2011年日本週末興行成績1位の映画の一覧

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

本項目は、2011年日本全国での各週末)における興行成績1位の映画の一覧である。

観客動員数1位の映画の一覧であり、観客動員数1位と興行収入1位とが異なる映画の週は備考欄に記した。ただし、週末興行収入額が全作品で発表されているわけではないため、書き漏れている週末興行収入1位がある可能性もある。

全国集計 観客動員数1位[編集]

# 週末日付 日本週末観客動員数1位の映画 週末観客動員数 週末興行収入 備考 出典
1 1月1日、2日 相棒 -劇場版II- 警視庁占拠! 特命係の一番長い夜 N/A N/A [1][2]
2 1月8日、9日 相棒 -劇場版II- 警視庁占拠! 特命係の一番長い夜 N/A N/A [3][4]
3 1月15日、16日 僕と妻の1778の物語 12万1783人 01億5969万5200円 興行収入は『ソーシャル・ネットワーク』が1位 (11万6309人、1億6093万8100円) 。 [5][6]
4 1月22日、23日 ソーシャル・ネットワーク 12万0698人 01億6558万6000円 [7][8]
5 1月29日、30日 GANTZ 45万4220人 05億9282万3900円 [9][10]
6 2月5日、6日 GANTZ 30万2201人 03億8618万1100円 [11][12]
7 2月12日、13日 太平洋の奇跡 -フォックスと呼ばれた男- 21万6495人 02億5510万0700円 興行収入は『GANTZ』が1位。 [13][14]
8 2月19日、20日 GANTZ N/A N/A [15][16]
9 2月26日、27日 ナルニア国物語/第3章: アスラン王と魔法の島 31万2850人 04億5655万2003円 初日 (金曜日) を含めると37万1777人、5億4065万9903円。 [17][18]
10 3月5日、6日 ドラえもん 新・のび太と鉄人兵団 〜はばたけ 天使たち〜 39万9139人 04億4631万8000円 [19][20]
11 3月12日、13日 SP 革命篇 N/A N/A [21][22]
12 3月19日、20日 SP 革命篇 N/A N/A [23][24]
13 3月26日、27日 SP 革命篇 N/A N/A [25][26]
14 4月2日、3日 オーズ・電王・オールライダー レッツゴー仮面ライダー 26万1502人 03億0486万2900円 初日 (金曜日) を含めると36万0065人、4億0153万8200円。 [27][28]
15 4月9日、10日 オーズ・電王・オールライダー レッツゴー仮面ライダー N/A N/A [29][30]
16 4月16日、17日 名探偵コナン 沈黙の15分 (クォーター) 45万3618人 05億5015万1000円 [31][32]
17 4月23日、24日 GANTZ: PERFECT ANSWER 42万3675人 05億5161万0800円 [33][34]
18 4月30日、5月1日 名探偵コナン 沈黙の15分 (クォーター) N/A N/A [35][36]
19 5月7日、8日 岳-ガク- 20万8416人 02億6465万6200円 [37][38]
20 5月14日、15日 ブラック・スワン 20万9614人 02億6800万4900円 5月11日、15日の5日間集計では興収4億9565万9600円。 [39][40]
21 5月21日、22日 パイレーツ・オブ・カリビアン/生命 (いのち) の泉 77万3184人 12億0902万4500円 初日 (金曜日) を含めると98万6455人、15億1843万3400円。 [41][42]
22 5月28日、29日 パイレーツ・オブ・カリビアン/生命 (いのち) の泉 70万9209人 11億1308万9750円 [43][44]
23 6月4日、5日 パイレーツ・オブ・カリビアン/生命 (いのち) の泉 N/A N/A [45][46]
24 6月11日、12日 パイレーツ・オブ・カリビアン/生命 (いのち) の泉 41万2523人 06億5799万2100円 [47][48]
25 6月18日、19日 パイレーツ・オブ・カリビアン/生命 (いのち) の泉 29万2581人 04億6707万5650円 [49][50]
