2011年イギリスグランプリ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
イギリスの旗 2011年イギリスグランプリ
レース詳細
Silverstone circuit.svg
日程 2011年シーズン第9戦
決勝開催日 7月10日
開催地 シルバーストン・サーキット
イギリス シルバーストン
コース長 5.901km
レース距離 52周(306.747km)
決勝日天候 スタート時雨のち徐々に晴れ
ポールポジション
ドライバー
タイム 1:30.399
ファステストラップ
ドライバー スペインの旗 フェルナンド・アロンソ
タイム 1:34.908(Lap 41)
決勝順位
優勝
2位
3位

2011年イギリスグランプリは、2011年のF1世界選手権第9戦として、2011年7月10日シルバーストン・サーキットで開催された。正式名称は2011 FORMULA 1 Santander British Grand Prix[1]

予選[編集]

結果[編集]

順位 No ドライバー チーム Q1 Q2 Q3 Grid
1 2 オーストラリアの旗 マーク・ウェバー レッドブルルノー 1:32.670 1:31.673 1:30.399 1
2 1 ドイツの旗 セバスチャン・ベッテル レッドブルルノー 1:32.977 1:32.379 1:30.431 2
3 5 スペインの旗 フェルナンド・アロンソ フェラーリ 1:32.986 1:31.727 1:30.516 3
4 6 ブラジルの旗 フェリペ・マッサ フェラーリ 1:32.760 1:31.640 1:31.124 4
5 4 イギリスの旗 ジェンソン・バトン マクラーレンメルセデス 1:34.230 1:32.273 1:31.898 5
6 15 イギリスの旗 ポール・ディ・レスタ フォースインディアメルセデス 1:34.472 1:32.569 1:31.929 6
7 12 ベネズエラの旗 パストール・マルドナド ウィリアムズコスワース 1:32.702 1:32.588 1:31.933 7
8 16 日本の旗 小林可夢偉 ザウバーフェラーリ 1:34.324 1:32.399 1:32.128 8
9 8 ドイツの旗 ニコ・ロズベルグ メルセデス 1:34.186 1:32.295 1:32.209 9
10 3 イギリスの旗 ルイス・ハミルトン マクラーレンメルセデス 1:33.581 1:32.505 1:32.376 10
11 14 ドイツの旗 エイドリアン・スーティル フォースインディアメルセデス 1:34.454 1:32.617 11
12 17 メキシコの旗 セルジオ・ペレス ザウバーフェラーリ 1:34.145 1:32.624 12
13 7 ドイツの旗 ミハエル・シューマッハ メルセデス 1:34.160 1:32.656 13
14 10 ロシアの旗 ヴィタリー・ペトロフ ルノー 1:34.428 1:32.734 14
15 11 ブラジルの旗 ルーベンス・バリチェロ ウィリアムズコスワース 1:33.532 1:33.119 15
16 9 ドイツの旗 ニック・ハイドフェルド ルノー 1:35.132 1:33.805 16
17 20 フィンランドの旗 ヘイキ・コバライネン ロータスルノー 1:34.923 1:34.821 17
18 19 スペインの旗 ハイメ・アルグエルスアリ トロ・ロッソフェラーリ 1:35.245 18
19 18 スイスの旗 セバスチャン・ブエミ トロ・ロッソフェラーリ 1:35.749 19
20 24 ドイツの旗 ティモ・グロック ヴァージンコスワース 1:36.203 20
21 21 イタリアの旗 ヤルノ・トゥルーリ ロータスルノー 1:36.456 21
22 25 ベルギーの旗 ジェローム・ダンブロシオ ヴァージンコスワース 1:37.154 22
23 23 イタリアの旗 ヴィタントニオ・リウッツィ HRTコスワース 1:37.484 23
24 22 オーストラリアの旗 ダニエル・リチャルド HRTコスワース 1:38.059 24
107%タイム: 1:39.156

決勝[編集]

決勝レース前に行われるドライバーズパレードを控えて、フェルナンド・アロンソによるフェラーリ・375F1のドライブが披露された[2]。375F1はバーニー・エクレストンが所有するもので、1951年イギリスGPでの、フェラーリのF1初勝利を記念したものである[2]

