2010年レッドブル・エアレース・ワールドシリーズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
2010年のレッドブル・エアレース世界選手権
前年: 2009 翌年: 2014
ポール・ボノムハンネス・アルヒを4ポイント上回り、2連覇を果たした。

2010年レッドブル・エアレース・ワールドシリーズでは、2010年に開催された通算8回目のレッドブル・エアレース・ワールドシリーズについて述べる。

ポール・ボノムが2度の優勝を含む、6戦全てで3位以内という好成績を修め、前年に続き総合優勝、2連覇を果たした。ハンネス・アルヒは他の4戦で優勝したが、アブダビで行われたシーズン初戦での11位という結果が響き、ボノムより4ポイント下回った。ナイジェル・ラムは3度ずつ2位と4位にランクインした。

シーズン最終戦で、大会を主催するオーストリアの現地法人、レッドブル・エアレースGmbHは、シリーズの改革と強化、商業面での発展のために、2011年の大会を中止することを発表した[1]

パイロットと使用機[編集]

初戦アブダビ戦
No. パイロット 使用機 ラウンド
4 カービー・チャンブリス エッジ 540 全戦
5 ピーター・ベゼネイ MXS-R 全戦
7 アジウソン・キンドルマン[2] MXS-R 1
8 マルティン・ソンカ エッジ 540 全戦
9 ナイジェル・ラム MXS-R 全戦
18 セルゲイ・ラクマニン MXS-R 全戦
21 マティアス・ドルダラー エッジ 540 全戦
27 ニコラス・イワノフ エッジ 540 全戦
28 ハンネス・アルヒ エッジ 540 全戦
31 室屋義秀 エッジ 540 1–4, 6
36 アレハンドロ・マクレアン MXS-R 全戦
55 ポール・ボノム エッジ 540 全戦
84 ピート・マクロード エッジ 540 全戦
95 マット・ホール MXS-R 1–4, 6
99 マイケル・グーリアン エッジ 540 全戦

本年より、引退したマイク・マンゴールドグレン・デルに代わって、チェコのマルティン・ソンカとブラジルのアジウソン・キンドルマンが新たに参加することとなった。

レース日程と結果[編集]

ラウンド 地域 開催日 予選第1位 優勝者 使用機
1 アラブ首長国連邦の旗 アラブ首長国連邦 アブダビ 3月26日・27日 オーストリアの旗 ハンネス・アルヒ イギリスの旗 ポール・ボノム エッジ 540
2 オーストラリアの旗 オーストラリア パーススワン川 4月17日・18日 イギリスの旗 ポール・ボノム オーストリアの旗 ハンネス・アルヒ エッジ 540
3 ブラジルの旗 ブラジル リオデジャネイロフラメンゴ・ビーチ 5月8日・9日 オーストリアの旗 ハンネス・アルヒ オーストリアの旗 ハンネス・アルヒ エッジ 540
4 カナダの旗 カナダ オンタリオ州ウィンザー 6月5日・6日 イギリスの旗 ナイジェル・ラム オーストリアの旗 ハンネス・アルヒ エッジ 540
5 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 ニューヨーク 6月19日・20日 オーストリアの旗 ハンネス・アルヒ イギリスの旗 ポール・ボノム エッジ 540
6 ドイツの旗 ドイツ ユーロスピードウェイ・ラウジッツ 8月7日・8日 イギリスの旗 ポール・ボノム オーストリアの旗 ハンネス・アルヒ エッジ 540
7 ハンガリーの旗 ハンガリー ブダペストドナウ川 中止[3]
8 ポルトガルの旗 ポルトガル リスボン 中止[4]

順位及び得点[編集]

順位 1位 2位 3位 4位 5位 6位 7位 8位 9位 10位 11位 12位-15位 予選1位
ポイント 12 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 0 1