26 6月25日、26日 SUPER8/スーパーエイト 23万5839人 03億0785万8350円 興行収入は『パイレーツ・オブ・カリビアン/生命 (いのち) の泉』が1位 (19万7124人、3億1620万1450円) 。 [51][52]
27 7月2日、3日 SUPER8/スーパーエイト 15万3876人 02億0441万6000円 [53][54]
28 7月9日、10日 SUPER8/スーパーエイト 10万7060人 01億4238万3500円 興行収入は『パイレーツ・オブ・カリビアン/生命 (いのち) の泉』が1位。 [55][56]
29 7月16日、17日 ハリー・ポッターと死の秘宝 PART2 88万0697人 13億0185万1850円 [57][58]
30 7月23日、24日 ハリー・ポッターと死の秘宝 PART2 46万2082人 06億8382万9400円 [59][60]
31 7月30日、31日 ハリー・ポッターと死の秘宝 PART2 36万9845人 05億3523万2450円 興行収入は『トランスフォーマー/ダークサイド・ムーン』が1位 (36万3912人、5億7172万1700円/前夜祭と初日 (金曜日) を含めると52万6856人、8億1892万0400円) 。 [61][62]
32 8月6日、7日 劇場版 仮面ライダーオーズ WONDERFUL 将軍と21のコアメダル
海賊戦隊ゴーカイジャー THE MOVIE 空飛ぶ幽霊船
(2本立て上映)
29万3147人 03億4956万5200円 興行収入は『トランスフォーマー/ダークサイド・ムーン』が1位。 [63][64][65]
33 8月13日、14日 ハリー・ポッターと死の秘宝 PART2 N/A N/A [66][67]
34 8月20日、21日 ハリー・ポッターと死の秘宝 PART2 N/A N/A [68][69]
35 8月27日、28日 神様のカルテ 23万9522人 03億0285万3600円 [70][71]
36 9月3日、4日 ライフ -いのちをつなぐ物語- 18万1760人 02億2688万0350円 [72][73]
37 9月10日、11日 探偵はBARにいる 12万8800人 01億7021万6900円 [74][75]
38 9月17日、18日 アンフェア the answer 23万5676人 03億1315万6700円 [76][77]
39 9月24日、25日 アンフェア the answer N/A N/A 興行収入は『モテキ』が1位 (17万6525人、2億4578万0400円/初日 (金曜日) を含めると28万4159人、3億8896万8700円) 。 [78][79]
40 10月1日、2日 ワイルド・スピード MEGA MAX 39万7383人 05億0031万6000円 9月23日-25日の3日間の先行上映の21万1825人 2億1691万6100円を含む。 [80][81]
41 10月8日、9日 猿の惑星: 創世記 (ジェネシス) 31万8283人 04億0388万4300円 10月7日 - 10日の4日間集計では58万5948人 7億2818万1500円。 [82][83]
42 10月15日、16日 猿の惑星: 創世記 (ジェネシス) 23万0079人 02億9528万7500円 [84][85]
43 10月22日、23日 猿の惑星: 創世記 (ジェネシス) N/A N/A [86][87]
44 10月29日、30日 ステキな金縛り 39万0102人 05億0334万2450円 [88][89]
45 11月5日、6日 ステキな金縛り 31万3215人 04億1372万4750円 [90][91]
46 11月12日、13日 ステキな金縛り 20万8238人 02億7816万4300円 [92][93]
47 11月19日、20日 ステキな金縛り 19万0306人 02億4549万3300円 [94][95]
48 11月26日、27日 映画 怪物くん 43万1093人 05億8103万8150円 [96][97]
49 12月3日、4日 映画 怪物くん 33万4925人 04億4979万1950円 [98][99]
50 12月10日、11日 仮面ライダー×仮面ライダー フォーゼ&オーズ MOVIE大戦MEGA MAX 33万3133人 03億7842万2200円 [100][101]
