2010年の読売ジャイアンツ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
2010年の読売ジャイアンツ
成績
CS最終ステージ敗退
CS Final 1勝3敗(対中日)
CS 1st 2勝0敗(対阪神)
セントラル・リーグ3位
79勝64敗1分 勝率.552
本拠地
都市 東京都文京区
球場
東京ドーム
Tokyo Dome 2007-2.jpg
球団組織
オーナー 滝鼻卓雄
経営母体 読売新聞グループ本社
監督 原辰徳
 < 2009 2011 > 

2010年の読売ジャイアンツ(2010ねんのよみうりジャイアンツ)では、2010年読売ジャイアンツにおける動向をまとめる。

 このシーズンの読売ジャイアンツは2回目の原辰徳監督体制の5年目(通算7年目)のシーズンである。リーグ3連覇中の巨人はシーズン序盤から好調で6月終了時点で貯金17、2位阪神に5.0ゲーム差をつけていた[1]。しかし、7月に入ると内海藤井ら先発陣、クルーン久保らリリーフ陣がともに打ち込まれるシーンが多くなり、月間チーム防御率が5点台に悪化した[2]。投手陣の崩壊により、7月を負け越し、阪神に首位を明け渡すと[3]、阪神、中日との三つ巴が終盤まで続いた[4][5]。最終的に、阪神、巨人との直接対決でともに勝ち越した中日が優勝を飾り、巨人はシーズンを3位で終えた[6]。クライマックスシリーズでは第1ステージで阪神に勝利したが、最終ステージで中日に敗れ、日本シリーズに出場できなかった[7]

チーム成績[編集]

レギュラーシーズン[編集]

開幕オーダー
1 坂本勇人
2 松本哲也
3 小笠原道大
4 ラミレス
5 亀井義行
6 エドガー
7 阿部慎之助
8 高橋由伸
9 内海哲也
2010年セントラル・リーグ順位変動
順位 4月終了時 5月終了時 6月終了時 7月終了時 8月終了時 最終成績
1位 巨人 -- 巨人 -- 巨人 -- 阪神 -- 阪神 -- 中日 --
2位 阪神 2.0 阪神 4.5 阪神 5.0 巨人 0.5 巨人 1.0 阪神 1.0
3位 中日 4.5 中日 6.5 中日 8.0 中日 4.0 中日 2.5 巨人 1.0
4位 横浜 6.0 横浜 11.5 ヤクルト 15.0 ヤクルト 12.5 ヤクルト 7.0 ヤクルト 6.5
5位 広島 7.0 広島 12.5 広島 15.5 広島 18.0 広島 18.0 広島 21.5
6位 ヤクルト 7.5 ヤクルト 16.5 横浜 18.5 横浜 21.0 横浜 24.5 横浜 32.0
期間
成績
19勝10敗
勝率.655
13勝8敗
勝率.619
12勝9敗
勝率.571
9勝12敗
勝率.429
12勝14敗
勝率.462
14勝11敗1分
勝率.560
2010年セントラル・リーグ最終成績
順位 球団 勝率
優勝 中日ドラゴンズ 79 62 3 .560 -
2位 阪神タイガース 78 63 3 .553 1.0
3位 読売ジャイアンツ 79 64 1 .552 1.0
4位 東京ヤクルトスワローズ 72 68 4 .514 6.5
5位 広島東洋カープ 58 84 2 .408 21.5
6位 横浜ベイスターズ 48 95 1 .336 32.0

日本生命 セ・パ交流戦2010[編集]

日本生命セ・パ交流戦2010 最終成績
順位 球団 勝率 前年
優勝 オリックス・バファローズ 16 8 0 .667 - 11位
2位 埼玉西武ライオンズ 14 10 0 .583 2.0 7位
3位 福岡ソフトバンクホークス 13 10 1 .565 2.5 1位
4位 千葉ロッテマリーンズ 13 10 1 .565 2.5 8位
5位 東北楽天ゴールデンイーグルス 13 10 1 .565 2.5 10位
6位 北海道日本ハムファイターズ 12 11 1 .522 3.5 6位
7位 読売ジャイアンツ 12 12 0 .500 4.0 5位
8位 阪神タイガース 11 12 1 .478 4.5 9位
9位 中日ドラゴンズ 11 13 0 .458 5.0 4位
10位 広島東洋カープ 10 12 2 .455 5.0 3位
11位 東京ヤクルトスワローズ 9 14 1 .391 6.5 2位
12位 横浜ベイスターズ 6 18 0 .250 10.0 12位
  • 同率の場合は前年の順位で上位のチームが上位にランクされる


クライマックスシリーズ[編集]

