2010 KQ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
2010 KQ
地球に対する2010KQの相対位置の変化(2010年3月-10月)
地球に対する2010KQの相対位置の変化(2010年3月-10月)
仮符号・別名 2010 KQ
分類 人工物の可能性
軌道の種類 地球近傍天体
アポロ群[1]
発見
発見日 2010年5月16日
発見者 R. コワルスキー
軌道要素と性質
元期:2010年7月23日 (JD 2,455,400.5)[1]
軌道長半径 (a) 1.0236 AU
近日点距離 (q) 1.0154 AU
遠日点距離 (Q) 1.0317 AU
離心率 (e) 0.0797
公転周期 (P) 1.036
(378.24
軌道傾斜角 (i) 0.0730
近日点引数 (ω) 56.4 度
昇交点黄経 (Ω) 125.87 度
平均近点角 (M) 117.3 度
物理的性質
絶対等級 (H) 28.9
■Template (■ノート ■解説) ■Project

2010 KQ は、2010年に発見された地球近傍天体である。天然の小惑星ではなく人工物(ロケットの残骸)と考えられている。

特徴[編集]

2010年5月16日、アメリカアリゾナ州で行われていたカタリナ・スカイサーベイによって地球近傍の小天体が発見され、2010 KQ という仮符号が与えられた。この天体は地球と併走するような軌道で太陽を公転しており、5月21日に軌道のすぐ外側まで地球に接近した後、次第に距離を広げていった[2]

2010 KQ の絶対等級は28.9で、これは数メートル級の天体に相当する。また、観測されたスペクトルはどの小惑星のスペクトル型にも属さない特異なものだったことから、2010 KQ は天然の天体ではなく、宇宙探査機を地球の重力圏から脱出させるのに用いられたロケットの上部ステージである可能性が高いとされている[2]英国天文学協会英語版 (BAA) のリチャード・マイルズは、2010 KQ は1974年10月28日にソ連の月探査機ルナ23号の打ち上げに使用されたプロトンロケットの第4段だと考えている[3]

2010年以降、2010 KQ は地球から離れていくが、2036年に再接近する。2010年5月時点の推計では、2036年から以後30年の期間に、2010 KQ は6%の確率で地球に衝突すると見積もられている。ただし、この天体のサイズは地球への大気圏突入に耐えられるものではなく、仮に地球に衝突した場合でも地上に落下して大きな被害を及ぼすとは考えられていない[2]

2010年8月までに、2010 KQ はジェット推進研究所の小天体データベース[1]から除去されている。

参考文献[編集]

  1. ^ a b c 2010 KQ”. JPL Small-Body Database Browser. 2010年6月1日閲覧。
  2. ^ a b c “Small Near-Earth Object Probably a Rocket Part”. NASA JPL. (2010年5月27日). http://www.jpl.nasa.gov/news/news.cfm?release=2010-183&rn=news.xml&rst=2618 2010年6月1日閲覧。 
  3. ^ Man-made object spotted with FTN, Edward Gomez, May 26, 2010