版中国語版(Tian Hui 1 Weixing、tianhui yi hao weixing)  CNSA  低軌道  リモートセンシング  軌道上  運用中
 
 8月30日 20:00  日本の旗S-520ロケット25号機  日本の旗内之浦宇宙空間観測所  日本の旗宇宙科学研究所
   JAXA/ 首都大学東京/ 香川大学/ 静岡大学  弾道飛行  技術実証  同日  宇宙機の部分的成功
 プラズマ収集実験において、高電圧制御が正常に行われなかった。しかし、導電性テザーは正常に伸展した。[6]

9月[編集]

 9月2日 00:53:43  ロシアの旗プロトン-M/ブロックDM-2 改良型  カザフスタンの旗バイコヌール宇宙基地 Site 81/24  ロシアの旗ロスコスモス
 ロシアの旗コスモス第2464号、コスモス第2465号、コスモス第2466号  ロシアの旗VKS  中軌道  グロナス衛星測位システム  軌道上  運用中
 3機ともにGLONASS-M
 9月4日 16:14  中華人民共和国の旗長征3号B  中華人民共和国の旗西昌衛星発射センター LA-2  中華人民共和国の旗CNSA
 中華人民共和国の旗中星6A英語版中国語版  鑫諾衛星通信英語版(現在:中国航天科技集団公司  対地同期軌道  通信  軌道上  運用中
 「シノサット」に関しては、「中国サテライトコミュニケーションズ」という別名もある
 9月8日 03:30  ロシアの旗ロコット/ブリーズ-KM  ロシアの旗プレセツク宇宙基地 Site 133/3  ロシアの旗ロシア戦略ロケット軍
(以下:RVSN)
 ロシアの旗GONETS-M No.2/ コスモス2467号(ストレラ)/ コスモス2468号(ストレラ)  Gonets SatCom/ ロシアの旗VKS  低軌道  通信  軌道上  運用中
 
 9月10日 10:22  ロシアの旗ソユーズU  カザフスタンの旗バイコヌール宇宙基地Site 31/6  ロシアの旗ロスコスモス
 ロシアの旗プログレスM-07M  ロスコスモス  現在:低軌道(ISS)  補給  軌道上  運用中
 ISS flight 39P
 9月11日 11:17  日本の旗H-2A 202  日本の旗種子島宇宙センター吉信第1射点  日本の旗三菱重工業
 日本の旗準天頂衛星システム 初号機 みちびき(QZS-1)  JAXA  準天頂軌道  衛星測位システム  軌道上  軌道上
 運用中
 9月17日 10:03  アメリカ合衆国の旗ミニットマンIII  アメリカ合衆国の旗ヴァンデンバーグ空軍基地 LF-09英語版  アメリカ合衆国の旗USAF
   USAF  弾道飛行  試験飛行  同日  成功
 
 9月21日 04:03:30  アメリカ合衆国の旗アトラス V 501  アメリカ合衆国の旗ヴァンデンバーグ空軍基地 SLC-3E  アメリカ合衆国の旗ULA
 アメリカ合衆国の旗USA-215  NRO  低軌道(逆行)  軍事機密  軌道上  運用中
 NRO Launch 41
 9月21日 13:07:30  アメリカ合衆国の旗Terier-Orion  アメリカ合衆国の旗ワロップス飛行施設 LA-2/MRL  アメリカ合衆国の旗 NASA
 アメリカ合衆国の旗w:SubTec-III  NASA  低軌道  技術開発  同日13:23  成功
 
 9月22日 02:42  中華人民共和国の旗長征 2D  中華人民共和国の旗酒泉衛星発射センター  中華人民共和国の旗CNSA
 中華人民共和国の旗遥感11号, w:Zheda Pixing 1B, Zheda Pixing 1C  すべてCNSA  太陽同期軌道  リモートセンシング? 技術実証?  軌道上  運用中
 
 9月26日 04:41  アメリカ合衆国の旗ミノタウロスIV  アメリカ合衆国の旗ヴァンデンバーグ空軍基地 SLC-8  アメリカ合衆国の旗オービタル・サイエンシズ
 アメリカ合衆国の旗w:USA-216(SBSS)  USAF  太陽同期軌道  技術実証、軌道上の他の衛星やスペースデブリの追跡  軌道上  運用中
 ミノタウロスIVによる最初の衛星打ち上げであった
 9月30日 17:01  ロシアの旗モルニヤ-M英語版/2BL英語版  ロシアの旗プレセツク宇宙基地 Site 16/2英語版  ロシアの旗RVSN
 ロシアの旗RVSN  コスモス2469号(Oko英語版ロシア語版)  モルニヤ軌道  ミサイル早期警戒  軌道上  成功
 モルニヤ-M ロケットの最終飛行

10月[編集]

 10月1日 10:59:57  中華人民共和国の旗長征 3C  中華人民共和国の旗西晶衛星発射センター LA-2  中華人民共和国の旗CNSA
 中華人民共和国の旗嫦娥2号  CNSA  月周回軌道  月探査  軌道上  運用中
 嫦娥計画
 10月6日 00:49  中華人民共和国の旗長征 4B  中華人民共和国の旗太原衛星発射センター  中華人民共和国の旗CNSA
 中華人民共和国の旗w:Shijian 6G, w:Shijian 6H  CNSA  太陽同期軌道  技術実証  軌道上  運用中
 
 10月7日 03:10  ロシアの旗RSM-56 ブラヴァー  ロシアの旗TK-208"ドミトリー・ドンスコイ"英語版/白海  ロシアの旗VMF
   VMF  弾道飛行  ミサイル試験  同日  成功
 