ダンディハウス クライマックス セ・ファーストステージ
日付 試合 ビジター球団(先攻) スコア ホーム球団(後攻) 開催球場
10月16日(土) 第1戦 読売ジャイアンツ 3-1 阪神タイガース 阪神甲子園球場
10月17日(日) 第2戦 読売ジャイアンツ 7-6 阪神タイガース
勝者:中日ドラゴンズ
2010 クライマックス・セ ファイナルステージ
日付 試合 ビジター球団(先攻) スコア ホーム球団(後攻) 開催球場
アドバンテージ 読売ジャイアンツ 中日ドラゴンズ
10月20日(水) 第1戦 読売ジャイアンツ 0-5 中日ドラゴンズ ナゴヤドーム
10月21日(木) 第2戦 読売ジャイアンツ 0-2 中日ドラゴンズ
10月22日(金) 第3戦 読売ジャイアンツ 3-2 中日ドラゴンズ
10月23日(土) 第4戦 読売ジャイアンツ 3-4 中日ドラゴンズ
勝者:中日ドラゴンズ

個人成績[編集]

主な投手成績[編集]

  • 色付きは規定投球回数(144イニング)以上の選手
  • 太字はリーグ最高
選手















































W
H
I
P
 
とうの/東野峻 27 26 1 1 1 13 8 0 0 .619 673 157.0 152 11 55 1 9 140 4 1 64 57 3.27 1.32
うつみ/内海哲也 27 26 2 1 1 11 8 0 0 .579 636 148.0 168 14 32 3 4 121 1 0 84 72 4.38 1.35
こんされす/ゴンザレス 25 24 0 0 0 5 13 0 0 .278 585 132.2 161 12 32 1 11 88 6 0 80 78 5.29 1.45
ふしい/藤井秀悟 23 22 0 0 0 7 3 0 0 .700 501 122.0 107 16 34 2 6 91 4 3 53 51 3.76 1.16
にしむら/西村健太朗 14 14 0 0 0 4 5 0 0 .444 325 73.2 85 10 18 0 6 38 2 0 45 37 4.52 1.40
あさい/朝井秀樹 10 8 0 0 0 4 1 0 1 .800 191 49.1 39 2 9 0 0 35 2 0 15 11 2.01 0.97
おひすほ/オビスポ 14 7 0 0 0 2 3 0 1 .400 223 48.1 60 9 18 1 7 22 2 0 33 28 5.21 1.61
ふくた/福田聡志 18 6 0 0 0 3 4 0 0 .429 182 44.0 36 4 17 0 3 22 0 1 19 18 3.68 1.20
くらいしんか/グライシンガー 6 6 0 0 0 0 2 0 0 .000 96 21.1 31 5 1 0 1 16 0 0 14 13 5.48 1.50
やまくち/山口鉄也 73 2 0 0 0 8 3 5 20 .727 364 88.2 80 10 16 1 8 85 6 0 33 30 3.05 1.08
たかき/高木康成 21 1 0 0 0 1 1 0 3 .500 100 24.2 15 1 11 1 2 19 3 0 3 3 1.09 1.05
くほ/久保裕也 79 0 0 0 0 8 1 1 32 .889 376 91.0 72 8 23 4 7 96 5 0 28 28 2.77 1.04
おち/越智大祐 59 0 0 0 0 4 4 5 21 .500 239 56.1 52 6 23 1 2 49 3 0 22 20 3.20 1.33
くるん/クルーン 52 0 0 0 0 4 3 25 5 .571 216 50.2 35 5 29 0 0 73 4 0 25 24 4.26 1.26
まいける/MICHEAL 37 0 0 0 0 1 0 1 5 1.000 168 42.0 35 4 9 0 1 33 0 0 12 9 1.93 1.05
ほしの/星野真澄 34 0 0 0 0 0 0 0 1 ---- 156 34.1 32 7 18 1 3 24 1 0 17 15 3.93 1.46
かねと/金刃憲人 21 0 0 0 0 1 0 0 4 1.000 91 19.2 22 4 8 0 1 18 2 0 15 11 5.03 1.53
とよた/豊田清 16 0 0 0 0 1 1 0 3 .500 70 14.1 22 3 6 0 0 18 0 0 7 7 4.40 1.96
のまくち/野間口貴彦 12 0 0 0 0 1 2 0 0 .333 89 19.1 22 6 9 0 1 12 0 0 16 14 6.52 1.60
こはやし/小林雅英 12 0 0 0 0 0 0 1 1 ---- 64 14.0 19 0 5 0 0 2 1 1 8 8 5.14 1.71

主な打撃成績[編集]

