2011年世界陸上競技選手権大会日本選手団

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
世界陸上競技選手権大会日本選手団

Flag of Japan.svg

日本国旗
IAAF コード JPN
統括団体 日本陸上競技連盟
外部リンク
第13回世界陸上競技選手権大会
選手数 50
メダル
国別順位 11

1

0

0

1
2009
2013

日本は2011年8月27日から9月4日大韓民国大邱広域市で行なわれる第13回世界陸上競技選手権大会に参加した。2011年7月、日本陸上競技連盟は選考会の成績をもとに50名(男子28名・女子22名)の代表選手を発表した。マラソンは2010年11月の第16回アジア競技大会および2010-2011年の大会結果により代表選手10名を選出、競歩は2月と4月の日本陸上競技選手権大会の結果により代表選手7名を選出、トラック・フィールド・混成は2011年6月の第95回日本陸上競技選手権大会と7月の第19回アジア陸上競技選手権大会の結果により代表選手33名を選出した[1]。監督は高野進、男子主将を村上幸史、女子主将を久保倉里美が務めた[2]。また国際パラリンピック委員会のエキシビジョンに招待された男子400mT53(車いす陸上競技)の廣道純と女子800mT54(同)の土田和歌子が出場した[3]

男子ハンマー投室伏広治が優勝を飾り、日本はアテネ大会女子マラソンの鈴木博美以来となる7大会ぶりの金メダルを獲得。女子マラソンの赤羽有紀子、男子20km競歩の鈴木雄介、男子50km競歩森岡紘一朗、男子マラソンの堀端宏行が入賞した。

メダル獲得者・入賞者[編集]

室伏広治

メダル獲得者・入賞者は次の通り。またこの大会の結果によるロンドンオリンピック日本代表内定者を太字で示す。

結果[編集]

男子[編集]

q 記録による通過 Q 順位による通過 PB 自己記録 SB シーズンベスト
選手 種目 予選 準決勝 決勝 出場回数
記録 順位 記録 順位 記録 順位
高平慎士 200m 20.87 (-1.1) Q 4組2着 (26) 20.90 (-0.7) 3組6着 (16) - 4回目
齋藤仁志 200m 20.80 (-0.8) Q 5組3着 (21) 21.17 (-1.0) 2組6着 (20) - 2回目
小林雄一 200m 21.27 (-1.1) 3組7着 (46) -
金丸祐三 400m 45.51 Q 3組4着 (19) 46.11 1組6着 (20) - 4回目
横田真人 800m 1:47.60 2組6着 (26) - 2回目
渡邊和也 5000m 14:20.62 2組18着 (33) -
佐藤悠基 10000m 29:04.15 15位
北岡幸浩 マラソン 2:23:11 37位[4]
川内優輝 マラソン 2:16:11 17位[4]
堀端宏行 マラソン 2:11:52 6位[4]
尾田賢典 マラソン 2:18:05 28位[4]
中本健太郎 マラソン 2:13:10 9位[4]
岸本鷹幸 400mハードル 49.51 q 3組5着 (17) 50.05 1組7着 (20) -
今関雄太 400mハードル 50.92 5組6着 (30) -
安部孝駿 400mハードル 51.90 4組7着 (33) -
江里口匡史
川面聡大
高平慎士
齋藤仁志
小林雄一
高瀬慧
4×100mリレー 38.66 SB
小林・江里口・高平・齋藤
2組4着 (9) - 2回目

4回目
2回目

金丸祐三
廣瀬英行
石塚祐輔
高瀬慧
安部孝駿
今関雄太
4×400mリレー 3:02.64 SB
高瀬・金丸・石塚・廣瀬
1組7着 (13) - 4回目
2回目
2回目


