2010年の東京ヤクルトスワローズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
2010年の東京ヤクルトスワローズ
成績
セントラル・リーグ4位
72勝68敗4分 勝率.514
本拠地
都市 東京都新宿区
球場
明治神宮野球場
Remodeled meiji jingu stadium.jpg
球団組織
オーナー 堀澄也
経営母体 ヤクルト本社
監督 高田繁小川淳司
« 2009
2011 »

2010年の東京ヤクルトスワローズ(2010ねんのとうきょうヤクルトスワローズ)では、2010年における東京ヤクルトスワローズの動向をまとめる。

この年の東京ヤクルトスワローズは、高田繁監督の3年目のシーズンである。

開幕後[編集]

シーズン序盤から借金を重ね[1]、交流戦に入ると全く勝てなくなり、交流戦開始から9連敗したところで、高田監督が辞任を申し出て、残りのシーズンをヘッドコーチの小川淳司が監督を代行することになった[2]。小川監督代行が打線を組み替え、不振のデントナに代わり、守備の不安から起用が控えられていた畠山を本職ではない外野でスタメン起用し[3]ホワイトセルを獲得すると[4]、得点力が大幅に上昇し[5]、チーム成績が急上昇した[6]。監督代行就任時に19あった借金は8月25日に完済し[7]、クライマックスシリーズに手の届く所までチームを建て直したが、序盤の借金が響き、最終的にシーズンを4位で終えた[8]。そして、翌シーズンの監督に小川監督代行が就任することが決定した[9]

チーム成績[編集]

レギュラーシーズン[編集]

開幕オーダー
1 福地寿樹
2 田中浩康
3 青木宣親
4 デントナ
5 ガイエル
6 宮本慎也
7 荒木貴裕
8 相川亮二
9 石川雅規
2010年セントラル・リーグ順位変動
順位 4月終了時 5月終了時 6月終了時 7月終了時 8月終了時 最終成績
1位 巨人 -- 巨人 -- 巨人 -- 阪神 -- 阪神 -- 中日 --
2位 阪神 2.0 阪神 4.5 阪神 5.0 巨人 0.5 巨人 1.0 阪神 1.0
3位 中日 4.5 中日 6.5 中日 8.0 中日 4.0 中日 2.5 巨人 1.0
4位 横浜 6.0 横浜 11.5 ヤクルト 15.0 ヤクルト 12.5 ヤクルト 7.0 ヤクルト 6.5
5位 広島 7.0 広島 12.5 広島 15.5 広島 18.0 広島 18.0 広島 21.5
6位 ヤクルト 7.5 ヤクルト 16.5 横浜 18.5 横浜 21.0 横浜 24.5 横浜 32.0
2010年セントラル・リーグ最終成績
順位 球団 勝率
優勝 中日ドラゴンズ 79 62 3 .560 -
2位 阪神タイガース 78 63 3 .553 1.0
3位 読売ジャイアンツ 79 64 1 .552 1.0
4位 東京ヤクルトスワローズ 72 68 4 .514 6.5
5位 広島東洋カープ 58 84 2 .408 21.5
6位 横浜ベイスターズ 48 95 1 .336 32.0

日本生命 セ・パ交流戦2010[編集]

日本生命セ・パ交流戦2010 最終成績
順位 球団 勝率
優勝 オリックス・バファローズ 16 8 0 .667 ---
2位 埼玉西武ライオンズ 14 10 0 .583 2.0
3位 福岡ソフトバンクホークス 13 10 1 .565 2.5
4位 千葉ロッテマリーンズ 13 10 1 .565 2.5
5位 東北楽天ゴールデンイーグルス 13 10 1 .565 2.5
6位 北海道日本ハムファイターズ 12 11 1 .522 3.5
7位 読売ジャイアンツ 12 12 0 .500 4.0
8位 阪神タイガース 11 12 1 .478 4.5
9位 中日ドラゴンズ 11 13 0 .458 5.0
10位 広島東洋カープ 10 12 2 .455 5.0
11位 東京ヤクルトスワローズ 9 14 1 .391 6.5
12位 横浜ベイスターズ 6 18 0 .250 10.0
  • 同率の場合は前年の順位で上位のチームが上位にランクされる

個人成績[編集]

主な投手成績[編集]