  • 色付きは規定打席(446打席)以上の選手
  • 太字はリーグ最高
  • 10打席以上の選手を表記
選手











































O
P
S
 
さかもと/坂本勇人 144 676 609 107 171 35 4 31 307 85 14 4 10 7 47 2 3 83 6 .281 .332 .504 .836
らみれす/ラミレス 144 606 566 93 172 28 0 49 347 129 1 2 0 7 21 1 12 98 14 .304 .338 .613 .951
おかさわら/小笠原道大 137 591 510 83 157 24 1 34 285 90 1 0 0 5 73 2 3 101 9 .308 .394 .559 .953
あへ/阿部慎之助 140 569 498 85 140 27 2 44 303 92 0 0 1 1 58 3 11 91 8 .281 .368 .608 .976
わきや/脇谷亮太 132 459 414 65 113 14 8 7 164 43 28 5 6 1 35 4 3 80 5 .273 .333 .396 .729
ちようの/長野久義 128 459 430 66 124 24 3 19 211 52 12 4 2 0 25 4 2 72 10 .288 .330 .491 .821
まつもと/松本哲也 94 350 317 49 91 13 2 0 108 22 17 4 12 0 17 0 4 56 4 .287 .331 .341 .672
たかはし/高橋由伸 116 332 280 30 75 9 0 13 123 56 2 0 0 6 44 1 2 75 6 .268 .364 .439 .804
えとか/エドガー 100 327 289 26 76 18 1 12 132 44 2 2 2 1 34 3 1 67 7 .263 .342 .457 .798
かめい/亀井義行 71 220 205 22 38 13 0 5 66 17 4 2 1 2 9 0 3 38 4 .185 .228 .322 .550
たに/谷佳知 84 195 176 16 42 6 0 2 54 10 2 3 4 1 13 1 1 32 4 .239 .293 .307 .600
いすんよふ/李承燁 56 108 92 13 15 1 0 5 31 11 1 0 1 0 12 0 3 26 0 .163 .280 .337 .617
ふるき/古城茂幸 67 96 82 10 20 1 0 2 27 7 2 1 1 0 10 1 3 17 3 .244 .347 .329 .676
やの/矢野謙次 42 88 74 8 23 4 1 2 35 13 0 2 4 0 10 0 0 11 1 .311 .393 .473 .866
つるおか/鶴岡一成 32 43 35 4 8 1 0 0 9 0 0 0 3 0 3 1 2 8 2 .229 .325 .257 .582
くとう/工藤隆人 40 30 26 3 6 0 0 0 6 2 0 0 0 0 0 0 4 11 0 .231 .333 .231 .564
すすき/鈴木尚広 61 26 25 15 7 0 0 0 7 4 10 5 0 0 1 0 0 9 1 .280 .308 .280 .588
おたしま/小田嶋正邦 14 15 14 0 3 0 0 0 3 1 0 0 0 0 1 0 0 5 0 .214 .267 .214 .481

できごと[編集]

1月[編集]

4月[編集]

  • 4月1日 - アレックス・ラミレスが対横浜戦(横浜)で今季初本塁打を放ち、日米通算300本塁打と外国人選手最多の通算9満塁本塁打[11]
  • 4月2日 - 内野守備走塁コーチの木村拓也が対広島戦(マツダスタジアム)の試合前に倒れ、病院に運ばれ、くも膜下出血と診断された
  • 4月7日 - 2日の対広島戦(マツダ)の試合前に倒れた内野守備走塁コーチの木村拓也がくも膜下出血で死去。[12]
  • 4月10日 - アレックス・ラミレスが対中日戦でNPB史上37人目の通算1000打点[13]

5月[編集]

7月[編集]

8月[編集]

  • 8月7日 - 小笠原道大が対広島戦でNPB史上29人目の通算350二塁打[13]

9月[編集]

  • 9月15日 - 内海哲也が対ヤクルト戦でNPB史上323人目の通算1000投球回[13]
  • 9月19日 - アレックス・ラミレスが対阪神戦でNPB史上47人目の通算3000塁打[13]
  • 9月21日 - 小笠原道大が対横浜戦でNPB史上24人目の通算3500塁打[13]

11月[編集]

入団・退団[編集]

シーズン開幕前[編集]

本節では、前シーズン終了から本シーズン開幕までの入退団について記述する。

入団[編集]

