2012 FIFA U-20女子ワールドカップ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
2012 FIFA U-20女子ワールドカップ
2012 FIFA U-20 Women's World Cup
優勝を祝うアメリカ合衆国U-20女子代表
優勝を祝うアメリカ合衆国U-20女子代表
大会概要
開催国 日本の旗 日本
日程 2012年8月19日 - 9月8日
チーム数 16 (6連盟)
開催地数(5都市)
大会結果
優勝  アメリカ合衆国 (3回目)
準優勝  ドイツ
3位  日本
4位  ナイジェリア
大会統計
試合数 32試合
ゴール数 104点
(1試合平均 3.25点)
総入場者数 307,348人
(1試合平均 9,605人)
得点王 朝鮮民主主義人民共和国の旗 金恩花(7点)
最優秀選手 ドイツの旗 ジェニファー・マロジャン
 < 20102014

2012 FIFA U-20女子ワールドカップ: 2012 FIFA U-20 Women's World Cup)は、2012年8月19日から9月8日にかけて、日本で開催された第6回目のFIFA U-20女子ワールドカップである[1]アメリカ合衆国が優勝した[2]他、準優勝したドイツジェニファー・マロジャンが最優秀選手賞を[3]北朝鮮の金恩花が得点王を[4]、それぞれ受賞した。

開催国選定の経緯[編集]

2010年3月、FIFAは開催地をウズベキスタンに決定した[5]。しかし、その後の視察で設備等が国際基準に満たさないと判断されたため、2011年12月、日本で行われたFIFA理事会において日本で開催する案が出された[6]。2012年2月8日に日本の文部科学省が開催承認を発表し、日本での開催が正式に決定した[7][8]

出場国[編集]

大陸連盟 出場
枠数
予選大会 予選順位 出場国・地域 出場回数
AFC 1+3 開催国  日本[9] 3大会連続4回目
AFC U-19女子選手権 2位  北朝鮮 4大会連続4回目
3位  中国 2大会ぶり4回目
4位  韓国[10] 2大会連続3回目
CAF 2 CAN U-20女子選手権 1組1位  ナイジェリア 6大会連続6回目
2組1位  ガーナ 2大会連続2回目
CONCACAF 3 CONCACAF U-20女子選手権 1位  アメリカ合衆国 6大会連続6回目
2位  カナダ 2大会ぶり5回目
3位  メキシコ 4大会連続5回目
CONMEBOL 2 U-20スダメリカーノ・フェメニーノ 1位  ブラジル 6大会連続6回目
2位  アルゼンチン 2大会ぶり3回目
OFC 1 OFC U-20女子選手権 1位  ニュージーランド 4大会連続4回目
UEFA 4 UEFA U-19女子選手権 1位  ドイツ 6大会連続6回目
2位  ノルウェー 2大会ぶり2回目
3位  スイス 2大会連続3回目
3位  イタリア 4大会ぶり2回目

選手一覧[編集]

会場一覧[編集]

2012年3月のFIFA理事会で、以下の5会場を会場として使用することが決定した[11]。当初計画されていた福島県営あづま陸上競技場は、改修費用の面から日本サッカー協会がFIFAへの提案を取り下げた[12]ほか、日本サッカー協会の案において新潟市陸上競技場が候補に入っていた[12]ものの利用されないこととなった。

都市 会場 収容人数 位置 画像
宮城県利府町 宮城スタジアム 49,133人 地図 MiyagiStadiumTrackField.jpg
埼玉県さいたま市 駒場スタジアム 21,500人 地図 Komabastadium1.JPG
東京都新宿区 国立霞ヶ丘競技場 50,339人 地図 KokuritshuKasumigaoka-6.JPG
兵庫県神戸市 神戸ユニバー記念競技場 45,000人 地図 151017 Kobe Universiade Memorial Stadium Kobe Japan02n.jpg
広島県広島市 広島ビッグアーチ 50,000人 地図 Bigarch050423.jpg

組み合わせ抽選[編集]

本大会抽選は2012年6月4日に行われ[13]ドロワ乃木坂46澤穂希らが出席した。また乃木坂46は公式テーマソング『人はなぜ走るのか?』(走れ!Bicycleに収録されている曲)を歌っている。