展開[編集]

ベッテルがピットストップで遅れてる間に、アロンソが逆転首位に立ち、優勝。2位ベッテル、3位ウェバーとなった。ウェバーはチームの命令を無視して、ベッテルを抜こうと試みたが成功しなかった[3]。レース後にウェバーは指示を意図的に無視したと答えている[3]

結果[編集]

順位 No ドライバー チーム 周回数 タイム/リタイア Grid Pts.
1 5 スペインの旗 フェルナンド・アロンソ フェラーリ 52 1:28:41.194 3 25
2 1 ドイツの旗 セバスチャン・ベッテル レッドブル-ルノー 52 +16.511 2 18
3 2 オーストラリアの旗 マーク・ウェバー レッドブル-ルノー 52 +16.947 1 15
4 3 イギリスの旗 ルイス・ハミルトン マクラーレンメルセデス 52 +28.986 10 12
5 6 ブラジルの旗 フェリペ・マッサ フェラーリ 52 +29.010 4 10
6 8 ドイツの旗 ニコ・ロズベルグ メルセデス 52 +1:00.655 9 8
7 17 メキシコの旗 セルジオ・ペレス ザウバーフェラーリ 52 +1:05.590 12 6
8 9 ドイツの旗 ニック・ハイドフェルド ルノー 52 +1:15.542 16 4
9 7 ドイツの旗 ミハエル・シューマッハ メルセデス 52 +1:17.912 13 2
10 19 スペインの旗 ハイメ・アルグエルスアリ トロ・ロッソフェラーリ 52 +1:19.108 18 1
11 14 ドイツの旗 エイドリアン・スーティル フォースインディアメルセデス 52 +1:19.712 11
12 10 ロシアの旗 ビタリー・ペトロフ ルノー 52 +1:20.681 14
13 11 ブラジルの旗 ルーベンス・バリチェロ ウィリアムズコスワース 51 +1 Lap 15
14 12 ベネズエラの旗 パストール・マルドナード ウィリアムズコスワース 51 +1 Lap 7
15 15 イギリスの旗 ポール・ディ・レスタ フォースインディアメルセデス 51 +1 Lap 6
16 24 ドイツの旗 ティモ・グロック ヴァージンコスワース 50 +2 Laps 20
17 25 ベルギーの旗 ジェローム・ダンブロシオ ヴァージンコスワース 50 +2 Laps 22
18 23 イタリアの旗 ビタントニオ・リウッツィ HRTコスワース 50 +2 Laps 23
19 22 オーストラリアの旗 ダニエル・リチャルド HRTコスワース 49 +3 Laps 24
Ret 4 イギリスの旗 ジェンソン・バトン マクラーレンメルセデス 39 ホイール 5
Ret 18 スイスの旗 セバスチャン・ブエミ トロ・ロッソフェラーリ 25 接触 19
Ret 16 日本の旗 小林可夢偉 ザウバーフェラーリ 23 オイル漏れ 8
Ret 21 イタリアの旗 ヤルノ・トゥルーリ ロータスルノー 10 オイル漏れ 21
Ret 20 フィンランドの旗 ヘイキ・コバライネン ロータスルノー 2 ギアボックス 17

第9戦終了時点でのランキング[編集]

  • :ドライバー、コンストラクター共にトップ5のみ表示。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 2011 FORMULA 1 SANTANDER BRITISH GRAND PRIX(The Official F1 Website)
  2. ^ a b “フェルナンド・アロンソ、フェラーリ 375 F1をドライブ”. F1-Gate.com. (2011年7月10日). http://f1-gate.com/alonso/f1_12294.html 2011年7月26日閲覧。 
  3. ^ a b “マーク・ウェバー 「チームオーダーは無視した」”. F1-Gate.com.. (2011年7月11日). http://f1-gate.com/webber/f1_12302.html 2013年9月1日閲覧。 


前戦
2011年ヨーロッパグランプリ
FIA F1世界選手権
2011年シーズン
次戦
2011年ドイツグランプリ
前回開催
2010年イギリスグランプリ
イギリスの旗 イギリスグランプリ次回開催
2012年イギリスグランプリ