51 12月17日、18日 ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル 43万7750人 05億7286万1250円 [102][103]
52 12月24日、25日 ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル 35万1958人 04億8737万4300円 [104][105]
53 12月31日、2012年1月1日 ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル N/A N/A [106]

上記の表の作品のうち、以下の作品は3D映画。興行収入の金額に3D版鑑賞者の3D料金が含まれている。


上記の表の作品のうち以下の作品には、映画倫理委員会 (略称:映倫) のレイティングにより、入場に年齢制限がなされた。

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 駒井尚文 (2011年1月5日). “国内映画ランキング(2011年1月1日~2011年1月2日)” (日本語). 映画.com. 2012年10月25日閲覧。
  2. ^ 壬生智裕 (2011年1月5日). “『相棒-劇場版II-』が2週連続首位獲得!100万人&10億円超えでまだまだヒットばく進中!” (日本語). シネマトゥディ. 2012年10月15日閲覧。
  3. ^ 駒井尚文 (2011年1月11日). “国内映画ランキング(2011年1月8日~2011年1月9日)” (日本語). 映画.com. 2012年10月25日閲覧。
  4. ^ 壬生智裕 (2011年1月13日). “『相棒-劇場版II』が勢い止まらずV3!さらに『イナズマイレブン』『ライダー』など4作品が動員ミリオン突破!!” (日本語). シネマトゥディ. 2012年10月15日閲覧。
  5. ^ 駒井尚文 (2011年1月17日). “国内映画ランキング(2011年1月15日~2011年1月16日)” (日本語). 映画.com. 2012年10月25日閲覧。
  6. ^ 壬生智裕 (2011年1月20日). “『僕と妻の1778の物語』初登場首位獲得で、草なぎブランド健在!!『ソーシャル・ネットワーク』も初登場!!【映画週末興行成績】” (日本語). シネマトゥディ. 2011年1月29日閲覧。
  7. ^ 駒井尚文 (2011年1月24日). “国内映画ランキング(2011年1月22日~2011年1月23日)” (日本語). 映画.com. 2012年10月25日閲覧。
  8. ^ 壬生智裕 (2011年1月26日). “日本でも『ソーシャル・ネットワーク』は大ヒット!公開2週目で首位に!【映画週末興行成績】” (日本語). シネマトゥディ. 2011年1月29日閲覧。
  9. ^ 駒井尚文 (2011年1月31日). “国内映画ランキング(2011年1月29日~2011年1月30日)” (日本語). 映画.com. 2012年10月25日閲覧。
  10. ^ 壬生智裕 (2011年2月2日). “『GANTZ』が初登場1位!『RED/レッド』が2位!堀北真希が悪女演じる『白夜行』も好調【映画週末興行成績】” (日本語). シネマトゥディ. 2011年2月16日閲覧。
  11. ^ 駒井尚文 (2011年2月7日). “国内映画ランキング(2011年2月5日~2011年2月6日)” (日本語). 映画.com. 2012年10月25日閲覧。
  12. ^ 壬生智裕 (2011年2月9日). “『GANTZ』が動員100万人&興収10億円突破でV2獲得! 『ウォール・ストリート』『毎日かあさん』もランクイン!【映画週末興行成績】” (日本語). シネマトゥディ. 2011年2月16日閲覧。
  13. ^ 駒井尚文 (2011年2月14日). “国内映画ランキング(2011年2月12日~2011年2月13日)” (日本語). 映画.com. 2012年10月25日閲覧。
  14. ^ 壬生智裕 (2011年2月15日). “『太平洋の奇跡』が首位を飾り『あしたのジョー』も女性・若者層を中心にヒット!東宝の作品がベスト3に【映画週末興行成績】” (日本語). シネマトゥディ. 2011年2月16日閲覧。