結果[編集]

グループリーグ[編集]

開催日時はすべて現地時間(UTC+9 日本標準時)による。

グループ A[編集]

チーム
1  日本 3 2 1 0 10 3 +7 7
2  メキシコ 3 2 0 1 7 4 +3 6
3  ニュージーランド 3 1 1 1 4 7 −3 4
4  スイス 3 0 0 3 1 8 −7 0


ニュージーランド  2 - 1  スイス
マイリン 39分にゴール 39分
ホワイト 52分にゴール 52分
レポート エグボガン 90+1分にゴール 90+1分
宮城スタジアム利府
観客数: 9,542人
主審: シンガポールの旗 アビラミ・アプバイ

日本  4 - 1  メキシコ
柴田華絵 32分にゴール 32分
猶本光 56分にゴール 56分
横山久美 77分にゴール 77分
田中陽子 89分にゴール 89分 (PK)
レポート ウエルタ 90+1分にゴール 90+1分
宮城スタジアム利府
観客数: 9,542人
主審: ドイツの旗 クリスティネ・バイティンガー


メキシコ  2 - 0  スイス
ウエルタ 46分にゴール 46分
ヒメネス 90+1分にゴール 90+1分
レポート
宮城スタジアム利府
観客数: 9,061人
主審: ブラジルの旗 アナ・マルケス

日本  2 - 2  ニュージーランド
田中陽子 37分にゴール 37分
道上彩花 71分にゴール 71分
レポート 仲田歩夢11分にゴール 11分 (OG)
ホワイト 15分にゴール 15分
宮城スタジアム利府
観客数: 9,061人
主審: イタリアの旗 シルヴィア・スピネッリ


メキシコ  4 - 0  ニュージーランド
ウエルタ 47分にゴール 47分
ゴメス=フンコ 74分にゴール 74分
フランコ 85分にゴール 85分
ヒメネス 87分にゴール 87分
レポート
ユニバー記念競技場神戸
観客数: 4,659人
主審: ルーマニアの旗 テオドラ・アルボン

スイス  0 - 4  日本
レポート 田中陽子 30分にゴール 30分47分
西川明花 52分にゴール 52分
猶本光 84分にゴール 84分 (PK)
国立霞ヶ丘競技場東京
観客数: 16,914人
主審: アメリカ合衆国の旗 マーガレット・ドムカ


グループ B[編集]

チーム
1  ナイジェリア 3 2 1 0 7 1 +6 7
2  韓国 3 2 0 1 4 2 +2 6
3  ブラジル 3 0 2 1 2 4 −2 2
4  イタリア 3 0 1 2 1 7 −6 1


ブラジル  1 - 1  イタリア
アマンダ 90+2分にゴール 90+2分 レポート リナリー 38分にゴール 38分
駒場スタジアムさいたま
観客数: 2,511人
主審: アメリカ合衆国の旗 マーガレット・ドムカ

ナイジェリア  2 - 0  韓国
オコビ 15分にゴール 15分
オパラノジー 67分にゴール 67分
レポート
駒場スタジアムさいたま
観客数: 2,511人
主審: ガイアナの旗 ダイアン・フェレイラ=ジェイムズ


ブラジル  1 - 1  ナイジェリア
ジオヴァンナ・オリヴェイラ 87分にゴール 87分 レポート オーデガ 44分にゴール 44分
駒場スタジアムさいたま
観客数: 2,539人
主審: スイスの旗 エステル・シュタウブリ

イタリア  0 - 2  韓国
レポート 李金玟 54分にゴール 54分
全銀河 56分にゴール 56分
駒場スタジアムさいたま
観客数: 2,539人
主審: メキシコの旗 ルシーラ・ベネガス


イタリア  0 - 4  ナイジェリア
レポート オーデガ 22分にゴール 22分40分47分
イグミノヴィア 86分にゴール 86分

韓国  2 - 0  ブラジル
全銀河 74分にゴール 74分82分 レポート
国立霞ヶ丘競技場東京
観客数: 16,914人
主審: ドイツの旗 クリスティネ・バイティンガー


グループ C[編集]