  • 色付きは規定投球回数(144イニング)以上の選手
  • 太字はリーグ最高
選手















































W
H
I
P
 
いしかわ/石川雅規 28 28 2 1 1 13 8 0 0 .619 783 186.1 209 20 27 1 7 98 9 0 81 73 3.53 1.27
むらなか/村中恭兵 28 28 0 0 0 11 10 0 0 .524 765 178.0 176 15 69 1 8 163 10 0 79 68 3.44 1.38
ゆうき/由規 25 25 2 1 0 12 9 0 0 .571 724 167.2 158 11 74 4 8 149 8 0 78 67 3.60 1.38
たてやま/館山昌平 21 21 4 4 2 12 7 0 0 .632 607 147.2 147 17 24 2 4 112 6 1 55 48 2.93 1.16
なかさわ/中澤雅人 23 20 2 1 0 7 9 0 0 .438 483 107.2 130 23 40 1 2 62 1 0 76 68 5.68 1.58
はねと/バーネット 16 15 0 0 0 4 5 0 0 .444 376 79.2 99 9 41 1 4 70 2 0 55 53 5.99 1.76
かとう/加藤幹典 8 2 0 0 0 1 1 0 0 .500 71 15.0 19 3 9 1 0 7 0 0 11 11 6.60 1.87
まつい/松井光介 21 1 0 0 0 0 1 0 0 .000 129 30.0 30 5 11 0 1 25 1 0 17 16 4.80 1.37
かわしま/川島亮 7 1 0 0 0 1 0 0 1 1.000 69 16.1 13 1 10 0 0 12 0 0 4 4 2.20 1.41
まつおか/松岡健一 73 0 0 0 0 3 4 3 34 .429 295 71.2 64 9 11 1 3 69 4 0 29 21 2.64 1.05
おしもと/押本健彦 61 0 0 0 0 3 4 0 16 .429 250 61.0 59 6 12 0 2 56 1 0 22 18 2.66 1.16
ますぶち/増渕竜義 57 0 0 0 0 2 3 0 20 .400 259 60.1 46 5 36 1 1 50 1 0 22 18 2.69 1.36
いむちやんよん/林昌勇 53 0 0 0 0 1 2 35 6 .333 214 55.2 32 3 16 1 2 53 1 0 9 9 1.46 0.86
わたなへ/渡邉恒樹 28 0 0 0 0 1 1 0 4 .500 59 13.2 13 0 6 0 1 6 1 0 7 7 4.61 1.40
いへちよん/李恵践 19 0 0 0 0 0 1 0 5 .000 73 17.2 11 4 7 0 1 18 0 0 10 10 5.09 1.02
はしもと/橋本義隆 18 0 0 0 0 1 0 0 0 1.000 92 19.0 30 2 6 0 1 14 0 1 16 12 5.68 1.89
たかき/高木啓充 11 0 0 0 0 0 1 0 1 .000 53 13.0 11 4 4 0 0 7 0 0 6 6 4.15 1.15
てらくるす/デラクルス 9 0 0 0 0 0 0 0 0 ---- 46 10.1 14 2 1 0 0 4 1 0 9 9 7.84 1.46
たかいち/高市俊 8 0 0 0 0 0 0 0 0 ---- 50 11.2 11 1 4 0 1 6 0 0 6 6 4.63 1.29

主な打撃成績[編集]

  • 色付きは規定打席(452打席)以上の選手
  • 太字はリーグ最高
  • 10打席以上の選手を表記
選手











































O
P
S
 
/[[]]|

できごと[編集]

1月[編集]

4月[編集]

5月[編集]

6月[編集]

7月[編集]

8月[編集]

  • 8月8日 - この日までの対横浜3連戦に3連勝し、セ・リーグ新記録の連続3試合で55安打[11]

9月[編集]

  • 9月16日 - ヤクルト対巨人戦(神宮)で石川雅規が先発で勝利投手となり、球団新記録の10連勝。石川は開幕から6連敗しており、6連敗した投手がその後10連勝したのはNPB史上2人目、セ・リーグ初。青木宣親が球団新記録のシーズン42二塁打[11]
  • 9月25日 - 青木宣親が対巨人戦(神宮)で2安打を放ち今季65度目のマルチ安打で、自身のもつセ・リーグ記録を更新[11]
  • 9月28日 - 石川雅規が対横浜戦でNPB史上163人目の通算1500投球回[12]

10月[編集]

  • 10月5日 - ヤクルト対阪神戦(神宮)で青木宣親がの初回に安打を放ち、通算2度目のシーズン200安打、2度のシーズン200安打はNPB史上初[11]