  15. ^ 駒井尚文 (2011年2月21日). “国内映画ランキング(2011年2月19日~2011年2月20日)” (日本語). 映画.com. 2012年10月25日閲覧。
  16. ^ 壬生智裕 (2011年2月23日). “『GANTZ』が首位を奪還!!80歳にしていまだ現役のイーストウッド『ヒア アフター』は2位スタート!!” (日本語). シネマトゥディ. 2012年10月15日閲覧。
  17. ^ 駒井尚文 (2011年2月28日). “国内映画ランキング(2011年2月26日~2011年2月27日)” (日本語). 映画.com. 2012年10月25日閲覧。
  18. ^ 壬生智裕 (2011年3月2日). “『ナルニア』最新作、『GANTZ』を抜いて1位に!3D上映が激増中!『マクロスF』も驚異的なランクイン!!【映画週末興行成績】” (日本語). シネマトゥディ. 2011年3月3日閲覧。
  19. ^ 駒井尚文 (2011年3月8日). “国内映画ランキング(2011年3月5日~2011年3月6日)” (日本語). 映画.com. 2012年10月25日閲覧。
  20. ^ 壬生智裕 (2011年3月9日). “圧倒的な強さで『ドラえもん』が首位発進!ジョニデ&アンジー『ツーリスト』も2位スタート!!【映画週末興行成績】” (日本語). シネマトゥディ. 2011年3月12日閲覧。
  21. ^ 駒井尚文 (2011年3月15日). “国内映画ランキング(2011年3月12日~2011年3月13日)” (日本語). 映画.com. 2012年10月25日閲覧。
  22. ^ 壬生智裕 (2011年3月16日). “地震の影響で映画館の休館が続く中、西日本が映画興行の中心に『SP 革命篇』が初登場首位【映画週末興行成績】” (日本語). シネマトゥディ. 2011年3月17日閲覧。
  23. ^ 駒井尚文 (2011年3月24日). “国内映画ランキング(2011年3月19日~2011年3月20日)” (日本語). 映画.com. 2012年10月25日閲覧。
  24. ^ 壬生智裕 (2011年3月24日). “震災の影響で映画の興収落ち込む中『ワンピース』『プリキュア』が初登場  子どもたちの笑顔で映画館も明るく” (日本語). シネマトゥディ. 2012年10月15日閲覧。
  25. ^ 駒井尚文 (2011年3月29日). “国内映画ランキング(2011年3月26日~2011年3月27日)” (日本語). 映画.com. 2012年10月25日閲覧。
  26. ^ 壬生智裕 (2011年3月30日). “東日本の劇場営業再開などで映画興収が上向き傾向に 『SP 革命篇』3週連続首位のまま好調な伸び” (日本語). シネマトゥディ. 2012年10月15日閲覧。
  27. ^ 駒井尚文 (2011年4月5日). “国内映画ランキング(2011年4月2日~2011年4月3日)” (日本語). 映画.com. 2012年10月25日閲覧。
  28. ^ 壬生智裕 (2011年4月5日). “映画館が身近なレジャーとして盛況に! 前年比2倍の映画興収も【映画週末興行成績】” (日本語). シネマトゥディ. 2011年4月10日閲覧。
  29. ^ 駒井尚文 (2011年4月12日). “国内映画ランキング(2011年4月9日~2011年4月10日)” (日本語). 映画.com. 2012年10月25日閲覧。
  30. ^ 壬生智裕 (2011年4月13日). “震災の影響映画館にも…前年比割れの興収自粛ムードも影響 そんな中強いのは『仮面ライダー』2週連続1位に” (日本語). シネマトゥディ. 2012年10月15日閲覧。
  31. ^ 駒井尚文 (2011年4月19日). “国内映画ランキング(2011年4月16日~2011年4月17日)” (日本語). 映画.com. 2012年10月25日閲覧。
  32. ^ 壬生智裕 (2011年4月20日). “GW前に強力作が続々公開の中『コナン』が首位獲得!『クレヨンしんちゃん』も初登場2位に!【映画週末興行成績】” (日本語). シネマトゥディ. 2011年5月19日閲覧。
  33. ^ 駒井尚文 (2011年4月26日). “国内映画ランキング(2011年4月23日~2011年4月24日)” (日本語). 映画.com. 2012年10月25日閲覧。