鈴木雄介 20km競歩 1:21:39 8位 2回目
森岡紘一朗 50km競歩 3:46:21 6位 4回目
谷井孝行 50km競歩 3:48:03 SB 9位 4回目
荒井広宙 50km競歩 3:48:40 PB 10位
澤野大地 棒高跳 5m50 q A組7位 (12) 5m65 SB 14位 5回目
室伏広治 ハンマー投 78m56 Q, SB A組1位 (1) 81.24 SB 優勝 7回目
村上幸史 やり投 80m19 A組7位 (15) - 4回目
廣道純 400m T53 51.93 7位 -
( ) 内は風速と全体の順位
種目 記録 点数 順位
十種競技
右代啓祐
100m 11.42 769 30
走幅跳 6m96 804 23
砲丸投 12m88 660 27
走高跳 2m02 822 12
400m 50.89 774 22
110mハードル 15.20 825 26
円盤投 43m84 743 15
棒高跳 4m40 731 21
やり投 67m73 855 4
1500m 4:43.87 656 13
総合 7639 20位

女子[編集]

q 記録による通過 Q 順位による通過 PB 自己記録 SB シーズンベスト
選手 種目 予選 準決勝 決勝 出場回数
記録 順位 記録 順位 記録 順位
福島千里 100m 11.34 (+0.1) Q 4組2着 (22) 11.59 (-1.5) 3組8着 (22) - 2回目
200m 23.25 (-0.1) q 1組5着 (23) 23.52 (-0.7) 1組8着 (20) -
絹川愛 5000m 15:38.23 2組8着 (16) - 2回目
10000m 34:08.37 17位
杉原加代 5000m 15:41.78 SB 1組9着 (18) - 2回目
10000m 32:53.89 15位
新谷仁美 5000m 15:31.09 q 1組7着 (7) 15:41.67 13位
吉本ひかり 10000m 32:32.22 14位
赤羽有紀子 マラソン 2:29:35 5位 2回目
中里麗美 マラソン 2:30:52 10位
尾崎好美 マラソン 2:32:31 17位[5] 2回目
野尻あずさ マラソン 2:33:42 18位[5]
伊藤舞 マラソン 2:35:16 21位[5]
久保倉里美 400mハードル 56.66 q 5組5着 (24) 56.87 2組7着 (21) - 3回目
早狩実紀 3000mSC 10:05.34 2組8着 (27) - 5回目
福島千里
市川華菜
岡部奈緒
高橋萌木子
今井沙緒里
久保倉里美
4×100mリレー 43.84
岡部・高橋・福島・今井
1組5着 (12) - 2回目


3回目

3回目
大利久美 20km競歩 1:34:37 20位 2回目
川崎真裕美 20km競歩 1:35:03 22位 4回目
渕瀬真寿美 20km競歩 DNF 3回目
綾真澄 ハンマー投 64m09 B組14位 (27) - 4回目
海老原有希 やり投 59m88 q A組5位 (10) 59m08 9位 2回目
宮下梨沙 やり投 55m62 B組13位 (26) -
土田和歌子 800m T54 1:51.11 2位 -
( ) 内は風速と全体の順位

脚注・出典[編集]

  1. ^ IAAF (July 13, 2011), Japan announces squad of 50 for Daegu - IAAF World Championships, IAAF, http://www.iaaf.org/WCH11/news/newsid=60880.html 2011年7月18日閲覧。 
  2. ^ 「全力で挑む」と村上 都内で結団式 msn産経ニュース (2011-08-12). 2011年9月3日閲覧
  3. ^ IAAF (August 21, 2011), Entry Lists by Country, http://www.iaaf.org/mm/Document/06/12/03/61203_PDF_English.pdf 2011年8月21日閲覧。 
  4. ^ a b c d e 当初、同大会男子マラソンは堀端7着、中本10着、川内18着、尾田29着、北岡38着でゴールだった。だが、後年のドーピング再検査で4着だったモロッコ代表の選手がドーピング違反・失格裁定と成る。これにより日本代表の全5選手は、堀端6位・中本9位・川内17位・尾田28位・北岡37位へ、順位がそれぞれ繰り上がった。
  5. ^ a b c 当初、同大会女子マラソンは尾崎18着、野尻20着、伊藤23着でゴールだった。だが同レース後に、19着だったディレ・トゥネ(エチオピア)が給水違反と、15着だったタチアナ・ガメラ(ウクライナ)が後年のドーピング違反で、2選手が失格裁定と成る。これにより尾崎は17位に1つ順位を繰り上げ、さらに野尻が18位・伊藤も21位と2つ順位が繰り上がった。

関連項目[編集]