 10月7日 23:10:57  ロシアの旗ソユーズFG  カザフスタンの旗バイコヌール宇宙基地ガガーリン発射台  ロシアの旗ロスコスモス
 ロシアの旗ソユーズTMA-01M  ロスコスモス  低軌道(ISS)  国際宇宙ステーション第25次長期滞在  軌道上  運用中
 3人の宇宙飛行士による有人飛行。近代化されたソユーズTMA宇宙船の初飛行。
 10月14日 18:53  ロシアの旗プロトン-M/ブリーズ-M  カザフスタンの旗バイコヌール宇宙基地 Site 81/24  ロシアの旗アメリカ合衆国の旗ILS
 アメリカ合衆国の旗XM-5  XM衛星ラジオ英語版  静止軌道  通信  軌道上  運用中
 
 10月19日 17:10:59  ロシアの旗ソユーズ-2.1a/フレガート  カザフスタンの旗バイコヌール宇宙基地 Site 31/6  欧州連合の旗ロシアの旗スターセム
 地球の旗globalstar-2 #1 から #6  グローバルスター  低軌道  通信  軌道上  運用中
 
 10月21日 17:00  カナダの旗ブラック・ブラント IX  アメリカ合衆国の旗サン・ニコラス島  アメリカ合衆国の旗アメリカ航空宇宙局
   USAF  弾道飛行  標的  同日  成功
 
 10月27日 10:15  アメリカ合衆国の旗ナイキ・オライオン  スウェーデンの旗エスレンジ  欧州連合の旗ユーロ・ローンチ
 ドイツの旗MARPHEUS-2  DLR  弾道飛行  技術開発  同日  成功
 遠地点:153キロメートル (95 mi)
 10月27日 15:11:53  ロシアの旗ソユーズU  カザフスタンの旗バイコヌール宇宙基地ガガーリン発射台  ロシアの旗ロスコスモス
 ロシアの旗プログレスM-08M  ロスコスモス  低軌道(ISS)  補給  2011年1月24日  成功
 ISS flight 40P
 10月28日 09:59  ロシアの旗RS-12M トーポリ  ロシアの旗プレセツク宇宙基地  ロシアの旗RVSN
   RVSN  弾道飛行  ミサイル試験  同日  成功
 
 10月28日 10:30  ロシアの旗R-29RMU シネヴァ  ロシアの旗K-117 ブリャンスク英語版バレンツ海  ロシアの旗VMF
   VMF  弾道飛行  ミサイル試験  同日  成功
 
 10月28日 10:30  ロシアの旗R-29R Volna(ヴォルナ)  ロシアの旗K-433 スヴャトイ・ゲオルギー・ポベドノーセツ英語版/オホーツク海  ロシアの旗VMF
   VMF  弾道飛行  ミサイル試験  同日  成功
 
 10月28日 21:51  欧州連合の旗アリアン5 ECA  フランスの旗ギアナ宇宙センター ELA-3  フランスの旗アリアンスペース
 フランスの旗Eutelsat W3B / 日本の旗BSAT-3b  ユーテルサット / 放送衛星システム  GTO(GSOを予定) / GSO  ともに放送衛星  軌道上  宇宙機の故障 / 運用中
 EutelsatW3Bは衛星自身のスラスタ系に異常が発生し、大破した。
 10月29日 01:10  ロシアの旗RSM-56 ブラヴァー  ロシアの旗TK-208 ドミトリー・ドンスコイ/北海  ロシアの旗VMF
   VMF  弾道飛行  ミサイル試験  同日  成功
 
 10月29日 03:06  地球の旗不明  アメリカ合衆国の旗カウアイ島  アメリカ合衆国の旗MDA
   JMSDF/MDA  弾道飛行  対弾道弾ミサイル標的  同日  成功
 遠地点:161キロメートル (100 mi)。SM-3に迎撃された。
 10月29日 03:09  アメリカ合衆国の旗RIM-161 スタンダードミサイル 3  日本の旗こんごう型護衛艦きりしま/太平洋  日本の旗海上自衛隊
   JMSDF  弾道飛行  対弾道弾ミサイル試験  同日  成功
 遠地点:161キロメートル (100 mi), 標的に対する迎撃は成功した。
 10月31日 16:26  中華人民共和国の旗長征 3C  中華人民共和国の旗西昌衛星発射センター LA-2  中華人民共和国の旗CNSA
 中華人民共和国の旗コンパス-G4  CNSA  対地同期軌道  衛星測位システム  軌道上  運用中
 

11月[編集]

 11月2日 00:59  ロシアの旗ソユーズ-2.1a/フレガート  ロシアの旗プレセツク宇宙基地 Site 43/4  ロシアの旗RVSN
 ロシアの旗メリディアン3  ロシアの旗VKS  モルニヤ軌道  通信  軌道上  運用中
 
 11月4日 18:37  中華人民共和国の旗長征 4C  中華人民共和国の旗太原衛星発射センター LC-2  中華人民共和国の旗CNSA
 中華人民共和国の旗風雲 3B  CNSA  太陽同期軌道  気象衛星  軌道上  運用中
 