  34. ^ 壬生智裕 (2011年4月27日). “『GANTZ:PERFECT ANSWER』が首位獲得!『コナン』『クレしん』も勢い衰えず! GWを前に営業再開する被災地の映画館も【映画週末興行成績】” (日本語). シネマトゥディ. 2011年5月19日閲覧。
  35. ^ 駒井尚文 (2011年5月2日). “国内映画ランキング(2011年4月30日~2011年5月1日)” (日本語). 映画.com. 2012年10月25日閲覧。
  36. ^ 壬生智裕 (2011年5月4日). “GW突入、興行界も好調の中『コナン』が『GANTZ』から首位奪還!『八日目の蝉』『豆富小僧』もランクイン!” (日本語). シネマトゥディ. 2012年10月15日閲覧。
  37. ^ 和田隆 (2011年5月10日). “国内映画ランキング(2011年5月7日~2011年5月8日)” (日本語). 映画.com. 2012年10月25日閲覧。
  38. ^ 壬生智裕 (2011年5月10日). “GW映画の動員、興収は前年比8割程度に 『岳』が初登場首位でランキングの頂上に!【映画週末興行成績】” (日本語). シネマトゥディ. 2011年5月19日閲覧。
  39. ^ 駒井尚文 (2011年5月17日). “国内映画ランキング(2011年5月14日~2011年5月15日)” (日本語). 映画.com. 2012年10月25日閲覧。
  40. ^ 壬生智裕 (2011年5月17日). “『ブラック・スワン』が大ヒットスタートで1位発進!『岳 』『GANTZ』をごぼう抜き!アカデミー賞効果と劇場ブッキングの采配がズバリ的中!【映画週末興行成績】” (日本語). シネマトゥディ. 2011年5月19日閲覧。
  41. ^ 駒井尚文 (2011年5月24日). “国内映画ランキング(2011年5月21日~2011年5月22日)” (日本語). 映画.com. 2012年10月25日閲覧。
  42. ^ 壬生智裕 (2011年5月25日). “『パイレーツ・オブ・カリビアン』最新作が初登場首位、3日で15億円超!被災地、宮城県の4つの劇場にも3日間で1万人以上来場【映画週末興行成績】” (日本語). シネマトゥディ. 2011年6月4日閲覧。
  43. ^ 駒井尚文 (2011年5月31日). “国内映画ランキング(2011年5月28日~2011年5月29日)” (日本語). 映画.com. 2012年10月25日閲覧。
  44. ^ 壬生智裕 (2011年5月31日). “『パイレーツ・オブ・カリビアン』がV2で独走態勢に!『プリンセストヨトミ』『ブッダ』も初登場で好発進!!” (日本語). シネマトゥディ. 2012年10月15日閲覧。
  45. ^ 駒井尚文 (2011年6月7日). “国内映画ランキング(2011年6月4日~2011年6月5日)” (日本語). 映画.com. 2012年10月25日閲覧。
  46. ^ 壬生智裕 (2011年6月7日). “『パイレーツ・オブ・カリビアン』国内興収50億円突破!3週連続首位に!『パラキス』『もしドラ』追いつかず” (日本語). シネマトゥディ. 2012年10月15日閲覧。
  47. ^ 駒井尚文 (2011年6月13日). “国内映画ランキング(2011年6月11日~2011年6月12日)” (日本語). 映画.com. 2012年10月25日閲覧。
  48. ^ 壬生智裕 (2011年6月15日). “『パイレーツ』が公開24日目で興収60億突破!100億が見えてきた!『スーパー戦隊199ヒーロー大決戦』もランク入り!【映画週末興行成績】” (日本語). シネマトゥディ. 2011年6月15日閲覧。
  49. ^ 駒井尚文 (2011年6月20日). “国内映画ランキング(2011年6月18日~2011年6月19日)” (日本語). 映画.com. 2012年10月25日閲覧。
  50. ^ 壬生智裕 (2011年6月22日). “『パイレーツ』独走はどこまで続く? 『スカイライン-征服-』も初登場!【映画週末興行成績】” (日本語). シネマトゥディ. 2011年6月22日閲覧。
  51. ^ 駒井尚文 (2011年6月27日). “国内映画ランキング(2011年6月25日~2011年6月26日)” (日本語). 映画.com. 2012年10月25日閲覧。
