2013年のオールスターゲーム (日本プロ野球)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

2013年のオールスターゲームは、2013年7月に行われた日本プロ野球オールスターゲームである。

2013年のオールスター
Previous: 2012 Next: 2014

概要[編集]

2008年から引き続きマツダの特別協賛を受け、「マツダオールスターゲーム2013」として開催された。前年に引き続き3試合での開催となった。

オールスターゲームでの本塁打なしは1953年以来60年ぶりであった[1]

また、通例勝ち越したリーグに与えられるプロ野球ドラフト会議の指名優先権は、1勝1敗1引き分け[注 1]・得失点差ゼロのため決めることができず、8月22日の12球団代表者会議において行われたくじ引きにより、パシフィック・リーグが優先権を得た[2]

日程[編集]

ホームは第1戦のみ3塁側[注 2]で、第2戦と第3戦は1塁側。
第3戦に関しては2011年3月11日東日本大震災福島第一原子力発電所事故からの復興を願って、2011年の日本製紙クリネックススタジアム宮城、2012年の岩手県営野球場に引き続き被災県での開催となる。

第2戦と第3戦には予備日が設けられているが、予備日も中止になれば開催されない。予備日は翌日の試合会場への移動を考慮してデーゲームで行われる(7月24日よりレギュラーシーズンが開始される)。

アトラクション[編集]

出場者[編集]

セントラル・リーグ パシフィック・リーグ
監督 原辰徳 巨人 監督 栗山英樹 日本ハム
コーチ 高木守道 中日 コーチ 渡辺久信 西武
小川淳司 ヤクルト 秋山幸二 ソフトバンク
先発投手 前田健太 広島 3 先発投手 田中将大 楽天 6
中継投手 山口鉄也 巨人 3 中継投手 増井浩俊 日本ハム 2
抑え投手 岩瀬仁紀 中日 10 抑え投手 平野佳寿 オリックス 5
投手 澤村拓一 巨人 2 投手 木佐貫洋 日本ハム 3
菅野智之 巨人 矢貫俊之 日本ハム
西村健太朗 巨人 吉川光夫 日本ハム 2
石山泰稚 ヤクルト 菊池雄星 西武
山本哲哉 ヤクルト 牧田和久 西武 2
小川泰弘 ヤクルト 岩嵜翔 ソフトバンク
大竹寛 広島 4 千賀滉大 ソフトバンク
能見篤史 阪神 2 青山浩二 楽天 2
藤浪晋太郎 阪神 益田直也 ロッテ 2
三嶋一輝 DeNA 西野勇士 ロッテ
三浦大輔 DeNA 6 佐藤達也 オリックス
捕手 阿部慎之助 巨人 10 捕手 伊藤光 オリックス
谷繁元信 中日 11 嶋基宏 楽天 5
藤井彰人 阪神 鶴岡慎也 日本ハム 2
一塁手 ブランコ DeNA 4(1) 一塁手 李大浩 オリックス 2
二塁手 西岡剛 阪神 6 二塁手 井口資仁 ロッテ 9
三塁手 宮本慎也 ヤクルト 8 三塁手 松田宣浩 ソフトバンク 3
ルナ[辞退選手 1] 中日
遊撃手 鳥谷敬 阪神 4 遊撃手 松井稼頭央 楽天 8
坂本勇人 巨人 6
内野手 寺内崇幸 巨人 内野手 大引啓次 日本ハム
新井貴浩 阪神 5 浅村栄斗 西武
中村紀洋 DeNA 9 今江敏晃 ロッテ 2
堂林翔太 広島 2 鈴木大地 ロッテ
外野手 バレンティン ヤクルト 3 外野手 糸井嘉男 オリックス 5
丸佳浩 広島 中田翔 日本ハム 3
廣瀬純 広島 2 大谷翔平 日本ハム
マートン 阪神 3 陽岱鋼 日本ハム 2
長野久義 巨人 3 長谷川勇也 ソフトバンク 2
大島洋平 中日 2 内川聖一 ソフトバンク 5
指名打者 ジョーンズ 楽天
  • 太字はファン投票による出場、※印は選手間投票による出場、◇はプラスワン投票による出場、▲は出場辞退選手発生による補充選手、他は監督推薦による出場。
  • 数字は出場回数。カッコ内数字は上記回数中故障のため不出場の回数。
  1. ^ 左膝腸脛靭帯炎のため、出場辞退。補充選手として寺内を選出。

