2010 FIFA U-17女子ワールドカップ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
2010 FIFA U-17女子ワールドカップ
2010 FIFA U-17 Women's World Cup
大会概要
開催国 トリニダード・トバゴの旗 トリニダード・トバゴ
日程 2010年9月5日 - 9月25日
チーム数 16 (6連盟)
開催地数(5都市)
大会結果
優勝  韓国 (1回目)
準優勝  日本
3位  スペイン
4位  北朝鮮
大会統計
試合数 32試合
ゴール数 125点
(1試合平均 3.91点)
総入場者数 141,622人
(1試合平均 4,426人)
得点王 大韓民国の旗 余珉知(8点)
最優秀選手 大韓民国の旗 余珉知
 < 20082012

2010 FIFA U-17女子ワールドカップ: FIFA U-17 Women's World Cup Trinidad & Tobago 2010)は、2010年9月5日から9月25日にかけてトリニダード・トバゴで開催された、第2回目のFIFA U-17女子ワールドカップである。6大陸団体の代表および開催国のトリニダード・トバゴの計16ヶ国が参加した。韓国が優勝し[1]、同国代表の余珉知が大会最優秀選手および大会得点王となった[1]

開催国・大会エンブレムの決定[編集]

2008年5月26日から27日にかけてオーストラリアシドニーにて行われたFIFAの総会にて、トリニダード・トバゴが開催国となる事が決定した[2]。トリニダード・トバゴサッカー連盟は、カナダ代表監督であったエヴェン・ペレルッド (Even Pellerud) を招聘、ペレルッドはU-17代表監督に就任した[2][3]。2009年9月12日にポートオブスペインにて開催されたガーラ・セレモニーにて、同国の楽器であるスティールパンを用いたエンブレムが披露された[4]

出場国[編集]

予選大会にあたる大会は、2009年から翌2010年にかけて開催された。出場枠はAFCCAFCONMEBOLUEFAが各3枠、CONCACAFが2枠、OFCが1枠、そして開催国が1枠と割り振られた[5]

大陸連盟 出場
枠数
予選大会 予選順位 出場国・地域 出場回数
CONCACAF 1+2 開催国  トリニダード・トバゴ 初出場
CONCACAF U-17女子選手権 1位  カナダ 2大会連続2回目
2位  メキシコ 初出場
AFC 3 AFC U-16女子選手権 1位  韓国 2大会連続2回目
2位  北朝鮮 2大会連続2回目
3位  日本 2大会連続2回目
CAF 3 CAN U-17女子選手権 1組1位  ナイジェリア 2大会連続2回目
2組1位  ガーナ 2大会連続2回目
3位  南アフリカ共和国 初出場
CONMEBOL 3 U-17スダメリカーノ・フェメニーノ 1位  ブラジル 2大会連続2回目
2位  チリ 初出場
3位  ベネズエラ 初出場
OFC 1 オセアニア予選 1位  ニュージーランド 2大会連続2回目
UEFA 3 UEFA U-17女子選手権 1位  スペイン 初出場
2位  アイルランド 初出場
3位  ドイツ 2大会連続2回目
出場国一覧。緑:グループA、青:グループB、赤:グループC、黒:グループD。

ナイジェリア女子代表の出場問題[編集]

2010年6月30日、ナイジェリアグッドラック・ジョナサン大統領により、ナイジェリアサッカー協会が組織するチームを、FIFA主催大会へ2年間出場させないとの声明がなされ[6]、これによりU-17ナイジェリア代表の出場が危ぶまれた。しかし翌7月5日、この声明は撤回された[7]

選手一覧[編集]

会場一覧[編集]