入団・退団[編集]

シーズン開幕前[編集]

本節では、前シーズン終了から本シーズン開幕までの入退団について記述する。

入団[編集]

選手名 背番号 前所属 備考
投手
中澤雅人 14 トヨタ自動車 ドラフト1位
山本哲哉 20 三菱重工神戸 ドラフト2位
バーネット 64 アリゾナ・ダイヤモンドバックス傘下 新外国人
平井諒 67 帝京第五高 ドラフト4位
デラクルス 70 サンディエゴ・パドレス傘下 新外国人
内野手
藤本敦士 10 阪神タイガース FA移籍
荒木貴裕 24 近畿大学 ドラフト3位
外野手
松井淳 57 日本大学国際関係学部 ドラフト5位
育成選手
麻生知史(内野手) 114 日本大学国際関係学部 育成ドラフト2位
曲尾マイケ(外野手) 117 青森山田高 育成ドラフト1位

退団[編集]

選手名 去就
投手
花田真人 ヤクルト本社で勤務
木田優夫 日本ハムに移籍
丸山貴史 社会人・西濃運輸に入部
バレット 米・独立リーグと契約
内野手
大塚淳 二軍スタッフに転身
城石憲之 守備・走塁コーチに就任
外野手
斉藤宜之 スカウトに転身
牧谷宇佐美 日本ハム・球団職員に転身
育成選手
小山田貴雄(捕手) ブルペン捕手に転身

シーズン開幕後[編集]

本節では、本シーズン開幕から本シーズン終了までの入退団について記述する。

入団[編集]

選手名 背番号 前所属 備考
渡邉恒樹(投手) 48 東北楽天ゴールデンイーグルス 6月14日、鎌田祐哉とトレード
山岸穣(投手) 51 埼玉西武ライオンズ 6月18日、米野智人とトレード
ホワイトセル(内野手) 53 ワシントン・ナショナルズ傘下 6月入団、新外国人

退団[編集]

選手名 去就
鎌田祐哉(投手) 6月14日、渡邉恒樹とトレードで楽天に移籍
米野智人(捕手) 6月18日、山岸穣とトレードで西武に移籍

選手・スタッフ[編集]

ドラフト[編集]

順位 選手名 ポジション 所属 結果
1位 山田哲人 内野手 履正社高 入団
2位 七條祐樹 投手 伯和ビクトリーズ 入団
3位 西田明央 捕手 北照高 入団
4位 又野知弥 外野手 北照高 入団
5位 久古健太郎 投手 日本製紙石巻 入団
6位 川崎成晃 外野手 熊本ゴールデンラークス 入団
育成選手ドラフト
順位 選手名 ポジション 所属 結果
1位 北野洸貴 外野手 神奈川大学 入団
2位 上野啓輔 投手 香川オリーブガイナーズ 入団
3位 佐藤貴規 外野手 仙台育英学園高 入団

出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ ヤクルト“ギラギラ”したが5連敗…借金10スポニチ2010年5月08日配信
  2. ^ 高田監督、涙の辞任「途中で投げ出して申し訳ない」スポニチ2010年5月27日配信
  3. ^ 打撃好調の畠山 出場機会増へ外野練習を敢行スポニチ2010年7月14日配信
  4. ^ ヤ助っ人・ホワイトセル来日 成功を誓うスポニチ2010年6月10日配信
  5. ^ ホワイトセル衝撃デビュー!名刺代わりの一発スポニチ2010年6月27日配信
  6. ^ [1]スポニチ2010年8月13日配信
  7. ^ ヤクルトついに5割!セ界44年ぶりの“完済劇”スポニチ2010年08月25日配信
  8. ^ 驚異の巻き返しも、小川監督代行「4位は4位」スポニチ2010年10月3日配信
  9. ^ ヤクルト来季小川監督「自分でいいのかな」スポニチ2010年09月21日配信
  10. ^ ヤクルトが新外国人獲得 スポーツニッポン2010年1月日配信
  11. ^ a b c d e f g 球団のあゆみ2010年代ヤクルト球団公式サイト
  12. ^ a b c d 18 達成記録一覧セ・リーグ公式サイト
  13. ^ 交換トレードについて楽天球団公式サイト2010年6月14日配信
  14. ^ トレードのお知らせ西武球団公式サイト2010年6月18日配信