2012年ロンドンオリンピックのウエイトリフティング競技

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
女子75kg級のメダリストたち。左から順にナタリア・ザボロトナヤ(銀)、スベトラーナ・ポドベドワ(金)、イリーナ・クレシャ(銅)[1]

2012年ロンドンオリンピックのウエイトリフティング競技は、エクセル展覧会センターで、7月28日から8月7日までの競技日程で実施された。国際ウエイトリフティング連盟(IWF)が主管。合計260名(男子156名、女子104名)が参加[2]

ドーピング問題[編集]

国際重量挙げ連盟(IWF)は2016年7月27日、国際オリンピック委員会のドーピング検体の再検査第2弾で、陽性反応を示した11選手の名前を公表し、ロンドン五輪銀メダルのイワノフ、右上写真のザボロトナヤも含まれていたことが明らかになった[3]

実施種目[編集]

  • 男子
    • 56 kg
    • 62 kg
    • 69 kg
    • 77 kg
    • 85 kg
    • 94 kg
    • 105 kg
    • +105 kg
  • 女子
    • 48 kg
    • 53 kg
    • 58 kg
    • 63 kg
    • 69 kg
    • 75 kg
    • +75 kg

出場枠[編集]

出場枠は以下の通りであるため、1つの国・地域ですべての階級に出場することはできない。

出場資格 三者委員会招待枠 開催国枠 合計
男子 147 6 3 156
女子 98 4 2 104
合計 245 10 5 260
最大枠
男子 6
女子 4
合計 10

また、1階級につき最大2人まで出場できる。

出場枠は前年、前々年のウエイトリフティング世界選手権の成績をポイント化し、以下の通りにまず出場枠が決まる。

男子
順位 出場枠
1位から6位 6
7位から12位 5
13位から18位 4
19位から24位 3
女子
順位 出場枠
1位から9位 4
10位から16位 3
17位から21位 2

さらに、各大陸の予選で

地域 出場枠
男子 女子
アフリカ 5 4
アジア 7 6
ヨーロッパ 7 6
パンナム 7 4
オセアニア 5 4
合計 31 24

を決める。ただし、ここで得られる最大出場枠は各国・地域につき1枠のみで世界選手権ですでに出場枠を確保している国・地域は除外される。

ここまでで出場権が得られていない国・地域においても、主要な国際大会で好成績を収めた選手および三者委員会招待枠についてはその選手に対して出場権が与えられる。この場合のみ出場できる階級が限定される[4]

詳細な規定については[5]を、最終的な各国出場枠については2012 London Olympic Games Qualification Summaryを参照のこと。

競技結果[編集]

男子[編集]

種目
56kg級 北朝鮮 オム・ユンチョル
北朝鮮 (PRK)
中国 呉景彪
中国 (CHN)
- [6]
62kg級 北朝鮮 キム・ウングク
北朝鮮 (PRK)
コロンビア オスカル・フィゲロア・モスケラ
コロンビア (COL)
インドネシア エコユリ・イラワン
インドネシア (INA)
69kg級 中国 林清峰
中国 (CHN)
インドネシア トリヤトノ
インドネシア (INA)
ルーマニア ラズバンコンスタンティン・マルティン
ルーマニア (ROU)
77kg級 中国 呂小軍
中国 (CHN)
中国 陸浩傑
中国 (CHN)
キューバ イバン・カンバル
キューバ (CUB)
85kg級[7] ポーランド アドリアン・ジェリンスキ
ポーランド (POL)
イラン キアヌーシュ・ロスタミ
イラン (IRI)
エジプト タレク・イェヒア
エジプト (EGY)
94kg級[8] イラン サイード・モハンマドプール
イラン (IRI)
韓国 金珉在
韓国 (KOR)
ポーランド トマシュ・ジエリンスキ
ポーランド (POL)
105kg級 - [9] イラン ナッヴァブ・ナスィルシェラル
イラン (IRI)
ポーランド バルトロミエ・ボンク
ポーランド (POL)
105kg超級 イラン ベフダド・サリミ
イラン (IRI)
イラン サッジャド・アヌーシラバニ
イラン (IRI)
ロシア ルスラン・アルベゴフ
ロシア (RUS)

女子[編集]

種目
48kg級 中国 王明娟
中国 (CHN)
日本 三宅宏実
日本 (JPN)
北朝鮮 リャン・チュンファ
北朝鮮 (PRK)
53kg級[10] チャイニーズタイペイ 許淑浄
チャイニーズタイペイ (TPE)
インドネシア チトラ・フェブリアンティ
インドネシア (INA)
ウクライナ ユリア・パラトワ
ウクライナ (UKR)
58kg級[11] 中国 李雪英
中国 (CHN)
タイ ピムシリ・シリケーオ
タイ (THA)
タイ シーリプ・グーンノイ
タイ (THA)
63kg級[12] カナダ クリスティン・ギラード
カナダ (CAN)
ブルガリア ミルカ・マネバ
ブルガリア (BUL)
メキシコ ルス・アコスタ
メキシコ (MEX)
69kg級[13] 北朝鮮 リム・ジョンシム
北朝鮮 (PRK)
ルーマニア ロクサナダニエラ・ココス
ルーマニア (ROU)
カザフスタン アンナ・ヌルメハンベトワ
カザフスタン (KAZ)
75kg級[14] スペイン リディア・バレンティン
スペイン (ESP)
エジプト アビール・アブドゥッラフマーン
エジプト (EGY)
カメルーン マディアス・ネゼッソ
カメルーン (CMR)
75kg超級[15] 中国 周璐璐
中国 (CHN)
ロシア タチアナ・カシリナ
ロシア (RUS)
韓国 張美蘭
韓国 (KOR)