2001 FIFA U-17世界選手権開催のため、2001年に建設された4スタジアムに、ポートオブスペイン市内のヘイズリー・クロフォード・スタジアムを加えた5つのスタジアムが、会場として用いられた:

ポートオブスペイン アリマ コウヴァ サンフェルナンド スカボロー
ヘイズリー・クロフォード・スタジアム ラリー・ゴメス・スタジアム アト・ボルドン・スタジアム マニー・ラムジョン・スタジアム ドワイト・ヨーク・スタジアム
北緯10度39分41.48秒 西経61度31分58.92秒 / 北緯10.6615222度 西経61.5330333度 / 10.6615222; -61.5330333 (Hasely Crawford Stadium) 北緯10度36分59.00秒 西経61度16分57.00秒 / 北緯10.6163889度 西経61.2825000度 / 10.6163889; -61.2825000 (Larry Gomes Stadium Stadium) 北緯10度25分29.00秒 西経61度25分02.00秒 / 北緯10.4247222度 西経61.4172222度 / 10.4247222; -61.4172222 (Ato Boldon Stadium) 北緯10度18分12.00秒 西経61度26分30.00秒 / 北緯10.3033333度 西経61.4416667度 / 10.3033333; -61.4416667 (Manny Ramjohn Stadium) 北緯11度10分53.17秒 西経60度43分00.86秒 / 北緯11.1814361度 西経60.7169056度 / 11.1814361; -60.7169056 (Ato Boldon Stadium)
収容人数: 27,000人 収容人数: 10,000人 収容人数: 10,000人 収容人数: 10,000人 収容人数: 7,500人
Hasely Crawford Stadium, Trinidad.jpg Gthumb.svg Gthumb.svg Gthumb.svg Gthumb.svg
2010 FIFA U-17女子ワールドカップ (トリニダード・トバゴ)

結果[編集]

グループリーグ[編集]

参加国は4か国よりなる4つのグループに分かれて総当り1回戦のリーグ戦を行い、各グループ上位2か国が準々決勝へと進む。グループリーグの組み合わせを決定するためのドローイングが2010年5月5日、ポートオブスペインにて開催された[8]

グループリーグにおける順位決定基準は以下の通り。2か国以上が同点の場合は次の番号の基準で順位を決定する:

  1. 総勝ち点数が最も多い国
  2. 得失点差が最も多い国
  3. 総得点数が最も多い国

これら3基準全てが同点の国が2か国以上ある場合、以下の基準で順位を決定する:

  1. 当該国間の直接対決において総勝ち点数が最も多い国
  2. 当該国間の直接対決において得失点差が最も多い国
  3. 当該国間の直接対決において総得点数が最も多い国
  4. フェアプレーポイント (グループリーグ戦における警告・退場数)
  5. 抽選
  • 開催日時はすべて現地時間(UTC-4)による。

グループ A[編集]

チーム
1  ナイジェリア 3 3 0 0 10 3 +7 9
2  北朝鮮 3 2 0 1 6 3 +3 6
3  トリニダード・トバゴ 3 1 0 2 3 4 −1 3
4  チリ 3 0 0 3 1 10 −9 0


ナイジェリア  3 - 2  北朝鮮
オコビ 3分にゴール 3分79分
オーデガ 77分にゴール 77分
レポート 金秀京 28分にゴール 28分
キム・クムジョン 58分にゴール 58分
ポートオブスペイン, ヘイズリー・クロフォード・スタジアム
観客数: 13,646人
主審: フィンランド キルシ・ヘイッキネン

トリニダード・トバゴ  2 - 1  チリ
シモンズ 9分にゴール 9分
ハインズ 80分にゴール 80分
レポート ロトフェルド 83分にゴール 83分
ポートオブスペイン, ヘイズリー・クロフォード・スタジアム
観客数: 13,646人
主審: ハンガリー ガアール・ジェンジ


北朝鮮  3 - 0  チリ
キム・クムジョン 44分にゴール 44分73分
ポン・ソンファ 85分にゴール 85分 (PK)
レポート
サンフェルナンド, マニー・ラムジョン・スタジアム
観客数: 10,000人
主審: フィジー フィナウ・ヴリヴリ

トリニダード・トバゴ  1 - 2  ナイジェリア
ハインズ 36分にゴール 36分 レポート オーデガ 28分にゴール 28分
アイラ 86分にゴール 86分
サンフェルナンド, マニー・ラムジョン・スタジアム
観客数: 10,000人
主審: オーストリア ターニャ・シェット


北朝鮮  1 - 0  トリニダード・トバゴ
金秀京 3分にゴール 3分 レポート
コウヴァ, アト・ボルドン・スタジアム
観客数: 8,000人
主審: ギリシャ タリア・ミッツィ

チリ  0 - 5  ナイジェリア
レポート オーデガ 15分にゴール 15分
アイラ 41分にゴール 41分51分72分
オコビ 90+1分にゴール 90+1分
アリマ, ラリー・ゴメス・スタジアム
観客数: 2,335人
主審: カナダ ミシェル・パイ


グループ B[編集]