 11月6日 02:20  アメリカ合衆国の旗デルタ II 7420-10  アメリカ合衆国の旗ヴァンデンバーグ空軍基地 SLC-2W  アメリカ合衆国の旗ULA
 イタリアの旗COSMO-SkyMed 4号機  イタリア宇宙機関  太陽同期軌道  レーダー画像工学  軌道上  運用中
 デルタ II 7420 の最終飛行
 11月14日 17:29  ロシアの旗プロトン-M/ブリーズ-M 改良型  カザフスタンの旗バイコヌール宇宙基地 Site 200/39  ロシアの旗アメリカ合衆国の旗インターナショナル・ローンチ・サービス
 アメリカ合衆国の旗SkyTerra英語版-1  SkyTerra  対地同期軌道  通信  軌道上  運用中
 
 11月20日 01:25  アメリカ合衆国の旗ミノタウロスIV/HAPS  アメリカ合衆国の旗コディアック射場 LP-1  アメリカ合衆国の旗オービタル・サイエンシズ
 アメリカ合衆国の旗STPSat-2/ RAX英語版/ O/OREOS英語版/ FASTSAT英語版/ ナノセイルD2/ FalconSat-5/ Sara-Lily(FASTRAC 1英語版)/ Emma(FASTRAC 2)  STP英語版/ ミシガン大学/ NASAエイムズ研究センター/ NASAエイムズ研究センター/ 米空軍士官学校/ テキサス大学  低軌道  技術開発、オーロラ観測  軌道上  運用中
 ミノタウロスIV/HAPSの処女飛行。打ち上げ後7日してからナノセイルD2はFASTSATから放出されていなければならなかったが、その時は分離に失敗していた。約2ヶ月経過した2011年1月19日、最終的には衛星の放出に成功していたことへの確認が取れた。
 11月21日 22:58  アメリカ合衆国の旗デルタ IV-H  アメリカ合衆国の旗ケープカナベラル空軍基地 SLC-37B  アメリカ合衆国の旗 ULA
 アメリカ合衆国の旗USA-223(メンター)  NRO  対地同期軌道  偵察衛星  軌道上  運用中
 NRO launch 32 (NROL-32)
 11月24日 16:09  中華人民共和国の旗長征 3A  中華人民共和国の旗西昌衛星発射センター  中華人民共和国の旗CNSA
 中華人民共和国の旗Zhongxing-20A  CNSA  対地同期軌道  通信  軌道上  運用中
 
 11月25日 04:40  インドの旗アグニI  インドの旗インド統合ミサイル試験場 IC-4  インドの旗インド陸軍
   インド陸軍  低軌道  ミサイル試験  同日  成功
 
 11月26日 18:39  欧州連合の旗アリアン 5 ECA  フランスの旗ギアナ宇宙センター ELA-3  フランスの旗アリアンスペース
 国際連合の旗インテルサット17号/ イギリスの旗HYLAS-1  インテルサット/ アヴァンティ・コミュニケーションズ英語版  対地同期軌道  通信  軌道上  運用中
 

12月[編集]

 12月4日 04:21  アメリカ合衆国の旗Nike-Improved Orion  ノルウェーの旗アンドーヤ(Andøya、以下ARR)  ノルウェーの旗アンドーヤ
 ノルウェーの旗ドイツの旗ECOMA 2010-1  ARR/DLR  弾道飛行  超高層学  同日  成功
 観測ロケットについてはナイキミサイルオライオン、および、ナイキ・オライオン参照のこと
 12月5日 10:25  ロシアの旗プロトン-M/ブロックDM-03 改良型  カザフスタンの旗バイコヌール宇宙基地 Site 81/24  ロシアの旗ロスコスモス
 ロシアの旗グロナスM No.39,40,41  ロシアの旗VKS  中軌道(予定)  測位システム  同日  打ち上げ失敗
 ブロックDM-03の初飛行。上段ロケット酸化剤タンクへの推進剤注入量を間違えたため、上段の重量が過大なものとなった。衛星は待機軌道へと到達することが不可能になった。打ち上げ後、太平洋に再突入した。
 12月5日 19:11  ロシアの旗RS-12M Topol  ロシアの旗カプースチン・ヤール  ロシアの旗RVSN
     弾道飛行  ミサイル試験  同日  成功
 
 12月6日  カナダの旗テリア・オライオン英語版ドイツ語版  アメリカ合衆国の旗ホワイトサンズ・ミサイル実験場  アメリカ合衆国の旗NASA
 アメリカ合衆国の旗TRaiNED  NASA  弾道飛行  技術実証  同日  成功
 
 12月6日 17:19  ブラジルの旗オライオン  ブラジルの旗アルカンタラ射場  ブラジルの旗ブラジル宇宙機関
 ブラジルの旗Maracati 2  ブラジル国立宇宙研究所  弾道飛行  微小重力実験  同日  成功
 
 12月8日 15:43  アメリカ合衆国の旗ファルコン9  アメリカ合衆国の旗ケープカナベラル空軍基地 SLC-40  アメリカ合衆国の旗スペースX
 アメリカ合衆国の旗ドラゴン C1英語版/ SMDC-ONE 1/ Mayflower/ QbX-1/ QbX-2/ Perseus 000/ Perseus 001/ Perseus 002/ Perseus 003  スペースX/ NASA/ アメリカ陸軍/ ノースロップ・グラマン/ 南カリフォルニア大学  低軌道  試験飛行/ 通信/ 技術開発  同日19:02/ 軌道上  成功 / 運用中
 COTSデモ飛行一回目。ドラゴン宇宙船の初飛行。南カリフォルニア大学によって運用されたCaerusペイロードを含んだMayflowerの初飛行。
 12月12日 06:38  カナダの旗ブラック・ブラント XII  ノルウェーの旗ARR  アメリカ合衆国の旗アメリカ航空宇宙局
 アメリカ合衆国の旗RENU 1  ニューハンプシャー大学英語版  弾道飛行  宇宙空間科学  同日  成功
 