なお、辞退選手は野球協約86条により球宴終了後の後半戦開始から10試合、選手登録ができない。

試合結果[編集]

第1戦[編集]

スコア[編集]

チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
セントラル 0 0 0 0 0 0 1 0 0 1 5 0
パシフィック 1 0 0 0 0 0 0 0 0 1 7 0
  1. (規定により引き分け)
  2. セ : 前田健、澤村、三浦、岩瀬、西村 - 阿部、谷繁
  3. パ : 田中、吉川、大谷、菊池、矢貫、増井、平野佳 - 伊藤、鶴岡、嶋
  4. 審判:球審…有隅、塁審…友寄山村達丹波、外審…杉永津川
  5. 試合時間:2時間18分

オーダー[編集]

セントラル
打順守備選手
1[二]西岡剛
2[遊]鳥谷敬
3[指]バレンティン
4[捕]阿部慎之助
5[一]ブランコ
6[三]中村紀洋
7[右]長野久義
8[中]丸佳浩
9[左]廣瀬純
[投]前田健太
パシフィック
打順守備選手
1[中]陽岱鋼
2[三]松田宣浩
3[右]糸井嘉男
4[左]中田翔
5[指]ジョーンズ
6[一]李大浩
7[二]浅村栄斗
8[捕]伊藤光
9[遊]大引啓次
[投]田中将大


表彰選手[編集]

MVP
澤村拓一(巨人)
  • 2番手で登板し、3回1安打無失点の好投。投手のMVP受賞は2012年第2戦の前田健太(広島)に続いて2年連続。巨人の投手によるMVP受賞は1984年第3戦の江川卓以来29年ぶり2人目。
敢闘選手賞
糸井嘉男(オリックス)
  • 全パ唯一の得点となるタイムリーヒットを含む2安打1打点。
田中将大(楽天)
  • 2イニング投げ無失点。
中村紀洋(DeNA)
  • 全セ唯一の得点となる同点タイムリーヒット。前年第1戦のMVPに続いての受賞となった。

第2戦[編集]

スコア[編集]

チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
パシフィック 1 0 0 0 0 0 0 0 0 1 8 0
セントラル 0 1 1 0 0 1 0 0 X 3 9 0
  1. パ : 牧田、千賀、青山、佐藤達 - 伊藤、鶴岡、嶋
  2. セ : 菅野、小川、石山、藤浪、山口、山本哲 - 谷繁
  3. : 小川  : 牧田  S: 山本哲  
  4. 審判:球審…丹波、塁審…山村達・杉永・津川、外審…友寄・有隅
  5. 試合時間:2時間31分

オーダー[編集]

パシフィック
打順守備選手
1[右]大谷翔平
2[中]長谷川勇也
3[指]内川聖一
4[左]中田翔
5[一]李大浩
6[三]今江敏晃
7[捕]伊藤光
8[遊]松井稼頭央
9[二]鈴木大地
[投]牧田和久
セントラル
打順守備選手
1[遊]坂本勇人
2[二]鳥谷敬
3[左]マートン
4[右]バレンティン
5[指]ブランコ
6[一]新井貴浩
7[三]宮本慎也
8[中]大島洋平
9[捕]谷繁元信
[投]菅野智之


表彰選手[編集]