チーム
1  北朝鮮 3 3 0 0 15 3 +12 9
2  ノルウェー 3 2 0 1 8 6 +2 6
3  カナダ 3 1 0 2 8 4 +4 3
4  アルゼンチン 3 0 0 3 1 19 −18 0


北朝鮮  4 - 2  ノルウェー
尹鉉喜 15分にゴール 15分40分 (PK)
金恩花 72分にゴール 72分
金秀京 77分にゴール 77分
レポート ハンセン 23分にゴール 23分
Ad.ヘーゲルベルグ 54分にゴール 54分
ユニバー記念競技場神戸
観客数: 3,468人
主審: メキシコの旗 ルシーラ・ベネガス

アルゼンチン  0 - 6  カナダ
レポート ザドースキー 7分にゴール 7分 (PK)
サウィッキ 20分にゴール 20分
レオン 22分にゴール 22分42分45+1分
シャロン=ドラージュ 86分にゴール 86分
ユニバー記念競技場神戸
観客数: 3,468人
主審: スイスの旗 エステル・シュタウブリ


北朝鮮  9 - 0  アルゼンチン
尹鉉喜 16分にゴール 16分
金恩花 26分にゴール 26分30分41分45+2分56分
金秀京 38分にゴール 38分44分55分
レポート
ユニバー記念競技場神戸
観客数: 3,144人
主審: セネガルの旗 ファドゥマ・ディア

ノルウェー  2 - 1  カナダ
Ad.ヘーゲルベルグ 52分にゴール 52分
An.ヘーゲルベルグ 79分にゴール 79分
レポート リチャードソン 44分にゴール 44分
ユニバー記念競技場神戸
観客数: 3,144人
主審: 中華人民共和国の旗 秦亮


ノルウェー  4 - 1  アルゼンチン
ハーヴィ 25分にゴール 25分
ハンセン 70分にゴール 70分
An.ヘーゲルベルグ 85分にゴール 85分
スカウグ 90+3分にゴール 90+3分
レポート オビエド 82分にゴール 82分
宮城スタジアム利府
観客数: 1,712人
主審: 日本の旗 佐藤奈美

カナダ  1 - 2  北朝鮮
エグゼター 12分にゴール 12分 レポート 金恩花 32分にゴール 32分
尹鉉喜 78分にゴール 78分 (PK)
駒場スタジアムさいたま
観客数: 4,182人
主審: スウェーデンの旗 ペルニラ・ラーション


グループ D[編集]

チーム
1  ドイツ 3 3 0 0 8 0 +8 9
2  アメリカ合衆国 3 1 1 1 5 4 +1 4
3  中国 3 1 1 1 2 5 −3 4
4  ガーナ 3 0 0 3 0 6 −6 0


ガーナ  0 - 4  アメリカ合衆国
レポート (アッダイ) 20分にゴール 20分 (OG)
ヘイズ 50分にゴール 50分74分90+2分
広島ビッグアーチ広島
観客数: 2,582人
主審: ルーマニアの旗 テオドラ・アルボン

ドイツ  4 - 0  中国
ロッツェン 3分にゴール 3分
ヘーゲナウアー 45分にゴール 45分
(林玉萍) 74分にゴール 74分 (OG)
ヴェンシンク 90+1分にゴール 90+1分
レポート
広島ビッグアーチ広島
観客数: 2,582人
主審: ブラジルの旗 アナ・マルケス


ガーナ  0 - 1  ドイツ
レポート マグル 90+1分にゴール 90+1分
広島ビッグアーチ広島
観客数: 3,559人
主審: 日本の旗 佐藤奈美

アメリカ合衆国  1 - 1  中国
ヘイズ 36分にゴール 36分 レポート 沈莉莉 19分にゴール 19分
広島ビッグアーチ広島
観客数: 3,559人
主審: スウェーデンの旗 ペルニラ・ラーション


アメリカ合衆国  0 - 3  ドイツ
レポート ロッツェン 35分にゴール 35分53分
ロイポルツ 55分にゴール 55分
宮城スタジアム利府
観客数: 1,712人
主審: シンガポールの旗 アビラミ・アプバイ