(*) マークは、予選第1位による追加ポイントがあったことを示す。

順位 パイロット 第1戦
アラブ首長国連邦の旗
第2戦
オーストラリアの旗
第3戦
ブラジルの旗
第4戦
カナダの旗
第5戦
アメリカ合衆国の旗
第6戦
ドイツの旗
総得点
1 イギリスの旗 ポール・ボノム 1 3* 3 2 1 2* 64
2 オーストリアの旗 ハンネス・アルヒ 11* 1 1* 1 4* 1 60
3 イギリスの旗 ナイジェル・ラム 2 4 2 4* 2 4 55
4 アメリカ合衆国の旗 カービー・チャンブリス 6 8 5 3 3 6 41
5 カナダの旗 ピート・マクロード 5 5 7 9 5 8 33
6 フランスの旗 ニコラス・イワノフ 9 6 6 7 6 5 33
7 オーストラリアの旗 マット・ホール 8 2 4 DSQ DSQ 3 31
8 ドイツの旗 マティアス・ドルダラー 7 7 10 5 10 7 26
9 アメリカ合衆国の旗 マイケル・グーリアン 4 11 8 6 7 13 24
10 ハンガリーの旗 ピーター・ベゼネイ 3 10 11 10 8 9 21
11 スペインの旗 アレハンドロ・マクレアン 12 13 9 11 9 10 9
12 日本の旗 室屋義秀 10 9 12 DNS DNS 12 5
13 ロシアの旗 セルゲイ・ラクマニン 15 12 14 8 12 14 4
14 チェコの旗 マルティン・ソンカ 13 14 13 12 11 11 2
15 ブラジルの旗 アジウソン・キンドルマン 14 EX EX EX EX EX 0
順位 パイロット 第1戦
アラブ首長国連邦の旗
第2戦
オーストラリアの旗
第3戦
ブラジルの旗
第4戦
カナダの旗
第5戦
アメリカ合衆国の旗
第6戦
ドイツの旗
総得点

事故[編集]

2010年4月15日現地時間午前11時50分(3時50分〈UTC〉)頃、第2戦が行われるオーストラリアパーススワン川に、練習中だったブラジルのパイロット、アジウソン・キンドルマンMXS-Rが墜落した[5]。救急隊が駆けつけたのが早かったため、ロイヤル・パース・ホスピタルへ搬送されたが、重傷ではないと診断された[2]。前日の14日に、パイロットたちは水難訓練を受けていた。

キンドルマンはブラジル国内の曲技飛行の大会のアンリミテッド・カテゴリで3度の優勝経験があり、南米から初めてエアレースに参戦した選手だった。レッドブル・エアレースの公式サイトによると、キンドルマンの曲技飛行の経験は18年、総フライト時間は11000時間以上で、曲技飛行だけでも1200時間に上り、ブラジル国内で300回以上航空ショーをこなしていた[6][7]

カナダウィンザーでは、予選に臨んでいたマット・ホールが危うくデトロイト川に墜落しそうになった[8]。ターン時にかかる高いGの連続で揚力を失い、再加速する前に両翼と車輪が水面につき、重大な墜落事故になりかけた[9]。ホールの機体は大きなダメージを受け本選失格となり、ニューヨークで行われる次戦も欠場した。

2010年8月17日、スペイントレド県カサルビオス・デル・モンテで練習中だったスペインのパイロット、アレハンドロ・マクレアンが地面に墜落して死亡した[10]

出典[編集]

  1. ^ World Championship confirms one-year break in 2011
  2. ^ a b Red Bull Plane Crashes into River”. TheWest.com.au (2010年4月15日). 2010年4月15日閲覧。
  3. ^ Champion to be crowned in Germany following Budapest cancellation”. RedBullAirRace.com (2010年7月13日). 2010年7月16日時点のオリジナルよりアーカイブ。2010年7月14日閲覧。
  4. ^ Final round of the World Championship 2010 in Portugal Cancelled”. RedBullAirRace.com (2010年7月7日). 2010年7月14日閲覧。
  5. ^ "MX Aircraft News ", MX Aircraft, 2010年2月11日, 2010年4月15日閲覧
  6. ^ "Profile-Adilson Kindlemann ", レッドブル・エアレース, 2010年4月15日閲覧
  7. ^ Air-race plane crashes into river ”, ジ・エイジ, 2010年4月15日, 2010年4月15日閲覧
  8. ^ Detroit Free Press: Pilot Matt Hall tells how he avoided crash into Detroit River
  9. ^ Australia's Race Pilot, Matt Hall will not compete in New York
  10. ^ Red Bull Air Race pilot killed during stunt flight”. thenational.ae. 2010年8月22日時点のオリジナルよりアーカイブ。2010年8月17日閲覧。