MVP
新井貴浩(阪神)
  • 3回に勝ち越しタイムリーヒットを含む3安打猛打賞の活躍。阪神の野手によるMVP受賞は2006年第2戦の藤本敦士以来7年ぶり。
敢闘選手賞
坂本勇人(巨人)
  • 6回に勝負を決定づけるタイムリーを含むなど3安打猛打賞1打点の活躍。自身は3年連続の敢闘選手賞となった。
千賀滉大(ソフトバンク)
  • 2回を投げ1安打無失点5奪三振の好投。
長谷川勇也(ソフトバンク)
  • 3安打猛打賞の活躍

第3戦[編集]

スコア[編集]

チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
セントラル 0 0 0 0 1 0 0 0 0 1 8 1
パシフィック 0 0 0 0 0 0 0 3 X 3 9 3
  1. セ : 能見、大竹、三嶋、山本哲、西村 - 藤井彰
  2. パ : 木佐貫、西野、岩嵜、矢貫、益田、青山 - 嶋、伊藤
  3. : 益田  : 山本哲  S: 青山  
  4. 審判:球審…津川、塁審…杉永・有隅・友寄、外審…山村達・丹波
  5. 試合時間:2時間36分

オーダー[編集]

セントラル
打順守備選手
1[遊]坂本勇人
2[二]西岡剛
3[右]バレンティン
4[指]ブランコ
5[一]新井貴浩
6[中]長野久義
7[左]丸佳浩
8[三]堂林翔太
9[捕]藤井彰人
[投]能見篤史
パシフィック
打順守備選手
1[中]陽岱鋼
2[左]長谷川勇也
3[右]糸井嘉男
4[一]中田翔
5[指]ジョーンズ
6[三]松田宣浩
7[二]浅村栄斗
8[捕]嶋基宏
9[遊]鈴木大地
[投]木佐貫洋


表彰選手[編集]

MVP
内川聖一(ソフトバンク)
  • 8回に決勝点となる勝ち越しタイムリー2塁打を放つ。ソフトバンクの野手によるMVPは2009年第2戦の松中信彦以来4年ぶり。
敢闘選手賞
大竹寛(広島)
  • 3回を投げ1安打無失点。
新井貴浩(阪神)
  • 4打数2安打の活躍。第2戦のMVPに続いての受賞となった。
大谷翔平(日本ハム)
  • 8回に逆転の足がかりとなる同点タイムリー。
SKYACTIV TECHNOLOGY賞(3試合を通じて最もファンの印象に残った選手)
大谷翔平(日本ハム)
  • 第1戦では投手して1イニングを投げ、投げた後は野手となり、ルーキー初の二刀流を披露。第2戦は1番打者としてフル出場し、初回に菅野智之から2塁打を放つ。第3戦では途中出場し、逆転の口火を切る同点タイムリーヒットを放つ。

テレビ中継[編集]

  • テレ朝チャンネル2:18:00 - 19:00≪ホームランダービー…実況・大西洋平(EX)、解説・工藤公康、古田敦也≫・24:00 - 試合終了(録画中継)
  • 第2戦 - テレビ朝日(EX)≪テレビ朝日系列≫、テレ朝チャンネル2でホームランダービーを生中継・試合を録画中継。
  • 実況・清水俊輔、解説・工藤公康、古田敦也、特別ゲスト・中居正広SMAP、試合中のインタビューも兼務)、レポーター・中山貴雄(両サイド兼務)、監督及びMVPインタビュー・三上大樹
  • 放送時間:18:00 - 20:54
  • テレ朝チャンネル2:17:00 - 18:00≪ホームランダービー…実況・三上大樹、解説・工藤公康、古田敦也≫・24:00 - 試合終了(録画中継)
  • テレビ朝日が神宮球場でのオールスターの中継を担当するのは1989年第1戦以来24年ぶり。ただし、このときはフジテレビとの並列中継だったため、単独での中継は今回が初めてとなった[注 6]
  • 第3戦 - フジテレビ(CX)≪フジテレビ系列≫、フジテレビONEでホームランダービーを生中継・試合を録画中継(地上波中継時間内に終了しなかった場合はフジテレビONEでリレー中継という形式で20:52から最大23:00まで引き続き放送)。
  • フジテレビONE:17:00 - 18:00≪ホームランダービー≫・24:00 - 試合終了(録画中継)
  • 前年の第3戦岩手県営野球場)に続いて東北地方でのオールスター中継をフジテレビ系列が担当した。
  • テレビ朝日系列以外でのオールスターゲームの中継は、2018年現在本カードが最後となっている。