 12月12日 12:35  ブラジルの旗VSB-30  ブラジルの旗アルカンタラ射場  ブラジルの旗ブラジル宇宙機関
 ブラジルの旗Maracati 2  ブラジル国立宇宙研究所(INPE)  弾道飛行  微小重力実験  同日12:51  成功
 Operation Maracati 2, MICROG 1A payload
 12月13日 03:24  アメリカ合衆国の旗Nike-Improved Orion  ノルウェーの旗ARR  ノルウェーの旗アンドーヤ
 ノルウェーの旗ドイツの旗ECOMA 2010-2  ARR/DLR  弾道飛行  超高層学  同日  成功
 
 12月15日  アメリカ合衆国の旗トライデントI C4 (LV-2)  マーシャル諸島の旗メック島  アメリカ合衆国の旗アメリカミサイル防衛局
   MDA  弾道飛行  ABM標的  同日  成功
 
 12月15日  アメリカ合衆国の旗GBI  アメリカ合衆国の旗ヴァンデンバーグ空軍基地 LF-23  アメリカ合衆国の旗MDA
   MDA  弾道飛行  ABM試験  同日  ロケット故障
 迎撃機が失敗。原因は調査中。
 12月19日 19:09  ロシアの旗ソユーズFG  カザフスタンの旗バイコヌール宇宙基地 Site 1/5  ロシアの旗ロスコスモス
 ロシアの旗ソユーズTMA-20  ロスコスモス  低軌道(ISS)  国際宇宙ステーション第26次長期滞在  軌道上  運用中
 三人の宇宙飛行士による有人宇宙飛行
 12月17日 20:04  中華人民共和国の旗長征 3A  中華人民共和国の旗西昌衛星発射センター  中華人民共和国の旗CNSA
 中華人民共和国の旗Compass-IGSO-2  CNSA  対地同期軌道  コンパス衛星測位システム  軌道上  運用中
 
 12月19日 02:36  アメリカ合衆国の旗Nike-Improved Orion  ノルウェーの旗ARR  ノルウェーの旗アンドーヤ
 ノルウェーの旗ドイツの旗ECOMA 2010-3  ARR/DLR  弾道飛行  超高層学  同日  成功
 
 12月21日  パキスタンの旗ガウリ英語版  パキスタンの旗ティラ衛星発射センター英語版  パキスタンの旗パキスタン陸軍
 パキスタンの旗不明  パキスタン陸軍  弾道飛行  ミサイル試験  成功  遠地点(最高高度):100キロメートル (62 mi)
 
 12月25日 10:34  インドの旗GSLV Mk.1  インドの旗サティシュ・ダワン宇宙センター  インドの旗インド宇宙研究機関
 インドの旗GSAT-5P英語版  ISRO  対地同期軌道(予定)  通信  同日  打ち上げ失敗
 第一段目が燃焼中に崩壊した。
 12月26日 22:51  ロシアの旗プロトン-M/ブリーズ-M 改良型  カザフスタンの旗バイコヌール宇宙基地 Site 200/39  ロシアの旗アメリカ合衆国の旗ILS
 フランスの旗KA-SAT  ユーテルサット  対地同期軌道  通信  軌道上  運用中
 
 12月29日 21:27  欧州連合の旗アリアン5 ECA  フランスの旗ギアナ宇宙センター  フランスの旗アリアンスペース
 スペインの旗ヒスパサット1E英語版ドイツ語版/ 大韓民国の旗オルレ1号(Koreasat 6)  ヒスパサット英語版/ olleh  対地同期軌道  通信  軌道上  運用中
 

1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月

深宇宙探査機[編集]