選手名 前所属 備考
投手
13 高木康成 オリックス・バファローズ 木佐貫洋とトレード
19 土本恭平 JR東海 ドラフト3位
30 小林雅英 クリーブランド・インディアンス傘下 日本球界復帰
32 小野淳平 日本文理大学 ドラフト5位
63 中里篤史 中日ドラゴンズ 自由契約
99 藤井秀悟 北海道日本ハムファイターズ FA移籍
捕手
27 市川友也 鷺宮製作所 ドラフト4位
64 鬼屋敷正人 近畿大学工業高専 ドラフト2位
内野手
38 エドガー サンディエゴ・パドレス 新外国人
外野手
7 長野久義 Honda ドラフト1位
育成選手
100 星野真澄 信濃グランセローズ 育成ドラフト1位
110 大立恭平 岡山商科大学 育成ドラフト4位
111 河野元貴 九州国際大学付属高 育成ドラフト2位
112 神田直輝 群馬大学教育学部 育成ドラフト5位
118 黄志龍 台湾・国立体育大学 新外国人

退団[編集]

選手名 去就
投手
高橋尚成 FA権行使し、米・メッツとマイナー契約
木佐貫洋 高木康成とトレードでオリックスに移籍
会田有志 2軍トレーニングコーチ補佐に就任
歌藤達夫
バーンサイド 韓国・ネクセンと契約
内野手
木村拓也 1軍内野守備走塁コーチに就任
岩舘学 金銭トレードで日本ハムに移籍
アルフォンゾ 米・独立リーグと契約
育成選手
佐藤弘祐 ブルペン捕手に転身
大抜亮祐 巨人・打撃投手に転身

シーズン開幕後[編集]

本節では、本シーズン開幕から本シーズン終了までの入退団について記述する。

入団[編集]

選手名 前所属 備考
投手
68 朝井秀樹 東北楽天ゴールデンイーグルス 7月26日、栂野雅史とトレード
育成選手
117 ノエル ドミニカ共和国 9月27日入団、新外国人

退団[編集]

選手名 去就
投手
栂野雅史 7月26日、朝井秀樹とトレードで楽天に移籍

選手・スタッフ[編集]

[16]

  • 背番号変更
  • 守備位置登録変更
  • 登録名変更
  • 育成→支配下
  • 支配下→育成

ドラフト[編集]

順位 選手名 ポジション 所属 結果
1位 澤村拓一 投手 中央大学 入団
2位 宮國椋丞 投手 糸満高 入団
3位 田中太一 投手 大分工業高 入団
4位 小山雄輝 投手 天理大学 入団
育成選手ドラフト
順位 選手名 ポジション 所属 結果
1位 和田凌太 内野手 県立広島工業高 入団
2位 岸敬祐 投手 愛媛マンダリンパイレーツ 入団
3位 福泉敬大 投手 神戸9クルーズ 入団
4位 荻野貴幸 内野手 愛知工業大学 入団
5位 財前貴男 内野手 エイデン愛工大OB BLITZ 入団
6位 成瀬功亮 投手 旭川実業高 入団
7位 川口寛人 内野手 西多摩倶楽部 入団
8位 丸毛謙一 外野手 大阪経済大学 入団

出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 原監督 歴代単独4位517勝!スポニチ2010年6月27日配信(27日時点での貯金とゲーム差)
  2. ^ 内海3被弾…先発陣の不安は依然拭えずスポニチ2010年7月29日配信
  3. ^ サヨナラ男だ!坂本弾で虎に0・5差離されん!スポニチ2010年7月29日配信
  4. ^ “鬼門”ナゴヤで7連敗…巨人3位転落スポニチ2010年9月4日配信
  5. ^ 内海で残った!2年ぶり10勝、逆転Vへ2位浮上スポニチ2010年9月23日配信
  6. ^ 原・巨人、V4の夢散る「この結果、悔しい…」スポニチ2010年9月30日配信
  7. ^ 原監督「相手が一枚上」最後に意地も脱帽スポニチ2010年10月24日配信
  8. ^ 東京D 外野フェンスにネット設置スポーツニッポン2010年1月20日配信
  9. ^ 巨人 河本2軍コーチを発表 スポーツニッポン2010年1月25日配信
  10. ^ 松本の背番号は64から31に変更 スポーツニッポン2010年1月26日配信
  11. ^ 外国人最多の満塁弾9本目!スポーツニッポン 4月1日配信
  12. ^ 木村拓也コーチ死去スポーツニッポン 4月7日配信
  13. ^ a b c d e f g 18 達成記録一覧セ・リーグ公式サイト
  14. ^ 交換トレードについて楽天球団公式サイト2010年7月26日配信
  15. ^ 読売ジャイアンツと交換トレードが成立日本ハム球団公式サイト2010年11月5日配信
  16. ^ 読売巨人軍公式HP 背番号変遷”. 2015年10月5日閲覧。