2012年のアメリカンリーグディビジョンシリーズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
2012年のアメリカンリーグディビジョンシリーズ
チーム 勝数
ニューヨーク・ヤンキース 3
ボルチモア・オリオールズ 2
シリーズ情報
試合日程 10月7日 - 10月12日
チーム情報
ニューヨーク・ヤンキース(NYY)
監督 ジョー・ジラルディ
シーズン成績 95勝67敗(東地区優勝)
ボルチモア・オリオールズ(BAL)
監督 バック・ショーウォルター
シーズン成績 93勝69敗(ワイルドカード
チーム 勝数
デトロイト・タイガース 3
オークランド・アスレチックス 2
シリーズ情報
試合日程 10月6日 - 10月11日
チーム情報
デトロイト・タイガース(DET)
監督 ジム・リーランド
シーズン成績 88勝74敗(中地区優勝)
オークランド・アスレチックス(OAK)
監督 ボブ・メルビン
シーズン成績 94勝68敗 (西地区優勝)

 < 2011
ALDS
2012

2013 > 

 < 2011
NLDS
2012

2013 > 
2012ALCS 2012ワールドシリーズ

2012年のアメリカンリーグディビジョンシリーズ2012 American League Division Series, ALDS)は、2012年10月6日から10月12日まで行われたMLBアメリカンリーグディビジョンシリーズ(地区シリーズ)である。

概要[編集]

2012年のディビジョンシリーズは、ホームアドバンテージを有するチームが第3、4、5戦を本拠地で開催する日程となった。これは、2012年からのワイルドカードプレーオフの導入が、レギュラーシーズンの日程が決定した後に発表されたため、通常のディビジョンシリーズ日程での第4戦と第5戦の間にある移動日を無くし日程を円滑に進めるためであった。またこれに伴い「ディビジョンシリーズでは同じ地区に所属している球団同士が対戦しない」というルールも廃止された。対戦カードはそれぞれ、アメリカンリーグ東地区優勝のニューヨーク・ヤンキースワイルドカードゲーム勝者のボルチモア・オリオールズアメリカンリーグ西地区優勝のオークランド・アスレチックスアメリカンリーグ中地区優勝のデトロイト・タイガースとなった。結果は、両対戦ともに3勝2敗で、ニューヨーク・ヤンキースとデトロイト・タイガースが勝利し、それぞれリーグチャンピオンシップシリーズへ進出した。

試合結果[編集]

表中のR得点H安打E失策を示す。

ヤンキース対オリオールズ[編集]

第1試合 10月7日[編集]

メリーランド州ボルチモア - オリオール・パーク・アット・カムデン・ヤーズ

チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
ヤンキース 1 0 0 1 0 0 0 0 5 7 10 1
オリオールズ 0 0 2 0 0 0 0 0 0 2 8 1
  1. : CC・サバシア (1-0)  : ジム・ジョンソン (0-1)  
  2. :  BAL – ラッセル・マーティン (1)
  3. 観客動員数: 47,841人 試合時間: 3時間31分

第2試合 10月8日[編集]

メリーランド州ボルチモア - オリオール・パーク・アット・カムデン・ヤーズ

チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
ヤンキース 1 0 0 0 0 0 1 0 0 2 9 2
オリオールズ 0 0 2 0 0 1 0 0 X 3 7 2
  1. : 陳偉殷 (1-0)  : アンディ・ペティット (0-1)  S: ジム・ジョンソン (1)  
  2. 観客動員数: 48,187人 試合時間: 3時間11分

第3試合 10月10日[編集]

ニューヨーク州ニューヨーク・ブロンクス - ヤンキー・スタジアム

チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 R H E
オリオールズ 0 0 1 0 1 0 0 0 0 0 0 0 2 6 0
ヤンキース 0 0 1 0 0 0 0 0 1 0 0 1 3 7 1
  1. : デビッド・ロバートソン (1-0)  : ブライアン・マティス (0-1)  
  2. :  BAL – ライアン・フラハーティ (1), マニー・マチャド (1)  NYY – ラウル・イバニェス 2 (2)
  3. 観客動員数: 50,497人 試合時間: 3時間31分

第4試合 10月11日[編集]

ニューヨーク州ニューヨーク・ブロンクス - ヤンキー・スタジアム

チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 R H E
オリオールズ 0 0 0 0 1 0 0 0 0 0 0 0 1 2 8 1
ヤンキース 0 0 0 0 0 1 0 0 0 0 0 0 0 1 7 0
  1. : ペドロ・ストロップ (1-0)  : デビッド・フェルプス (0-1)  S: ジム・ジョンソン (2)  
  2. :  BAL – ネイト・マクラウス (1)
  3. 観客動員数: 49,307人 試合時間: 4時間31分

第5試合 10月12日[編集]

ニューヨーク州ニューヨーク・ブロンクス - ヤンキー・スタジアム

チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
オリオールズ 0 0 0 0 0 0 0 1 0 1 4 0
ヤンキース 0 0 0 0 1 1 1 0 X 3 5 0
  1. : CC・サバシア (2-0)  : ジェイソン・ハメル (0-1)  
  2. :  NYY – カーティス・グランダーソン (1)
  3. 観客動員数: 47,081人 試合時間: 2時間52分

アスレチックス対タイガース[編集]

第1試合 10月6日[編集]

ミシガン州デトロイト - コメリカ・パーク

チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
アスレチックス 1 0 0 0 0 0 0 0 0 1 4 1
タイガース 1 0 1 0 1 0 0 0 X 3 7 0
  1. : ジャスティン・バーランダー (1–0)  : ジャロッド・パーカー (0–1)  S: ホセ・バルベルデ (1)  
  2. :  OAK – ココ・クリスプ (1)  DET – アレックス・アビラ (1)
  3. 観客動員数: 43,323人 試合時間: 2時間56分

第2試合 10月7日[編集]

ミシガン州デトロイト - コメリカ・パーク

チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
アスレチックス 0 0 1 0 0 0 1 2 0 4 9 1
タイガース 0 0 1 0 0 0 2 1 1 5 11 0
  1. : アル・アルバカーキ (1–0)  : グラント・バルフォア (0–1)  
  2. :  OAK – ジョシュ・レディック (1)
  3. 観客動員数: 40,684人 試合時間: 3時間28分

第3試合 10月9日[編集]

カリフォルニア州オークランド - オー・ドットコー・コロシアム

チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
タイガース 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 4 0
アスレチックス 1 0 0 0 1 0 0 0 X 2 5 0
  1. : ブレット・アンダーソン (1–0)  : アニバル・サンチェス (0–1)  S: グラント・バルフォア (1)  
  2. :  OAK – セス・スミス (1)
  3. 観客動員数: 37,090人 試合時間: 2時間33分

第4試合 10月10日[編集]

カリフォルニア州オークランド - オー・ドットコー・コロシアム

チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
タイガース 0 0 0 1 1 0 0 1 0 3 10 1
アスレチックス 0 0 0 0 0 1 0 0 3 4 8 0
  1. : ライアン・クック (1–0)  : ホセ・バルベルデ (0–1)  
  2. :  DET – プリンス・フィルダー (1)
  3. 観客動員数: 36,385人 試合時間: 3時間21分

第5試合 10月11日[編集]

カリフォルニア州オークランド - オー・ドットコー・コロシアム

チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
タイガース 0 0 2 0 0 0 4 0 0 6 9 0
アスレチックス 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 4 1
  1. : ジャスティン・バーランダー (2–0)  : ジャロッド・パーカー (0–2)  
  2. 観客動員数: 36,393人 試合時間: 2時間56分