日時 探査機 内容 注記
1月12日 カッシーニ 65回目のタイタン通過 最接近距離: 1,073 km (667 mi
1月28日 カッシーニ 66回目のタイタン通過 最接近距離: 7,490 km (4,654 mi) 
1月31日 Artemis P1 月フライバイ 最接近距離: 11,992 km (7,451 mi) 
2月1日 Artemis P2 月フライバイ 最接近距離: 69,222 km (43,013 mi) 
2月13日 Artemis P1 月フライバイ 最接近距離: 2,958 km (1,838 mi) 
2月13日 カッシーニ ミマスを通過 最接近距離: 9,520 km (5,915 mi) 
2月16日 マーズ・エクスプレス フォボスを通過 最接近距離: 991 km (616 mi) 
2月22日 マーズ・エクスプレス フォボスを通過 最接近距離: 574 km (357 mi) 
2月25日 マーズ・エクスプレス フォボスを通過 最接近距離: 398 km (247 mi) 
2月28日 マーズ・エクスプレス フォボスを通過 最接近距離: 226 km (140 mi) 
3月1日 Artemis P2 を通過 最接近距離: 68,036 km (42,276 mi) 
3月2日 カッシーニ レアを通過 最接近距離: 100 km (62 mi) 
3月3日 カッシーニ ヘレネを通過 最接近距離: 1,803 km (1,120 mi) 
3月3日 マーズ・エクスプレス フォボスを通過 最接近距離: 67 km (42 mi) 
3月7日 マーズ・エクスプレス フォボスを通過 最接近距離: 107 km (66 mi) 
3月10日 マーズ・エクスプレス フォボスを通過 最接近距離: 286 km (178 mi) 
3月13日 マーズ・エクスプレス フォボスを通過 最接近距離: 476 km (296 mi) 
3月16日 マーズ・エクスプレス フォボスを通過 最接近距離: 662 km (411 mi) 
3月19日 マーズ・エクスプレス フォボスを通過 最接近距離: 848 km (527 mi) 
3月23日 マーズ・エクスプレス フォボスを通過 最接近距離: 1,341 km (833 mi) 
3月26日 マーズ・エクスプレス フォボスを通過 最接近距離: 1,304 km (810 mi) 
3月28日 Artemis P2 を通過 最接近距離: 9,366 km (5,820 mi) 
4月5日 カッシーニ 67回目のタイタン通過 最接近距離: 7,462 km (4,637 mi) 
4月7日 カッシーニ 2回目のディオネを通過 最接近距離: 504 km (313 mi) 
4月28日 カッシーニ 9回目のエンケラドゥスを通過 最接近距離: 103 km (64 mi) 
5月18日 カッシーニ 10回目のエンケラドゥスを通過 最接近距離: 201 km (125 mi) 
5月20日 カッシーニ 68回目のタイタン通過 最接近距離: 1,400 km (870 mi) 
6月5日 カッシーニ 69回目のタイタン通過 最接近距離: 2,044 km (1,270 mi) 
6月13日 はやぶさ 地球へ帰還 サンプル容器の回収に成功
6月21日 カッシーニ 70回目のタイタン通過 最接近距離: 955 km (593 mi) 
7月7日 カッシーニ 71回目のタイタン通過 最接近距離: 1,005 km (624 mi) 
7月10日 ロゼッタ ルテティアへ飛行 最接近距離: 3,100 km (1,926 mi) 
8月13日 カッシーニ 11回目のエンケラドゥスを通過 最接近距離: 2,554 km (1,587 mi) 
8月25日 Artemis P1 LL2 軌道投入
9月24日 カッシーニ 72回目のタイタンを通過 最接近距離: 8,175 km (5,080 mi) 
10月6日 嫦娥2号 月周回軌道投入
10月16日 カッシーニ パレネを通過 最接近距離: 36,000 km (22,369 mi) 
10月22日 Artemis P2 LL1 軌道投入
11月4日 ディープ・インパクト ハートレー第2彗星を通過 最接近距離: 700 km (435 mi) 
11月11日 カッシーニ 73回目のタイタン通過 最接近距離: 00,000 km (0 mi) 
11月30日 カッシーニ 12回目のエンケラドゥスを通過 最接近距離: 47.9 km (30 mi) 
12月7日 あかつき 1回目の金星近傍を通過 最接近距離: 550 km (342 mi) 
金星周回軌道投入に失敗
12月7日 IKAROS 金星近傍を通過 最接近距離: 80,800 km (50,207 mi) 
12月21日 カッシーニ 13回目のエンケラドゥス通過 最接近距離: 50 km (31 mi) 
12月 しんえん 金星の近傍通過
ディオーネの通過は予定に含まれていない。エンケラドゥス、ミマス (衛星)、レア、テティス (衛星)およびタイタンへの通過は2010年度の上半期にカッシーニで達成される。

船外活動[編集]

