2010年アジア競技大会における柔道競技

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

2010年アジア競技大会における柔道競技は2010年11月13日から16日の4日間にわたって、中国の広州で開催された[1]。              

大会結果[編集]

男子[編集]

階級
60kg以下級 ウズベキスタンの旗 リショド・ソビロフ 日本の旗 平岡拓晃 中華人民共和国の旗 阿拉木斯
大韓民国の旗 崔敏浩
66kg以下級 大韓民国の旗 金周珍 ウズベキスタンの旗 ミルゾヒド・ファルモノフ 日本の旗 森下純平
朝鮮民主主義人民共和国の旗 ホン・ククヒョン
73kg以下級 日本の旗 秋本啓之 大韓民国の旗 王己春 ウズベキスタンの旗 ナフルズ・ユラコビロフ
タジキスタンの旗 ラスル・ボキエフ
81kg以下級 大韓民国の旗 金宰範 日本の旗 高松正裕
カザフスタンの旗 イスラーム・ボズバエフ
該当者なし
90kg以下級 日本の旗 小野卓志 ウズベキスタンの旗 ディルショド・チョリエフ チャイニーズタイペイの旗 曽漢捷
大韓民国の旗 李奎遠
100kg以下級 大韓民国の旗 黄禧太 日本の旗 穴井隆将 カザフスタンの旗 マクシム・ラコフ
ウズベキスタンの旗 ラムジディン・サイドフ
100kg超級 大韓民国の旗 金洙完 ウズベキスタンの旗 アブドゥロ・タングリエフ 日本の旗 上川大樹
イランの旗 ムハンマド・レザ・ロダキ
無差別 日本の旗 高橋和彦 イランの旗 ムハンマド・レザ・ロダキ モンゴルの旗 ムンフバータル・ハドバータル
ウズベキスタンの旗 ウトキル・クルバノフ

女子[編集]

階級
48kg以下級 中華人民共和国の旗 呉樹根 日本の旗 福見友子 モンゴルの旗 バリジニャム・バトエルデネ
大韓民国の旗 鄭貞娟
52kg以下級 日本の旗 中村美里 モンゴルの旗 ムンフバータル・ブンドゥマー 中華人民共和国の旗 何紅梅
朝鮮民主主義人民共和国の旗 安琴愛
57kg以下級 日本の旗 松本薫 大韓民国の旗 金珍迪 チャイニーズタイペイの旗 連珍羚
モンゴルの旗 トゥメンオド・バトゥーグス
63kg以下級 日本の旗 上野順恵 チャイニーズタイペイの旗 王沁芳 朝鮮民主主義人民共和国の旗 金秀京
大韓民国の旗 孔慈英
70kg以下級 大韓民国の旗 黄藝瑟 朝鮮民主主義人民共和国の旗 薛京 モンゴルの旗 ツェンドアユシュ・ナランジャルガル
中華人民共和国の旗 陳飛
78kg以下級 大韓民国の旗 鄭敬美 日本の旗 緒方亜香里 カザフスタンの旗 ガリヤ・ウルメンタエワ
中華人民共和国の旗 楊秀麗
78kg超級 日本の旗 杉本美香 中華人民共和国の旗 秦茜 カザフスタンの旗 グルジャン・イサノワ
大韓民国の旗 金ナ永
無差別 中華人民共和国の旗 劉歓縁 大韓民国の旗 金ナ永 日本の旗 田知本愛
モンゴルの旗 ドルジゴトビン・ツェレンハンド

各国メダル数[編集]

国・地域
1 日本の旗 日本 7 5 3 15
2 大韓民国の旗 韓国 6 3 5 14
3 中華人民共和国の旗 中国 2 1 4 7
4  ウズベキスタン 1 3 3 7
5 モンゴルの旗 モンゴル 0 1 5 6
6  カザフスタン 0 1 3 4
朝鮮民主主義人民共和国の旗 北朝鮮 0 1 3 4
8 チャイニーズタイペイの旗 チャイニーズタイペイ 0 1 2 3
9 イランの旗 イラン 0 1 1 2
10 タジキスタンの旗 タジキスタン 0 0 1 1
Total 16 17 30 63

判定を巡る騒動等[編集]

  • 48kg級決勝の福見友子対中国の呉樹根戦では、呉が終始防戦一方であったにもかかわらず、2-1ながら判定勝ちを収めることになった。これに対して、女子代表監督の園田隆二は「(福見には)アグレッシブさがあり、国際柔道連盟が求める柔道をしていた」、国際柔道連盟審判委員の川口孝夫も「3-0で福見が勝っていた」、さらに強化委員長の吉村和郎も「あんな判定をしていたら中国自体が疑われる。100人が見たら、100人が福見の勝ちだと言う」と不可解な判定に異議を唱えた。地元の観客の異常なまでの盛り上がりが、主審のモンゴル人審判・副審の韓国人審判に影響を与えたとも指摘されている[2][3]
  • 63kg級準決勝の上野順恵対北朝鮮の金秀京戦では、上野が「グーで5、6発も殴られた」格好になり、左目が大きく腫れ上がる事態になったものの、指導2で勝利した。この試合で審判は金秀京の反則を取らなかった。試合後の検査では打撲と診断された。全柔連は今回の件で国際柔道連盟に上野が殴られた準決勝の映像を提出して問題提起した[4][5][6]

脚注[編集]

                                 

外部サイト[編集]