中国  1 - 0  ガーナ
趙鑫迪 35分にゴール 35分 レポート
駒場スタジアムさいたま
観客数: 4,182人
主審: ガイアナの旗 ダイアン・フェレイラ=ジェイムズ


決勝トーナメント[編集]

90分で決着しない場合は30分の延長戦を行い、なお決着しない場合はPK戦を行う。ただし3位決定戦に限り、90分で決着しない場合は延長戦を行わずにPK戦を行う。[14]

準々決勝 準決勝 決勝
                   
8月30日 - 国立        
  ナイジェリア (aet) 1
9月4日 - 国立
  メキシコ 0  
  ナイジェリア 0
8月31日 - 駒場
    アメリカ合衆国 2  
  北朝鮮 1
9月8日 - 国立
  アメリカ合衆国 (aet) 2  
  アメリカ合衆国 1
8月30日 - 国立
    ドイツ 0
  日本 3
9月4日 - 国立
  韓国 1  
  日本 0 3位決定戦
8月31日 - 駒場
    ドイツ 3  
  ドイツ 4   ナイジェリア 1
  ノルウェー 0     日本 2
9月8日 - 国立

開催日時はすべて現地時間(UTC+9 日本標準時)による。

準々決勝[編集]


ナイジェリア  1 - 0
(延長)
 メキシコ
オパラノジー 109分にゴール 109分 レポート
国立霞ヶ丘競技場東京
観客数: 24,097人
主審: シンガポールの旗 アビラミ・アプバイ

日本  3 - 1  韓国
柴田華絵 8分にゴール 8分19分
田中陽子 37分にゴール 37分
レポート 全銀河 15分にゴール 15分
国立霞ヶ丘競技場東京
観客数: 24,097人
主審: ルーマニアの旗 テオドラ・アルボン

ドイツ  4 - 0  ノルウェー
ロッツェン 5分にゴール 5分20分
ロイポルツ 7分にゴール 7分
ヴェンシンク 85分にゴール 85分
レポート
駒場スタジアムさいたま
観客数: 6,284人
主審: アメリカ合衆国の旗 マーガレット・ドムカ

北朝鮮  1 - 2
(延長)
 アメリカ合衆国
金秀京 75分にゴール 75分 レポート ディバーナード 52分にゴール 52分
ウボガグ 98分にゴール 98分
駒場スタジアムさいたま
観客数: 6,284人
主審: イタリアの旗 シルヴィア・スピネッリ

準決勝[編集]


ナイジェリア  0 - 2  アメリカ合衆国
レポート ブライアン 22分にゴール 22分
オーハイ 70分にゴール 70分
国立霞ヶ丘競技場東京
観客数: 28,306人
主審: スイスの旗 エステル・シュタウブリ

日本  0 - 3  ドイツ
レポート ロイポルツ 1分にゴール 1分
マロジャン 13分にゴール 13分
ロッツェン 19分にゴール 19分
国立霞ヶ丘競技場東京
観客数: 28,306人
主審: メキシコの旗 ルシーラ・ベネガス

3位決定戦[編集]


ナイジェリア  1 - 2  日本
オパラノジー 73分にゴール 73分 レポート 田中陽子 24分にゴール 24分
西川明花 50分にゴール 50分
国立霞ヶ丘競技場東京
観客数: 29,427人
主審: アメリカ合衆国の旗 マーガレット・ドムカ

決勝[編集]


アメリカ合衆国  1 - 0  ドイツ
オーハイ 44分にゴール 44分 レポート
国立霞ヶ丘競技場東京
観客数: 31,114人
主審: スウェーデンの旗 ペルニラ・ラーション

優勝国[編集]

 2012 FIFA U-20女子ワールドカップ優勝国 

アメリカ合衆国
2大会ぶり3回目

表彰[編集]

以下の賞が選手個人およびチームに授与された[15]

大会最優秀選手 大会得点王 大会最優秀GK フェアプレー賞
ゴールデンボール ドイツの旗 ジェニファー・マロジャン ゴールデンシューズ 朝鮮民主主義人民共和国の旗 金恩花 7得点 ドイツの旗 ラウラ・ベンカルト  日本
シルバーボール 日本の旗 柴田華絵 シルバーシューズ 日本の旗 田中陽子 6得点
ブロンズボール アメリカ合衆国の旗 ジュリー・ジョンストン ブロンズシューズ ドイツの旗 レナ・ロッツェン 6得点