開始日時 作業時間 終了日時 宇宙機
船外作業担当者

備考
1月14日
10:05
5 hr
44 min
15:49 第22次長期滞在
ISS
ピアース
ロシアの旗
オレッグ・コトフ
ロシアの旗
マクシム・スラエフ
将来ポイスクでドッキングを行うための準備作業。[7]
12 2月
02:17
6 hr
32 min
08:49 STS-130
ISS
クエスト
アメリカ合衆国の旗
ロバート・ベンケン英語版
アメリカ合衆国の旗
ニコラス・パトリック
ノード1・ユニティの左舷まで片道を宇宙遊泳で行き、ノード3・トランクウィリティーを接続する予定のポートに掛かっていた保護覆いを取り外した。ベンケン・パトリック・ペアは特殊目的高精度マニピュレータのための予備パーツプラットフォームをシャトルからISSへ移した。この作業をし終えた時点で、2人は新たに据え付けられたトランクウィリティーの起動をするためノード間の数か所にわたる配線作業を行った。
14 2月
02:20
5 hr
54 min
08:14 STS-130
ISS
クエスト
アメリカ合衆国の旗
ロバート・ベンケン
アメリカ合衆国の旗
ニコラス・パトリック
ユニティデスティニートランクウィリティーのISS各構成要素同士をアンモニアの流れる配管で接続し、配管および管継手英語版断熱材で覆い保護した。キューポラの移設のため、トランクウィリティーの天頂ポートの準備作業をした。また、トランクウィリティー外側に手すりを取り付けた。
17 2月
02:15
5 hr
48 min
08:03 STS-130
ISS
クエスト
アメリカ合衆国の旗
ロバート・ベンケン
アメリカ合衆国の旗
ニコラス・パトリック
ユニティトランクウィリティーの間にアンモニア配管を追加で施工した。キューポラから断熱材と打ち上げ時用ロック(launch locks)を取り除き、トランクウィリティーに手すりを追加した。また、ザーリャの外側に電力データグラップルフィクスチャ英語版: Power Data Grapple Fixture、PDGF)の設置を支援するために先行して作業を実施した。その内容はユニティ、S0トラス間のケーブル引き回しであった。[要出典]
9 4月
05:31
6 hr
27 min
11:58 STS-131
ISS
クエスト
アメリカ合衆国の旗
リチャード・マストラキオ英語版
アメリカ合衆国の旗
クレイトン・アンダーソン
新しいアンモニアタンクをシャトル貨物室から一時保管場所に移転し、S1トラス上にあった古いアンモニアタンクに繋がっていた配管を外した。きぼう船外に保管してあった、日本のSpace Seed実験に使われている植物のタネを回収し、地上へ持ち帰り、故障したS0トラス上のジャイロスコープ(レートジャイロアセンブリ)を交換した。ハーモニーの天頂側CBMのウィンドウ・フラップを空けておくなどの先取り作業を成し遂げ、P1トラス上のフレックス・ホース・ロータリー・カプラ(Flex Hose Rotary Coupler、FHRC)の打ち上げ時固定ボルトを取り除いた。[要出典]
11 4月
05:30
7 hr
26 min
12:56 STS-131
ISS
クエスト
アメリカ合衆国の旗
リチャード・マストラキオ
アメリカ合衆国の旗
クレイトン・アンダーソン
古いアンモニアタンクはS1トラスから取り外され、新タンクと取り換えられた。タンクのセンサから伸びる配線は接続されたが、液体用配管作業は三回目の船外活動までに持ち越された。タンクをトラスに締結していたボルトに問題が起こり、設置工事に時間を食われてしまい、そのために時間切れを起こしてしまったためである。古いアンモニアタンクをステーション上の一時保管場所に置き、フット・レストレイント(Foot Restraint、EVA用足場)の取り付け場所を変更した。この作業は将来のシャトル・ミッションで船外活動を円滑に行えるようにするため行われた。[要出典]
13 4月
06:14
6 hr
24 min
12:36 STS-131
ISS
クエスト
アメリカ合衆国の旗
リチャード・マストラキオ
アメリカ合衆国の旗
クレイトン・アンダーソン
液体用配管系を新アンモニアタンクと接続し、古いアンモニアタンクを地上に持ち帰るためシャトルの貨物室に移した。もはや必須では無くなったクエスト エアロックからの流星塵用デブリシールドは、エアロック内に持ち込まれ、地上に持ち帰って研究するために多目的補給モジュールレオナルドに積み込まれた。Z1トラスは次のシャトルミッションで予備アンテナを取り付けるための準備がなされ、次のEVAの準備のためにフット・レストレイントを移された。コロンバス上の外部キャリアープレートの回収は、古いアンモニアタンクをシャトル貨物室のキャリアに固定するときのトラブル処理で生じた時間の制約のため、また別のシャトルミッションですることにして先延ばしにされた。またいくつかの別の任務は、このシャトルミッションでの第二回目のEVAで発生した問題のため再計画され、後ほど実施されるEVAに延期された。[要出典]
17 5月
11:54
7 hr
25 min
19:19 STS-132
ISS
クエスト
アメリカ合衆国の旗
ギャレット・リーズマン
アメリカ合衆国の旗
スティーブ・ボーエン英語版
Z1トラス上に予備のKu帯域アンテナを取り付けた。デクスターの新しいツール・プラットフォームを取り付けた。[要出典]
19 5月
10:38
7 hr
9 min
17:47 STS-132
ISS
クエスト
アメリカ合衆国の旗
スティーブ・ボーエン
アメリカ合衆国の旗
マイケル・グッド英語版
アトランティスセンサ付き検査用延長ブーム(OBSS)を交換した。P6トラスのバッテリを交換(6ユニット中4)。このミッションで最初のEVAで取り付けられたKuバンドアンテナのジンバルロックを除去した。[要出典]
21 5月
10:27
6 hr
46 min
17:13 STS-132
ISS
クエスト
アメリカ合衆国の旗
マイケル・グッド
アメリカ合衆国の旗
ギャレット・リーズマン
P6トラス上のバッテリを交換した(6個中残った2個)。P4/P5接合部に、アンモニア「ジャンパー」を設置した。アトランティス貨物室から予備のPDGFを回収し、クエストエアロック内に収納した。船外活動担当者はISSの外に設置している道具箱にEVAツールを再補充することもできた。[要出典]
27 July
04:11
6 hr
42 min
10:53 第24次長期滞在
ISS
ピアース
ロシアの旗
フョードル・ユールチキン
ロシアの旗
ミハイル・コルニエンコ
ズヴェズダ上のATV用ビデオカメラを交換し、ズヴェズダ、および、ザーリャから、新しいラスヴェット・モジュールへとコマンド及びデータ搬送用ケーブルを引き回し、同様に、将来に行われるであろう新たなモジュールと自動ドッキングが可能なように、ザーリャラスヴェットをクルス・ドッキング機構で結合した。その後、ユールチキン・コルニエンコ・ペアは古いATVカメラを大気圏内へ捨てた。[要出典]
7 8月
11:19
8 hr
3 min
19:22 第24次長期滞在
ISS
クエスト
アメリカ合衆国の旗
ダグラス・ウィーロック英語版
アメリカ合衆国の旗
トレイシー・コールドウェル
故障したS1アンモニアポンプモジュールを交換しようとした。EVA担当クルーは計画していた作業の全てを完遂できなかった。ワンタッチ式の管継手(Quick-disconnect、クイック・ディスコネクト・コネクタ、着脱コネクタ)が引っ掛かって、なかなか外れようとしなかったためであった。ウィーロック・コールドウェル・ペアは、宇宙ステーション内に入る前に「ベークアウト」("bake-out")を完了しなければならなかった。この作業は、彼らの宇宙服にアンモニアが残っていないことを確認するために必要だった。[8]
11 8月
12:27
7 hr
26 min
19:53 第24次長期滞在
ISS
クエスト
アメリカ合衆国の旗
ダグラス・ウィーロック
アメリカ合衆国の旗
トレイシー・コールドウェル
S1トラスから、故障したポンプモジュールの撤去を完了し、取り換えるポンプの準備作業を開始した。[9]
16 8月
10:20
7 hr
20 min
17:40 第24次長期滞在
ISS
クエスト
アメリカ合衆国の旗
ダグラス・ウィーロック
アメリカ合衆国の旗
トレイシー・コールドウェル
S1トラス上に新ポンプモジュールを設置した。[10]
15 November
14:55
6 hr
27 min
21:22 第25次長期滞在
ISS
ピアース
ロシアの旗
フョードル・ユールチキン
ロシアの旗
オレグ・スクリポチカ英語版
ズヴェズダに多目的ワークステーションを設置し、カメラ、および、konturを回収した。物質の物性を調べるための新しい装置を設置し、インシュレーションの下にある試料を収集した。[11]