チーム
1  ドイツ 3 3 0 0 22 1 +21 9
2  韓国 3 2 0 1 7 5 +2 6
3  メキシコ 3 1 0 2 5 13 −8 3
4  南アフリカ共和国 3 0 0 3 2 17 −15 0


ドイツ  9 - 0  メキシコ
ロッツェン 4分にゴール 4分35分
ペーターマン 12分にゴール 12分13分72分
マリノフスキ 42分にゴール 42分55分66分
デマン 47分にゴール 47分
レポート

南アフリカ共和国  1 - 3  韓国
セオポセンウェ 53分にゴール 53分 レポート 余珉知 37分にゴール 37分56分
申潭詠 77分にゴール 77分
スカボロー, ドワイト・ヨーク・スタジアム
観客数: 2,961人
主審: オーストリア ターニャ・シェット


ドイツ  10 - 1  南アフリカ共和国
ロッツェン 12分にゴール 12分
マリノフスキ 19分にゴール 19分29分36分57分
ロイポルツ 24分にゴール 24分25分
ペーターマン 35分にゴール 35分37分
(セオポセンウェ) 45分にゴール 45分 (OG)
レポート セオポセンウェ 31分にゴール 31分
スカボロー, ドワイト・ヨーク・スタジアム
観客数: 1,830人
主審: カナダ ミシェル・パイ

韓国  4 - 1  メキシコ
キム・ナリ 27分にゴール 27分
余珉知 40分にゴール 40分
キム・ダヘ 76分にゴール 76分
イ・ユナ 90分にゴール 90分
レポート ピナ 37分にゴール 37分
スカボロー, ドワイト・ヨーク・スタジアム
観客数: 1,830人
主審: アルゼンチン エステラ・アルバレス


韓国  0 - 3  ドイツ
レポート シュミト 72分にゴール 72分
ロッツェン 76分にゴール 76分
ホイノフスキ 90+3分にゴール 90+3分
アリマ, ラリー・ゴメス・スタジアム
観客数: 2,335人
主審: トリニダード・トバゴ シェイン・デ・シルヴァ

メキシコ  4 - 0  南アフリカ共和国
ソリス 21分にゴール 21分
サンチェス 51分にゴール 51分
ムリージョ 68分にゴール 68分
ピナ 77分にゴール 77分
レポート
コウヴァ, アト・ボルドン・スタジアム
観客数: 8,500人
主審: スイス エステル・シュタウブリ


グループ C[編集]

チーム
1  スペイン 3 3 0 0 9 3 +6 9
2  日本 3 2 0 1 13 4 +9 6
3  ベネズエラ 3 1 0 2 3 9 −6 3
4  ニュージーランド 3 0 0 3 2 11 −9 0


スペイン  4 - 1  日本
ペレス 26分にゴール 26分
プテジャス 28分にゴール 28分
グティエレス 41分にゴール 41分
ピネル 55分にゴール 55分
レポート 横山久美 56分にゴール 56分
コウヴァ, アト・ボルドン・スタジアム
観客数: 1,364人
主審: メキシコ ケトサリ・アルバラード

ニュージーランド  1 - 2  ベネズエラ
ロイ 10分にゴール 10分 レポート ビソ 24分にゴール 24分67分
コウヴァ, アト・ボルドン・スタジアム
観客数: 1,364人
主審: ギリシャ タリア・ミッツィ


ニュージーランド  1 - 3  スペイン
ロイ 15分にゴール 15分 レポート ヒリ 4分にゴール 4分
メリダ 48分にゴール 48分
ラサロ 86分にゴール 86分
コウヴァ, アト・ボルドン・スタジアム
観客数: 1,785人
主審: 大韓民国 車成美

日本  6 - 0  ベネズエラ
京川舞 10分にゴール 10分32分 (PK)59分
田中陽子 27分にゴール 27分
横山久美 70分にゴール 70分
長嶋洸 90+2分にゴール 90+2分
レポート
コウヴァ, アト・ボルドン・スタジアム
観客数: 1,758人
主審: メキシコ ケトサリ・アルバラード


日本  6 - 0  ニュージーランド
横山久美 24分にゴール 24分58分
田中陽子 59分にゴール 59分89分
田中美南 74分にゴール 74分
本多由佳 90+1分にゴール 90+1分
レポート
スカボロー, ドワイト・ヨーク・スタジアム
観客数: 2,140人
主審: フィンランド キルシ・ヘイッキネン