国・地域別のメダル獲得数[編集]

順位 国・地域
1 中国 中国 (CHN) 5 2 0 7
2 北朝鮮 北朝鮮 (PRK) 3 0 1 4
3 イラン イラン (IRI) 2 3 0 5
4 ポーランド ポーランド (POL) 1 0 2 3
5 ウクライナ ウクライナ (UKR) 1 0 1 2
6 カナダ カナダ (CAN) 1 0 0 1
チャイニーズタイペイ チャイニーズタイペイ (TPE) 1 0 0 1
スペイン スペイン (ESP) 1 0 0 1
9 インドネシア インドネシア (INA) 0 2 1 3
10 エジプト エジプト (EGY) 0 1 1 2
ルーマニア ルーマニア (ROU) 0 1 1 2
ロシア ロシア (RUS) 0 1 1 2
韓国 韓国 (KOR) 0 1 1 2
タイ タイ (THA) 0 1 1 2
15 ブルガリア ブルガリア (BUL) 0 1 0 1
コロンビア コロンビア (COL) 0 1 0 1
日本 日本 (JPN) 0 1 0 1
18 カメルーン カメルーン (CMR) 0 0 1 1
キューバ キューバ (CUB) 0 0 1 1
カザフスタン カザフスタン (KAZ) 0 0 1 1
メキシコ メキシコ (MEX) 0 0 1 1
アゼルバイジャン アゼルバイジャン (AZE) 0 0 1 1
合計 15 15 15 45

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 結果 - 重量挙げ - ロンドンオリンピック”. Yahoo!スポーツ×スポーツナビ. 2012年9月1日閲覧。
  2. ^ Weightlifting”. London 2012 Olympic and Paralympic Games. 2011年5月31日閲覧。
  3. ^ 毎日新聞2016年7月28日付け「ロンドン五輪重量挙げ再検査、陽性11人を公表」
  4. ^ 世界選手権、各大陸予選で確保した枠については選手・階級ともに各国で自由に選択できる。
  5. ^ The 2012 London OG Weightlifting Qualification System ENG (pdf)”. 2012年7月30日閲覧。
  6. ^ 当初、3位アゼルバイジャン ヴァレンティン・フリストフ (AZE)だったが、後日ドーピング違反が発覚し剥奪。ロンドン銅メダリストが失格=IOC
  7. ^ 当初、2位ロシア アプティ・アウハドフ (RUS)であったが、後日ドーピング違反が発覚し剥奪、キアヌーシュ・ロスタミ以下繰り上がりとなった。国際オリンピック委員会 - 2012 ウエイトリフティング男子85kg級公式結果
  8. ^ 当初、1位カザフスタン イリア・イリン (KAZ)、2位ロシア アレクサンドル・イワノフ (RUS)、3位モルドバ アナトリー・キリク (MDA)、4位ロシア アンドレイ・デマノフ (RUS)だったが、後日ドーピングが違反が発覚し剥奪、5位サイード・モハンマドプール以下繰り上がりとなった。国際オリンピック委員会 - 2012 ウエイトリフティング男子94kg級公式結果
  9. ^ 当初、1位ウクライナ オレクシー・トロフティ (UKR)だったが、後日ドーピング違反が発覚し剥奪。ロンドン五輪金メダリストら5人が再検査で失格、重量挙げ
  10. ^ 当初、1位カザフスタン ズルフィヤ・チンシャンロ (KAZ)、3位モルドバ クリスティーナ・イオブ (MDA)であったが、後日ドーピング違反が発覚し剥奪、許淑浄以下繰り上がりとなった。国際オリンピック委員会 - 2012 ウエイトリフティング女子53kg級公式結果
  11. ^ 当初、3位ウクライナ ユリア・カリナ (UKR)であったが、後日ドーピング違反が発覚し剥奪、シーリプ・グーンノイ以下繰り上がりとなった。国際オリンピック委員会 - 2012 ウエイトリフティング女子58kg級公式結果
  12. ^ 当初、1位カザフスタン マイア・マネザ (KAZ)、2位ロシア スベトラーナ・ツァルケーワ (RUS)であったが、後日ドーピング違反が発覚し剥奪、クリスティン・ギラード以下繰り上がりとなった。国際オリンピック委員会 - 2012 ウエイトリフティング女子63kg級公式結果
  13. ^ 当初、3位ベラルーシ マリナ・シュケルマンコワ (BLR)であったが、後日ドーピング違反が発覚し剥奪、アンナ・ヌルメハンベトワ以下繰り上がりとなった。国際オリンピック委員会 - 2012 ウエイトリフティング女子69kg級公式結果
  14. ^ 当初、1位カザフスタン スベトラーナ・ポドベドワ (KAZ)、2位ロシア ナタリア・ザボロトナヤ (RUS)、3位ベラルーシ イリーナ・クレシャ (BLR)であったが、後日ドーピング違反が発覚し剥奪、リディア・バレンティン以下繰り上がりとなった。国際オリンピック委員会 - 2012 ウエイトリフティング女子75kg級公式結果
  15. ^ 当初、3位アルメニア ヒリプシメ・フルシュデャン (ARM)であったが、後日ドーピング違反が発覚し剥奪、張美蘭以下繰り上がりとなった。国際オリンピック委員会 - 2012 ウエイトリフティング女子75kg超級公式結果