  52. ^ 壬生智裕 (2011年6月29日). “『SUPER 8』が5週連続でトップの『パイレーツ』から首位を奪還!『アンダルシア』は2位初登場!【映画週末興行成績】” (日本語). シネマトゥディ. 2011年6月30日閲覧。
  53. ^ 駒井尚文 (2011年7月4日). “国内映画ランキング(2011年7月2日~2011年7月3日)” (日本語). 映画.com. 2012年10月25日閲覧。
  54. ^ 壬生智裕 (2011年7月6日). “『SUPER 8』が2週連続で首位!夏休みを前に『アンパンマン』などのアニメ作品も好調な成績でランクイン!【映画週末興行成績】” (日本語). シネマトゥディ. 2011年7月6日閲覧。
  55. ^ 駒井尚文 (2011年7月11日). “国内映画ランキング(2011年7月9日~2011年7月10日)” (日本語). 映画.com. 2012年10月25日閲覧。
  56. ^ 壬生智裕 (2011年7月13日). “新作ラッシュを前に嵐の静けさ?『SUPER 8』が3週連続首位をキープ!『パイレーツ』は2位に再浮上!” (日本語). シネマトゥディ. 2012年10月15日閲覧。
  57. ^ 駒井尚文 (2011年7月19日). “国内映画ランキング(2011年7月16日~2011年7月17日)” (日本語). 映画.com. 2012年10月25日閲覧。
  58. ^ 壬生智裕 (2011年7月21日). “『コクリコ坂から』が3位スタート!夏興行の本命『ハリポタ』はトップに登場!【映画週末興行成績】” (日本語). シネマトゥディ. 2011年7月21日閲覧。
  59. ^ 駒井尚文 (2011年7月25日). “国内映画ランキング(2011年7月23日~2011年7月24日)” (日本語). 映画.com. 2012年10月25日閲覧。
  60. ^ 壬生智裕 (2011年7月26日). “原田芳雄さんの遺作『大鹿村騒動記』が圏外からベストテンに 圧倒的な強さで『ハリポタ』がV2【映画週末興行成績】” (日本語). シネマトゥディ. 2011年7月28日閲覧。
  61. ^ 駒井尚文 (2011年8月2日). “国内映画ランキング(2011年7月30日~2011年7月31日)” (日本語). 映画.com. 2012年10月25日閲覧。
  62. ^ 壬生智裕 (2011年8月3日). “『トランスフォーマー』興収比率は3Dが80%以上と圧倒的に2D上回る!週末動員では『ハリー・ポッター』に僅差負け【映画週末興行成績】” (日本語). シネマトゥディ. 2011年8月4日閲覧。
  63. ^ 駒井尚文 (2011年8月8日). “国内映画ランキング(2011年8月6日~2011年8月7日)” (日本語). 映画.com. 2012年10月25日閲覧。
  64. ^ 壬生智裕 (2011年8月10日). “『仮面ライダー』が『ハリポタ』を破り1位!香取『こち亀』は7位発進!【映画週末興行成績】” (日本語). シネマトゥディ. 2011年8月11日閲覧。
  65. ^ Japan Box Office, August 6–7, 2011” (英語). Box Office Mojo. 2011年8月11日閲覧。
  66. ^ 駒井尚文 (2011年8月15日). “国内映画ランキング(2011年8月13日~2011年8月14日)” (日本語). 映画.com. 2012年10月25日閲覧。
  67. ^ 壬生智裕 (2011年8月17日). “お盆休み効果!?『ハリポタ』が『仮面ライダー』から首位を奪還!ブラピ『ツリー・オブ・ライフ』は7位発進!” (日本語). シネマトゥディ. 2012年10月15日閲覧。
  68. ^ 駒井尚文 (2011年8月22日). “国内映画ランキング(2011年8月20日~2011年8月21日)” (日本語). 映画.com. 2012年10月25日閲覧。
  69. ^ 壬生智裕 (2011年8月24日). “『ハリポタ』の勢いが止まらず今週も首位で興収80億円突破!100億円も目前” (日本語). シネマトゥディ. 2012年10月15日閲覧。
  70. ^ 駒井尚文 (2011年8月29日). “国内映画ランキング(2011年8月27日~2011年8月28日)” (日本語). 映画.com. 2012年10月25日閲覧。