軌道上への打ち上げの要約[編集]

国・地域別の分類[編集]

2010 Launches.svg
  中国
  欧州
  インド
  イスラエル
  日本
  ロシア
  韓国
  アメリカ
2010年の国別軌道投入数
打ち上げ 成功 失敗 部分的失敗 備考
欧州連合の旗 欧州連合 6 6 0 0
インドの旗 インド 3 1 2 0
イスラエルの旗 イスラエル 1 1 0 0
日本の旗 日本 2 2 0 0
中華人民共和国の旗 中華人民共和国 15 15 0 0
ロシアの旗 ロシア/独立国家共同体の旗 独立国家共同体 31 30 1 0
大韓民国の旗 韓国 1 0 1 0 ロシアの援助が有って打ち上げられた。自力打ち上げにあらず。
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 15 15 0 0

ロケットによる分類[編集]

ロケット・ファミリーによる分類[編集]

ロケット群 打ち上げ 成功 失敗 部分的失敗 備考
アンガラ ロシアの旗 ロシア 1 0 1 0
アリアン 欧州連合の旗 欧州連合 6 6 0 0
アトラス アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 4 4 0 0
デルタ アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 4 4 0 0
ファルコン9 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 2 2 0 0
H-II 日本の旗 日本 2 2 0 0
Jericho フランスの旗 フランス
イスラエルの旗 イスラエル
1 1 0 0
長征 中華人民共和国の旗 中華人民共和国 15 15 0 0
ミノタウロス アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 2 2 0 0
R07R-7 ロシアの旗 ロシア 13 13 0 0
R14R-14英語版ロシア語版 ロシアの旗 ロシア 1 1 0 0
R36R-36  ウクライナ 3 3 0 0
SLV インドの旗 インド 3 1 2 0
スペースシャトル アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 3 3 0 0
ユニバーサル・ロケット ロシアの旗 ロシア 14 13 1 0

ロケットのタイプによる分類[編集]

ロケット 打ち上げ国 ファミリー 打ち上げ 成功 失敗 部分的失敗 備考
アリアン5 欧州連合の旗 欧州連合 アリアン 6 6 0 0
アトラス V アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 アトラス 4 4 0 0
デルタ II アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 デルタ 1 1 0 0
デルタ IV アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 デルタ 3 3 0 0
ドニエプル  ウクライナ R-36 3 3 0 0
ファルコン9 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 ファルコン 2 2 0 0 処女飛行
GSLV インドの旗 インド SLV 2 0 2 0
H-IIA 日本の旗 日本 H-II 2 2 0 0
コスモス ロシアの旗 ロシア R-12/R-14 1 1 0 0
長征2号 中華人民共和国の旗 中華人民共和国 長征 3 3 0 0
長征3号 中華人民共和国の旗 中華人民共和国 長征 8 8 0 0
長征4号 中華人民共和国の旗 中華人民共和国 長征 4 4 0 0
ミノタウロスIV アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 ミノタウロス 2 2 0 0 処女飛行
モルニヤ-M ロシアの旗 ロシア R-7 1 1 0 0 退役
ナロ ロシアの旗 ロシア
大韓民国の旗 韓国
アンガラ 1 0 1 0
プロトン ロシアの旗 ロシア ユニバーサルロケット 12 11 1 0
PSLV インドの旗 インド SLV 1 1 0 0
シャヴィト イスラエルの旗 イスラエル Jericho 1 1 0 0
ソユーズ ロシアの旗 ロシア R-7 12 12 0 0
スペースシャトル アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 スペースシャトル 3 3 0 0
UR-100 ロシアの旗 ロシア ユニバーサルロケット 2 2 0 0

打ち上げ機の構成による分類[編集]