テレビ中継[編集]

開催国日本においては、独占放映権を持つ[16]フジテレビが、CS局フジテレビONE/TWO/NEXTにて全試合を放送した[17]他、日本代表の試合は地上波局(フジテレビ)でも放送された。グループリーグの数試合はスカパーの総合バラエティチャンネル、スカパーHDでも放送された。

ドイツにおいては、BSおよびCS局のユーロスポーツが29試合を放送し[18]、アメリカ合衆国ではESPNが、カレッジスポーツ専門チャンネルESPNU(en)を中心に12試合以上を放送すると事前発表した[19]

脚注[編集]

  1. ^ 前身大会であるU-19、U-20世界選手権を含む
  2. ^ Jack Bell, Another Title for U.S. Women (英語) ニューヨーク・タイムズ 2012.9.8付記事
  3. ^ U20-WM: Marozsan als beste Spielerin ausgezeichnet (ドイツ語) ディ・ヴェルト 2012.9.8付記事
  4. ^ Marozsan a winner despite defeat FIFA公式サイト 2012.9.8付ニュースリリース
  5. ^ “Financial report presented & decisions taken on competition hosts & Brazil 2014 slots” (プレスリリース), FIFA, (2011年3月3日), http://www.fifa.com/aboutfifa/federation/bodies/media/newsid=1392053.html 2011年3月3日閲覧。 
  6. ^ New host for the 2012 FIFA U-20 Women’s World Cup”. FIFA (2011年12月18日). 2011年12月19日閲覧。
  7. ^ “女子U―20W杯、日本で今夏に…被災地が候補”. 読売新聞. (2012年2月8日). http://www.yomiuri.co.jp/sports/soccer/nadeshiko/news/20120208-OYT1T00996.htm 2012年2月8日閲覧。 [リンク切れ]
  8. ^ “FIFA U-20女子ワールドカップ、日本開催決定” (プレスリリース), JFA, (2012年2月8日), http://www.jfa.or.jp/jfa/topics/2012/21.html 2011年2月8日閲覧。 
  9. ^ AFC U-19女子選手権2011優勝国
  10. ^ 1位であった日本が開催国となったことで出場権を得た。“<サッカー>韓国女子U-20代表、“棚ぼた”でW杯出場決定”. 中央日報. (2012年1月27日). http://japanese.joins.com/article/760/147760.html 2012年2月8日閲覧。 
  11. ^ FIFA U-20 女子ワールドカップ ジャパン 2012 大会日程および開催会場決定”. 日本サッカー協会 (2012年3月31日). 2012年4月6日閲覧。
  12. ^ a b U20女子W杯の福島開催断念/サッカー”. デイリースポーツonline (2012年3月6日). 2012年3月6日閲覧。
  13. ^ FIFA U-20 女子ワールドカップジャパン 2012アフリカサッカー連盟(CAF)代表チーム決定”. 日本サッカー協会 (2012年5月21日). 2012年5月21日閲覧。
  14. ^ Regulations FIFA U-20 Women's World Cup Japan 2012 FIFA U-17 Women's World Cup Azerbaijan 2012”. 国際サッカー連盟. 2012年7月17日閲覧。(24、28節を参照)
  15. ^ FIFA U-20女子ワールドカップ:アワード FIFA公式サイト 2012年9月11日 閲覧
  16. ^ 『FIFA U-20女子ワールドカップ ジャパン2012』、大会ソングを歌う乃木坂46がイベントに登場! フジテレビ 2012.8.15付
  17. ^ FIFA U-20 女子ワールドカップ ジャパン 2012 フジテレビワンツーネクスト 2012.9.8 22:33 (UTC) 閲覧
  18. ^ U20-WM: Eurosport überträgt 29 Spiele live (ドイツ語) framba.de 2012.8.15付記事
  19. ^ ESPN-U will televise 12+ matches from U-20 women's world cup bigsoccer 2012.6.20付記事

関連項目[編集]