  71. ^ 壬生智裕 (2011年8月31日). “嵐・櫻井翔主演の『神様のカルテ』が初登場1位!『ハリポタ』抜く!観客の93パーセントが女性客で嵐人気は健在!【映画週末興行成績】” (日本語). シネマトゥディ. 2011年8月31日閲覧。
  72. ^ 駒井尚文 (2011年9月5日). “国内映画ランキング(2011年9月3日~2011年9月4日)” (日本語). 映画.com. 2012年10月25日閲覧。
  73. ^ 壬生智裕 (2011年9月7日). “『ハリポタ』が『パイレーツ』を抜いて本年度興収ナンバーワンに躍り出た!ネイチャードキュメント『ライフ』が初登場首位!【映画週末興行成績】” (日本語). シネマトゥディ. 2011年9月9日閲覧。
  74. ^ 駒井尚文 (2011年9月12日). “国内映画ランキング(2011年9月10日~2011年9月11日)” (日本語). 映画.com. 2012年10月25日閲覧。
  75. ^ 壬生智裕 (2011年9月14日). “北海道の大スターは伊達じゃない!北海道で圧倒的な観客を動員し大泉洋主演『探偵はBARにいる』が初登場首位!【映画週末興行成績】” (日本語). シネマトゥディ. 2011年9月16日閲覧。
  76. ^ 駒井尚文 (2011年9月20日). “国内映画ランキング(2011年9月17日~2011年9月18日)” (日本語). 映画.com. 2012年10月25日閲覧。
  77. ^ 壬生智裕 (2011年9月23日). “篠原涼子主演『アンフェア』最新作が初登場トップ!!『サンクタム』『アジョシ』など5作品がトップ10入り!【映画週末興行成績】” (日本語). シネマトゥディ. 2011年9月26日閲覧。
  78. ^ 駒井尚文 (2011年9月26日). “国内映画ランキング(2011年9月24日~2011年9月25日)” (日本語). 映画.com. 2012年10月25日閲覧。
  79. ^ 壬生智裕 (2011年9月27日). “『モテキ』が初登場2位で興行収入でトップに!週末動員では『アンフェア』がV2達成【映画週末興行成績】” (日本語). シネマトゥディ. 2011年9月28日閲覧。
  80. ^ 駒井尚文 (2011年10月3日). “国内映画ランキング(2011年10月1日~2011年10月2日)” (日本語). 映画.com. 2012年10月25日閲覧。
  81. ^ 壬生智裕 (2011年10月5日). “全世界ヒット『ワイルド・スピード』最新作が日本でも初登場1位で全世界64か国目の首位獲得!【映画週末興行成績】” (日本語). シネマトゥディ. 2011年10月5日閲覧。
  82. ^ 駒井尚文 (2011年10月11日). “国内映画ランキング(2011年10月8日~2011年10月9日)” (日本語). 映画.com. 2012年10月25日閲覧。
  83. ^ 壬生智裕 (2011年10月12日). “『猿の惑星』最新作が初登場首位!宮崎あおいと堺雅人、「篤姫」以来の夫婦役『ツレうつ』も4位に初登場!【映画週末興行成績】” (日本語). シネマトゥディ. 2011年10月17日閲覧。
  84. ^ 駒井尚文 (2011年10月17日). “国内映画ランキング(2011年10月15日~2011年10月16日)” (日本語). 映画.com. 2012年10月25日閲覧。
  85. ^ 壬生智裕 (2011年10月18日). “『猿の惑星』が2週連続トップで動員100万人突破!市川海老蔵主演の『一命』は初登場で4位発進【映画週末興行成績】” (日本語). シネマトゥディ. 2011年10月19日閲覧。
  86. ^ 駒井尚文 (2011年10月25日). “国内映画ランキング(2011年10月22日~2011年10月23日)” (日本語). 映画.com. 2012年10月25日閲覧。
  87. ^ 壬生智裕 (2011年10月25日). “口コミ効果が広がった?『猿の惑星』が3週連続で首位獲得!! 『カウボーイ&エイリアン』『スマグラー』も初登場!” (日本語). シネマトゥディ. 2012年10月15日閲覧。
  88. ^ 駒井尚文 (2011年10月31日). “国内映画ランキング(2011年10月29日~2011年10月30日)” (日本語). 映画.com. 2012年10月25日閲覧。
  89. ^ 壬生智裕 (2011年11月2日). “三谷幸喜ブランドは健在!!『ステキな金縛り』が首位ぶっちぎり!!『三銃士』『プリキュア』新作がベスト3に初登場!!【映画週末興行成績】” (日本語). シネマトゥディ. 2011年11月3日閲覧。