ロケット 種別 打ち上げ 成功 失敗 部分的失敗 備考
アリアン5 ECA 欧州連合の旗 欧州連合 アリアン5 6 6 0 0
アトラスV 401 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 アトラスV 1 1 0 0
アトラスV 501 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 アトラスV 2 2 0 0 処女飛行
アトラスV 531 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 アトラスV 1 1 0 0 処女飛行
デルタII 7420 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 デルタII 1 1 0 0 退役[12]
デルタ IV-M+(4,2) アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 デルタIV 2 2 0 0
デルタ IV-H アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 デルタIV 1 1 0 0
ドニエプル-1  ウクライナ ドニエプル 3 3 0 0
ファルコン9 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 ファルコン 2 2 0 0 処女飛行
GSLV Mk.I インドの旗 インド GSLV 1 0 1 0
GSLV Mk.II インドの旗 インド GSLV 1 0 1 0 処女飛行
H-IIA 202型 日本の旗 日本 H-IIA 2 2 0 0
コスモス3M ロシアの旗 ロシア コスモス 1 1 0 0
長征2号D 中華人民共和国の旗 中華人民共和国 長征2号 3 3 0 0
長征3号A 中華人民共和国の旗 中華人民共和国 長征3号 3 3 0 0
長征3号B 中華人民共和国の旗 中華人民共和国 長征3号 1 1 0 0
長征3号C 中華人民共和国の旗 中華人民共和国 長征3号 4 4 0 0
長征4号B 中華人民共和国の旗 中華人民共和国 長征4号 1 1 0 0
長征4号C 中華人民共和国の旗 中華人民共和国 長征4号 3 3 0 0
ミノタウロスIV アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 ミノタウロスIV 1 1 0 0 処女飛行
ミノタウロスIV/HAPS アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 ミノタウロスIV 1 1 0 0 処女飛行
モルニヤM/2BL ロシアの旗 ロシア モルニヤ 1 1 0 0 退役[1]
ナロ ロシアの旗 ロシア
大韓民国の旗 韓国
ナロ 1 0 1 0
プロトン-M/DM-2 ロシアの旗 ロシア プロトン 2 2 0 0
プロトン-M/DM-03 ロシアの旗 ロシア プロトン 1 0 1 0
プロトン-M/ブリーズ-M ロシアの旗 ロシア プロトン 9 9 0 0
PSLV-CA インドの旗 インド PSLV 1 1 0 0
ロコット/ブリーズ-KM ロシアの旗 ロシア UR-100 2 2 0 0
Shavit-2 イスラエルの旗 イスラエル Shavit 1 1 0 0
ソユーズ-2.1a/フレガート ロシアの旗 ロシア ソユーズ 2 2 0 0
ソユーズU ロシアの旗 ロシア ソユーズ 6 6 0 0
ソユーズFG ロシアの旗 ロシア ソユーズ 4 4 0 0
スペースシャトル アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 スペースシャトル 3 3 0 0

射場別の分類[編集]

射場 打ち上げ 成功 失敗 部分的失敗 備考
バイコヌール  カザフスタン 24 23 1 0
CCAFS アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 8 8 0 0
ドンバロフスキー ロシアの旗 ロシア 1 1 0 0
酒泉 中華人民共和国の旗 中華人民共和国 4 4 0 0
KSC アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 3 3 0 0
コディアック アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 1 1 0 0
クールー フランスの旗 フランス 6 6 0 0
ナロ 大韓民国の旗 韓国 1 0 1 0
パルマチン イスラエルの旗 イスラエル 1 1 0 0
プレセーツク ロシアの旗 ロシア 6 6 0 0
サティシュダワン インドの旗 インド 3 1 2 0
太原 中華人民共和国の旗 中華人民共和国 3 3 0 0
種子島 日本の旗 日本 2 2 0 0
VAFB アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 3 3 0 0
西昌 中華人民共和国の旗 中華人民共和国 8 8 0 0

軌道による分類[編集]

Orbital regime 打ち上げ 成功 失敗 偶然による達成 備考
低軌道 37 36 1 0
中軌道 4 3 1 0
静止軌道/GTO 28 26 2 0
高軌道 4 4 0 0 長楕円軌道モルニヤ軌道、および月遷移軌道も含む
太陽周回軌道 1 1 0 0 惑星間遷移軌道も含む

参考文献[編集]

総合リファレンス:

日本語

英語

脚注[編集]

  1. ^ a b Mu, Xuequan (2010年10月1日). “Russia sends military satellite into space”. Xinhua. 2010年9月30日閲覧。
  2. ^ a b c d Butler, Amy (2010年4月6日). “GBI Test Failure Result Of Two Problems”. Aviation Week. 2010年8月25日閲覧。
  3. ^ Rocket Launched Carrying Student Spacecrafts”. NASA Wallops Flight Facility (2010年3月27日). 2010年3月27日閲覧。
  4. ^ McDowell, Jonathan. “S: Suborbital launches (apogee 80+ km)”. Launch Vehicle Database. 2010年12月30日閲覧。
  5. ^ New Launch Day of Venus Climate Orbiter 'AKATSUKI' (PLANET-C) by H-IIA Launch Vehicle No. 17”. JAXA (2010年5月18日). 2010年5月18日閲覧。
  6. ^ JAXA/ISAS (2010年8月31日). “S-520-25号機 打上げ結果について” (日本語). 宇宙航空研究開発機構. 2010年11月16日閲覧。
  7. ^ Crew Completes First Expedition 22 Spacewalk”. NASA (2010年1月15日). 2010年1月15日閲覧。
  8. ^ Chris Bergin. “Opening ISS spacewalk to replace coolant pump completed”. NASASpaceflight.com. 2010年8月7日閲覧。
  9. ^ http://www.nasaspaceflight.com/2010/08/live-second-eva-with-pump-module-changeout/
  10. ^ http://www.spaceflightnow.com/station/exp24/100816eva3/index5.html
  11. ^ http://www.nasa.gov/mission_pages/station/expeditions/expedition25/russian_eva26.html
  12. ^ http://www.nasaspaceflight.com/2010/11/delta-ii-350th-last-scheduled-commercial-launch-cosmo-4/