2012-13シーズンのFリーグ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Fリーグ > 2012-13シーズンのFリーグ

2012-13年シーズンのFリーグは、リーグ戦が2012年6月30日に開幕、翌2013年1月27日まで行われ、プレーオフが同年2月1日から10日まで行われた。優勝は名古屋オーシャンズ

2012-13年シーズンのFリーグ参加クラブ[編集]

参加クラブは以下の通りである。

※このシーズンより浜松が参加。

レギュレーション[編集]

今回からレギュラーシーズン(1シーズン制)と、その上位3チームによるプレーオフ(決勝トーナメント)の2段階制を採用した。

レギュラーシーズンは平年同様に各チーム3回戦総当り方式(ホーム・アンド・アウェーおよびセントラル開催)を採用。勝ち点制度で争われ勝ちが3点、引分が1点、負けは0点。この勝ち点の上位3位までに入ったチーム(同勝ち点は得失点差、総得点、直接対決の成績、さらには抽選により順位決定)がプレーオフ(正式名称:Fリーグ2012-13 powered by ウイダーinゼリー Charge→Go プレーオフ )に進出する。

なおセントラル開催(リーグ主管の集結戦)は前年度より多く組まれており、国立代々木競技場第1体育館(渋谷区 第1・2節)とべっぷアリーナ別府市 第10・11節)、大田区総合体育館大田区 第19・20節)で各2連戦の6節分が割り当てられ、事実上「ホーム&アウェー&セントラル」の方式で行われた。

プレーオフはパラマストーナメントで開催され、レギュラーシーズン2位対同3位がまず1st Roundを戦い2勝したほうがFinal Roundに進む。Finai Roundはこの勝者と同1位が戦い、3勝(1位はアドバンテージ1勝を含む)した方が総合優勝となる。

リーグ戦結果[編集]

順位 クラブ名 試合 勝点 勝利 引分 敗戦 得点 失点 得失 備考
1 名古屋オーシャンズ 27 75 24 3 0 142 53 +89 プレーオフ進出
2 シュライカー大阪 27 53 16 5 6 91 58 +33 プレーオフ進出
3 府中アスレティックFC 27 47 15 2 10 78 65 +13 プレーオフ進出
4 バルドラール浦安 27 44 13 5 9 85 67 +18
5 デウソン神戸 27 42 12 6 9 80 64 +16
6 エスポラーダ北海道 27 40 11 7 9 76 88 -12
7 バサジィ大分 27 34 10 4 13 62 63 -1
8 ペスカドーラ町田 27 25 6 7 14 66 88 -22
9 湘南ベルマーレ 27 14 3 5 19 72 114 -42
10 アグレミーナ浜松 27 8 2 2 23 45 137 -92

プレーオフ結果[編集]

1stラウンド(準決勝) ファイナルラウンド(決勝)
3戦2勝制
 府中(3位) ○●●
4戦3勝制
(含・アドバンテージ1)
 大阪(2位) ●○○
 大阪 ★●●
 名古屋(1位) ☆○○
 
   
    
    
☆・★=1位クラブ(名古屋オーシャンズ)に対するアドバンテージの1勝・1敗分

#1
2013年2月1日
19:00
シュライカー大阪 1-5 府中アスレティックFC
ヴィニシウス 40分にゴール 40分 公式記録 小山剛史 9分にゴール 9分34分
ロドリゴ 17分にゴール 17分
山田ラファエルユウゴ 18分にゴール 18分37分
テバオーシャンアリーナ
観客数: 345人
主審: 津和英史





得点ランキング[編集]

順位 選手名 チーム名 得点
1 森岡薫 名古屋オーシャンズ 34
2 リカルジーニョ 名古屋オーシャンズ 33
3 ヴィニシウス シュライカー大阪 31
4 水上玄太 エスポラーダ北海道 27
5 ボラ ペスカドーラ町田 25
6 山田ラファエルユウゴ 府中アスレティック 20
7 稲葉洸太郎 バルドラール浦安 17
8 ラファエル・サカイ 名古屋オーシャンズ 14
逸見勝利ラファエル 名古屋オーシャンズ
ロドリゴ 府中アスレティック

脚注[編集]

関連項目[編集]