2012年のアジアシリーズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

マグ・マネージャー アジアシリーズ20122012 Asia Series2012年亞洲職棒大賽2012년 아시아 시리즈)は、2012年11月8日-11月11日にかけて、韓国釜山広域市を中心に開催されたプロ野球アジアクラブ選手権である。

本大会は初の韓国開催であり、韓国、台湾中国日本オーストラリアの5カ国・地域の国内リーグ戦優勝チーム(中国のみリーグ選抜の「チャイナスターズ」)に加え、開催地代表として釜山を本拠地とするロッテ・ジャイアンツが出場。6チームによってアジアチャンピオンの座を争った。

優勝は日本の読売ジャイアンツで、日本勢の優勝は2008年以来2大会ぶり5度目。MVPには坂本勇人が選出された。また、2チームが出場した地元・韓国勢は2チームとも予選リーグで敗退した。

大会概要[編集]

※2012年の韓国シリーズにロッテジャイアンツが優勝した場合は同大会の準優勝チームが出場することになっていたが、ロッテは同大会に出られず年間4位で終わったため、韓国シリーズで優勝した三星ライオンズがそのまま出場した。

  • 主催 韓国野球委員会
  • 共催 オーストラリア野球連盟、中国棒球協会、中華職業棒球大連盟、日本野球機構

試合方式[編集]

今回は6チームが参加しており、予選リーグを2つのプールに分けて開催する。

  • プールA チャイナスターズ、Lamigo、三星
  • プールB パース、読売ジャイアンツ、ロッテジャイアンツ

各グループによる3チームずつ1回総当りのリーグ戦を行い、第1位の2チームが最終日に開催する優勝戦を争う。その他アジアシリーズ#試合方式を参照

賞金等[編集]

  • 総合優勝 5億ウォン(約3680万円)、正賞品の優勝ペナントも贈呈
  • 総合2位 3億ウォン(約2200万円)
  • 参加賞(予選リーグ敗退チーム) 5000万ウォン(約368万円)

試合結果[編集]

予選リーグ[編集]

グループA[編集]

順位 チーム名 勝率 GB 得点 失点
1 台湾の旗 Lamigoモンキーズ 2 0 1.000 - 17 1
2 大韓民国の旗 三星ライオンズ 1 1 0.500 1.0 9 3
3 中華人民共和国の旗 チャイナスターズ 0 2 0.000 2.0 1 23

11月8日 ●チャイナ 1-14 Lamigo○(社稷野球場

チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
Lamigo 3 0 6 1 0 4 0 X X 14 15 1
チャイナ 0 0 0 1 0 0 0 X X 1 6 1
  1. 規定により7回コールド
  2. : 曾兆豪(1勝)  : 羅夏(1敗)  
  3. :  Lamigo – 林智勝(3回)、陳金鋒(3回)、石志偉(6回)
  4. * 開始 12時01分 試合時間 2時間31分

11月9日 ○Lamigo 3-0 三星●(社稷野球場)

チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
三星 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 3 2
Lamigo 0 0 0 1 0 0 2 0 X 3 8 0
  1. : マイク・ロリー(1勝)  : 裵英洙(1敗)  
  2. :  Lamigo – 林泓育(4回)
  3. * 開始 18時00分 試合時間 2時間55分

11月10日 ○三星 9-0 チャイナ●(社稷野球場)

チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
チャイナ 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 5 0
三星 6 0 2 1 0 0 0 0 X 9 14 0
  1. : 鄭寅煜(1勝)  : 卜濤(1敗)  
  2. * 開始 18時00分 試合時間 2時間48分

グループB[編集]

順位 チーム名 勝率 GB 得点 失点
1 日本の旗 読売ジャイアンツ 2 0 1.000 - 12 1
2 大韓民国の旗 ロッテ・ジャイアンツ 1 1 0.500 1.0 6 6
3 オーストラリアの旗 パース・ヒート 0 2 0.000 2.0 1 13

11月8日 ●パース 1-6 ロッテ○(社稷野球場

チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
ロッテ 1 0 0 2 0 3 0 0 0 6 12 0
パース 0 0 0 0 1 0 0 0 X 1 3 3
  1. : 宋勝準(1勝)  : バージル・バスケス(1敗)  
  2. * 開始 18時03分 試合時間 2時間41分

11月9日 ○巨人 7-1 パース●(社稷野球場)

チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
パース 0 0 0 0 0 1 0 0 0 1 6 4
巨人 0 0 0 0 0 1 3 3 X 7 12 1
  1. : 高木康成(1勝)  : アンソニー・クラゲット(1敗)  
  2. * 開始 12時01分 試合時間 3時間5分

11月10日 ●ロッテ 0-5 巨人○(社稷野球場)

チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
巨人 1 0 1 1 0 1 0 0 1 5 11 0
ロッテ 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 5 2
  1. : 澤村拓一(1勝)  : 高源浚(1敗)  
  2. * 開始 12時01分 試合時間 3時間1分

決勝[編集]

11月11日 ●Lamigo 3-6 巨人○(社稷野球場

チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
巨人 0 4 0 0 0 1 1 0 0 6 10 1
Lamigo 0 0 0 1 0 0 0 0 2 3 6 1
  1. : 宮國椋丞(1勝)  : ポール・フィリップス(1敗)  
  2. :  巨人 – 實松一成(2回)  Lamigo – 林智勝(4回)
  3. * 開始 14時11分 試合時間 2時間50分

脚注[編集]