  90. ^ 駒井尚文 (2011年11月7日). “国内映画ランキング(2011年11月5日~2011年11月6日)” (日本語). 映画.com. 2012年10月25日閲覧。
  91. ^ 壬生智裕 (2011年11月8日). “『ステキな金縛り』V2で早くも100万人突破!『カイジ』初登場2位!『モテキ』150万人突破!東宝作品強し!【映画週末興行成績】” (日本語). シネマトゥディ. 2011年11月11日閲覧。
  92. ^ 駒井尚文 (2011年11月14日). “国内映画ランキング(2011年11月12日~2011年11月13日)” (日本語). 映画.com. 2012年10月25日閲覧。
  93. ^ 壬生智裕 (2011年11月16日). “『ステキな金縛り』圧倒的な強さで早くも20億円突破でV3!引退発言のブラピ主演作『マネーボール』は3位発進!!【映画週末興行成績】” (日本語). シネマトゥディ. 2011年11月16日閲覧。
  94. ^ 駒井尚文 (2011年11月21日). “国内映画ランキング(2011年11月19日~2011年11月20日)” (日本語). 映画.com. 2012年10月25日閲覧。
  95. ^ 壬生智裕 (2011年11月23日). “三谷幸喜『ステキな金縛り』の勢いが止まらずV4!累計動員200万人超え!『アントキノイノチ』『新少林寺』もベストテン入り!!【映画週末興行成績】” (日本語). シネマトゥディ. 2011年12月4日閲覧。
  96. ^ 駒井尚文 (2011年11月28日). “国内映画ランキング(2011年11月26日~2011年11月27日)” (日本語). 映画.com. 2012年10月25日閲覧。
  97. ^ 壬生智裕 (2011年11月29日). “「怪物くん」が圧倒的な強さで初登場首位!『ステキな金縛り』は250万人を動員し『カイジ』も100万人突破!!【映画週末興行成績】” (日本語). シネマトゥディ. 2011年12月4日閲覧。
  98. ^ 駒井尚文 (2011年12月5日). “国内映画ランキング(2011年12月3日~2011年12月4日)” (日本語). 映画.com. 2012年10月25日閲覧。
  99. ^ 壬生智裕 (2011年12月7日). “『怪物くん』、早くも10億円超え!2週連続首位の大ヒット!『けいおん!』は『タンタン』を超えて2位と大健闘!【映画週末興行成績】” (日本語). シネマトゥディ. 2011年12月30日閲覧。
  100. ^ 駒井尚文 (2011年12月12日). “国内映画ランキング(2011年12月10日~2011年12月11日)” (日本語). 映画.com. 2012年10月25日閲覧。
  101. ^ 壬生智裕 (2011年12月14日). “仮面ライダーもなでしこ効果!? で首位発進!!『リアル・スティール』『源氏物語』も初登場!!【映画週末興行成績】” (日本語). シネマトゥディ. 2011年12月30日閲覧。
  102. ^ 駒井尚文 (2011年12月19日). “国内映画ランキング(2011年12月17日~2011年12月18日)” (日本語). 映画.com. 2012年10月25日閲覧。
  103. ^ 壬生智裕 (2011年12月21日). “やはりトム強し!『ミッション:インポッシブル』最新作がぶっちぎりで首位発進!! 香取慎吾『もののけ島のナキ』も初登場で好評価!!【映画週末興行成績】” (日本語). シネマトゥディ. 2011年12月30日閲覧。
  104. ^ 駒井尚文 (2011年12月26日). “国内映画ランキング(2011年12月24日~2011年12月25日)” (日本語). 映画.com. 2012年10月25日閲覧。
  105. ^ 壬生智裕 (2011年12月27日). “『ミッション:インポッシブル』がクリスマスのランキングを制しV2!『けいおん!』は興収10億円突破!【映画週末興行成績】” (日本語). シネマトゥディ. 2011年12月30日閲覧。
  106. ^ 駒井尚文 (2012年1月5日). “国内映画ランキング(2011年12月31日~2012年1月1日)” (日本語). 映画.com. 2012年10月12日閲覧。