2012年の労働界

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索

2012年の労働界では、2012年平成23年)の労働運動、労働環境、雇用賃金など労働分野に関する出来事について記述する。

概要[編集]

  • 労働者派遣法が改正施行。
    • 日雇派遣、短期派遣の原則禁止。
    • 関係派遣先への派遣割合を規制。
    • 労働契約申込みのみなし制度導入。

できごと[編集]

1月[編集]

  • 1月4日 - アメリカ合衆国の旗ボーイングがウィチタ工場(カンザス州)を2013年末までに閉鎖することを発表[1]
  • 1月26日 - NECは、国内外のグループ企業で約1万人の削減を含むリストラ計画を発表[2]

2月[編集]

  • 2月2日 - 日本板硝子がグループ全体で35,00名の人員を削減することを発表。
  • 2月29日 - 国家公務員給与の削減法案(2年間、平均7.8%)法案が可決、成立。

3月[編集]

4月[編集]

  • 4月4日 - アメリカ合衆国の旗Yahoo!が従業員約2,000人(全従業員の約15%)を削減する計画を発表[3]

8月[編集]

9月[編集]

  • 9月20日 - 日本無線が、国内2工場(三鷹製作所、埼玉工場)の閉鎖と、従業員の約2割の削減を2015年までに実施することを発表。
  • 9月22日 - 都内のハローワークで働く非正規職員が労働組合を結成[5]

10月[編集]

予定[編集]

死去[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]