ラジオ中継[編集]

  • 第2戦
  • JRN系列への裏送り≪JRN…HBC・CBC・RKB 制作:TBS≫
    実況・椎野茂(TBS)、解説・槙原寛己、レポーター・小笠原亘(TBS、セ・リーグサイド)、伊藤隆佑(TBS、パ・リーグサイド)
  • 文化放送(QR)≪NRN…STV・SF・ABC・RCC・KBC他≫
    実況・高橋将市、解説・仁志敏久、レポーター・飯塚治(セ・リーグサイド)、槇嶋範彦(パ・リーグサイド)
  • ニッポン放送(LF)≪MBSとの2局ネット≫
    実況・松本秀夫、解説・江本孟紀、レポーター・山内宏明(セ・リーグサイド)、洗川雄司(パ・リーグサイド)
  • 第3戦
  • JRN系列への裏送り≪JRN…HBC・CBC・MBS・RKB・RFC 制作:TBS≫
    実況・小笠原亘(TBS)、解説・定岡正二、レポーター・戸崎貴広(TBS、パ・リーグサイド)、清原正博(TBS、セ・リーグサイド)
  • 文化放送(QR)≪NRN…SF・KBC≫
    実況・松島茂、解説・工藤公康、レポーター・槇嶋範彦(パ・リーグサイド)、高橋将市(セ・リーグサイド)
  • RFラジオ日本は全試合を、TBSラジオ・TBCラジオは第2戦・第3戦を、ニッポン放送・STVラジオ・ABCラジオは第3戦をそれぞれ放送しなかった。
  • RCCラジオは自社が制作に関与する広島開催時以外は土・日・月曜はナイター開催でも放送しないとしていた方針を僅か2年で緩和し、第2戦(文化放送からネット)を放送したが、第3戦は放送しなかった[注 7]
  • JRN系列局であるHBCラジオ、CBCラジオ、RKBラジオは3戦とも放送。従って、第2戦と第3戦のJRNラインへはTBSラジオ制作の裏送り中継となった(第3戦は月曜をJRNラインとしているMBSラジオへも裏送り)。
  • ニッポン放送が第3戦を中継しないことを受けて、第3戦のNRNラインについては文化放送が代わりに担当した(かつての「マンデー・パ・リーグ」に近い中継体制)。
  • 第2戦・第3戦は、地元に球団のない地域の放送局ではナイターの定時枠を設けていないために中継されない局も多かったが、地元開催のためラジオ福島が第3戦(TBSラジオから裏送り)を特例で中継した。

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 3試合制でタイに終わったのは1982年以来31年ぶり。
  2. ^ 札幌ドームではホーム・チームが3塁側を使用し、ビジター・チームが1塁側を使用する。
  3. ^ 中継時間内に終了しなかった場合は「報道ステーション」の放送枠を利用して引き続き放送する予定だったが、試合が中継時間内で終了したため、延長そのものは実施されなかった。
  4. ^ このときはアーティスティックスイミングのデュエット・フリールーティン決勝を生中継で放送。
  5. ^ テレビ朝日系列は世界水泳・福岡2001からホスト・ブロードキャスティングとして参加している。
  6. ^ 本来神宮球場開催分(ヤクルト戦)の放映権を持つフジテレビは同時間帯(16:00 - 18:20)でサッカー東アジアカップ女子日本(なでしこジャパン)中国戦を放送。
  7. ^ 当初局公式で放送予定と発表していたが、その後通常番組に変更された。

出典[編集]

関連項目[編集]