ベネズエラ  1 - 2  スペイン
アルバラード 74分にゴール 74分 レポート ラサロ 28分にゴール 28分83分
サンフェルナンド, マニー・ラムジョン・スタジアム
観客数: 2,579人
主審: ギニア テレーズ・サニョ


グループ D[編集]

チーム
1  アイルランド 3 2 0 1 5 2 +3 6
2  ブラジル 3 2 0 1 4 2 +2 6
3  カナダ 3 1 0 2 1 3 −2 3
4  ガーナ 3 1 0 2 1 4 −3 3


アイルランド  1 - 2  ブラジル
キルリーン 58分にゴール 58分 レポート グラウシア 4分にゴール 4分61分
アリマ, ラリー・ゴメス・スタジアム
観客数: 1,881人
主審: 中華人民共和国 王佳

カナダ  1 - 0  ガーナ
キャンテイヴ 54分にゴール 54分 レポート
アリマ, ラリー・ゴメス・スタジアム
観客数: 1,881人
主審: 大韓民国 車成美


アイルランド  1 - 0  カナダ
キルリーン 76分にゴール 76分 レポート
アリマ, ラリー・ゴメス・スタジアム
観客数: 2,293人
主審: 日本 山岸佐知子

ガーナ  1 - 0  ブラジル
ダンソ 22分にゴール 22分 レポート
アリマ, ラリー・ゴメス・スタジアム
観客数: 2,293人
主審: スイス エステル・シュタウブリ


ガーナ  0 - 3  アイルランド
レポート キャンベル 5分にゴール 5分
ドネリー 36分にゴール 36分
ギルロイ 77分にゴール 77分
スカボロー, ドワイト・ヨーク・スタジアム
観客数: 2,140人
主審: アルゼンチン エステラ・アルバレス

ブラジル  2 - 0  カナダ
パウラ 20分にゴール 20分
タイス 51分にゴール 51分
レポート
サンフェルナンド, マニー・ラムジョン・スタジアム
観客数: 2,579人
主審: ハンガリー ガアール・ジェンジ


決勝トーナメント[編集]

準々決勝 準決勝 決勝
                   
9月16日 - サンフェルナンド        
  ナイジェリア 5
9月21日 - コウヴァ
  韓国 (aet) 6  
  韓国 2
9月17日 - コウヴァ
    スペイン 1  
  スペイン 2
9月25日 - ポートオブスペイン
  ブラジル 1  
  韓国 (PK) 3 (5)
9月16日 - サンフェルナンド
    日本 3 (4)
  ドイツ 0
9月21日 - コウヴァ
  北朝鮮 1  
  北朝鮮 1 3位決定戦
9月17日 - アリマ
    日本 2  
  アイルランド 1   スペイン 1
  日本 2     北朝鮮 0
9月25日 - ポートオブスペイン

準々決勝[編集]


ナイジェリア  5 - 6
(延長)
 韓国
アイラ 2分にゴール 2分103分
エイェブホリア 3分にゴール 3分
オコビ 37分にゴール 37分90+1分
レポート 李金玟 15分にゴール 15分
余珉知 23分にゴール 23分70分 (PK)89分98分
キム・アルム 94分にゴール 94分
サンフェルナンド, マニー・ラムジョン・スタジアム
観客数: 4,034人
主審: ギリシャ タリア・ミッツィ

ドイツ  0 - 1  北朝鮮
レポート キム・クムジョン 44分にゴール 44分
サンフェルナンド, マニー・ラムジョン・スタジアム
観客数: 4,034人
主審: メキシコ ケトサリ・アルバラード

スペイン  2 - 1  ブラジル
ピネル 35分にゴール 35分
カルデロン 65分にゴール 65分
レポート アンドレス 76分にゴール 76分 (OG)
コウヴァ, アト・ボルドン・スタジアム
観客数: 1,265人
主審: 日本 山岸佐知子

アイルランド  1 - 2  日本
オサリヴァン 53分にゴール 53分 レポート 猶本光 34分にゴール 34分 (PK)
横山久美 66分にゴール 66分
アリマ, ラリー・ゴメス・スタジアム
観客数: 1,427人
主審: カナダ ミシェル・パイ

準決勝[編集]


韓国  2 - 1  スペイン
余珉知 25分にゴール 25分
チュ・スジン 39分にゴール 39分
レポート サンペドロ 23分にゴール 23分
コウヴァ, アト・ボルドン・スタジアム
観客数: 3,428人
主審: カナダ ミシェル・パイ

北朝鮮  1 - 2  日本
キム・クムジョン 59分にゴール 59分 レポート 高木ひかり 69分にゴール 69分
横山久美 70分にゴール 70分
コウヴァ, アト・ボルドン・スタジアム
観客数: 3,428人
主審: ハンガリー ガアール・ジェンジ

3位決定戦[編集]


スペイン  1 - 0  北朝鮮
ピネル 56分にゴール 56分 レポート
ポートオブスペイン, ヘイズリー・クロフォード・スタジアム
観客数: 12,983人
主審: メキシコ ケトサリ・アルバラード

決勝[編集]


韓国  3 - 3
(延長)
 日本
李定垠 6分にゴール 6分
キム・アルム 45+1分にゴール 45+1分
李炤淡 79分にゴール 79分
レポート 猶本光 11分にゴール 11分
田中陽子 17分にゴール 17分
加藤千佳 57分にゴール 57分
  PK戦  
李定垠 ミス
余珉知 成功
李炤淡 成功
キム・ダヘ 成功
キム・アルム 成功
張瑟琪 成功
5 - 4 成功 田中陽子
ミス 和田奈央子
成功 仲田歩夢
成功 浜田遥
成功 猶本光
ミス 村松智子
ポートオブスペイン, ヘイズリー・クロフォード・スタジアム
観客数: 12,983人
主審: フィンランド キルシ・ヘイッキネン

優勝国[編集]

 2010 FIFA U-17女子ワールドカップ優勝国 

韓国
初優勝

表彰[編集]

以下の賞が個人およびチームに授与された[9]:

大会最優秀選手 大会得点王 大会最優秀GK フェアプレー賞
ゴールデンボール 大韓民国の旗 余珉知 ゴールデンシューズ 大韓民国の旗 余珉知 8得点 スペインの旗 ドロレス・ガジャルド  ドイツ
シルバーボール 日本の旗 横山久美 シルバーシューズ ドイツの旗 キュラ・マリノフスキ 7得点
ブロンズボール 朝鮮民主主義人民共和国の旗 キム・クムジョン ブロンズシューズ 日本の旗 横山久美[10] 6得点

得点ランキング[編集]

8得点
  • 大韓民国の旗 余珉知
7得点
  • ドイツの旗 キュラ・マリノフスキ
6得点
5得点
  • ドイツの旗 レナ・ペーターマン
  • ナイジェリアの旗 ヌゴジ・オコビ
  • 朝鮮民主主義人民共和国の旗 キム・クムジョン
4得点
3得点

2得点

1得点

脚注[編集]

  1. ^ a b Asian sides dominate Trinidad & Tobago (英語) FIFA公式サイト 2010.9.29付ニュースリリース
  2. ^ a b Unanimous support for 6+5, FIFA Club World Cup hosts revealed (英語) FIFA公式サイト 2008.5.27付ニュースリリース
  3. ^ PELLERUD TAKES CHARGE OF WOMEN'S FOOTBALL IN T&T (英語) トリニダード・トバゴサッカー連盟公式サイト 2011.2.5 14:24 (UTC) 閲覧
  4. ^ Official emblem unveiled (英語) FIFA公式サイト 2009.9.15付ニュースリリース
  5. ^ Regulations FIFA U-17 Women's World Cup Trinidad & Tobago 2010 (英語、PDF) FIFA公式サイト 2011.1.25 06:16 (UTC) 閲覧、p. 26
  6. ^ Nigeria president suspends team”. BBC Sport (2010年6月30日). 2010年6月30日閲覧。
  7. ^ Nigeria´s ban lifted”. ESPN Soccernet (2010年7月5日). 2010年7月5日閲覧。
  8. ^ “All known in Port of Spain”. FIFA.com. (2010年5月6日). http://www.fifa.com/u17womensworldcup/news/newsid=1205854.html#all+known+port+spain 2010年5月6日閲覧。 
  9. ^ Taeguk Ladies strike Caribbean gold FIFA公式サイト 2010.9.26付ニュースリリース
  10. ^ Statistics FIFA U-17 Women's World Cup Trinidad and Tobago 2010 FIFA公式サイト 2011.2.5 13:36 (UTC) 閲覧。ナイジェリアのロヴェス・アイラも6得点を記録したが、横山が選出された。

関連項目[編集]